乳液と化粧水のつける順番は?それぞれの正しい使い方を知ろう

乳液と化粧水のつける順番は?それぞれの正しい使い方を知ろう

女性なら毎日当たり前のように使用している化粧水や乳液ですが、あなたはその役割や塗り方についてきちんと理解できていますか?化粧水や乳液は顔の保湿やエイジングケア以外にも働きがあるため、使い方がとても大切。乳液と化粧水の塗る順番やつけ方の基本を教えます。


乳液と化粧水の役割

乳液や化粧水は、配合されている成分を浸透させて効能を得ることだけが全てではありません。つけ方や順番を理解する前に乳液や化粧水がもつ役割を頭に入れておけば、自分に合う乳液や化粧水選びも簡単です。

それに、何も考えずにバシャバシャと化粧品を塗るだけでは毎日のスキンケアが面倒になりがち。乳液や化粧水の役割を理解した上でその効果を感じることができれば、日々のケアや化粧品選びも楽しくなるので、まずは乳液と化粧水がもつパワーに迫ります。

化粧水の役割

ローションやトナー、トニックと称されることもある化粧水。素肌のままではデリケートな状態である顔の肌を整え、滑らかにするのが土台となる化粧水の役割です。化粧水に含まれている成分の大半は水であるため、水分や含まれている保湿成分を補給する目的もあります。

また、化粧水を浸透させることで美容液やクリームの成分を導入を助け、浸透率をアップさせることも可能に。スキンケア成分の道筋のような役割も果たしてくれます。

乳液の役割

エマルジョンやミルクとも呼ばれている乳液は、化粧水に比べ油分の割合が高いのが特徴です。水分、油分をバランスよく与え、肌が元々もつ水分やスキンケアで浸透させた潤いが逃げるのを防ぎ、肌を滑らかに柔らかくしてくれる役割を果たしてくれます。

乳液には洗顔やクレンジングで落とされた肌の皮脂膜に必要な油分をプラスさせる目的もありますので、洗顔後に化粧水だけで済ましてしまうとダメージを受けやすい肌になることも。保湿だけでなく保護の意味でも乳液の使用は大切なのです。

乳液と化粧水と他の化粧品との違い

あなたが普段、毎日のスキンケアに使用しているアイテムは乳液や化粧水だけですか?スキンケア製品は研究がどんどん進み、美容液やクリームなども続々と新しい商品が発売されています。しかし、肌に良さそうだからといって、あれもこれも化粧品を使用することが肌にいいとは限りません。

何が自分の肌に必要でどんなケアをすべきなのかを間違えないために、化粧水や乳液以外の基礎化粧品にも注目し、違いを詳しくお伝えします。今使用しているスキンケアアイテムと比較してみてください。

化粧水と美容液の違い

化粧水と美容液では有効成分の量が大きく異なります。美容液には保湿成分や美白美容成分のような有効成分が高濃度で配合されているため、水分補給よりもシミ・シワ・くすみなどのエイジングケアや集中ケアに優れているのが特徴です。

10代や20代前半のように、シンプルなスキンケアだけでも美肌が保たれる場合は化粧水と乳液だけでも肌にとって不足はありませんが、肌悩みが気になり始めたら早めに美容液をとり入れることをおすすめします。

乳液とクリームの違い

油分を与えるイメージの強い乳液とクリーム。どちらも肌がもつ水分や化粧水の水分を蒸発させないために油分を補う役割がありますが、大きな違いは乳液とクリームがそれぞれもっている水分と油分のバランスです。

乳液はテクスチャーが軽く水分が多いのが特徴的。皮脂よりも水分量が少ない肌質にむいており、みずみずしく保湿することができます。一方で、油分が多くこっくりとしたテクスチャーであるクリームの場合は、皮脂不足で乾燥しがちなに肌に適していますので、保湿に力を入れたい場合はクリームの使用がおすすめです。

