セルライトを除去は運動なしではできない!セルライトを取る方法とは?

セルライトを除去は運動なしではできない!セルライトを取る方法とは?

女性なら誰しもが悩むセルライトは、運動や食生活など普段の生活を見直すことで対策ができます。残念ながら直接的に除去できるマッサージなどの方法はないため、コツコツと努力をすることが重要です。運動や食生活を見直してセルライトの対策を始めましょう。


セルライトがなかなか除去できない理由

お腹やふともも・お尻にかけて蓄積するセルライトは、綺麗な脚を目指す女性の大敵とも言える存在です。セルライトの正体を簡単に言うと、脂肪細胞が固まりや繊維芽細胞を押し上げ、皮膚表面にデコボコとなって現れたものとなります。

皮膚の下に存在する柔らかい脂肪とは性質が違うセルライトは、簡単に除去できるものではなく、正しいやり方でないと取り除くことができません。

セルライトができる原因とは?

セルライトの原因①運動不足

セルライトができやすい部位は、お腹やお尻、ふとももといった下半身に集中しています。下半身はむくみやすい部位で、夕方足が一回り太くなることも珍しくありません。これは上半身より重力がかかり、血液や水分、老廃物が溜まりやすいのが理由です。

それらを押し返すことができなければ、要らないものをどんどん溜め込んでいくため、デスクワークの多い人などあまり身体を動かせないという人はセルライトができやすくなると言えます。

現在スリムな人も運動不足なら注意が必要

溜め込むことを続けた結果、老廃物は固まってセルライトとなります。重力には逆らえませんが、下半身の筋肉があれば筋肉が強力なポンプとなってセルライトを押し流すことができます。つまりセルライトが存在することは、老廃物を押し返せない状態=運動不足の現れです。

現在はスリムな体形であっても、身体を動かすのが好きではないという人はセルライト予備軍としての危機感を持っておきましょう。

セルライトの原因②食生活

消費する代謝分を上回る食事量をとり続けることで身体は必ず肥満化します。セルライトは蓄えた皮下脂肪の中に蓄積する性質のため、肥満はセルライトに直結するものです。

今セルライトが気にならない人も、肥ることで隠れていたセルライトが顔を出すかもしれません。太ったと感じたときにはすでに遅く、セルライトができてしまっている可能性があります。

カロリー以外にもバランスをチェック

ただし、いくらカロリーを抑えてダイエットをしても食べ物によっては脂肪に繋がる場合があります。逆にカロリーは高くても脂肪の排出に効果的な食べ物もあります。

セルライトを除去したいなら、食べずに痩せるのではなく食材に注意しましょう。バランスを考えながらも、糖質などの脂肪に直結するものを控えるのが効率の良い方法です。

セルライトの原因③加齢

30代後半になると急に太りやすく痩せにくくなります。これは代謝効率の低下とホルモンバランスの乱れが原因です。悲しいことに普段どれだけアンチエイジングに取り組んでいる人でもシミや白髪同様にセルライトは必ず出現します。

年齢による老化が止められないように、セルライトも加齢による肥満を原因としているケースがあります。

アンチエイジングには生活を見直そう

年齢は誰もが同じように重ねていくものですが、努力によっては加齢スピードを遅らせることができます。特に、加齢でもっとも顕著に表れるのが代謝効率の低下です。若い人の身体のメリハリやツヤのある肌はすべて代謝の賜物なので、年々肌のハリがなくなったり、身体の衰えを感じるでしょう。

年々落ちていく代謝を運動や食生活で促すことがアンチエイジングの第一歩です。肌にはアンチエイジング専用の化粧品も存在しますが、まずは生活を見直すところから始めてみてください。

セルライトを完全に除去する方法はある?

残念ながらセルライトを直接的に除去する方法はなく、セルライトを今以上増やさないことがとても重要になります。セルライトは脂肪や老廃物のかたまりが何層にも重なってできたもの、重なれば重なるほどお尻やふともも、お腹のボコボコはひどくなっていきます。

セルライトは今以上に重ならせないことで目立たなくなるので、これ以上セルライトを増やさない努力を続けましょう。

ダイエットでの効果

痩せると目立たなくなりそうなイメージのあるセルライトですが、ダイエットをするなら筋肉を減らさない方法を選びましょう。筋肉は老廃物を押し出すための天然のポンプの役割を担っているため、筋肉が落ちるような激しいダイエットは厳禁です。

