おしゃべり猫の気持ちとは?気づいてあげたいその理由!

おしゃべり猫の気持ちとは?気づいてあげたいその理由!

猫がなんとおしゃべりしているか気になったことはありませんか?なにかを要求しているのか、訴えかけているのか猫の鳴き方によってもさまざまな意味があります。また、おしゃべりな猫は種類や性格によっても違いがあるので、よくしゃべる猫の気持ちや理由をご紹介します。


よくしゃべる猫の気持ち

実は、猫は人間に向かってなにかを伝えようとしているときにしか鳴かないとされています。したがって猫同士は鳴き声で会話するのではなく、ボディランゲージのようにしっぽや体を合わせるようにコミュニケーションをとることが多いです。

飼い猫になると、飼い主に対してなにかを要求したりアピールしたいことを伝えようとおしゃべりになる猫が多くなります。挨拶や怒りや不満、嬉しいなどといった感情を鳴き声を変化させて飼い主に伝えようとしています。
おしゃべりな猫はどのような気持ちでなにを伝えたくて鳴いているのかを飼い主が理解してあげましょう。

おしゃべりな猫の4つの理由

飼い猫の場合は、飼い主に対してなにか要求したりアピールする場合によくしゃべるようになりますが、おしゃべりな猫なのか、おとなしい無口な猫なのかは人間の性格と同じようにさまざまな個体差があります。

野生の猫は敵に見つかることを恐れ鳴くことが少ないとされますが、飼い猫の場合は子猫のときのように鳴くことで自分の行動をアピールするようになるとも言われています。

おしゃべりな猫はなにを飼い主に伝えようとしているのか、どのような意味や感情があるかなどよくあるパターンをご紹介します。

①発情期

猫は求愛行動である発情期のときにおとなしい猫でもよくしゃべるようになります。それも普段鳴いている鳴き声とは違い、独特で大きな声で鳴きます。あちこちにおしっこをするなどマーキング行為をしているようであれば発情期の可能性が高く10日~2週間程度続くとされています。

避妊・去勢手術を受けていない猫は、一日中鳴き続けたり夜中まで鳴くこともあり近所迷惑になりかねなません。手術を受けていない状態だと鳴き声を抑えるのは難しいとされるので、鳴き声を抑えたいのであれば手術を受けることもひとつの手です。

②かまってほしい・甘えている

気分屋でマイペースな猫でも性格やおしゃべりな猫種によっては、かまってほしいときや甘えているときにもよく鳴くようになります。普段から飼い主が猫に対して話しかけたりすると、猫も飼い主に向かっておしゃべりをするようになることがあるのです。

おしゃべりな猫ほど甘えん坊な猫が多いと言われているので、よく遊んであげたりかまってあげるなど猫の気持ちを理解してあげましょう。

また、猫によってはトイレをする前やトイレのあとに、飼い主に「トイレに行くよ、トイレ使ったよ」と報告してくれる猫やごはんが足りないとわざわざ文句をいうおしゃべりな猫もいるようです。

③ごはんやおやつがほしい

猫も人間の赤ちゃんのようにお腹が空いてごはんやおやつが欲しいときには、鳴くことで飼い主にアピールをします。猫が飼い主に向かっておしゃべりしてくる多くは「ごはんがほしい、足りない」「おやつが欲しい」というアピールです。決まった時間にごはんを与える家だと、ごはんの時間が近づいてくると「ごはんの時間だよ」と飼い主に訴えているのでしょう。

また、餌が足りない、まだお腹が空いているといった状態でしきりに鳴いてアピールするおしゃべりな猫もいます。可愛い姿でついつい餌を与えすぎてしまいそうですが、猫は鳴いたら餌をもらえると理解してしまうので餌が足りないと鳴いていても決められた餌の量は守り、むやみに餌を与えすぎないように注意しましょう。

④ケガや病気

おとなしい猫や無口だった猫が急におしゃべりになった場合は、ケガや病気、もしくは体調が悪いなど体の不調を飼い主に訴えている場合があります。不自然に鳴いているようであれば、猫がケガをしていないかをチェックしたり食欲の有無を確認してみましょう。

猫は特に腎臓や糖尿病にかかるケースが多いので、排泄時に鳴いているようであれば尿路結石や便秘の可能性もあります。最近よくしゃべるようになったと感じるのであれば猫の身体を気にしてみましょう。体の調子が悪いようであれば早急に病院で受診してください。

また、ストレスが溜まっていて鳴いている場合もあるので、猫の身体や環境をこまめにチェックするように心がけましょう。

鳴き方で猫の気持ちがわかる?

