りんご猫とは?正しく理解して、飼い主にできることを探ろう!

りんご猫とは?正しく理解して、飼い主にできることを探ろう!

りんご猫とは猫エイズや猫白血病ウィルスキャリアを持つ猫のことです。りんご猫は間違った認識を持って見られることが多く、保護猫でも譲渡率が低いのですが正しい知識を持っていれば普通の猫とほとんど変わりありません。りんご猫についてその由来や猫エイズの症状を説明します。


りんご猫とは?

りんご猫とは猫エイズのキャリアや猫白血病ウィルスキャリアを持つ猫のことです。

猫エイズはその名の通り猫の間で感染するエイズで、その原因の猫免疫不全ウイルスの英語のfeline immunodeficiency virusの頭文字をとってFIVと呼ばれることもあります。

猫エイズ(FIV)に感染するとすぐに死に至るわけではありませんが、発病によって別のウイルスに感染しやすくなったりと病気のリスクが高くなります。

しかし、猫エイズにかかったりんご猫でも正しい知識を持って接すれば長生きさせてあげられる可能性が高まるのです。

りんご猫はどんな猫?

りんご猫とは猫エイズキャリアや猫白血病ウィルスキャリアを持っている猫たちを指す言葉です。このりんご猫という言葉は恵まれない猫や保護猫たちを支援する団体のネコリパブリックによって付けられました。

りんご猫は人間のエイズ撲滅運動であるレッドリボン運動の赤色と、猫の可愛いイメージからりんごが思いついたことが由来となっています。

猫エイズ(FIV)感染猫をりんご猫と呼ぶ理由

猫エイズ感染キャリアを持つ猫をりんご猫と呼ぶ理由は、猫エイズへの偏見を無くすためです。

猫エイズについて知識がない人は、猫エイズに感染している猫はすぐにに死んでしまったり、人にウイルスが感染するのではないかと偏見の目で見てしまう傾向があるので、猫エイズに感染している保護猫は引き取り手が現れにくいのです。

そんな偏見を無くし、猫エイズについて正しい知識を広めようとする活動の一環で、猫エイズ感染猫のマイナスのイメージを和らげるためにりんご猫の呼び方が誕生しました。

りんご猫の発祥の「ネコリパブリック」とは?

りんご猫という言葉を生み出したネコリパブリックとは、東京や大阪、岐阜や広島にも店舗を構える保護猫カフェのことです。

ネコリパブリックは2022年の2月22日(猫の日)までに日本の保護猫の殺処分をゼロにすることを目標に、保護猫の里親探しの活動と保護猫への偏見を無くし、おしゃれな生活の提案などの活動も行っています。

ネコリパブリックのカフェの利用やグッズ購入で楽しく保護猫を助けることができるのです。

りんご猫が感染している猫エイズ(FIV)とは?

りんご猫が感染している猫エイズの症状を詳しく知っている人は実は多くはありません。多くの人はエイズという言葉からなんとなく恐い病気であるという認識をしている程度です。

たしかに、猫エイズは恐ろしい病気ではありますが、正しい知識を持てばその見方をぐっと変えることができます。また、猫エイズの正しい知識を持つことは、猫エイズにかかっているりんご猫や猫エイズの脅威にさらされている猫を救うことにもつながります。

りんご猫が感染している猫エイズ(FIV)の症状

猫エイズの発症までの急性期とキャリア期の症状

猫エイズは急性期と無症状キャリア期、そしてエイズ発症期の3つの期間それぞれで症状が違います。

急性期では、軽い感染症にかかったり、下痢やリンパ節が腫れるといった症状が主に現れます。急性期の症状は大抵が自然に治るため、飼い主が気が付きにくいことが特徴です。ただし免疫力は徐々に低下しているので、猫が体調を崩したらすぐに獣医の診察を受けましょう。

無症状キャリア期では、病気やケガの治りが遅くなったり、体重が減ったり下痢やリンパ節の腫れなどの軽い不調が現れます。

無症状キャリア期は4~5年で場合によっては10年以上続くことがあります。そのため、健康管理に注意すれば発症のリスクを下げ続けることができます。

猫エイズ発症後の症状と対処法

猫エイズ発症期では口腔内疾患や、猫風邪などの感染症にかかりやすくなります。また、そのような病気にかかってしまった時の治りが遅くなります。そして悪性腫瘍の発症や重篤な病気へかかりやすくもなります。