筋肉量の低下は力が弱まるだけでなく、身体のハリをなくし余計にセルライトのボコボコ感が目立たせてしまうことにも繋がります。

筋肉を減らさないダイエットとは

筋肉を減らさないダイエットとは、食べないダイエットではなくきちんと食べたうえで運動するダイエットです。つまり、セルライトを取る方法は運動なくして成り立たいのです。

食べないダイエットはリバウンドしやすく脂肪の上に新しい脂肪を重ねる原因になります。セルライト除去を目指すならやみくもに痩せるのではなく運動ありきのダイエット方法を継続して行いましょう。

マッサージでの効果

セルライトに効くクリームなどが販売されているように、セルライトを取る方法の中にはマッサージという手段もあります。エステサロンでもセルライト除去のコースな用意されており、手っ取り早く簡単にセルライトを解決できる方法だと飛びつく人も多いです。

しかし、残念ながらどんなプロでも脂肪の下のセルライトを直接的に取ることはできません。

エステでもセルライトが除去できない理由

マッサージもは一時的に老廃物を押し返すことができます。しかし筋肉のように24時間押し返すことはできないため、マッサージだけでセルライトを除去するならかなり頻繁なマッサージが必要となり、一時的にしか受けることのできないエステでは長期的な効果が見込めません。

またエステで使用されるクリームに配合されるカフェインやコラーゲン・エラスチンなどの成分はむくみをなくしてハリをもたらしセルライトを目立たなくするものです。そのため、一時的にセルライトが目立たなくなったように思えますが、効果は一時的なものにすぎません。

セルライト除去に効果的な運動①ウォーキング

セルライトをなくすには筋肉を増やし代謝のよい体作りが不可欠です。とはいえハードすぎる運動は心身ともに苦痛を感じやすく継続するのは難しいです。

そのため運動をするなら生活に取り入れやすいウォーキングがもっとも簡単な運動法となります。歩くだけでセルライトが除去できるのかと感じるほど簡単な運動ですが、セルライトを取る上ではもっとも効果的な運動です。

どうしてウォーキングが効果的なの?

有酸素運動であるウォーキングには、脂肪は燃えても筋肉が増えるというイメージはありません。しかし、ウォーキングはお尻やふともも・ふくらはぎの筋肉を使い・足裏にも刺激が加わる、いわば強制的ポンピング運動です。

また有酸素運動なので同時に無駄な脂肪を燃やしてくれることから、ウォーキングはセルライト除去にかなり有効と言えます。

セルライトに効果のある正しい歩き方

脂肪を燃やして老廃物が押し戻す習慣を毎日続けることこそが、セルライトを増やさず目立たなさせることができる方法です。

ウォーキングを行うときは、ふくらはぎや足裏に意識を向け、該当の部位をしっかり意識しながら歩くことが大切です。腕をしっかり振って背すじを伸ばせばお腹のセルライトにもよく効く運動になります。

セルライト除去に効果的な運動②エクササイズ

ウォーキングを続けていると筋肉の割合が増えるとともに体力も増進してきます。ウォーキングがラクに感じられたなら、次はエクササイズを取り入れて筋肉をさらに鍛えていきましょう。下半身には大きな筋肉が集っていいますので鍛えがいも効果もバツグンです。

運動は続けることで始めて効果が得られるものですから、セルライトをなくすためには一番続けやすいものを取り入れましょう。セルライトを取る方法は運動にあり、できる人はすべて行ってもOKです。

筋トレ

密度の高い筋肉はセルライトを除去し目立たなくしてくれます。セルライトの溜まりやすい下半身は、自重を活かしたスクワットやランジを継続して、お尻とふとももを鍛えましょう。

このような下半身集中型の運動は、大きな筋肉が集るお腹~お尻、ふともも~ふくらはぎによく効き、2ヶ月も続ければかならず結果は出るはずです。

水中ウォーキング

運動も人によっては体を痛める場合があります。関節に自信がない、運動で痛みを感じやすい人はプールの力を借りましょう。プール内での運動は水圧によって水の外よりカロリーを消費しやすいのがメリットです。

水の中を歩くだけでも十分な負荷が得られますのでセルライトの取り方としては非常に安心で効果的です。運動が苦手でも、プールなら心もリラックスできるので一石二鳥です。

エアロバイク

有酸素運動の代表であるエアロバイクも実は筋トレ効果があります。その効果の高さから近年再ブレイク状態となりました。

エアロバイクは漕ぐ運動(ペダリング)がメインの運動ですがふくらはぎや足裏に刺激が加わりウォーキング同様ポンプ運動が行えます。一台あれば自宅でも気軽にトレーニングが行えるおすすめのメニューです。

