GPS付きの首輪を猫につけるメリットとは?どれがおすすめなの?

GPS付きの首輪を猫につけるメリットとは?どれがおすすめなの?

GPS付きの首輪を猫につけることは迷子対策にとても有効な手段です。脱走したとしても発信機から居場所を追跡できることで早期発見の可能性が格段に高まります。猫におすすめのGPS付き首輪で、万が一のケースにしっかりと備えましょう。


GPS付きの首輪を猫に付けるメリットとは

GPS付きの首輪は猫を安心して飼うために大きなメリットがあります。そもそも猫には首輪をつけないという人もいますが、首輪は猫が迷子になったときに野良猫ではないことを人々に知らせるために重要です。たとえ室内飼いであっても何かの拍子に脱走してしまう可能性があるため、いざというときに着けておくと安心できます。

中でもGPS付きのものであれば、人々に飼い猫であることを知らせるだけでなく、自ら場所を突き止めて捜索することができてより安心なので非常に便利です。万が一のケースに不安な思いや悲しい思いをしなくて済むよう、GPS付きの首輪をおすすめします。

迷子のときに追跡できる

GPS付きの首輪を着けておくこと最大のメリットは、迷子になったときに居場所を確認して追跡することができるという点です。外飼いの猫はもちろん、室内で気を付けて飼っていても、窓やドアを開けた瞬間に脱走してしまうケースにも活躍してくれます。

特に室内飼いの猫であれば、普段外を出歩かないため自力で帰ってこれないケースも少なくありません。万が一の事態であっても、GPS付きの首輪を着けていれば居場所をすぐにチェックし、探しに行くことができるようになります。

普段の行動範囲や生活模様を知れる

普段外で飼っている場合、自分の愛猫の行動範囲を知るすべはなかなかありません。特に仕事で飼い主が家を空けている場合、愛猫がいつ家にいていつ出かけているのかすら知らないということも多いでしょう。GPS付きの首輪を着けておけば、家や職場にいながらでも猫の動きをチェックすることができ、愛猫の行動範囲やお散歩ルートを知ることが可能です。

GPS付きの首輪を着けていても電池切れや故障などといった最悪のケースも考えられますが、その場合にも普段の行動範囲を知っておくことで捜索しやすくなります。

便利な機能で迷子や事故を未然に防げる

GPS付きの首輪の中には、猫の居場所を突き止める以外にも便利な機能が備わっていることがあります。例えば、普段猫が行動するであろう範囲を設定しておけば、猫がその範囲を出てしまったときにアラームを鳴らしてくれる機能です。

家の近くに交通量が多い道路がある場合などは、その道路までの範囲でアラーム設定をしておくことで、猫が事故に遭うリスクの軽減にも繋がります。GPS付きの首輪の便利な機能を使うことで、迷子や事故を未然に防ぐことができるというのも大きなメリットです。

マイクロチップのデメリットをカバー

これまで迷子対策としては、猫の体内へのマイクロチップ埋め込みが主流でした。マイクロチップに飼い主の電話番号などを登録しておき、その猫が保護されたときに自治体や動物病院がその情報を読み取ることですぐに飼い主に連絡を取ることができるというものです。

マイクロチップ埋め込みは迷子対策の一つとして有効ですが、マイクロチップの情報を読み取ることができる専用のリーダーを持った機関に保護されない限りは意味がありません。マイクロチップを埋め込んでいても飼い主は待つことしかできませんが、GPS付きの首輪を着けていればすぐに捜索を開始できるという点で、マイクロチップのデメリットをカバーできると言えます。

GPS付きの猫用首輪の選び方

日本ではまだまだ認知度が低いため、猫用のGPS付き首輪の種類はあまり多くありません。そのため、限られた製品から選ぶことになりますが、どれも似た性能というわけでは決してなく、製品によって特徴が大きく異なるという注意点があります。猫の快適さに関わる重量やサイズの違いや、電波の種類による捜索範囲の違いなどを確認し、適切なものを購入しましょう。