猫は状況や場面に応じておよそ16種類の鳴き声を使い分けています。どのような行動をしているときに鳴いているのかを観察することで猫の気持ちも読み取りやすくなるでしょう。

猫同士の威嚇や人間に向けてのメッセージや甘えてくるときなど、シチュエーションによって鳴き方もさまざま。猫のおしゃべりしている言葉が少しでも理解できれば、一緒に生活する猫とのコミュニケーションもとりやすく猫の気持ちも知ることができます。

「ニャッ」という短い鳴き声

猫の鳴き声で一番よく聞くとされる短く「ニャッ」と鳴いている鳴き方は、人間でいう「やぁ」程度の軽い挨拶表現となります。名前を呼ぶと「ニャッ」と返事のように返してくることもありますが、反射的に鳴く習性の猫もいます。
「ニャッ、ニャッ、ニャッ」と短い鳴き声を連続しているのであれば、近くに虫やカラスなどの獲物がいて興味が湧いている状態です。

しかし、強い口調で「ニャッ」と鳴いた場合は、怒っているか不満を表しているので、猫の機嫌を損ねるようなことがあった場合やなんらかの不満を募らせているのでしょう。

「ニャーン」という長い鳴き声

語尾が長く「ニャーン」という鳴き方は、猫が飼い主に向かってなにかを伝えたいときに発する鳴き声です。朝に飼い主の顔を見ながら「ニャーン」と鳴いた場合は、ごはんが欲しいというアピールがほとんどです。

また、猫がどこで鳴いているかも重要です。トイレ付近で鳴いているのであれば、トイレが汚れているから掃除をしてくれという意味。ドア付近で鳴いているのであれば、ドアの外に行きたいという意思表示の可能性が高く、なにかをしたいのに自分ではどうすることもできない場合に飼い主に向かった鳴くことが多いです。

「ニャオーン」という語尾が強い鳴き声

語尾が強い口調の「ニャオーン」もしくは「ニャオ」という鳴き方は、飼い主に対して甘えているときやなにかをしてもらって嬉しいときに鳴く鳴き方です。好物のごはんをもらって嬉しいと感じていたり、信頼できる相手に鳴くことが多い鳴き方とされます。
また、子猫が母猫を呼ぶときや、母猫に甘えるときにもこのような鳴き方をする場合があります。

さらに語尾が強い鳴き方で「アオーン」という鳴き声に聞こえる場合は、飼い主が要求に対して行動を移してくれない場合に強く訴えかける鳴き方です。猫が必死でなにかを伝えようとしているので、猫に耳を傾けてみてください。

「シャー・フー」という強い鳴き声

猫が「シャー」や「フー」と鳴く意味は、猫同士の威嚇や怒り、攻撃をするときに鳴く鳴き方です。この鳴き方をする場合は、背中やしっぽの毛が逆立てている場合が多いです。また、飼い主が猫に対してなにか不満にさせるようなことをしたのかもしれません。いずれも恐怖心を感じストレスを受けている状態なので、なにが原因なのかを考えてみてください。

猫は縄張り意識が高いのでおとなしい猫でも威嚇や攻撃態勢に入るときはあります。このときは、むやみに猫に触ったり止めようとするとケガをするおそれがあるので、触らず猫が落ち着くまで待ちましょう。

おしゃべりな猫の種類

猫にもおしゃべりな猫やおとなしい猫など、猫の種類や性格によってさまざまです。にぎやかが好きでよくしゃべる猫の方が楽しいと好む人もいれば、マンション住まいや静かに暮らしたい人はおとなしい猫を好む人もいるでしょう。おしゃべりな猫の種類や特徴をぜひ参考にしてみてください。

おしゃべりな猫はシャム猫?

