ネコにりんごをあげても良い?適切な量や注意点をまとめてご紹介!

ネコにりんごをあげても良い?適切な量や注意点をまとめてご紹介!

猫はりんごの果肉部分に限って食べることができますが、知っておきたい注意点がいくつかあります。特に種や葉、皮には健康被害の考えられる物質が含まれるので飼い主が正しい知識を持つことが必要です。猫にりんごを与える場合は、安全に食べさせるよう配慮しましょう。


猫にりんごはいいの?

日本人にとってとても身近な果物であり、栄養もたっぷり摂取できるりんごですが、猫を飼っている場合は注意が必要です。結論から言うと、猫が食べても大丈夫ですが、与えるときに注意が必要になります。

また、ビタミンCたっぷりで人間にとっては身体にも良い果物ですが、猫にとっては決して食べる必要があるものではありません。りんごを与える場合、飼い主がしっかりと注意すべきことに気をつけながら適切な方法で与えることが大切です。

りんごの果肉は食べても大丈夫

猫もりんごを食べることができますが、それは果肉に限ってのことです。種や葉には有害な物質が入っているので決して与えてはいけません。身体の大きい人間なら食べることができる皮の部分も、人間より小さな生き物にとっては注意が必要な部分です。

また、猫はりんごを食べても大丈夫とは言え、実際に与えるときには細心の注意が必要になります。猫にりんごを食べさせたいときには注意点をしっかり知った上で、果肉の部分だけを与えるようにしましょう。

猫にりんごは不要

猫はりんごを食べることができますが、健康の面から見て決して必要なものではありません。りんごにはビタミンCが豊富に含まれていますが、人間と違って猫はビタミンCを体内で生成できます。また、カリウムやミネラルといったりんごから摂れる栄養素も、りんご以外のものから摂取できるものです。

猫にりんごを与えることの唯一のメリットは便秘の予防になることですが、それ以上に気を付けないといけないことやリスクの方が多いので、便秘予防のためにわざわざりんごを食べさせる必要はないでしょう。

猫がりんごを食べると危険?

りんごは人間にとって栄養が豊富に摂取できる貴重な果物ですが、猫にとっては危険もあります。りんごには栄養ではなく害になる成分が含まれている上に、肉食動物としての性質としてりんごの消化が得意ではないためです。

注意点を押さえた上で、ほんの少量の果肉を食べる分には大丈夫ですが、万が一に備えて飼い主がその危険性を知っておくことも重要になります。飼い猫にりんごを与えたいときには、そのリスクも併せて知っておきましょう。

種や葉に有害な物質が含まれている

りんごの種や葉の部分には青酸(シアン)が含まれています。青酸は有毒物質であり、大量に食べることで中毒症状を引き起こすものです。人間が食べても健康被害が見られることはほとんどありませんが、身体の小さな猫が食べると中毒症状が現れることもあります。

特に多量に摂取した場合、最悪のケースでは命に関わることも起こり得ることです。果肉の部分は食べても良いとは言え、うっかりと種を取り損ねる場合もあるので十分な注意が必要になります。

消化不良を起こすことがある

猫はもともと肉食動物なので、肉の消化は得意ですが野菜や果物の消化は得意ではないという特徴があります。栄養素の面で見ても、小動物を丸ごと食べることで必要な栄養を補えるようになっているため、果物であるりんごを食べる必要性はありません。

そのため食物繊維が豊富に含まれるりんごは胃腸への負担が大きくなり、多量に摂取した場合は消化不良を起こすことがあります。りんごを与えたいときには、胃腸への負担を考えて少量に留めておくことが重要です。

いつも食べているものを食べなくなることがある

猫を飼っていると急にフードを食べなくなるなど、食欲のなさが見受けられることがあります。同じフードに対して飽きてしまったり、反対にいつもとフードを変えてしまったことで驚いてしまったりと原因はさまざまですが、新しい味を猫に与えるということがフードを食べなくなる原因の一つにもなり得ることは知っておきましょう。

初めてりんごを与え、猫がりんごの味を気に入ってしまった場合、普段のフードが進まなくなることがあります。りんごに限らず、必要としないエサを与えることは、普段のフードを食べる量に影響を及ぼす可能性は少なくありません。