また、値段は数千円から10,000円を大きく超えるものまで様々ですが、値段が高いものが必ずしも良いわけではありません。飼い方や目的によってピッタリなものが変わってくるので、値段ではなく機能面を重視するのがポイントです。

電波の種類

電波の種類はGPS付きの首輪を選ぶ上で非常に重要であり、大きく分けて3つあります。発信機を用意して独自の電波を使うもの、スマートフォンのBluetoothを利用するもの、携帯電話などに使われている電波を使用するものです。

電波が届く範囲の限られる発信機やスマートフォンを使用するものに比べ、携帯電話などに使われている電波を使うものはかなり遠くまで捜索できるため安心度が高いと言えます。しかし、月額料金が発生し、維持費が高くなるという点がデメリットです。各電波のメリットとデメリットを把握して使いやすいものを選びましょう。

オリジナル電波のGPS

専用の発信機と受信機を使って専用の電波を交信するタイプです。発信機と受信機の電波が届く範囲でしか利用できません。本体の値段は高くなりがちですが、月額の使用料が要らないので長い目で見れば安いというのもポイントです。

オリジナル電波式のGPSを購入する場合、電波が日本の電波法に違反していないかどうかを確認する必要があります。違反していた場合所有者が罰せられる可能性もあるので、きちんと正規に販売している販売者から購入しましょう。

携帯電話電波を利用したGPS

携帯電話に使われている電波を利用したGPS機能です。オリジナル電波タイプとの大きな違いは追跡可能な範囲で、携帯電話の電波が入るところであれば遠く離れていてもGPSで居場所を確認できるというメリットがあります。

本体購入費用の他に月額利用料が発生するため、長期てきに見ると維持費が高くなる点に注意してください。また、日本の携帯キャリアが対応していないと日本国内で使用できないため、購入前には必ず確認するようにしましょう。

スマートフォンのBluetoothを利用したGPS

オリジナルの電波を使うGPSと携帯電話の電波を使うGPSが主流でしたが、最近ではスマートフォンのBluetoothを利用して使えるタイプの製品があります。電波の範囲はオリジナル電波式のものよりもさらに短く100m以下であることがほとんどです。

しかし、オリジナル電波や携帯電話の電波を使う製品は電波法を確認したり、日本国内でも使えるものかを確認しなければなりませんでしたが、Bluetoothを使う場合はその必要がありません。日本で確実に使えるかどうかに心配がある人は、スマートフォンからの電波を使う製品を検討しましょう。

追跡範囲

追跡範囲は使用する電波のタイプによって大きく異なり、携帯電話の電波を使うものは携帯電話が使用できるエリアならどこでも捜索できるというのが魅力です。しかし、発信機やスマートフォンを使用するタイプの場合、製品によって数十メートルから100メートル以上の距離まで、電波が届く範囲に差があるので購入前に確認する必要があります。

自宅の敷地内での捜索を目的として購入する場合は狭い範囲でも構いませんが、迷子対策として使うのであればできるだけ広範囲に電波が届くものがおすすめです。

重量・大きさ

首輪があまりにも大きかったり重かったりすると、猫の負担が大きくなります。特に、重量の面ではGPS機能や電池を搭載しているため、普通の首輪よりは重たくなるので注意が必要です。

また、首輪を着けていることが負担にならないように、首回りは指2本分くらいのゆとりが必要なので、首回りのサイズも確認しておきましょう。猫用として販売されている普通の首輪とは違い、GPS付きの首輪は犬猫兼用の商品も多いので、サイズチェックは非常に重要になります。

防水性能

いざ猫が迷子になったときにGPSを使って居場所を突き止めようと思っても、首輪が故障してしまっていると役に立たなくなります。猫が外に出たときに雨に降られたり、水たまりや濡れている場所に入っていってしまったりと、GPS付きの首輪が水濡れで故障するリスクは高いです。

