初めての香水!正しい使い方とつけ方を学んで1つ上の大人になろう

初めての香水!正しい使い方とつけ方を学んで1つ上の大人になろう

初めて香水をつける場合には使い方が非常に重要です。正しい量や最適な身体の場所を守れば効果的に香りを楽しむことができますが、間違ったつけ方をすれば匂いがきつすぎるなどの問題を引き起こします。正しい香水の使い方を知ってワンランク上の大人を目指しましょう。


香水は正しい使い方を知ることが重要

好印象な大人の女性にとって、香水の使い方は非常に重要です。正しい使い方で爽やかに香らせると素敵な大人の女性を演出できる香水ですが、必要以上に匂いがきつくなったり、TPOを弁えていない使い方をしたりすると周囲の人を深いにさせてしまう可能性があります。

香水をつける量はもちろんですが、基本的な使い方や香水の選び方、つける位置などもとても重要です。特に初めて香水をつけるという場合にはしっかりと正しい使い方やつけ方を理解してから使用するようにしましょう。

香水の種類と正しい選び方

一口に香水やフレグランスと言っても大きく分けてパルファン、オーデパルファン、オーデトワレ、オーデコロンの4種類に分けられます。メーカーによって多少の違いはありますが、濃度によって一般的に区分されているものをまずは覚えましょう。

種類によって持続時間の違いもありますが、最も注目したいのは香料含有濃度です。香料含有濃度が高いものは当然匂いもきつくなります。そのため、香水の種類によってつけ方のコツやつける量などの使い方も変わってくるので、まずはどの香水を使うかを考えましょう。

パルファン


香料含有濃度15~30%
持続時間5~12時間


本来、香水というとパルファンのことを指しており、香水の最高ランクであるとも言えます。香料含有濃度を見てもわかる通り、わずかな量で非常に強く香るのが特徴です。そのため、結婚式など華やかなパーティーシーンに向いていますが、反対に職場などのビジネスシーンや、お葬式などの厳粛な場面には適しません。またつけすぎの心配があるので初心者には少し使い方が難しいとも言えます。

非常によく香るパルファンを使用するときには、他の種類の香水よりも特に使い方に注意する必要があり、ほんの一滴を肌につける程度で十分です。

オーデパルファン


香料含有濃度10~15%
持続時間5~12時間


パルファンよりもわずかに濃度が下がっており、パルファンよりも使い方が気軽なのがオーデパルファンです。価格もパルファンより安くなっているので、初心者でも手を出しやすくなっています。パルファンより使い方が簡単とはいえ、オーデパルファンも十分に濃度は高いのでつける量やつけ方には注意が必要です。

オーデパルファンはスプレータイプのものが多いので、回数で言うと1プッシュを目安につけるようにしましょう。その際、肌の一か所にスプレーを当て続けるのではなく、線を描くようにイメージしたつけ方がポイントです。

オーデトワレ


香料含有濃度5~10%
持続時間2~5時間


香料含有濃度が下がり、初心者の女性にも使い方が簡単でおすすめなのがオーデトワレです。パルファンやオーデパルファンに比べて匂いがきつくないので、会社など普段の生活シーンでも使用できます。

使い方の基本ですが、まずは1プッシュつけてみて香りが足りないようであればもう1プッシュほど線を描くように追加してつけるようにしましょう。

また、香りの持続時間もパルファンやオーデパルファンに比べて短くなっています。そのため、4~5時間ほど経ったらつけなおすのがおすすめです。

オーデコロン


香料含有濃度1~5%
持続時間1~2時間


最も香料含有濃度が低く、使い方も簡単でカジュアルに使えるのがオーデコロンです。香水が初めてで使い方に自信がないという人はもちろん、ほんのり香る程度に軽く香水を楽しみたいという女性にもオーデコロンが適しています。オーデコロンは他の種類に比べて匂いが弱いので、点や線ではなく面をイメージして吹きかけるつけ方を意識しましょう。

注意したいのはフレグランス効果の持続時間で、約1~2時間しか香りが持ちません。デートなどのお出かけ時にしっかりと香らせたい場合は、2時間を目安につけなおす必要があります。

香水の基本的な正しい使い方

大人のたしなみとして香水を使いたい場合には、しっかりと正しい使い方を理解しておく必要があります。うっかりつけすぎてしまうと匂いがきつくなり周囲を深いにさせてしまうなど、身だしなみのつもりでつけている香水が使い方次第で逆効果となってしまうこともあるためです。マナー良く効果的にフレグランス効果を楽しむためには、正しい使い方がとても重要になります。

香水をつけるタイミングからスプレー回数、つけたあとのポイントまで、初めて香水を使うまでに知っておきたい使い方を押さえておきましょう。

香水をつけるタイミング

香水の使い方として、いつつけるかというタイミングは意外にも重要です。香水をつけたてのときには、いかにも香水をつけた感じのきつい匂いがします。これは香水に含まれるアルコール臭も感じるためで、つけてから10分~15分間は感じる匂いです。

