猫が触らせてくれない4つの理由とは?気持ちを理解してあげよう

猫が触らせてくれない4つの理由とは?気持ちを理解してあげよう

飼い主なのに猫を触りたくても触らせてくれない。という経験はありませんか?猫が触らせてくれないのは、猫の考えている気持ちや行動を理解していないからです。それでは、どうすれば猫と仲良くなれるのでしょうか?猫が触らせてくれないときの理由や対処法をまとめてみました。


猫が触らせてくれないときの心理を理解しよう

家族の一員の愛猫がなかなか触らせてくれないときの猫の心理はどういったものなのでしょうか?猫でも人間が好きで甘えん坊の猫もいれば、触ろうとするだけで威嚇する猫もいます。猫は警戒心が強く懐かない、または懐きにくいタイプがいるので、それぞれの猫の性格や気持ちを理解することが重要です。

また、飼い主や環境に問題がある場合もあります。家に迎え入れたばかりの猫でまだ慣れていない環境だったり、猫にとって恐怖心や不快感の与える行動をとっていることも考えられます。猫との距離を縮めるためには、のびのびと安心して過ごせる環境作りや飼い主の心構えが必要です。

猫が触らせてくれないときの4つの心理や原因を解説します。

①飼い主との信頼関係が薄い

猫が触らせてくれない理由のひとつに、飼い主に対して恐怖心を抱いている可能性があります。猫を飼い始めて日が浅く猫が慣れていない場合や、飼い主が猫に対して世話をしていないなどで信頼関係が薄いと、猫が安心できる存在と感じず触られることを不快に感じているのかもしれません。

猫が触らせてくれないからといって無理やり抱っこをしたり、強い口調で話しかけたりするのは逆効果です。

猫が安心できる環境や信頼関係をしっかり築いて仲良くなってから猫に触るという段階を踏むようにしましょう。

②猫の嫌がる行為をしている

猫との暮らしの中で、大きな声や音を出したり人の出入りが多いなど猫にとって落ち着かない空間になっていませんか?猫の聴力は人間の8倍とも言われ、大きい音や激しい動作に敏感です。

また、香水やたばこなどのにおいの強いものを体から発しているのも猫を遠ざけてしまう理由のひとつです。猫の嗅覚は犬よりも優れているので、においが強いものを嫌う傾向にあります。

猫がなかなか触らせてくれないと感じたら、普段の生活や自分の行動に意識を向け猫にとって過ごしやすい環境なのか、安心できる接し方をしているのかを考えてみてください。

③マイペースでひとりが好き

猫は自分の気持ちに正直で、マイペースな動物です。したがって、自分の気が向いたときだけ飼い主に甘えたり遊びたいと思い、その他は基本的に単独行動を好みます。

猫はひとりでいたいと感じているときに、飼い主から触られたり抱っこしようとするなどかまわれることを嫌がります。これも、猫がなかなか触らせてくれない理由のひとつです。愛猫を溺愛するのはわかりますが、猫の気持ちも考えてタイミングを計ってスキンシップをとるようにしましょう。

④野良猫や保健所の猫

野良猫や保健所で保護された猫を飼うことになった場合は、人に対する恐怖心が強くなかなか触らせてくれない場合が多いです。外の厳しい環境を経験しているので、人間を敵対視していたり人間の存在に警戒心を抱いている可能性が高いです。

外の世界を知っている猫を飼うことになった場合は、時間がかかるかもしれませんが、猫の世話や遊んであげる、猫のパーソナルスペースを作るなど猫の警戒心を解き自分は安心できる人間ということを猫にわからせてあげましょう。

猫が触らせてくれないときの4つの対処法

猫を呼んでも来てくれない、手を出せば近づいてくるけど触ろうとすると逃げてしまう。など、なかなか猫が触らせてくれないと悩んでいませんか?

マイペースで単独行動が好きな猫ですが、飼い主としてはやはり猫に触ったり仲良くなりたいものです。猫が触らせてくれないときにどういう行動をすれば触れるようになるのでしょうか?触らせてくれない猫の行動パターンを理解して猫との距離を縮める4つの対処法を解説します。

対処法①リラックス時に触る

猫がなかなか触らせてくれない時には猫がリラックスしている時を狙いましょう。しかし、猫は動物の中でも表情に乏しく感情がわかにくいとされています。

もし、猫がリラックスしているかどうかを判断できない場合は猫の仕草に注目してみましょう。

ゴロゴロと喉を鳴らしている

猫はリラックスしているときや幸せと感じているときにゴロゴロと喉を鳴らします。ゴロゴロと喉を鳴らすことで幸福感を周囲に伝えている状況で、人間の笑顔=スマイルに相当すると解釈されています。

