お風呂の消費カロリーとは?ジョギングと効果が同じな全身入浴の魅力

お風呂の消費カロリーとは?ジョギングと効果が同じな全身入浴の魅力

女性が大好きなお風呂の消費カロリー、実はジョギングと同じくらいって知っていましたか?ジョギングと同じ消費カロリーが得られるタイプ別入浴方法から魅力までをたっぷりとご紹介していきます。入るだけでキレイになれるお風呂ダイエットで健康的な身体を手に入れましょう。


お風呂の消費カロリーはジョギングと同じ

たくさん汗をかいて楽しくダイエットしたいけど、忙しくてジムやジョギングをする時間がとれないとという女性におすすめなのが、【全身浴】を使ったダイエット方法です。

全身浴で40℃のお風呂に10分浸かると約40kcalを消費することができます。たったこれだけ?と感じるかもしれませんが、平均体型の女性が軽いジョギングを10分行うと42kcal程度の消費カロリーになるので、湯舟に浸かるだけで軽いジョギングと同じ消費カロリーが得られるのは大変魅力的です。

しかも少し入浴方法を工夫することでこの消費カロリーをどんどんあげることもできます。
毎日入るお風呂を使って気軽にダイエットを始めてみましょう。

お風呂で消費カロリーが多いのは半身浴より全身浴?

ゆっくりと湯舟に浸かる半身浴は、たくさん汗がかけてダイエットに良さそうと思われがちですが、実は入浴中のお湯の温度を一定に保たなければいけなかったり、入浴前に浴室を温めておく必要があるなど消費カロリーを上げるためのポイントが多くて大変です。

しかも正しいやり方で入らないと半身浴をすることで逆に身体を冷やす場合も。

それに比べて全身浴は難しいルールもなく短い時間でもダイエット効果を期待できます。首まで湯舟に浸かることで半身浴時より水圧や浮力による負荷を高めることができ、簡単に消費カロリーを増やすことが可能になっています。

お風呂で消費カロリーを上げるタイプ別入浴方法5選

お風呂でより消費カロリーを上げるために効果的に痩せるためには全身浴をおすすめしますが、この全身浴は半身浴に比べて負荷が高いため、継続するにはちょっとした工夫が必要になります。

女性の中でもお風呂では汗をかきたいから熱めのお風呂が好き、のぼせてしまうので入浴時間はなるべく短い方が良いなど自分の好みの入浴スタイルがあると思いますので、そのスタイルに合わせた消費カロリーを上げるための入浴方法5選をご紹介していきます。

忙しくて今日は湯舟に浸かる時間がないという人に向けても、同じように痩せる効果を期待できる入浴方法を一緒にご紹介していますので、自身のスタイルに合わせて自由に取り入れてみてください。

①長めのお風呂が好き

https://www.pexels.com/

ゆっくりとお風呂に入りながら本を読んだりしたい!そんなタイプの女性は、お湯の温度をぬるめの38℃程度に設定し長めの入浴で消費カロリーをあげていきましょう。

半身浴とは違い心臓まですっぽりとお湯の中に入ることで、水圧や浮力をつかって身体を急激に温める効果があります。このとき心臓への負荷がかかりすぎないように注意してください。

多くの女性は痩せるためと頑張って熱いお湯に長く入ろうとしますが、そもそもお風呂は頑張って入るものではありません。ぬるま湯でじんわり汗が出るまで20分、途中で熱くなったら一旦湯舟から上り足に水をかけるなど身体を休めながら、効果的にお風呂の消費カロリーを増やしていきましょう。

②短めのお風呂が好き

お風呂は早く済ませたいけど、消費カロリーはあげたいという女性にピッタリなのが高温反復浴です。短時間で消費カロリーを上げることができますが負荷がかかりやすい入浴方法でもあるので、必ず水分補給をして指定時間内の入浴を楽しむようにしましょう。