乳液と化粧水を塗る順番の正解

乳液や化粧水の役割、美容液などの化粧品の特徴をいくら理解していても、使用する順番を間違えてしまったらその効果を存分に得ることはできません。顔の肌は手足や体に比べとてもデリケート。あなたが普段何気なく使っている基礎化粧品とスキンケアの塗る順番が合っていないことで、思わぬ肌トラブルを招いている可能性もあるのです。

化粧水や乳液のつけ方や使い方を覚える前にまず、基本的な使用順をおさらいします。あなたが普段行っている順番と比較してみてください。

一般的なスキンケアの順番

一般的に、スキンケアの順番として適しているのは化粧水、美容液、乳液、クリームの順です。

迷ったら、水分量が多くテクスチャーの軽いものから使用することを目安にしてください。特に美容液は化粧水のようなサラサラとしたみずみずしい質感のものもあれば、ジェルや乳液に近いものもありますので、複数使用する場合テクスチャーが重いものは後の使用が適切です。

基礎化粧品はメーカーやブランドによって成分や効能が大きく異なるため、使い方の説明が商品に記載されている場合は、使用順に沿ってスキンケアを行うことをおすすめします。

スキンケアの順番が大事な理由

乳液や化粧水、美容液などに含まれている有効成分は、スキンケアの順番を間違えてしまうと肌への浸透を妨げてしまうことがあります。つまり、せっかく成分にこだわったスキンケア製品を使用していても塗る順番を間違えてしまったら、存分にその力を発揮できず美顔効果を感じられないこともあるのです。

アイテム選びももちろん大切ですが、水分・油分・美容成分を無駄なく肌へ届けるためにはスキンケアの順番をあなどってはいけません。

シートマスクをつけるタイミング

乳液や化粧水のようなベーシックなスキンケアにプラスしてとり入れることが多いシートタイプのマスク。実はこれも使用する順番で大きく効果を左右してしまうのです。

まずはシートマスクの成分をチェックします。油分や美容成分の多いシートマスクは洗顔後、化粧水で肌に水分を与え、整った肌に美容液感覚で使うのが理想的です。一方で化粧水マスクと記載されている場合やオールインワンタイプのマスクは、洗顔後すぐや洗顔無しで使用できます。

シートマスクのパッケージの裏に記載されている使用方法も必ず読み、使う順番を間違えないようにしてください。

化粧水の前に塗る美容液や乳液に注意

気をつけておきたいのが、乳液や化粧水の中でも使う順番が異なるケースもあるということ。期待できる効能がベーシックなものと異なる場合がありますので注意が必要です。

顔の肌奥にある角層にうるおいを届ける役割のある先行乳液と呼ばれるタイプやブースターといわれている導入タイプの美容液は、化粧水より先に使用しないと効果を存分に発揮できません。

また、洗顔やクレンジングで落とし切れなかった不要な汚れを除去する役割のある角質ローションや拭き取りローションと呼ばれる化粧水は、水分を浸透させる化粧水とは用途が異なります。角質ケアを行ってから水分を与えた方が浸透率もアップするので、角質ローションを先に使用するのが正解です。

基本の乳液と化粧水の使い方

化粧水の使い方

スキンケアの順番と同様に、大切にしたいのが使い方です。まずは、基本となる化粧水のつけ方から見直してみてください。

化粧水の量は500円玉ぐらいを目安にし、手のひらにとります。顔に塗るときは指の力を抜き、優しくおでこ、両頬、鼻、あごへ5点おきするように広げてください。最後に手のひらに残った分を使い、包み込むように顔全体へのせれば終了です。

乾燥が気になる目元などは重ね付けすることで保湿力もアップ。コットンを使用する場合は保湿液のようなとろみのある質感の化粧水ではなく、みずみずしいテクスチャーのものが適しています。少し使用量を増やし、軽くおさえるようなつけ方をすると摩擦を軽減できるのでおすすめです。

乳液の使い方

乳液のつけ方で最も大事なのは、塗るタイミング。化粧水の後、すぐに乳液を塗ってしまうと浸透が妨げられるだけでなく、顔表面に残った化粧水とすぐ塗った乳液が混ざってしまい、存分に美容効果が発揮されないことがあるのです。