猫がこの音を出している状態はリラックスしている証拠なのでゆっくりと体や喉を撫でてみましょう。ただ、ゴロゴロしているからといっても触らせてくれない場合もあるので、嫌がる素振りを見せたらそっとしておきましょう。

お腹を見せている

「ヘソ天」とも呼ばれ、猫がお腹を出して無防備になっている姿を見たらリラックスしていて飼い主に対して信頼している証拠になります。

また、敵に襲われる心配がないと安全な場所だと認識している状態です。普段は触らせてくれない猫でもヘソ天姿で寝ているのであれば、かなりリラックスしているので触れるチャンスです。

ふみふみしている仕草

柔らかい毛布やソファで前足を交互にふみふみしている状況を見たことはありませんか?ふみふみしている動作もリラックスしている証拠です。これは子供の頃に母猫のおっぱいを飲むときにする行為で安心しているときに見られる仕草です。

また、甘えたいときにもこの行動をとるとされているので、ふみふみしている仕草を見かけたらゆっくり近づいて撫でてみてください。

対処法②舐められない場所を触る

猫は自分で毛づくろいをしますが、自分では舐められない部分があります。それは、顎・おでこ・後頭部・首の後ろです。

猫は自分で舐めることができない場所を撫でられると喜ぶので、なかなか触らせてくれない場合は、リラックスしているときにこの部分を撫でてあげましょう。
嬉しい、気持ちいいと感じるのであればゴロゴロと音を鳴らすはず。触らせてくれない、または嫌がられてしまったら無理やり触ろうとせずチャンスを伺いタイミングを狙いましょう。

対処法③おやつで誘導して触る

リラックスしている状態で触ろうとしても逃げてしまったり触らせてくれない場合は、まだ触らるほどの信頼関係が深まっていないようです。そんなときは、猫の好物のおやつを使って誘導してみましょう。猫はおやつをくれる飼い主のにおいを感じることで「安全な人」ということを理解してくれます。

おやつを与え、近寄ってきたところを優しくタッチしてみましょう。このとき手からおやつを与えるのがポイントです。猫に自分のにおいを嗅がせることで、徐々に距離を詰めてから触ってみましょう。

対処法④おもちゃを使って触る

おやつと同様におもちゃを使って誘導するのもひとつの手です。飼い主に警戒心があり触らせてくれないようなら、まずはおもちゃを使って馴らすところから始めましょう。1日に10分程度猫と遊ぶことを続けてみてください。もっと遊びたいという気持ちにさせれば自然と猫の方から飼い主に近づいてきます。

お気に入りの猫じゃらしや遊び道具を使って上手にスキンシップをしてみましょう。

猫が触れると嬉しい場所

猫を触るときのポイントは、猫が気持ちいいと感じる部分を撫でましょう。そして、猫をさわるときは優しくゆっくりが鉄則です。あまりしつこく触り過ぎないのもポイント。

猫の触られて喜ぶところは猫によってそれぞれですが、顎・頭・首回り・背中・しっぽの付け根を触ると喜ぶとされます。上から触るのではなく、低い位置からゆっくり撫でてあげましょう。
全く猫が触らせてくれないようであれば、猫から近づいてくるのを待ってから触るようにすると猫の恐怖心を感じさせず触ることができます。

猫に好かれるためには?

猫は見ているだけで癒されますが、猫と一緒に暮らすのであればやはり猫と仲良くなりたい、好かれたいと思いますよね?

しかし、人間に恐怖心を持っている猫や触らせてくれない猫から好かれるためにはどうすればよいのでしょうか?

声のトーンや動作に気を付ける

声が低く早口な人、または声の大きさが大きい人は猫が嫌がる傾向にあります。猫に話しかけるときは、いつもの声よりも少し高いトーンでゆっくり優しく話しかけるようにしましょう。

また、せっかちで家の中でもせわしなく動いている人に対しても猫は怯えてしまいます。猫の気を向かせるために大きく手を振ったり素早い動作などに気を付け、ゆっくりとした動作や静かに移動するなどの配慮も必要です。

猫のお世話をする

猫の餌をあげる、猫のトイレをキレイに掃除するなど、世話をしてくれる人を猫はしっかり見てくれています。いつも餌やおやつをくれる人、遊んでくれる人だと猫に思わせることで、猫との信頼関係を生むことができます。

もし、猫がブラッシングを好きであれば、ブラッシングをこまめにしたりお気に入りの爪とぎを置くなど猫が喜ぶことをして警戒心を解いていきましょう。

タイミングを猫に合わせる

猫に好かれるためには、猫が興味を持って近づいてくれるタイミングで猫の相手をすることが重要です。猫が近寄ってくれるまで待つというのも好かれるために必要なこと。逆に言うと、猫が来るまで無視をするということです。

