飼い猫が風邪?インターフェロン注射ってどうなの?

飼い猫が風邪?インターフェロン注射ってどうなの?

飼い猫が最近元気がなかったり、くしゃみや鼻水や目やにが出ているなど普段と様子が違うのなら猫風邪が疑われます。猫風邪とはどのような病気なのか、症状と治療法を紹介します。また、猫風邪に良いとされるインターフェロン注射とはどのようなものなのかについても見ていきましょう。


猫の風邪の主な種類と症状

人間が風邪を引いた場合、くしゃみや咳など様々な症状が出たり、その感染経路も様々ですが、猫が風邪を引いた場合も人間と同様に症状や感染経路は様々です。また、原因とされる病原菌もいくつか存在します。

ただし、猫と人間とは風邪の危険度が違います。軽い病気だと思い放っておくと、重篤な症状に陥ったり、別の病気を引き起こしたりと危険です。また死に至るという最悪のケースも考えられます。ペットの様子が少しでもおかしいと感じたら動物病院で診察を受けるように心がけましょう。

猫ヘルペスウイルス

猫の風邪の主な菌のひとつが猫ヘルペスウイルスです。この病気は猫ヘルペスウイルスに感染することで引き起こされる感染症の総称で、呼吸器官に異常をきたす病気です。

この菌の感染の原因としては、感染した猫のくしゃみによって広まった飛沫やグルーミング、同じ食器でフードを食べるなど、感染した個体の唾液や鼻水に接することで感染します。

この菌は一度感染するとなかなか完治できないことが厄介な点として挙げられます。症状が治まっても80%以上の確率で菌が体内に残っていて、免疫力が下がったり、健康状態が良くないタイミングで再発することがあるので注意が必要です。

カリシウイルス

猫風邪の代表的な原因菌として挙げられるもののひとつは猫ヘルペスウイルスですが、もうひとつの原因とされる菌はカリシウイルスです。この菌は子猫に多く発症することが特徴です。

また、カリシウイルスも甘く見ていると危険な状態に陥ることがあります。特に近年、強毒全身性カリシウイルス病という病気も発見されました。この病気は成体でも全身に炎症が起きたり多臓器不全を起こすという恐ろしい病気なので注意が必要です。

症状には口周りのトラブルが挙げられるのでフードを食べ辛そうにしている場合はこの菌に感染している可能性が挙げられます。

猫の風邪の症状

猫風邪の症状として、猫ヘルペスウイルスはくしゃみ、鼻水、涙や目やになど目と鼻周辺に異常が出るのが主な症状です。

一方猫カリシウイルスは鼻水や発熱に加えて、口内炎や舌炎が見られるのが特徴です。さらに口の中の異常が痛みを引き起こし、食べ物が食べにくくなるためよだれや口臭も目立つようになります。

そのため、猫風邪の原因の病原菌の見分け方としては口周りのトラブルがあるかないかで判断することが出来ると言えるでしょう。

猫の風邪の治療法と治療期間

人間が風邪を引いた場合は、安静にして身体を温めて栄養のある食べ物を食べていれば自然と治る場合がほとんどです。しかし、猫風邪の病原菌は治ったと思っても身体に潜伏し、また健康状態が悪くなったタイミングで増殖し身体をむしばむので注意が必要です。

風邪といっても人間と猫では治療法や治療期間は異なります。放置した結果取り返しのつかない結果になってしまった例もあるので、軽い病気だと言って楽観視せず動物病院で診察を受けることが大切です。

受診させるタイミング

猫の風邪が疑われる場合の受診のタイミングはペットの健康状態に異常を感じた時です。くしゃみや鼻水や目やにが出ているなどの他にも食欲が無かったり元気が無い場合もとりあえず動物病院で診察を受けましょう。

ペットは言葉をしゃべることが出来ないので、苦痛を訴えることが出来ません。また、基本的に動物は弱っていると敵に襲われるため具合が悪くてもあまり様子に出さないので、ちょっとおかしいなと思うくらいの異変でも実は重い病気が隠れていることもあるのです。

主な治療法

猫風邪の主な治療法としては、抗ウイルス剤の投与により病原菌の活性を抑えることが挙げられます。

他にも別の病気への二次感染を抑えるために抗生剤を投与したり、目やにや涙、結膜炎など目に関する症状が出ている場合は点眼薬で目を重点的に治療することもあります。

また、治療に入る段階やペットの年齢などを考慮して、病原菌の体内での活性を抑えて免疫力を上げる効果のあるとされるインターフェロン注射による治療を行うこともあります。

猫の風邪の治療期間

猫の風邪の治療期間はペットの年齢や体調、病気の度合いなどで変化しますが、猫風邪の病原菌に感染すると2週間程度は症状が出るので最低でも1週間は薬を飲ませるなど投薬による治療が続くと考えてよいでしょう。

注意したいのは自宅での投薬に関して、症状が治まってきたり、ペットが薬を嫌がったりして投薬が難しいからといって勝手に止めてしまうことは止めましょう。

投薬に関しては必ず獣医師の支持に従うようにし、またどうしても獣医師の治療法に疑問を抱くようであれば別の動物病院にかかるという、いわゆるセカンドオピニオンをおすすめします。

猫へのインターフェロン注射とは?