もちろん、猫が迷子になってから時間が経てば経つほどその可能性も高まります。特に普段から外で飼っている猫の場合は、普段から水濡れの可能性が高いため、防水性能のあるGPS付き首輪がおすすめです。

多頭飼いに対応できるか

猫を一匹ではなく複数飼っている場合や、今後さらに猫を迎える可能性がある人は、多頭飼いにも対応できる製品がおすすめです。オリジナル電波を使った製品の場合、発信機一つに対して受信機一つのみが対応している製品は、複数猫を飼うときに発信機ごと追加で買う必要が出てきてしまいます。

その点、発信機一台に対して複数の受信機を設定できるものであれば、受信機のみを追加購入すれば良いというのがメリットです。多頭飼いをしている場合は、複数の猫を管理できる製品を検討しましょう。

GPS付きの猫用首輪のおすすめ製品①

タブキャットネコ探し専用探知機首輪

Amazonで詳細を見る

製品情報


電波オリジナル電波
重量7g
サイズ直径3cm×厚さ0.7cm
捜索範囲約122m
防水-
多頭飼い4頭まで(3頭目からはチップ追加購入が必要)


おすすめポイント

イギリスで人気のGPS製品を、日本にある会社が販売している製品で、日本の電波法もクリアしています。猫の首輪に取り付けるGPS受信機側が非常に小さくなっており、重量もたったの7gしかないので猫の負担も少ないというのが大きなメリットです。

また、発信機側も非常に小さく、クレジットカードと大差ない大きさで持ち運びも簡単にできます。一台の発信機に対して4つまで受信機を登録することができるので、多頭飼いをしている人にもおすすめです。

GPS付きの猫用首輪のおすすめ製品②

ねこもに発信機

Amazonで詳細を見る

製品情報


電波Bluetooth
重量10g
サイズ縦22.4㎜×横44㎜×厚さ8㎜
捜索範囲約75m
防水IP44
多頭飼い-


おすすめポイント

海外製品が多いGPS付きの首輪の中で珍しい日本の製品です。公式サイトはもちろん、公式のアプリも日本語のため、とても使いやすい製品だと言えます。猫の首輪にBluetoothの電波を発するGPS発信機を取り付け、設定をしたスマートフォンから居場所を確認できるというシステムです。

また、ねこもにには保険が付帯されており、ねこもにを使用しても猫の捜索が困難な場合、捜索代行のための費用が補償されます。また、ねこもにの故障に関しても補償があるので、とても安心して使えるのが他の製品にはないおすすめのポイントです。

GPS付きの猫用首輪のおすすめ製品③

GPSペットロケーター

Amazonで詳細を見る

製品情報


電波携帯電話の電波
重量45g
サイズ縦56㎜×横60㎜×厚さ16㎜
捜索範囲携帯電話の電波が届く範囲
防水IP66
多頭飼い-


おすすめポイント

携帯電話の電波を使ってトラッキングする製品で、日本国内でもDoCoMoとSoftbankのSIMカードに対応しています。携帯電話の電波を使用するので、電波が届く範囲ならどこでもトラッキングできるのが大きな魅力です。

また、追跡できる範囲とは別に自宅のWi-Fiが届く範囲を安全なエリアとして登録することができ、その猫が範囲を超えたらすぐにアラームが鳴るという機能も付いています。失踪したときに居場所を追跡できるだけでなく、脱走を未然に防ぐことができるのもポイントです。

GPS付きの猫用首輪のおすすめ製品④

Tile Mate

Amazonで詳細を見る

製品情報


電波Bluetooth
重量7.5g
サイズ縦35㎜×横35㎜×厚さ6.2㎜
捜索範囲約45m
防水-
多頭飼い対応可


おすすめポイント

ペット専用ではなく落とし物対策に使える製品で、猫の首輪にも着けて使用できるBluetoothを利用したGPSです。サイズも小さく重さも7.5gと軽いので、猫の負担も少なく使うことができます。スマートスピーカーにも対応した最新の製品で、対応しているスマートスピーカーを持っている場合は話しかけるだけで猫の居場所を知ることができるのが特徴です。

値段も他の製品と比べて安いため、初めて首輪にGPSを着けるときにお試しとしても気軽に使用することができます。また、通常のTile Mateは追跡範囲が最大で45mですが、Tile Proという上位製品は最大90mと長くなるので、心配な場合はTile Proもおすすめです。

GPS付きの猫用首輪のおすすめ製品⑤

Wistikiスマートアクセサリーaha!