猫が来るまではかまわないで、猫が自分から近づいてきたタイミングで相手をしてみましょう。そうすることで、徐々に猫のほうから近づいてくるようになります。

猫が触らせてくれない理由のまとめ

猫との暮らしで、猫が触らせてくれない、猫になかなか好かれないと感じている人。猫はマイペースで単独行動を好む動物なので、焦らず猫のタイミングに合わせて猫とのスキンシップをとるようにしましょう。

猫はとても繊細な動物なので、一度でも猫にとって嫌な感情を与えてしまったり嫌われる行為をとると飼い主に対し恐怖心や不快感を覚え、隠れたり威嚇するなど関係修復が難しくなります。猫が触らせてくれないからと焦って無理やり触ろうとしたり抱っこをするのはNGです。

猫の気持ちや行動パターンを理解して猫も飼い主も安心して仲良く過ごせるような環境と心構えを持ちましょう。

おしゃべり猫の気持ちとは?気づいてあげたいその理由!

https://womanstyle-media.com/articles/196

猫がなんとおしゃべりしているか気になったことはありませんか?なにかを要求しているのか、訴えかけているのか猫の鳴き方によってもさまざまな意味があります。また、おしゃべりな猫は種類や性格によっても違いがあるので、よくしゃべる猫の気持ちや理由をご紹介します。

この記事のライター

関連するキーワード


関連する投稿


子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

猫がトイレ以外の場所でトイレをする行動は、飼い主にとっても困る行動の1つです。子猫のうちは、トイレでしないことが多いです。しかし子猫がトイレをしないとき、いくつかの理由や原因が考えられます。子猫がトイレをするための対策方法、トレーニング方法などをお伝えします。


大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫におすすめのキャットタワーは猫の体重を支えられる頑丈で安定性が高いキャットタワーです。キャットタワーには突っ張りタイプと据え置きタイプの2種類がありますが、愛猫の性格や運動能力にあったものを選びましょう。猫種によってタイプを選ぶのがおすすめです。


猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

分離不安症を知っている方はいますか。猫や犬が抱える、精神的な問題行動を指します。近年愛猫のイタズラや粗相で、悩んでいる方からの相談が相次ぎません。それらの行動の原因が、猫の分離不安症であることもあります。愛猫について知るためにも、精神病である不安分離症について知ることは大切です。


猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

あまり餌を食べない猫でも猫缶なら喜んで食べることがあります。猫缶は、猫が大好きで美味しいだけでなく、猫を惹きつける匂いや食べやすい形状に作られています。数多い商品の中から愛猫にぴったりの猫缶を選んで喜ばせてあげましょう。


猫ちゃんのマーキングがヤバイ!正しい対策と掃除方法は!?

猫ちゃんのマーキングがヤバイ!正しい対策と掃除方法は!?

猫がトイレ以外でおしっこしてしまうマーキング行動は飼い主にとって悩みの種のひとつです。いくら猫を叱っても、マーキング行動を防止出来ないと困っている飼い主は多いと思います。実はマーキング行動の対策は叱るだけでは防止出来ません。正しい対策と掃除方法をお伝えします。


最新の投稿


子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

猫がトイレ以外の場所でトイレをする行動は、飼い主にとっても困る行動の1つです。子猫のうちは、トイレでしないことが多いです。しかし子猫がトイレをしないとき、いくつかの理由や原因が考えられます。子猫がトイレをするための対策方法、トレーニング方法などをお伝えします。


ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替えはクリームの形状に合わせて容器を選ぶことがポイントです。ハンドクリームの詰め替え方法はクリームの硬さによって直接容器に注入したり、スパチュラなどの小道具を使って移し替えます。小ぶりな容器に詰め替えれば、どこにでも持ち運ぶことができます。


大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫におすすめのキャットタワーは猫の体重を支えられる頑丈で安定性が高いキャットタワーです。キャットタワーには突っ張りタイプと据え置きタイプの2種類がありますが、愛猫の性格や運動能力にあったものを選びましょう。猫種によってタイプを選ぶのがおすすめです。


猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

分離不安症を知っている方はいますか。猫や犬が抱える、精神的な問題行動を指します。近年愛猫のイタズラや粗相で、悩んでいる方からの相談が相次ぎません。それらの行動の原因が、猫の分離不安症であることもあります。愛猫について知るためにも、精神病である不安分離症について知ることは大切です。


猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

あまり餌を食べない猫でも猫缶なら喜んで食べることがあります。猫缶は、猫が大好きで美味しいだけでなく、猫を惹きつける匂いや食べやすい形状に作られています。数多い商品の中から愛猫にぴったりの猫缶を選んで喜ばせてあげましょう。