猫はお腹が空いたら何をする?6つのサイン教えます!

猫はお腹が空いたら何をする?6つのサイン教えます!

猫はお腹が空くと様々な方法で餌の催促をし、ときには飼い主や家族を困らせてしまうこともあります。空腹時に猫が起こす主な6つの行動と飼い主としての対策方法を知り、大切なペットの食事のお世話についてしっかり考えていきましょう。


猫がお腹を空かせる6つのサイン

猫は、ご飯をきちんと食べさせているにも関わらず、食べ足りないからかさまざまなサインを送り、飼い主にお腹が空いていることを知らせようとします。

飼い主が気になる猫の行動は、実はお腹が空いているからもっと餌が欲しいと要求している行為であることが考えられる理由の一つです。

猫がお腹が空いているときにとる行為は、主に6つあります。飼い主に対してどんなことを伝えようとしているのかを知る手がかりとして覚えておきましょう。

①おねだりをする

猫が餌を欲しくておねだりをするために、少し甘えたような素振りで飼い主の手足にすりすりしてくることがあります。かまって欲しい時にも見せる行動ですが、一生懸命飼い主を見上げたり、甘えた声で鳴きながらすりすりしてくる場合は、お腹が空いているサインである可能性が高いでしょう。

また、飼い主に何かを知らせようとするかのように、お皿をぺろぺろなめる行為を見せたり、猫が前足でとんとんと触れて気づいてもらうようにすることもあります。これも飼い主に空腹をアピールし、ご飯をもらおうとする行為の1つです。

②鳴き声で知らせる

猫は様々なことを鳴き声で知らせてきます。よく聞くと、鳴き方や声の高さが異なっています。

餌をおねだりしているときは、足もとをぐるぐる歩き回りながらいつもより違ったトーンの甘えた声で鳴いたり、あるいはいつもご飯のお皿が置かれる場所に座ってこちらの方を見ながら知らせたりします。

まるで人間の子どもがお腹を空かせているときに母親に知らせるかのような要求の仕方と似ていますが、早朝や夜中に飼い主が困ってしまうほどしつこく鳴き続けてしまう例も少なくありません。

③不機嫌になって睨む

お腹が空くと不機嫌になるという様子は人間にもよく見られる行動ですが、猫にも同じような様子が見られます。

見るからにイライラした歩き方をしたり、飼い主を強くじっと睨んだりしてきます。そうかと思うと急にすり寄ってきたり、ご飯が欲しいと言わんばかりの鳴き声を聞かせたりします。

そのような行為に対して知らん顔をしていると、さらにまとわりつくようにしながら睨んだり、相手を困らせるような行動をとろうとしたりします。

④飼い主を噛む

最初のうちはすりすりしたり鳴き声で知らせたりしていても、お腹が空いてイライラ感が募ってしまうと、飼い主を噛むことで要求を伝えようとすることがあります。甘噛み程度ならまだしも、攻撃的な気持ちも加わり、血が出てしまうほど噛まれてしまうこともあります。

噛まれてしまうと、つい餌をあげてしまいそうになりますが、噛めば要求が通るということをおぼえてしまうため、極力餌はあげないようにしましょう。万が一噛まれて怪我をしてしまった場合はすぐに消毒をし、病院で処置をしてもらってください。

⑤空腹過ぎて吐く

知らずにいると初めて遭遇したときにびっくりしてしまうようなペットの行為に、吐くというサインがあります。特に初心者の人はどうしたらよいかわからなくなってしまうこともあるでしょう。

空腹なのに吐いてしまうとは驚きですが、食べたものではなく胃液を吐いてしまいます。胃液はほぼ透明ですが、ときには黄色いものが混じっていることがあります。これはお腹が空きすぎて胃液や肝臓から出る胆汁が逆流してしまうことが原因です。