①42℃強の熱めのお湯で5分全身浴をする 
②一度お湯から上がり5分休む
③もう一度お湯につかり3分全身浴をする
④もう一度お湯から上がり5分休む
⑤最後にお湯につかり3分全身浴をする

①〜⑤を×2

これだけで300〜400kcalを消費できるといわれているのでダイエットにはとても効果的です。
*この入浴方法は体への負荷が高いため妊婦や高血圧の人は避けるようにしましょう。

③熱めのお風呂が好き

残念ながら熱いお湯につかるだけで、血液の粘度が上がりドロドロになるというのは医学的にも有名な話ですが、それでも43℃以上の熱いお湯が大好きという女性には、この温冷交代浴をご紹介します。高温浴リスクをカバーするだけでなく、消費カロリーを上げてダイエット効果もある入浴方法になります。

①43℃以上の熱めの湯舟に1〜2分程度つかる
②10℃〜15℃くらいの冷たいシャワーを10〜30秒浴びる
*15℃はかなり冷たいので、まずは様子を見ながら徐々に下げていく方がよい

①②を繰り返す×5セット

入浴前には必ず水分補給をして、慣れるまで2セットくらいから始めると良いでしょう。身体がポカポカに温まるのを実感できます。

④ぬるめのお風呂が好き

熱いお風呂だとすぐのぼせちゃうという人は、38℃〜40℃くらいのぬるめのお湯を準備しましょう。首まで湯舟に浸かる全身浴とリンパマッサージで消費カロリーを上げていきます。

全身浴をしているときは、温熱効果で新陳代謝が高まり、
消費カロリーをどんどん上げられる状態になります。

ここではリンパの最終出口である鎖骨周りのマッサージをご紹介します。

①鎖骨に手を当てて中央から肩の先までを10回優しく撫でる
②人差し指と中指で耳を挟み、上下に10回ゆっくり撫でる
③その手をそのまま首に沿わせて鎖骨の肩の先まで流す×2回

気持がいいと感じる強さでなるべく優しく皮膚を撫でるように行いましょう。

⑤とにかくゆっくり入れる時間が取れない

毎日忙しすぎて湯舟に浸かる時間がないという女性は、シャワーを使った温冷浴で消費カロリーを上げていきましょう。短時間で簡単にできるのが魅力となっています。

①42℃前後の熱めのお湯を1分〜2分浴びる
*外気温との差を考えて、40℃くらいから調整するとよい
②10℃〜15℃の冷たい水を1分〜2分浴びる。

①②を1セットとして5セット繰り返していきます。

温度調整したシャワーを交互に浴びることで、一時的に負荷をかけて新陳代謝を高めていくことができるので、有酸素運動をしている時と同じように消費カロリーを上げることが可能です。冷たいシャワーを浴びるときはいきなり頭から浴びず、足元から徐々に冷やすようにしましょう。

お風呂で消費カロリーを上げるポイントとその他の効果とは?

消費カロリーを上げるポイントとは?

ダイエットを成功させるなら消費カロリーを上げて痩せやすい身体をつくることが重要ですが、もともとの基礎代謝がもつ消費カロリーは60%です。効果的に痩せるためには、これをさらに引き上げるための以下の3つのポイントを意識していきましょう。

①常に身体を温めておく
②良質なタンパク質をとる *鶏ささみ、牛のもも肉、大豆製品、チーズ類など
③簡単な有酸素運動をする

お風呂は①の身体を温めるのに効果を発揮するだけでなく、湯舟に浸かるだけで全身の血液循環と老廃物の排出、また細胞の活性化などに効果を発揮してくれます。お風呂の水圧と浮力を利用して基礎代謝を高めることで、消費カロリーをどんどん上げていきましょう。

お風呂の魅力的な6つの効果とは?