猫にりんごを食べさせるときの注意点

猫にとってりんごは必要なものではありませんが、きちんと注意点を押さえておけば与えても良い果物でもあります。旬の時期にはとても美味しいものが出回るので、愛猫にも食べさせてあげたいと思うのは自然なことです。

リスクを踏まえた上で与えたいと思う場合は、注意点をしっかりと押さえて正しい方法で食べさせることが重要になります。りんごを食べさせる前には、与えても大丈夫な量やあげ方のポイントをしっかり知っておきましょう。

種と葉を念入りに取り除く

りんごの果肉は猫に与えても良い部分ですが、種と葉の部分には有害物質である青酸が含まれています。身体の小さい猫にとっては少量であっても健康被害を引き起こす可能性があるので、必ず取り除くようにしましょう。

特に葉の付いたものはあまり売られていないので問題は少ないですが、種は注意深く取り除こうとしてもうっかり取り損ねてしまうことがあるので注意が必要です。猫に食べさせる前には必ず種の取りこぼしがないかを再度確認するようにしてください。

皮はしっかりとむく

皮には残留農薬が付着している可能性が高く、しっかりとむいてあげることが重要です。身体の大きな人間には影響が少ないため、皮ごと食べてしまうという人も多いですが、身体の小さい猫には人間以上に大きな影響が出てしまいます。

特にりんごは果物や野菜の中でも残留農薬が多い品種であり、毎年平均的に高い値の残留農薬が検出されていることで知られている果物です。きちんと皮をむくのは手間がかかることですが、しっかりとむいてあげるようにしましょう。

小さく刻むかすり潰す

肉食動物である猫は肉の消化は得意ですが、果物の消化が得意ではなく、たくさんの果物や野菜を一度に食べると胃腸に負担がかかってしまいます。大きな塊の果物を与えてしまうと、少量であっても消化不良に繋がる可能性があるため、かなり小さめにカットしてあげるようにしましょう。

また、すり潰してペーストやジュースのようにしてあげるのもおすすめです。大きな塊は消化不良の原因になるだけでなく、噛み切れずに誤飲してしまうことも考えられます。

アレルギーに注意する

人間同様に猫にも食べ物に対してアレルギーを持っているケースがあります。飼い猫がどの食べ物にアレルギーがあるかを把握していない場合、果物に限らず初めて食べさせるものには気を付けてあげましょう。

種や葉、皮を完全に取り除いて、少量だけを食べさせたにも関わらず、様子がおかしくなった場合はアレルギー反応が考えられます。万が一食後にぐったりとしていたり、様子がいつもと違ったりということが起きたら、アレルギーを疑って病院に連れていくようにしましょう。

一日に与える量は大さじ一杯程度

猫にとって果物は消化しにくい食べ物である上に、糖分も多く含まれているので与える量に注意してあげることがポイントです。一日に食べさせても良い量は、多くても大さじ一杯程度です。

あくまでも猫にとってりんごは食べる必要のない食べ物なので、普段食べているフードと一緒に少量を食べさせてあげるくらいにしておきましょう。また、普段からお腹の調子を崩しやすい猫の場合は、様子見として小さじ一杯くらいから食べさせてみるのも良い方法です。

万が一種を食べてしまったら猫の様子を見る

気を付けていたとしても、万が一種を取り損ねてしまった場合、食後に猫の様子をしっかりと見ることが大切です。気を付けて種を取り除いていた場合、うっかり残っていたとしても一粒二粒程度でしょうから、必ずしも健康被害が出るというわけではありません。

そのため、必ずすぐに動物病院に連れていかなければならないということではありませんが、食後しばらくは様子を気にかけてあげるようにしましょう。青酸を大量に摂取したことによる症状は嘔吐や痙攣なので、もしもこれらの症状が見受けられれば、いち早く病院に連れていくことが重要です。

猫にはりんご以外の果物にも要注意

りんご以外の果物も、猫に食べさせるときには同様に注意する必要があります。果物はもともと糖分が多いものですが、特にここ最近は品種改良などでさらに甘くなっているものも多く、果物をたくさん食べさせること自体健康に良いとは言えません。

さらに肉食動物にとって果物は種類に限らずどれも消化しにくい食べ物で、消化不良や体調不良を引き起こす可能性があります。人間にとっては美味しくて身体にも良い果物ですが、猫にとっては一概に良いことばかりではありません。