あまりにも頻繁に吐いたり、赤っぽい色が混ざってしまったりしているときは獣医師の診断を受けるようにしてください。

⑥ご飯欲しさに暴れる

猫が暴れる原因の1つがお腹を空かせていることです。

例えば、走り回る、カーテンを引っ張ったり破ったりしようとする、テーブルの上の物を落とす、自分の餌のお皿をひっくり返すなどです。夜中に暴れる猫もおり、まるで夜の運動会だと比喩する人もいます。

また早朝に飼い主がまだ眠っているときは、お腹の上に乗ったり顔をぺろぺろしたりしながらどうにか起こそうとする行動もよく見られます。自分の要求が聞き入れられない場合にますます過激な行動をとるようなら、何らかの対策が必要です。

猫のお腹を空かせた時の対処法

猫がお腹を空かせ、様々なサインでご飯を要求する際、いつもいつもその要求に応えてよいわけではありません。

一生懸命訴えてくるペットの表情に、ついかわいそうになって餌をあげたくなってしまいます。しかしそれぞれの動物にもご飯の適量というものがあり、餌の与えすぎは肥満のもとです。

逆に、無視をして放っておきすぎてしまうと、お互いの信頼関係が崩れてしまう、あるいは思わぬ事態に発展してしまうことも考えられます。

そこで、猫の行為別の対策を考えてみましょう。

食事時間と量を見直す

猫が頻繁にお腹を空かせているようなら、先ずは食事の量を見直してみましょう。ペットフードには体重別に餌の適量が示されていますが、猫の品種、運動量などによってご飯の量は変わってきます。適正体重と比較しながらもう1度1回の食料をチェックしてみてください。

また、夜中に運動会を始めては家族中に迷惑をかけてしまいます。夜中にお腹が空かないよう、食事時間をずらすなどの対策が必要です。そして毎日決まった時間にご飯を与えるように調整してみましょう。

1日に何度も餌を欲しがるときは、1日の餌の全体量はそのままで、お皿に出す量を小分けにし、ご飯の回数を増やしてみる方法も有効です。

問題行動は無視する

飼い主を噛む、暴れてお皿などをひっくり返すなどの行動に辟易してしまったり、かわいらしく甘えてくる表情につられてしまったりすると、猫の要求を受け入れてしまいがちです。

しかしこれで猫はこの行動をとれば餌を出してもらえるのだと学習し、くりかえし同じ行為を示すようになります。飼い主自身がさらに困った事態に陥らないとも限りません。

無視をする、ゲージに入れて落ち着かせるなどの対策をとってから改めてご飯を食べさせるようにしてください。

注意をそらす

ご飯を欲しがっている猫の様子をわかりながら無視を続けるのは少し辛いことです。また猫の行動がエスカレートしないとも限りません。

このような場合の対策として、おもちゃなどで一緒に遊び、気をそらす方法があります。たくさん遊んでからだを動かすことは猫にとってもよい運動になりますし、カロリー消費にもつながります。ストレス解消にもうってつけです。

十分に遊んだあとならほんの少しだけ餌をお皿に出してあげてもよいでしょう。

受診が必要な場合は病院へ

猫のさまざまな要求に対して飼い主もあの手この手で対策を練らなければならないところですが、1点気をつけたいことがあります。

お腹が空くと吐いてしまうという行為がありますが、以下のような症状の場合は獣医師の診断を受けるようにしましょう。

・1日何度も吐いてしまう
・黄色い胆汁や血液が混ざっている
・吐いたものが非常に臭う
・吐く以外にも、元気がない、下痢をしているなど他の症状が見られる

他のペットと比較すると猫は吐きやすい傾向にありますが、何らかの病気である可能性もあります。気になるサインはそのままにせず、すぐに医師に相談してください。

猫の空腹をしっかりと気にしてあげよう

猫は言葉で伝えられないことを、あの手この手のサインで伝えられる賢いペットです。お腹が空いている状態は人間でも心地よい状態ではなく、ときには不機嫌になってしまいます。