インターフェロン注射のインターフェロンとは、1954年にウイルスの繁殖を抑える効果を持つ物質として発見されました。インターフェロンのウイルスを抑える効果とは主に抗ウイルス作用、抗ガン作用、免疫系の作用を指します。

インターフェロンは、猫の風邪の多くにはワクチンの開発されていない、もしくはワクチンの効果が出にくい病気が多いことから開発されました。前述のカリシウイルスもワクチンの効果が出辛い菌のひとつです。

しかし、ワクチンが効かない、効き辛いからといって打つ意味がないわけではなく、ワクチンを打っておくことで症状が軽くなる場合もあるので、ワクチン接種はきちんと受けさせましょう。

インターフェロン注射の効果

インターフェロン注射の効果としては、ウイルスの繁殖を抑えて免疫力を高める効果があります。

インターフェロンは実は元々猫の体内で生成されます。これを人工的に作り出し猫に投与することによって、より高いインターフェロンの効果を引き出すことができるのです。

インターフェロンの効果として、病原菌を殺すと勘違いされがちですが、インターフェロンはあくまで病原菌の活動を抑え免疫力を高めることで体内に菌がい辛くさせることが効果なので、菌を消滅させることはできません。

インターフェロン注射の副作用

インターフェロン注射の副作用としては、嘔吐や発熱、呼吸困難などが挙げられます。その他にも食欲が落ちる、興奮する、よだれが出るなどいつもと違う程度の軽い副作用が出る場合もあります。

しかし、重篤な副作用になると多臓器不全を引き起こし、死亡という最悪のケースになってしまう場合もあるので注意が必要です。

インターフェロン注射を打ったあとに健康状態にいつもと違う様子が見られるようであれば、副作用が疑われるので、そのまま様子を見ようと放置せずにすぐに動物病院で診察を受けるようにしましょう。

インターフェロン注射に注意が必要な場合

インターフェロン注射は、元が健康な個体ならば大抵は大丈夫とされますが黄疸のある場合や、老猫や慢性的な疾患を抱える個体へ投与する場合は注意が必要とされます。他にも早期治療以外にインターフェロン注射を使用する場合にも注意が必要です。

なぜかというと実はインターフェロン注射は猫カリシウイルスの感染初期には大きな効果が期待されますが、症状が出たあとでは効果が上がらないからです。

また、インターフェロン注射は免疫力を高めるということで獣医師が安易に勧めてくる場合がありますが、ペットの様子などをあまり聞かないうちから進めてくる場合はその動物病院にかかること自体に注意が必要と言えるでしょう。

インターフェロン注射の間違った投与を防ぐには

インターフェロン注射は猫カリシウイルスに効果があり、猫パルボウイルスに効果があったとされる事例もあります。しかし、その他の病気や病原菌への効果を期待して投与を続けた結果、逆に重篤な副作用を起こしたり、適切な処置を施せずに手遅れとなってしまったという事例もあります。

こういったインターフェロン注射の間違った投与による悲劇を防ぐには、飼い主自身がインターフェロン注射のメリット、デメリットなどの知識をしっかりと理解しておくこととがなにより大切です。

飼い主がしっかりした知識を持っていれば、間違った投与によって起こりうる悲劇を防ぐことができます。

猫へのインターフェロン注射は慎重に考えよう

猫風邪はたかが風邪と思われがちですが、人間の風邪のように放っておけば治るものではありません。

特に子猫や老猫は最悪死に至ることもある恐ろしい病気です。ペットがくしゃみをしたりぐったりしているなど少しでも異変があればすぐに動物病院で診察を受けましょう。

また、猫風邪に有効とされるインターフェロン注射もやみくもに打てば良いわけではありません。全く効果が無かったり、逆に症状が悪化したりする場合もあるので、投与はペットの症状や状態をみて慎重に決めましょう。

この記事のライター

関連するキーワード


関連する投稿


世界一でかい猫『メインクーン』とは?ペットとして飼えるの?