残念ながら一度猫エイズを発症すると完治させることはできません。発症してしまったあとは出来るだけストレスのかからない生活をさせ食事管理などで健康管理をしっかりして体調が崩れないように注意しながら過ごすことが大切です。

りんご猫が持たれがちな間違ったイメージ

りんご猫のかかっている猫エイズについて詳しい知識がない人は、りんご猫はすぐ死んでしまったり、人にも感染するのではないかと偏見を持ちがちです。

しかし、りんご猫は猫エイズについての正しい知識を持って適切な接し方をしてあげれば発症を長く抑えたり、発症後もすぐに死んでしまう事なく長生きさせてあげられる可能性があるのです。

猫エイズ(HIV)は人へも感染する?

猫エイズが人にうつるのではと心配する人は多いですが、猫エイズが人に感染することは絶対にあり得ません。

猫エイズは猫同士の感染はしてしまいますが、その感染力は実はとても弱いものです。グルーミング程度ではほとんどうつることはありません。

猫エイズの主な感染の理由は母胎感染であり、生まれつき猫エイズキャリアを持った猫はいますが、正しいケアなどによって一生発症しないというケースも実は多いのです。

りんご猫に飼い主がしてあげられること3つ

もしも飼い猫が猫エイズを発症してりんご猫になったり、りんご猫の保護猫を引き取った場合は適切な対応で少しでも発病を抑えたり症状を和らげることが大切です。

りんご猫に飼い主がしてあげられることは主にストレスを与えないこととワクチンを接種させ病気を予防することと、こまめに健康診断を受けさせて病気のリスクを減らすことが挙げられます。

ストレスをなるべく与えない

通常の飼い猫はもちろんですが、りんご猫はとくにストレスに注意が必要です。ストレスがかかることにより、免疫力が低下してしまうためです。

健康な猫であれば多少免疫力が低下しても病気のリスクはそう高くはありませんが、りんご猫は猫エイズによってそもそも免疫力が低下している状態なので、病気のリスクが上がってしまうのです。

りんご猫を飼育する際には、りんご猫にストレスがかかりにくい環境を整えてあげることが大切です。

ワクチンを接種させる

りんご猫はエイズウィルスによって免疫力が低下しているため、様々な病気にかかりやすくなってしまっています。また別の病気にかかってしまうと治りが遅く、命を脅かすこともあります。

そのため、ワクチンを接種させ別の病気の予防をすることが大切です。

また、りんご猫と別の猫を多頭飼いする場合は別の猫に猫エイズがうつらないように、猫エイズのワクチンを接種させることも、猫エイズにかからないようにするために重要なことです。

定期的な健康診断で他の病気のチェックをする

りんご猫を飼育する場合はこまめに健康診断を受けることも大切です。一般人では気が付きにくい症状や変化でも獣医さんが気が付いてくれることによって病気やウイルス感染のリスクを下げることができます。

とはいえ、多くの猫は病院が苦手で病院に連れていくことでストレスがかかってしまうこともあるので、獣医さんに相談しながら診察の定期期間を決めたり、気になることはまずは電話などで獣医さんに相談するようにしましょう。

りんご猫デーとは?

りんご猫デーはいつ?

りんご猫デーは12月12日です。

なぜりんご猫デーが12月12日に設定されたかというと、人間の世界エイズデーが12月1日に設定されています。りんご猫デーはこの人間の世界エイズデーにちなんで12月12日に設定されました。

人間の世界エイズデーではエイズの正しい知識を広める活動が行われますが、りんご猫デーも同じようにりんご猫の知識を世界に広める活動が行われます。

りんご猫デーの活動は?