また、香水はつけてから徐々に香りが変化していきますが、つけてから約15分後以降のミドルノートと言われる香りが最も良いとされています。そのため、きついアルコール臭を香らせないためにも、最も美しいとされる香りを楽しむためにも、お出かけの15分前くらいに香水をつけるのがおすすめです。

つけすぎに気を付ける

香水の使い方で最も重要なマナーともいえるのが、つけすぎないように注意するということです。自分の体臭にはなかなか気づけないように、自分がつけている香水の香りというのはあまりわからないものです。他人は自分で思っている以上に強い匂いを感じていることも少なくありません。

基本的に香水は1滴または1プッシュが基本となり、オーデコロンのようなフレグランス効果の弱いものの場合は必要に応じてほんの少し付け足すのがポイントです。いきなり数プッシュつけてしまうと匂いを弱める方法がないので十分に気を付けましょう。

つけたあとにこすらない

香水のつけ方として多くの人が間違っていることがあります。それは、つけたあとにこすらないようにするということです。日常的に使用していて使い方に自信がある人でも、手首などにつけた香水をこすり合わせるという間違った使い方をしている人が圧倒的に多いですが、本来はこすらないのが正解になります。

こすってしまうことで、香りの粒がつぶれてしまうことになり、本来その香水が持っている香りが楽しめなくなってしまうためです。また、こすることによって香りの持続時間も短くなってしまいます。

身体を清潔にしてからつける

フレグランス効果を十分に楽しむためには、身体から嫌な臭いや余計な匂いをさせないことが重要です。そのためには、シャワーを浴びるなどして身体を清潔にしてから香水をつけるようにしましょう。

特に汗をかきやすい夏には起きてすぐであっても汗をかいていることが多くなります。汗の嫌な臭いと混ざってしまうことで、せっかくのよいフレグランスを楽しめなくなってしまうので、さっぱりと身体を洗ってからつけるのがベストです。

香水が向かないシーンに気を付ける

使い方以前に香水はTPOを弁えることが非常に大切なものです。つけ方も重要ですが、そもそも香水が適さないシーンでは使わないという選択をすることが重要になります。お葬式などのシーンは有名なところですが、食事の繊細な香りを邪魔してしまうという理由でハイエンドなレストランでも香水を控えるべきです。正しい香水の使い方の第一歩として、つけるべきではないシーンをしっかり覚えておきましょう。

香水が適さないシーン

・仏事(お葬式、お通夜など)
・レストラン(特に食事の香りを楽しむ高級レストランや料亭)
・病院
・受験や試験などの会場
・営業、接客業での職場
・会議

香水のつける部位別の正しい使い方

香水は身体のどこに付けるかによってフレグランスの香り方が大きく変わってきます。身体の位置による違いを意識してフレグランスの使い方を工夫することができれば、より効果的で好印象な香らせ方をすることが可能です。

また、身体の位置によって香水のつけ方のコツや工夫もあります。汗のかきやすさやわずかな体温の違いの関係でフレグランスの香り方にも差ができてしまうからです。身体の位置ごとの特徴やつけ方のコツをしって、より好印象な使い方をしましょう。

意外かもしれませんが、髪に香水をつけるという使い方もあります。髪が揺れるたびにフレグランスが豊かに香るので、ロングヘアの女性の場合は特に匂いを感じやすい華やかなシーンにおすすめのつけ方です。

ただし、使い方の注意点として頭皮に直接つけないようにするということが挙げられます。頭皮は汗をかきやすい上に髪に覆われていて蒸れやすいです。そのため、汗の匂いとフレグランスの香りが混ざって嫌な臭いが強くなってしまうケースがあります。

髪につける場合は少し上を向けてスプレーをして、そこをくぐって髪にふわりとまとわせるようなイメージの使い方をしましょう。

耳の後ろ

耳の後ろは香水をつける体の位置として定番の場所です。太い血管が通っている位置は血管によって温度が高くなり、アルコール成分が揮発してより香ってくれるのでフレグランスに最適な場所と言えます。また、日光も直接当たらないので、色素沈着などの心配も少ないです。

耳の後ろにつける場合は、直接スプレーを吹きかけるのではなく、指先などに一度つけたものを耳の後ろにつけるようにしましょう。耳の後ろだと自分で匂いを感じすぎてしまうという人は、うなじなどもおすすめです。

手首

手首は上半身の中でも特に動作が多い場所なので、何か動作をするたびに香りが広がるのでおすすめです。血管が通っている位置に一滴または1プッシュだけつけるようにしましょう。

手首に香水をつける際、左右の手首をこすり合わせるようにするイメージのある人が多いかと思いますが、これは大きな誤りです。こすり合わせることで香りの粒が潰れてしまい、フレグランス本来の香りが楽しめなくなる上に、匂いも長続きしなくなってしまいます。ついついこすり合わせてしまいたくなりますが、つけたらそのままにしておいてください。

ひじの内側

ひじの内側も体温が高く、香水をつけるにはおすすめの場所です。手首と違いは、五分袖~長袖の服を着ていると隠れる場所であるという点になります。明らかにフレグランスの匂いを漂わせるより、よりほんのりとソフトに香らせたいという場合には、服の下に隠れるひじの内側が最適です。