世界一でかい猫『メインクーン』とは?ペットとして飼えるの?

メインクーンはアメリカ原産の大型の品種の猫で、ギネスに世界一でかい猫として登録されています。その大きさはなんと1mを超え、中型犬並ですが、実は穏やかな性格で飼いやすい猫なのです。世界一でかい猫のメインクーンについて、品種の情報や飼い方などを見てみましょう。


猫アレルギーの原因とは?症状を改善する方法・克服方法を解説

猫アレルギーの原因とは?症状を改善する方法・克服方法を解説

猫アレルギーの原因はFel d 1というタンパク質が主です。完璧な治し方は残念ながらまだわかっていませんが、原因となるアレルゲンをできるだけ体内に入らないような対策を取ることで、猫アレルギーの発症を抑制することができます。


猫がたくさん水を飲む理由とは?病気なのかな?1日の適切な摂取量を解説

猫がたくさん水を飲む理由とは?病気なのかな?1日の適切な摂取量を解説

猫が水をふだんよりたくさん飲む様子がみられたら、重い病気に罹っているサインかもしれません。たいしたことではないと思わず、どのくらいたくさんの水を飲むようになったのかを把握し、猫の体調の善し悪しとその原因をきちんと見極めてあげましょう。


子猫が水を飲まない!効果的な飲ませ方は?病気の可能性があるの?

子猫が水を飲まない!効果的な飲ませ方は?病気の可能性があるの?

猫はもともと砂漠の生き物なので、たくさんの水は飲みません。しかしあまりに飲む量が少ないと脱水症状になったり、尿道や腎臓の病気を引き起こしたりする危険があります。とくに子猫は脱水症状になりやすいので注意が必要です。子猫が水を飲まない原因と対処法を見てみましょう。


猫がドライフードを食べない理由とは?何が原因?様々な対策お教えます

猫がドライフードを食べない理由とは?何が原因?様々な対策お教えます

飼い猫がある日突然ドライフードを食べなくなった経験があるという飼い主は意外と多いです。いきなりフードを食べない状態になるとどこか身体の具合が悪いのかと心配になりますが、猫がドライフードを食べないのには実は意外な理由があるのです。その理由と対策を見てみましょう。


最新の投稿


世界一でかい猫『メインクーン』とは?ペットとして飼えるの?

世界一でかい猫『メインクーン』とは?ペットとして飼えるの?

メインクーンはアメリカ原産の大型の品種の猫で、ギネスに世界一でかい猫として登録されています。その大きさはなんと1mを超え、中型犬並ですが、実は穏やかな性格で飼いやすい猫なのです。世界一でかい猫のメインクーンについて、品種の情報や飼い方などを見てみましょう。


オーガニックの制汗剤&デオドラントおすすめ5選!肌を気にする女性が欲しいコスメとは?

オーガニックの制汗剤&デオドラントおすすめ5選!肌を気にする女性が欲しいコスメとは?

オーガニック制汗剤とは化学成分を使用していない制汗剤のことです。オーガニック制汗剤の特徴は、身体に優しい成分、アロマの香りで、嫌なニオイをケアができます。さらに身体に安全で香りによる癒し効果もある女性に嬉しい制汗剤となっています。


猫アレルギーの原因とは?症状を改善する方法・克服方法を解説

猫アレルギーの原因とは?症状を改善する方法・克服方法を解説

猫アレルギーの原因はFel d 1というタンパク質が主です。完璧な治し方は残念ながらまだわかっていませんが、原因となるアレルゲンをできるだけ体内に入らないような対策を取ることで、猫アレルギーの発症を抑制することができます。


オーガニックリンゴ酢のおすすめ5選!無添加・無農薬の人気のお酢

オーガニックリンゴ酢のおすすめ5選!無添加・無農薬の人気のお酢

オーガニックのリンゴ酢は有機林檎のさわやかな味と香りがひときわ引き立ち、お酢が苦手な人にもおすすめです。また農薬や化学肥料、添加物の心配もありません。体調や肌の調子を整えるために、今日からオーガニックのリンゴ酢を上手に活用していきましょう!


オーガニックミルクのおすすめ7選!赤ちゃんに安心して飲ませたい

オーガニックミルクのおすすめ7選!赤ちゃんに安心して飲ませたい

安心安全な粉ミルクを探すなら、オーガニック製品がおすすめです。土壌や牛のえささえもすべて厳しい基準をクリアしており、成長や健康上気になる素材は使用されていません。現時点でオーガニック粉ミルクは海外製品のみとなりますが、認証を受けた信頼できる製品です。