りんご以外のバラ科の果物

猫に食べさせるときに特に気を付けたいのが、りんごと同じバラ科に属している果物です。バラ科の果物はどれも種と葉に青酸を含んでいるため、それらを確実に取り除いてあげるようにしましょう。また、バラ科の果物の中にはイチゴやさくらんぼなど比較的小さいものものありますが、いくら小さいものであってもさらに小さくカットしたり、すりおろしたりという工夫も大切です。

【代表的なバラ科の果物】
なし・ビワ・いちご・梅・さくらんぼ・あんず・桃・プルーン

猫にりんごは十分に注意しよう

猫にとってりんごは与える必要はない食べ物ではありますが、きちんと注意点を押さえておけば食べさせても大丈夫です。ただし、無条件に食べさせても良いわけではなく、種や皮を念入りに取り除いたり、食べやすくカットしたりという処理が必要になります。

気を付けていれば食べさせても良いものですが、注意が必要な食べ物であることには違いないので、猫の命を守るためにも飼い主がしっかりと知識を身につけておくようにしましょう。

この記事のライター

関連するキーワード


関連する投稿


子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

猫がトイレ以外の場所でトイレをする行動は、飼い主にとっても困る行動の1つです。子猫のうちは、トイレでしないことが多いです。しかし子猫がトイレをしないとき、いくつかの理由や原因が考えられます。子猫がトイレをするための対策方法、トレーニング方法などをお伝えします。


大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫におすすめのキャットタワーは猫の体重を支えられる頑丈で安定性が高いキャットタワーです。キャットタワーには突っ張りタイプと据え置きタイプの2種類がありますが、愛猫の性格や運動能力にあったものを選びましょう。猫種によってタイプを選ぶのがおすすめです。


猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

分離不安症を知っている方はいますか。猫や犬が抱える、精神的な問題行動を指します。近年愛猫のイタズラや粗相で、悩んでいる方からの相談が相次ぎません。それらの行動の原因が、猫の分離不安症であることもあります。愛猫について知るためにも、精神病である不安分離症について知ることは大切です。


猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

あまり餌を食べない猫でも猫缶なら喜んで食べることがあります。猫缶は、猫が大好きで美味しいだけでなく、猫を惹きつける匂いや食べやすい形状に作られています。数多い商品の中から愛猫にぴったりの猫缶を選んで喜ばせてあげましょう。


猫ちゃんのマーキングがヤバイ!正しい対策と掃除方法は!?

猫ちゃんのマーキングがヤバイ!正しい対策と掃除方法は!?

猫がトイレ以外でおしっこしてしまうマーキング行動は飼い主にとって悩みの種のひとつです。いくら猫を叱っても、マーキング行動を防止出来ないと困っている飼い主は多いと思います。実はマーキング行動の対策は叱るだけでは防止出来ません。正しい対策と掃除方法をお伝えします。


最新の投稿


子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

猫がトイレ以外の場所でトイレをする行動は、飼い主にとっても困る行動の1つです。子猫のうちは、トイレでしないことが多いです。しかし子猫がトイレをしないとき、いくつかの理由や原因が考えられます。子猫がトイレをするための対策方法、トレーニング方法などをお伝えします。


ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替えはクリームの形状に合わせて容器を選ぶことがポイントです。ハンドクリームの詰め替え方法はクリームの硬さによって直接容器に注入したり、スパチュラなどの小道具を使って移し替えます。小ぶりな容器に詰め替えれば、どこにでも持ち運ぶことができます。


大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫におすすめのキャットタワーは猫の体重を支えられる頑丈で安定性が高いキャットタワーです。キャットタワーには突っ張りタイプと据え置きタイプの2種類がありますが、愛猫の性格や運動能力にあったものを選びましょう。猫種によってタイプを選ぶのがおすすめです。


猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

分離不安症を知っている方はいますか。猫や犬が抱える、精神的な問題行動を指します。近年愛猫のイタズラや粗相で、悩んでいる方からの相談が相次ぎません。それらの行動の原因が、猫の分離不安症であることもあります。愛猫について知るためにも、精神病である不安分離症について知ることは大切です。


猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

あまり餌を食べない猫でも猫缶なら喜んで食べることがあります。猫缶は、猫が大好きで美味しいだけでなく、猫を惹きつける匂いや食べやすい形状に作られています。数多い商品の中から愛猫にぴったりの猫缶を選んで喜ばせてあげましょう。