化粧水を塗ったあと、表面のべたつきがなくなりつっぱりを感じる前のタイミングが乳液を塗るベストタイム。10円玉ぐらいの量を目安に手にとり、両手にまんべんなく広げたら、乾燥しやすい目元や頬、口元から先に塗ってください。皮脂量の多い鼻やおでこを最後につけ、全体を包みこむようにすれば、潤った肌に仕上がります。

肌質別おすすめ化粧水

乾燥肌におすすめの化粧水

ETVOS モイスチャライジングローション

Amazonで詳細を見る

製品情報


内容量150ml
有効成分

グルコシルセラミド

ヒアルロン酸

特徴

アミノ酸配合

パラベンフリー

テクスチャーなめらかでべたつかない


おすすめポイント

洗顔やクレンジングの後に乾きを感じやすい乾燥肌さんは、保湿液になるようなモイスチャータイプの化粧水で素早く肌を保湿してあげることが大切です。肌のバリア機能を助けるセラミドや、水分保持力の高いヒアルロン酸は特に乾燥肌さんにとっておすすめの保湿成分ですので、化粧水を選ぶときの参考にしてください。

美白成分やエイジングケア成分でもあるビタミンC誘導体など、乾燥肌対策には不向きな有効成分もあります。迷ったら保湿力を優先し、保湿成分の高い化粧水の使用をおすすめします。

脂性肌におすすめの化粧水

オルビス 薬用クリアローション

Amazonで詳細を見る

製品情報


内容量180ml
有効成分

コラーゲン

クエン酸

特徴

ニキビに作用

弱酸性

テクスチャーさらさらでべたつかない


おすすめポイント

べたつきが気になりやすい脂性肌さんは、水分を与えながら皮脂をコントロールできる化粧水が肌に適しています。まずは、洗顔だけで落とし切れなかった皮脂や汚れを角質ケアローションや拭き取り化粧水でオフ。テカりの原因になるものはとり除いておく方が浸透の邪魔もしません。

成分でおすすめできるのは皮脂の分泌を抑えるビタミンC誘導体。ニキビや毛穴の開きにも作用するクエン酸もオイリー肌の人にぴったりです。

また、タイトニングローションとも呼ばれる収れんタイプの化粧水は、肌のタンパク質を収縮させることで毛穴を引き締める効果も期待できますので、Tゾーンのようにテカりを感じやすい部分に使用すると皮脂分泌を防ぐことが可能です。

敏感肌におすすめの化粧水

アクセーヌ モイストバランス ローション

Amazonで詳細を見る

製品情報


内容量360ml
有効成分

ヒアルロン酸Na

特徴

低刺激性

無香料

テクスチャーみずみずしい


おすすめポイント

化粧水だけでも肌がピリピリしてしまう可能性のある敏感肌さんは、顔にのせた瞬間から肌に一体化するように優しく浸透するローションタイプがおすすめです。特に注意したいのは余計な成分が入っていないかどうか。アルコールや香料は敏感肌にとって特に刺激になりやすいので、成分は必ず確認してください。

無添加やミネラル、オーガニックと記載されていても肌に合わない場合も当然ありますので、新しい化粧水を使用する場合は少量から試すことをおすすめします。

肌質別おすすめ乳液

乾燥肌におすすめの乳液

リバイタル モイスチャーライザーEX 2

Amazonで詳細を見る

製品情報


内容量100ml
有効成分

3Dアミノ酸コンプレックスM

特徴

うるおいの持続

エイジングケア

テクスチャーしっとりなめらか


おすすめポイント

乾燥肌さんの場合、乳液の保湿成分や油分に注目しがちですが、肌奥からの乾燥を防ぐには水分のバランスも保たれていることが大事。クリームに比べ、水分量が多いのが乳液の特徴でもあるので、柔らかい感触で肌にのせるとしっとりするような心地よい使用感の乳液を選んでください。

肌が乾燥すると小じわなどのエイジングサインが気になるケースも多いので、保湿成分セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンの他、抗しわ成分といわれているレチノールが配合されている乳液をおすすめします。

脂性肌におすすめの乳液

この記事のライター

関連するキーワード


乳液 化粧水 使い方

関連する投稿


リップブラシの使い方とは?初めて使う人に丁寧でゼロから教えます

リップブラシの使い方とは?初めて使う人に丁寧でゼロから教えます

リップブラシの使い方で大切なのは事前準備と仕上がりをイメージした塗り方です。正しい使い方をマスターすれば、口紅の色や質感にかかわらず理想の唇を完成させることができます。リップブラシの使い方を覚えて唇美人に近づきましょう。


【いま話題!】オーストラリアのラノリンクリームの効果と使い方とは?