ダイエットにホルモンバランスの乱れなど、キレイになりたい女性の悩みは尽きません。
天候に左右されることなく、自分の好きな時にリラックスしながら痩せることができるお風呂ダイエットは、それだけでも働く女性たちにとって魅力的に感じることでしょう。

実はご紹介してきたお風呂の入浴方法には、消費カロリーを上げて痩せる以外にも【女性ならではの悩みを解消できる】魅力的な効果がたくさんつまっています。

その中でも特に効果を感じやすいものを6つ選んでご紹介していきます。
あなたの諦めかけてた悩みも、大好きなお風呂で解決していきましょう。

①ダイエット効果

湯舟に浸かるだけで有酸素運動と同じ効果を得られるなら、単にお風呂に入れば消費カロリーが増やせると考える女性も多いですが、実際はそうではありません。

ダイエットに効く1番の効果は、お風呂に入って全身の血流やリンパの流れが活性化されること。
それによって新しい酸素や栄養が巡り、不必要な二酸化炭素や老廃物が外に排出されていきます。
この新陳代謝が高まることによって、消費カロリーが上がり普段から痩せやすい身体をつくることができます。

お風呂ダイエットは確かに消費カロリーも高いですが、それ以上に根本的に痩せる体質をつくりだすリバウンドの少ないダイエット方法といえるでしょう。

②むくみ解消

お風呂に入った瞬間、思わず力が抜けたように声が漏れてしまうことがあります。
あれはお風呂の持つ静水圧作用が、全身をマッサージをしてくれているからです。

肩までお湯につかった状態でお腹まわりを測ってみると、水圧によってウエストが3〜5㎝ほどちぢんでいるのがわかります。この心地よい水圧が下半身に溜まっていた血流を心臓まで押し返すようにマッサージをして、むくみやすいふくらはぎや末端に溜まっていた老廃物を循環させていきます。

ただし全身浴は消費カロリーをあげながらむくみ解消もできる大変効果的な入浴法ですが、心臓や肺に負荷がかかりやすいため、のぼせやすい人は様子を見ながら入浴するようにしましょう。

③冷え性改善

湯舟に浸かると全身の血行が良くなりますが、そうなれば当然体温も上がり消費カロリーも高まっていきます。お風呂の温熱効果により、体内を有酸素運動をしているときと同じ状態にすることで、毛細血管が拡張し手足の先まで血流が活発に巡るようになります。

冷え性がひどくお風呂から出てもすぐに冷えてしまう女性は、できればお風呂から上がるときに水を浴びてから出ることをおすすめします。

このひと手間で開いた毛穴を閉じ、血管を収縮させることができるので、
お風呂から上がった後も冷えずにポカポカの状態を維持することができるようになります。

④肩こり改善

お風呂に入ると浮力の力で重力が地上の約10分の1程度になります。お風呂内では圧迫されていた
関節や筋肉は支えていた重さから解放されてのびのびすることができます。
全身のこわばりが解消されるため、あらゆる箇所の血行が良くなりリラックスすることでしょう。

特に全身浴は首まですっぽりと湯舟に浸かるため、冷えて固まった肩や首まわりの筋肉を緩めて滞っていた老廃物の流れを促進させる効果があります。

肩まわりの動きが良くなれば自然と運動量も増えて、その結果消費カロリーを上げることで
痩せるといったダイエット効果も期待できるでしょう。

⑤体力向上

最近体力がない、すぐに疲れると悩んでいる女性は、身体に乳酸がたまっている可能性があります。
乳酸はたまると、思うように動けなくなったり、常に身体がだるいと感じるようになります。

そんなときは痩せるためにと無理をせず、ゆっくりと湯舟に浸かるようにしてみましょう。
リラックスして血流を促すことで、乳酸を外に押し出すことができます。

また元気だけどもっと体力をつけたい女性には、お風呂の中での筋トレをおすすめします。
お風呂の中では静水圧がかかっているため、少しの動作でも簡単に筋肉へ負荷がかかるようになります。そのため筋肉の維持や増強ができ、体力アップ、消費カロリーを増やすことができます。

⑥心身のストレス解消

疲れてヘトヘトになった日は、とにかく温かいお風呂でリラックスしたい!
そんな気持ちになることもあるでしょう。

こんな日は、痩せるためにお風呂でせっせと汗をかいて消費カロリーを上げるよりも、
たまにはゆっくりとお風呂に入り自律神経を整えることに専念してみてはいかがでしょうか?