この記事のライター

関連するキーワード


首輪

関連する投稿


子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

猫がトイレ以外の場所でトイレをする行動は、飼い主にとっても困る行動の1つです。子猫のうちは、トイレでしないことが多いです。しかし子猫がトイレをしないとき、いくつかの理由や原因が考えられます。子猫がトイレをするための対策方法、トレーニング方法などをお伝えします。


大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫におすすめのキャットタワーは猫の体重を支えられる頑丈で安定性が高いキャットタワーです。キャットタワーには突っ張りタイプと据え置きタイプの2種類がありますが、愛猫の性格や運動能力にあったものを選びましょう。猫種によってタイプを選ぶのがおすすめです。


猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

分離不安症を知っている方はいますか。猫や犬が抱える、精神的な問題行動を指します。近年愛猫のイタズラや粗相で、悩んでいる方からの相談が相次ぎません。それらの行動の原因が、猫の分離不安症であることもあります。愛猫について知るためにも、精神病である不安分離症について知ることは大切です。


猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

あまり餌を食べない猫でも猫缶なら喜んで食べることがあります。猫缶は、猫が大好きで美味しいだけでなく、猫を惹きつける匂いや食べやすい形状に作られています。数多い商品の中から愛猫にぴったりの猫缶を選んで喜ばせてあげましょう。


猫ちゃんのマーキングがヤバイ!正しい対策と掃除方法は!?

猫ちゃんのマーキングがヤバイ!正しい対策と掃除方法は!?

猫がトイレ以外でおしっこしてしまうマーキング行動は飼い主にとって悩みの種のひとつです。いくら猫を叱っても、マーキング行動を防止出来ないと困っている飼い主は多いと思います。実はマーキング行動の対策は叱るだけでは防止出来ません。正しい対策と掃除方法をお伝えします。


最新の投稿


子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

猫がトイレ以外の場所でトイレをする行動は、飼い主にとっても困る行動の1つです。子猫のうちは、トイレでしないことが多いです。しかし子猫がトイレをしないとき、いくつかの理由や原因が考えられます。子猫がトイレをするための対策方法、トレーニング方法などをお伝えします。


ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替えはクリームの形状に合わせて容器を選ぶことがポイントです。ハンドクリームの詰め替え方法はクリームの硬さによって直接容器に注入したり、スパチュラなどの小道具を使って移し替えます。小ぶりな容器に詰め替えれば、どこにでも持ち運ぶことができます。


大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫におすすめのキャットタワーは猫の体重を支えられる頑丈で安定性が高いキャットタワーです。キャットタワーには突っ張りタイプと据え置きタイプの2種類がありますが、愛猫の性格や運動能力にあったものを選びましょう。猫種によってタイプを選ぶのがおすすめです。


猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

分離不安症を知っている方はいますか。猫や犬が抱える、精神的な問題行動を指します。近年愛猫のイタズラや粗相で、悩んでいる方からの相談が相次ぎません。それらの行動の原因が、猫の分離不安症であることもあります。愛猫について知るためにも、精神病である不安分離症について知ることは大切です。


猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

あまり餌を食べない猫でも猫缶なら喜んで食べることがあります。猫缶は、猫が大好きで美味しいだけでなく、猫を惹きつける匂いや食べやすい形状に作られています。数多い商品の中から愛猫にぴったりの猫缶を選んで喜ばせてあげましょう。