セルライト除去に効果的な食生活

いくら効果的な運動を続けていてもセルライトがなかなか減らないという場合は運動だけでなく食生活を振り返ってみましょう。脂肪の原因となりやすい食材は、砂糖や小麦粉などふだん何気なく口にしているものが多いので注意が必要です。

スイーツやファーストフード、パスタやうどんなどの粉モノの食事が多い人は、運動を継続しながら野菜が多いヘルシーな食生活へとシフトしましょう。

カリウムの効果

むくみの原因・塩分はセルライトにとっても大敵です。むくみは身体の中の水分が滞った状態をいいますが、塩分は水分を体内に溜めこみむくみを加速させる性質をもっています。

セルライトを直接取る方法ではありませんが、塩分を控えることはセルライトを溜め込まない身体を作ることに繋がります。普段からむくみやすい人は水分代謝を高めるカリウムの多い食生活を心がけましょう。

カリウムが豊富な食材

カリウムが含まれる食材にはこのようなものがあります。

・果物類(バナナ・アプリコット・なつみかん・メロン・干し柿など)
・いも類(さといも・じゃがいもなど)
・海藻類(乾燥ひじき・とろろ昆布など)
・野菜類(かぼちゃ・水菜・なす・白菜・セロリ・キャベツなど)
・その他(ショウガ・納豆・切り干し大根など)

カリウムは水に溶ける性質がありますので、野菜を食べるときは生野菜で食べる方が効果が高くなります。ただし体調に十分注意して、食べすぎには注意が必要です。

セルライト除去には運動が重要!

一度ついてしまうとボコボコが目立ってなかなか落とせないセルライトは女性の大敵です。セルライト除去は直接的な方法がなく、運動や食生活の見直しで継続的に対策していく必要あります。セルライトのない美しい身体を作るため、普段の運動や食生活をしっかりと見直してみましょう。

この記事のライター

関連するキーワード


セルライト 運動

関連する投稿


セルライトに効く!脂肪燃焼クリームの使い方&おすすめTOP10

セルライトに効く!脂肪燃焼クリームの使い方&おすすめTOP10

脂肪燃焼クリームとは痩せるためにセルライトやむくみなどをマッサージで取るために活用されるクリームです。お腹周りや脚について気になるセルライトは、排除したいものです。脂肪燃焼クリームの特徴や選び方、使い方を知ってセルライトやむくみ知らずで痩せるボディを目指していきましょう。


ダイエットは有酸素運動or無酸素運動どちらがいいの?おすすめ筋トレメニューとは?

ダイエットは有酸素運動or無酸素運動どちらがいいの?おすすめ筋トレメニューとは?

ダイエットに有効な運動として有酸素運動と無酸素運動の2種類がありますが、それぞれ効果が全く異なります。ダイエットにより効果的な運動方法と組み合わせ方、おすすめの筋トレメニューを5つご紹介します。より効率的に痩せたい、ダイエットの成功率を上げたい人は必見です。


最新の投稿


保湿液とは?わかっているようで気になる乳液との違いとは?

保湿液とは?わかっているようで気になる乳液との違いとは?

保湿液とは化粧水の保水力と乳液の保湿力を併せ持った効果が期待できるスキンケアアイテムです。乳液とは油分量が異なり、サラッとした使い心地です。肌の乾燥対策用アイテムとしてスキンケアに取り入れることにより、しっとりと落ち着いた肌へ導くことができます。


子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

猫がトイレ以外の場所でトイレをする行動は、飼い主にとっても困る行動の1つです。子猫のうちは、トイレでしないことが多いです。しかし子猫がトイレをしないとき、いくつかの理由や原因が考えられます。子猫がトイレをするための対策方法、トレーニング方法などをお伝えします。


ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替えはクリームの形状に合わせて容器を選ぶことがポイントです。ハンドクリームの詰め替え方法はクリームの硬さによって直接容器に注入したり、スパチュラなどの小道具を使って移し替えます。小ぶりな容器に詰め替えれば、どこにでも持ち運ぶことができます。


大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫におすすめのキャットタワーは猫の体重を支えられる頑丈で安定性が高いキャットタワーです。キャットタワーには突っ張りタイプと据え置きタイプの2種類がありますが、愛猫の性格や運動能力にあったものを選びましょう。猫種によってタイプを選ぶのがおすすめです。


猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

分離不安症を知っている方はいますか。猫や犬が抱える、精神的な問題行動を指します。近年愛猫のイタズラや粗相で、悩んでいる方からの相談が相次ぎません。それらの行動の原因が、猫の分離不安症であることもあります。愛猫について知るためにも、精神病である不安分離症について知ることは大切です。