心身のリラックス効果を高めるためには、ゆっくりと入浴して筋肉のこわばりをゆるめることを
意識して呼吸を深めてみてください。

温冷入浴ではストレスに抵抗するホルモンが分泌されることがわかっています。
日常的な入浴でアドレナリンや、コルチゾールといった抗ストレスホルモンの分泌を促進し、
ストレス耐性の高い状態を保っていきましょう。

毎日のお風呂で消費カロリーを増やして健康的にキレイになろう!

今回ご紹介してきた【全身浴】の1番の魅力は、毎日のお風呂を使って【消費カロリーを上げるための入浴法】を実践するだけで、簡単に痩せることができるというところにあります。

長期的にも、お風呂で新陳代謝を高めて普段の消費カロリーをあげることができるため、
リバウンドしづらい身体をつくることができます。

より効果を高めるためには、食事30分前後の入浴を避けて、シャワーなど足からゆっくりと浴びるようにしてください。温度差を少なくしてなるべく身体への負担を軽減しながら行うようにすることが大事です。

リバウンド知らずでキレイに痩せることのできるお風呂ダイエットで、ストレスのない健康的な日々を目指していきましょう。

この記事のライター

最新の投稿


ジョギングとウォーキングの違いと消費カロリーの差とは?

ジョギングとウォーキングの違いと消費カロリーの差とは?

ジョギングとウォーキングはどっちが消費カロリーが高いのか、初心者が始めるならどっちがいいのか、それぞれにどんな健康効果があるのかなど、さまざまなジョギングとウォーキングの特性や違いについて解説していきます。日々の習慣に取り入れて健康的な毎日を送りましょう。


0707のエンジェルナンバーの意味と恋愛などのメッセージとは?

0707のエンジェルナンバーの意味と恋愛などのメッセージとは?

エンジェルナンバー0707はあなたの進んでいる道は正しく、何かしらの変化の後に幸せが待っているという天使からのメッセージです。エンジェルナンバー0707の特徴、恋愛、復縁、幸せになるポイントまで詳しく解説していきます。


淡路島の観光スポットの人気おすすめランキングTOP15 !絶対に行かないと損

淡路島の観光スポットの人気おすすめランキングTOP15 !絶対に行かないと損

碧い海と美しい自然が印象的な淡路島には、ぜひとも訪れたい観光名所が多数点在しています。その中から絶対に外せない観光地や穴場、隠れスポットなどを15箇所厳選しました。最高の旅行の思い出を作る下準備としてぜひチェックしてみてください。


カロリー制限ダイエットの6つの秘訣とは?成功するために意識すること

カロリー制限ダイエットの6つの秘訣とは?成功するために意識すること

カロリー制限は数あるダイエット方法の中でも成功率が高いものです。食事や間食をコントロールして摂取するカロリーを減らすことで、効果的に痩せることができます。やり方が簡単で効率的に減量することができるカロリー制限ダイエットにトライしてみましょう。


白湯ダイエットの効果と簡単に痩せる方法とは?正しい飲み方をレクチャー

白湯ダイエットの効果と簡単に痩せる方法とは?正しい飲み方をレクチャー

白湯は飲むだけで簡単にダイエットができる魔法の飲み物。温活の効能で、身体を優しく温めながら痩せた身体を手に入れましょう。白湯ダイエットの驚きの効果と、正しい飲み方とタイミングをレクチャーしていきます。体質改善しながら痩せたい人は必見です!