ただし、半袖などで直射日光に当たる場合、香水をつけた場所が色素沈着してしまう可能性があります。強い日差しに当たる可能性がある日などは、一度コットンにとってから塗るのがおすすめです。

左胸

脈動によってフレグランスが上がってくるので、心臓がある左胸もおすすめの場所になります。上半身の中でも高い位置にあり、華やかに香りが楽しめる位置と言えるでしょう。

しかし、胸のあたりは汗をかきやすいパーツでもあるので注意が必要です。そのため、夏場の暑い時期や、屋外で活動する日などの汗をかきやすいケースでは左胸は避けた方が良いと言えます。冬の涼しい日や活動量の少ない汗をかきにくい日を選んでつけるようにしましょう。

腰は一年を通して汗をかきにくい体のパーツなので、汗の影響をあまり考えることなくフレグランスを楽しめるおすすめの場所です。夏の暑い時期にも美しい匂いを楽しみたい場合には腰につけるようにしましょう。耳の後ろやひじ、左胸に比べて低い位置にあるので、下から香りがほのかに上がり、ソフトな香り方を楽しめます。

スプレータイプの場合の使い方は、服を着る前の状態でできるだけ身体から離した場所から吹き付けるようにすることで、全体にやわらかな香らせ方をすることができます。

足首の内側

フレグランス類は上半身につける使い方のイメージがあるかもしれませんが、あまり強い匂いが好きではなく、とにかくほのかに香らせたいという人におすすめなのが足首の内側です。体温が低く、下半身の中でも低い位置にあるのであまり匂いを強く感じることがありません。しかし、歩くたびに動かすので、わずかながらも香りがしっかりと上がってきてくれます。

上半身に付けると匂いが強すぎると感じる場合には、控えめに楽しめる足首の内側が最適です。足首の内側に付ける場合は、くるぶしのあたりにつけるようにして使いましょう。

香水は正しい使い方でワンランク上の大人になろう

香水は正しい使い方をすれば印象をぐっと上げることができるものですが、使い方を誤ると強すぎる匂いで周囲に迷惑をかけてしまうなどの問題点もあります。特に香害とも呼ばれる過剰なフレグランスは社会問題にもなっているものです。

つける量やつける位置によるつけ方のコツの違いなどの使い方を押さえておけば、大人の女性として好印象な香らせ方ができます。香水初心者はまず正しい香水の使い方を覚えてワンランク上の大人を目指しましょう。

この記事のライター

関連するキーワード


香水

関連する投稿


CANMAKEの香水の魅力とは?人気のおすすめアイテム4選

CANMAKEの香水の魅力とは?人気のおすすめアイテム4選

プチプラコスメで人気のCANMAKEの香水は、安くて可愛くて高品質で魅力的だと話題です。髪やボディにも付けられる優しい成分で、女子力の高い香りとデザインがおすすめアイテムでもあります。そんなCANMAKEの香水を使って、女子力をアップさせましょう。


香水だってオーガニックにこだわる!自然派女性におすすめ香水12選

香水だってオーガニックにこだわる!自然派女性におすすめ香水12選

スキンケア、ヘアケア、ボディケアなどオーガニックにこだわっている自然派女性が増えています。最近では香水もオーガニック系のものが販売されていて一般的な香水とは違う香りで人気を集めています。メイクだけではなく香水でもオーガニックの製品を取り入れてみましょう。


最新の投稿


子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

猫がトイレ以外の場所でトイレをする行動は、飼い主にとっても困る行動の1つです。子猫のうちは、トイレでしないことが多いです。しかし子猫がトイレをしないとき、いくつかの理由や原因が考えられます。子猫がトイレをするための対策方法、トレーニング方法などをお伝えします。


ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替えはクリームの形状に合わせて容器を選ぶことがポイントです。ハンドクリームの詰め替え方法はクリームの硬さによって直接容器に注入したり、スパチュラなどの小道具を使って移し替えます。小ぶりな容器に詰め替えれば、どこにでも持ち運ぶことができます。


大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫におすすめのキャットタワーは猫の体重を支えられる頑丈で安定性が高いキャットタワーです。キャットタワーには突っ張りタイプと据え置きタイプの2種類がありますが、愛猫の性格や運動能力にあったものを選びましょう。猫種によってタイプを選ぶのがおすすめです。


猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

分離不安症を知っている方はいますか。猫や犬が抱える、精神的な問題行動を指します。近年愛猫のイタズラや粗相で、悩んでいる方からの相談が相次ぎません。それらの行動の原因が、猫の分離不安症であることもあります。愛猫について知るためにも、精神病である不安分離症について知ることは大切です。


猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

あまり餌を食べない猫でも猫缶なら喜んで食べることがあります。猫缶は、猫が大好きで美味しいだけでなく、猫を惹きつける匂いや食べやすい形状に作られています。数多い商品の中から愛猫にぴったりの猫缶を選んで喜ばせてあげましょう。