りんご猫デーの活動としては、猫カフェでりんご猫についての講演会が行われたりします。

とある動物病院では猫エイズについての知識が書かれた冊子が配られたりと、りんご猫についてや猫エイズについての正しい知識を広める活動が各地で行われています。

また、ネットでもSNSやブログなどを通じてりんご猫デーにりんご猫についての投稿をシェアしたりとその活動の輪は広がりつつあります。特にネットは世界中につながっているので、この活動はこれから大きく広がっていくでしょう。

りんご猫デーに私たちができること

りんご猫デーに私たちもできることと言えば、やはりSNSやネットでの発信が手軽にできることとして挙げられます。

文章に自信がないという人は自身で投稿しなくても、りんご猫に関する投稿や記事をシェアしたり応援することによっても活動の輪を広げることになりますので、そういった投稿を見かけたら広げるお手伝いをぜひしましょう。

また、りんご猫に関するイベントも開かれることがあるので、参加することもりんご猫を支援する行動になります。

りんご猫デー以外でも私たちができる支援とは?

りんご猫デーでなくてもりんご猫に私たちがしてあげられる支援はあります。

りんご猫を救うというと、引き取って飼うイメージがありますが、りんご猫を引き取って飼うことはなかなか家の事情などで難しいことがありますよね。

しかし、引き取って飼う以外でもりんご猫の知識を広めたり、ネコリパブリックなどりんご猫を支援する団体でグッズを買うことによって募金活動とすることができます。

些細なことでも自分にできることを始めてみることが、りんご猫や恵まれない猫の未来を変える力になります。

りんご猫専門の猫カフェをご紹介!

りんご猫のみの保護と譲渡活動をする猫カフェのネコリパブリック中野店が東京の中野にあります。

ネコリパブリック中野店で保護されている猫は全てがりんご猫なのです。ここではりんご猫の保護活動と、りんご猫を世界に広める活動を行っています。

りんご猫専門の猫カフェ「ネコリパブリック中野店」

店舗インフォメーション


住所〒164-0001 中野区中野5-68-9 AKビル3F
電話番号03-5942-7166
アクセス中央線・総武線 中野駅から徒歩約5分
営業時間

平日14:00-19:00

休日・祝日12:00-17:00

休業日水曜日(祝日の場合は営業)


りんご猫専門の猫カフェならではの特徴は?

りんご猫ばかりが集まるネコリパブリック中野店ではりんご猫の譲渡活動とりんご猫についての知識を広める活動もしています。

ネコリパブリック中野店に訪れると可愛い猫と触れ合うと同時にりんご猫について詳しく知ることができます。また、実際にりんご猫と触れ合うことでりんご猫に対しての偏見を薄めることができます。

ネコリパブリック中野店のその他の活動

ネコリパブリック中野店ではりんご猫の譲渡活動以外にもブログではりんご猫に関する質問の受付や回答を行っています。りんご猫は保険に入れるのかなど、りんご猫についての気になることがある場合はネコリパブリック中野店のブログをチェックしてみましょう。

また、ネコリパブリック中野店では猫専用のペットシッターもしています。りんご猫の知識がしっかりあるお店なので、りんご猫を預けなければならないときにはぜひお願いしたいお店ですね。

ネコリパブリックの詳細はこちら

りんご猫へ正しい理解を持って接してあげよう

りんご猫は猫エイズのキャリアを持っているということでなかなか飼い主が現れないのが現状です。しかし、猫エイズへの正しい知識を持っていれば猫エイズは恐い病気ではないということが分かります。

正しい知識を持って接してあげれば普通の猫とほとんど変わりはありません。

りんご猫へは正しい知識を持って接してあげましょう。また、情報の発信も彼らを救う手立てとなります。

この記事のライター

関連するキーワード


関連する投稿


世界一でかい猫『メインクーン』とは?ペットとして飼えるの?

世界一でかい猫『メインクーン』とは?ペットとして飼えるの?