【いま話題!】オーストラリアのラノリンクリームの効果と使い方とは?

ラノリンクリームとは、オーストラリアで愛されている羊の毛からとれる成分を主とした保湿クリームです。ラノリンクリームにはハリツヤを与えたり、アンチエイジング効果があったりと高い美容効果があります。自然由来で赤ちゃんに使えるのも魅力です。


【自然派コスメ好き女性に絶対おすすめ!】オーガニック化粧水10選

【自然派コスメ好き女性に絶対おすすめ!】オーガニック化粧水10選

化粧水はスキンケアの中でも洗顔の次に行う需要な役割を果たしてくれる基礎化粧品です。その中でも自然の成分を使って作られたオーガニック化粧水は女性の間で人気になっています。お肌に優しいオーガニック化粧水を使って優しく肌をケアしていきましょう。


敏感肌におすすめなオーガニック乳液5選!保湿力でしっかり選ぼう

敏感肌におすすめなオーガニック乳液5選!保湿力でしっかり選ぼう

スキンケアの時に使われる保湿のためのアイテムに乳液があります。乳液は、基礎化粧品の1つですが、最近では自然な原料を使ったオーガニックの乳液が人気です。そんなオーガニック乳液の選び方やおすすめのアイテムのランキングをチェックしていつものスキンケアに役立ててみましょう。


化粧水の正しい付け方&使い方とは?スキンケアを学ぼう

化粧水の正しい付け方&使い方とは?スキンケアを学ぼう

化粧水は、スキンケアの中で欠かせないコスメです。そんな化粧水の付け方を中心に見ていきながら正しいスキンケアを学んでいきます。実践にすぐ活かせる付け方や使い方なので、化粧水を用意して読み進めながら実践していくのもおすすめです。


最新の投稿


保湿液とは?わかっているようで気になる乳液との違いとは?

保湿液とは?わかっているようで気になる乳液との違いとは?

保湿液とは化粧水の保水力と乳液の保湿力を併せ持った効果が期待できるスキンケアアイテムです。乳液とは油分量が異なり、サラッとした使い心地です。肌の乾燥対策用アイテムとしてスキンケアに取り入れることにより、しっとりと落ち着いた肌へ導くことができます。


子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

猫がトイレ以外の場所でトイレをする行動は、飼い主にとっても困る行動の1つです。子猫のうちは、トイレでしないことが多いです。しかし子猫がトイレをしないとき、いくつかの理由や原因が考えられます。子猫がトイレをするための対策方法、トレーニング方法などをお伝えします。


ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替えはクリームの形状に合わせて容器を選ぶことがポイントです。ハンドクリームの詰め替え方法はクリームの硬さによって直接容器に注入したり、スパチュラなどの小道具を使って移し替えます。小ぶりな容器に詰め替えれば、どこにでも持ち運ぶことができます。


大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫におすすめのキャットタワーは猫の体重を支えられる頑丈で安定性が高いキャットタワーです。キャットタワーには突っ張りタイプと据え置きタイプの2種類がありますが、愛猫の性格や運動能力にあったものを選びましょう。猫種によってタイプを選ぶのがおすすめです。


猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

分離不安症を知っている方はいますか。猫や犬が抱える、精神的な問題行動を指します。近年愛猫のイタズラや粗相で、悩んでいる方からの相談が相次ぎません。それらの行動の原因が、猫の分離不安症であることもあります。愛猫について知るためにも、精神病である不安分離症について知ることは大切です。