猫がエンジンルーム入ることがあります!しっかりと猫対策しましょう

猫がエンジンルーム入ることがあります!しっかりと猫対策しましょう

猫がエンジンルームに入ってしまうことによる事故が多発しています。痛ましいトラブルを防ぐためには、運転前に確認することはもちろん、車体に寄せ付けないようにする対策が必要です。猫がエンジンルームに入ったことによる事故を起こさないようにドライバーが注意しましょう。


猫がエンジンルームに入り込むことによる事故が多発

猫がエンジンルームに入り込んで起きる事故が多発しています。寒さが苦手な猫にとってエンジンルームは暖かくて快適な上に、猫は狭くて暗い場所を好むからです。

猫の存在に気づかないまま車を利用してしまうと、猫がミンチのようになり死亡してしまうという痛ましい事故に繋がります。ミンチとまではならなくても大怪我を追ってしまったり、熱で火傷をしてしまったりという事故が起きる可能性も高いです。

猫が死亡してしまった場合、修理や洗浄にお金がかかるだけでなく、ショッキングな状況に精神的にも傷を負ってしまいます。痛ましい事故を未然に防ぐため、対策をしっかりと行いましょう。

エンジンルームの猫の確認と撃退方法

エンジンルームに猫が入り込むことは決して珍しいことではなく、いつ誰に起きても不思議ではないことです。運転する人の心得として、車を使う前には猫がエンジンルームにいないかの確認と、万が一いたときにしっかりと撃退することが求められます。

他人事のように思って確認しなかった結果、痛ましく大きな事故に繋がってしまったという悲しいケースも報告されているため、全ドライバーが運転前には必ず行うようにしましょう。

ボンネットを叩く

車の大手メーカーである日産自動車によって拡散されたことから広く知られるようになった方法です。現在では「猫バンバン」と呼ばれ、運転する前にボンネットをバンバン叩くことが推奨されています。方法は手のひらを使ってボンネットを叩くだけです。目的は猫を驚かせてエンジンルームの外に出すことなので、強く叩く必要はありません。

また、日産自動車はこの運動を推奨するステッカーを作成しており、これを車に貼っておけば自分へのリマインドにもなる上、他のドライバーへの拡散効果も期待できます。

ボンネットを開けて目視で確認

猫バンバンはエンジンルームに入り込んだ猫への効果的な対策として知られており、日本自動車連盟のJAFにも推奨されている方法です。しかし、インターネットではボンネットを叩いてもエンジンルームに残っていたという報告もされており、100%事故を防ぐことができるとは言い切れません。

確実で安心なのはボンネットを開けて目視で確認をすることです。久しぶりに車に乗る前や、駐車場の近くに猫が多い地域などでは、より確実な目視での確認を行いましょう。

タイヤや車体を揺らす

ボンネットを叩いたり大きな音を鳴らしたりして猫を驚かせたあとには、タイヤや車体を軽く揺らすようにしましょう。エンジンルームから追い出すことができても、車の舌やタイヤの陰に隠れてしまうことがあります。猫がエンジンルーム内でミンチになってしまうような痛ましい事故は防げても、車を発進させるときにひいてしまうという別の事故の可能性が否めません。

猫をエンジンルームから追い出した後にしっかりとその場から遠ざけるよう、猫が出てきた場合には車やタイヤを揺らすなどして車から離してあげるようにしましょう。

猫がエンジンルームに入り込まない対策

猫が車に近づける可能性が少しでもあるのであれば、エンジンルームに入ってしまった猫を追い出すための方法は必ず実践すべきです。しかし、そもそもエンジンルームに入らないように対策することも可能です。

もちろん、100%有効ではない対策の場合は、対策をした上で猫を追い出すための方法や確認も実施する必要があります。それでもより高い確率で事故を防ぐことができるように、猫をエンジンルームに入れないようにする対策も併せて知っておきましょう。

猫除けスプレーを使用

ホームセンターやペットショップでは猫を寄せ付けないことを目的とした猫除けスプレーが販売されており、エンジンルームへの侵入対策にも効果があります。猫除けスプレーの多くはメントールなどの刺激物が含まれており、猫はそれを嫌がるため離れていくという仕組みです。

車から離れるときにエンジンルームの下や車の周りに吹きかけておけば、そもそも猫が近づく可能性が低くなります。低額で購入でき、最も気軽に行える対策なので、自宅で猫を飼っていたり、近所に猫が多かったりする場合にはすぐにでも始めてみましょう。

超音波発生器を設置

動物全般の車への侵入対策として近年注目されているのが超音波発生器です。人間には聞こえないレベルの周波数の音を発生させ、動物が接近することを防ぐために使われています。スプレーと比較するとコストがかかりますが、その分より効果が期待できるのでおすすめです。

超音波発生器の場合はエンジンルームだけでなく、庭やガレージなど広範囲で侵入を防止できるというメリットがあります。車での事故を防ぐだけでなく、自宅の敷地内で猫にいたずらをされて困っている場合には、それも併せて防止することができるので一石二鳥です。