おしゃべりな猫種の代表といえば「シャム猫」です。シャム猫といえばブルーアイズに細身で気品のある顔立ち。また、シャム猫は活発でいたずら好き、わがままで警戒心が強いなどの特徴があります。警戒心が強いですが、飼い主に慣れると懐っこくて甘えん坊になる性格でもあるので、飼い主に対しての甘えでよくしゃべる猫としても有名です。

シャム猫ミックスの種類

また、シャム猫とミックスされた種類はよくしゃべる猫になり、シャム猫の特徴が影響でおしゃべり猫が多いとされます。

・ベンガル
・オリエンタル
・スノーシュー
・バリニーズ
・ヒマラヤン

これらがシャム猫とのミックスした種類になります。シャム猫ミックスの性格は、運動神経がよく賢く好奇心が旺盛。
シャム猫のミックスでもおとなしい猫もいるし、おっとりとした性格の猫もいるので必ずしもおしゃべりな猫ばかりではありませんが、甘えん坊でよくしゃべる猫が多いとされます。

おしゃべりな猫をおとなしくさせるには?

飼い主になにか訴えかけてくるようによくしゃべる猫は可愛い部分もありますが、頻繁に鳴かれるのも困ったものです。

おしゃべりな猫をおとなしくさせるには、「しつける」ことです。一番よくないのは「うるさい」「鳴かないで」など、おしゃべりな猫に対して飼い主が反応してしまうこと。猫が鳴いてうるさいと感じたら、反応せずに無視することが重要。そして、鳴いていないときにたくさんかまってあげましょう。

また、おしゃべりになってしまった原因が、かまってもらえない寂しさやストレスからきている場合もあります。猫と遊んであげる時間を少しでも作り、猫と接する時間を増やしましょう。遊ぶことは猫にとってストレス発散にもなります。

おしゃべりな猫の気持ちを理解して上手に接しよう

なにかを飼い主に伝えようとアピールしているおしゃべりな猫は可愛らしい姿ですが、甘えているだけではなく、体の不調を訴えているかもしれないしストレスが溜まっているサインかもしれません。

自由気ままでマイペースな猫ですが、よく鳴くおしゃべりな猫と思うだけではなく、猫がなにを伝えたいのかを飼い主がしっかり理解してあげることが重要です。猫の気持ちを知って、上手に接することで猫との暮らしをより楽しいものにしましょう。

この記事のライター

最新の投稿


減量期のカロリー摂取の7つのポイントとおすすめ食事メニューとは?

減量期のカロリー摂取の7つのポイントとおすすめ食事メニューとは?

減量期には食べる量を制限するだけでなく、カロリー摂取に関してのコツがあります。適切な方法で食事をするようにすることで効率よく減量ができるのでおすすめです。カロリーに関する正しい知識を身につけて、効率良い減量期を過ごしましょう。


12のエンジェルナンバーの意味と恋愛などのメッセージとは?

12のエンジェルナンバーの意味と恋愛などのメッセージとは?

エンジェルナンバー12の数字にはあなたの願いが叶いつつあるので、自分を信じて進んでください。というメッセージが込められています。エンジェルナンバー12が示す天使からの基本のメッセージ、恋愛、結婚、復縁においての意味をご紹介します。


100のエンジェルナンバーの意味と恋愛などのメッセージとは?

100のエンジェルナンバーの意味と恋愛などのメッセージとは?

エンジェルナンバー100は、今あなたに様々な面で運気が巡ってきていることを知らせています。この記事ではエンジェルナンバー100の基本の意味、恋愛、結婚、復縁の意味と天使からのアドバイスをご紹介します。エンジェルナンバー100を感じたら、参考にしてみてください。


7000のエンジェルナンバーの意味と恋愛などのメッセージとは?

7000のエンジェルナンバーの意味と恋愛などのメッセージとは?

あなたはエンジェルナンバー7000を見かけますか?もし見かけるのであれば、それはあなたの今までの行動は全て正しいと肯定され、神から祝福が届きます。という意味です。エンジェルナンバー7000の天使からのメッセージ、恋愛や復縁においての意味などを紹介します。


1歳のお誕生日の離乳食レシピとは?可愛いバースデープレートを作ろう

1歳のお誕生日の離乳食レシピとは?可愛いバースデープレートを作ろう

1歳のお誕生日をお祝いするバースデープレートを作ってみませんか?難しいレシピに挑戦する必要はありません。普段の離乳食を少しアレンジするだけで1歳の誕生日にふさわしいできばえになります。こちらで紹介するプレート例や簡単レシピをぜひ参考にしてみてください。