メインクーンはアメリカ原産の大型の品種の猫で、ギネスに世界一でかい猫として登録されています。その大きさはなんと1mを超え、中型犬並ですが、実は穏やかな性格で飼いやすい猫なのです。世界一でかい猫のメインクーンについて、品種の情報や飼い方などを見てみましょう。


猫アレルギーの原因とは?症状を改善する方法・克服方法を解説

猫アレルギーの原因とは?症状を改善する方法・克服方法を解説

猫アレルギーの原因はFel d 1というタンパク質が主です。完璧な治し方は残念ながらまだわかっていませんが、原因となるアレルゲンをできるだけ体内に入らないような対策を取ることで、猫アレルギーの発症を抑制することができます。


猫がたくさん水を飲む理由とは?病気なのかな?1日の適切な摂取量を解説

猫がたくさん水を飲む理由とは?病気なのかな?1日の適切な摂取量を解説

猫が水をふだんよりたくさん飲む様子がみられたら、重い病気に罹っているサインかもしれません。たいしたことではないと思わず、どのくらいたくさんの水を飲むようになったのかを把握し、猫の体調の善し悪しとその原因をきちんと見極めてあげましょう。


子猫が水を飲まない!効果的な飲ませ方は?病気の可能性があるの?

子猫が水を飲まない!効果的な飲ませ方は?病気の可能性があるの?

猫はもともと砂漠の生き物なので、たくさんの水は飲みません。しかしあまりに飲む量が少ないと脱水症状になったり、尿道や腎臓の病気を引き起こしたりする危険があります。とくに子猫は脱水症状になりやすいので注意が必要です。子猫が水を飲まない原因と対処法を見てみましょう。


猫がドライフードを食べない理由とは?何が原因?様々な対策お教えます

猫がドライフードを食べない理由とは?何が原因?様々な対策お教えます

飼い猫がある日突然ドライフードを食べなくなった経験があるという飼い主は意外と多いです。いきなりフードを食べない状態になるとどこか身体の具合が悪いのかと心配になりますが、猫がドライフードを食べないのには実は意外な理由があるのです。その理由と対策を見てみましょう。


最新の投稿


世界一でかい猫『メインクーン』とは?ペットとして飼えるの?

世界一でかい猫『メインクーン』とは?ペットとして飼えるの?

メインクーンはアメリカ原産の大型の品種の猫で、ギネスに世界一でかい猫として登録されています。その大きさはなんと1mを超え、中型犬並ですが、実は穏やかな性格で飼いやすい猫なのです。世界一でかい猫のメインクーンについて、品種の情報や飼い方などを見てみましょう。


オーガニックの制汗剤&デオドラントおすすめ5選!肌を気にする女性が欲しいコスメとは?

オーガニックの制汗剤&デオドラントおすすめ5選!肌を気にする女性が欲しいコスメとは?

オーガニック制汗剤とは化学成分を使用していない制汗剤のことです。オーガニック制汗剤の特徴は、身体に優しい成分、アロマの香りで、嫌なニオイをケアができます。さらに身体に安全で香りによる癒し効果もある女性に嬉しい制汗剤となっています。


猫アレルギーの原因とは?症状を改善する方法・克服方法を解説

猫アレルギーの原因とは?症状を改善する方法・克服方法を解説

猫アレルギーの原因はFel d 1というタンパク質が主です。完璧な治し方は残念ながらまだわかっていませんが、原因となるアレルゲンをできるだけ体内に入らないような対策を取ることで、猫アレルギーの発症を抑制することができます。


オーガニックリンゴ酢のおすすめ5選!無添加・無農薬の人気のお酢

オーガニックリンゴ酢のおすすめ5選!無添加・無農薬の人気のお酢

オーガニックのリンゴ酢は有機林檎のさわやかな味と香りがひときわ引き立ち、お酢が苦手な人にもおすすめです。また農薬や化学肥料、添加物の心配もありません。体調や肌の調子を整えるために、今日からオーガニックのリンゴ酢を上手に活用していきましょう!


オーガニックミルクのおすすめ7選!赤ちゃんに安心して飲ませたい

オーガニックミルクのおすすめ7選!赤ちゃんに安心して飲ませたい

安心安全な粉ミルクを探すなら、オーガニック製品がおすすめです。土壌や牛のえささえもすべて厳しい基準をクリアしており、成長や健康上気になる素材は使用されていません。現時点でオーガニック粉ミルクは海外製品のみとなりますが、認証を受けた信頼できる製品です。