アンダーカバーを装着

エンジンルーム下部にはアンダーカバーを装着できるケースもあり、エンジンルーム侵入対策にもなります。アンダーカバーはもともと、走行中に車体の下からゴミや水などを防ぐために取り付けられるもので、なければ走行できないというものではありません。

しかし、アンダーカバーを付けていればゴミや水による不具合を防げたり、空気抵抗を抑えることで燃費にも影響があったりするので、取り付けることのメリットは大きいです。車にもメリットがあり、猫の侵入も防ぐことができるので、取り付けられる車種の場合は検討してみる価値があると言えます。

シャッター付きの車庫を設置

他の対策に比べて高額なコストと十分なスペースが必要になりますが、シャッター付きの車庫を設置するのは最も確実で有効な対策です。しっかりと鍵をかけておけるタイプであれば、万が一にも侵入する可能性がなくなり十分に安心できます。

また、車用品などを一緒に置いておけたり、大切な愛車そのものもしっかり守れたりという防犯面でのメリットもたくさんあり、状況的に設置が可能なのであれば検討してみる価値は高いです。

猫がエンジンルームに入り込んで起こる事故を防ごう

猫がエンジンルームに入り込んでしまったことによる痛ましい事故は全国で多数報告されています。猫の習性として暖かい上に狭くて暗いエンジンルームを好むことは仕方がないため、運転する人間側が注意しなければいけません。

エンジンルームにいるかもしれないことを想定して、運転する前に撃退することはもちろん、エンジンルームに寄せ付けない対策を行うことも推奨されます。運転するドライバーの心構えとして、エンジンルームで猫が巻き込まれる死亡事故の対策を確実に行うようにしましょう。

この記事のライター

関連するキーワード


関連する投稿


子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

猫がトイレ以外の場所でトイレをする行動は、飼い主にとっても困る行動の1つです。子猫のうちは、トイレでしないことが多いです。しかし子猫がトイレをしないとき、いくつかの理由や原因が考えられます。子猫がトイレをするための対策方法、トレーニング方法などをお伝えします。


大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫におすすめのキャットタワーは猫の体重を支えられる頑丈で安定性が高いキャットタワーです。キャットタワーには突っ張りタイプと据え置きタイプの2種類がありますが、愛猫の性格や運動能力にあったものを選びましょう。猫種によってタイプを選ぶのがおすすめです。


猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

分離不安症を知っている方はいますか。猫や犬が抱える、精神的な問題行動を指します。近年愛猫のイタズラや粗相で、悩んでいる方からの相談が相次ぎません。それらの行動の原因が、猫の分離不安症であることもあります。愛猫について知るためにも、精神病である不安分離症について知ることは大切です。


猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

あまり餌を食べない猫でも猫缶なら喜んで食べることがあります。猫缶は、猫が大好きで美味しいだけでなく、猫を惹きつける匂いや食べやすい形状に作られています。数多い商品の中から愛猫にぴったりの猫缶を選んで喜ばせてあげましょう。


猫ちゃんのマーキングがヤバイ!正しい対策と掃除方法は!?

猫ちゃんのマーキングがヤバイ!正しい対策と掃除方法は!?

猫がトイレ以外でおしっこしてしまうマーキング行動は飼い主にとって悩みの種のひとつです。いくら猫を叱っても、マーキング行動を防止出来ないと困っている飼い主は多いと思います。実はマーキング行動の対策は叱るだけでは防止出来ません。正しい対策と掃除方法をお伝えします。


最新の投稿


子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

猫がトイレ以外の場所でトイレをする行動は、飼い主にとっても困る行動の1つです。子猫のうちは、トイレでしないことが多いです。しかし子猫がトイレをしないとき、いくつかの理由や原因が考えられます。子猫がトイレをするための対策方法、トレーニング方法などをお伝えします。


ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替えはクリームの形状に合わせて容器を選ぶことがポイントです。ハンドクリームの詰め替え方法はクリームの硬さによって直接容器に注入したり、スパチュラなどの小道具を使って移し替えます。小ぶりな容器に詰め替えれば、どこにでも持ち運ぶことができます。


大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫におすすめのキャットタワーは猫の体重を支えられる頑丈で安定性が高いキャットタワーです。キャットタワーには突っ張りタイプと据え置きタイプの2種類がありますが、愛猫の性格や運動能力にあったものを選びましょう。猫種によってタイプを選ぶのがおすすめです。


猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

分離不安症を知っている方はいますか。猫や犬が抱える、精神的な問題行動を指します。近年愛猫のイタズラや粗相で、悩んでいる方からの相談が相次ぎません。それらの行動の原因が、猫の分離不安症であることもあります。愛猫について知るためにも、精神病である不安分離症について知ることは大切です。


猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

あまり餌を食べない猫でも猫缶なら喜んで食べることがあります。猫缶は、猫が大好きで美味しいだけでなく、猫を惹きつける匂いや食べやすい形状に作られています。数多い商品の中から愛猫にぴったりの猫缶を選んで喜ばせてあげましょう。