猫も人間と同じだということを忘れず、なぜ今何かを訴えるような表情をしたり、びっくりするような行動をするのか、その意味をしっかり考えてあげましょう。

また、餌の与え方は本やペットフードの袋に書かれていることに縛られすぎず、自分の飼っている猫の様子にあった与え方を考えてあげてください。

食事管理は飼い主さんのつとめ

猫の食事量は品種、環境、性格、運動量、体重や体格などによって平均通りにはいかないこともあります。

毎日お腹を空かせているようなら、フードの量を見直さなければなりません。ひどく暴れて飼い主や家族を困らせてばかりいるようなら、与える時間や回数、フードの量を考え直す必要があります。

食事の管理は大変なことですが、大切なペットが健康で長生きしてくれるよう、ペットの要求をあまやかしすぎないようにも気をつけましょう。

ペットの口腔・腸内ケア【ラブリービー】新規購入プログラム

この記事のライター

関連するキーワード


関連する投稿


子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

猫がトイレ以外の場所でトイレをする行動は、飼い主にとっても困る行動の1つです。子猫のうちは、トイレでしないことが多いです。しかし子猫がトイレをしないとき、いくつかの理由や原因が考えられます。子猫がトイレをするための対策方法、トレーニング方法などをお伝えします。


大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫におすすめのキャットタワーは猫の体重を支えられる頑丈で安定性が高いキャットタワーです。キャットタワーには突っ張りタイプと据え置きタイプの2種類がありますが、愛猫の性格や運動能力にあったものを選びましょう。猫種によってタイプを選ぶのがおすすめです。


猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

分離不安症を知っている方はいますか。猫や犬が抱える、精神的な問題行動を指します。近年愛猫のイタズラや粗相で、悩んでいる方からの相談が相次ぎません。それらの行動の原因が、猫の分離不安症であることもあります。愛猫について知るためにも、精神病である不安分離症について知ることは大切です。


猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

あまり餌を食べない猫でも猫缶なら喜んで食べることがあります。猫缶は、猫が大好きで美味しいだけでなく、猫を惹きつける匂いや食べやすい形状に作られています。数多い商品の中から愛猫にぴったりの猫缶を選んで喜ばせてあげましょう。


猫ちゃんのマーキングがヤバイ!正しい対策と掃除方法は!?

猫ちゃんのマーキングがヤバイ!正しい対策と掃除方法は!?

猫がトイレ以外でおしっこしてしまうマーキング行動は飼い主にとって悩みの種のひとつです。いくら猫を叱っても、マーキング行動を防止出来ないと困っている飼い主は多いと思います。実はマーキング行動の対策は叱るだけでは防止出来ません。正しい対策と掃除方法をお伝えします。


最新の投稿


子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

猫がトイレ以外の場所でトイレをする行動は、飼い主にとっても困る行動の1つです。子猫のうちは、トイレでしないことが多いです。しかし子猫がトイレをしないとき、いくつかの理由や原因が考えられます。子猫がトイレをするための対策方法、トレーニング方法などをお伝えします。


ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替えはクリームの形状に合わせて容器を選ぶことがポイントです。ハンドクリームの詰め替え方法はクリームの硬さによって直接容器に注入したり、スパチュラなどの小道具を使って移し替えます。小ぶりな容器に詰め替えれば、どこにでも持ち運ぶことができます。


大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫におすすめのキャットタワーは猫の体重を支えられる頑丈で安定性が高いキャットタワーです。キャットタワーには突っ張りタイプと据え置きタイプの2種類がありますが、愛猫の性格や運動能力にあったものを選びましょう。猫種によってタイプを選ぶのがおすすめです。


猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

分離不安症を知っている方はいますか。猫や犬が抱える、精神的な問題行動を指します。近年愛猫のイタズラや粗相で、悩んでいる方からの相談が相次ぎません。それらの行動の原因が、猫の分離不安症であることもあります。愛猫について知るためにも、精神病である不安分離症について知ることは大切です。


猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

あまり餌を食べない猫でも猫缶なら喜んで食べることがあります。猫缶は、猫が大好きで美味しいだけでなく、猫を惹きつける匂いや食べやすい形状に作られています。数多い商品の中から愛猫にぴったりの猫缶を選んで喜ばせてあげましょう。