夢の中で夢を見たあなた!二重夢・多重夢の意味と暗示していることとは?

夢の中で夢を見たあなた!二重夢・多重夢の意味と暗示していることとは?

寝ている状態で夢を見ているのにさらに夢の中で夢を見るといった経験を持つ人は少なからずいます。夢の中で夢を見るというものは、ストレスが原因で引き起こされているケースが多いです。夢の中で見る夢がどんなものなのかによって心理状況や暗示を読み解くことだってできます。


夢の中で夢を見る不思議な現象の原因とは?

眠っているときに夢を見るのは、潜在意識の表れや暗示、記憶の整理のためなどさまざまな理由があります。しかしながら、夢の中で夢を見るというのはレアケースと言っても差し支えありません。

夢の中で夢を見る現象は二重夢や多重夢と呼ばれており、その名のとおり夢の中で夢が重なってしまっていることを指しています。なかには、なかなか起きることができず、夢から覚めないことに恐怖を覚える人も。

不思議な現象ですが、夢の中で夢を見るのには理由があります。自分がその理由に当てはまっていないかどうかを一度チェックしてみるといいでしょう。

自分自身に自信がない

夢は、こうなってほしくないと強く思っていることが現れる場合が多いものです。そのため、自分自身に自信がなく、予期せぬ失敗が起きるのではないかという不安を抱えている人ほど夢の中で夢を見やすい傾向にあります。

夢なのになかなか覚めないのは、より悩みごとが根深く心に残ってしまっているという証拠です。二重夢に悩まされているのであれば、現実の世界で自分に自信を持つことが大切となります。

自信を持つのはそう簡単なことではありませんが、少しずつ目標を決めて前向きに思考を転換させていくことはできるはずです。不安に思っていることをリストアップしてみて、ゆっくりと解決していくようにしましょう。

二重夢・多重夢は疲れの証拠

夢の中で夢を見るということは、通常の夢を見るときよりも重たい疲れを抱えているという証拠。疲れの種類は仕事や対人関係、恋愛、経済的なことなどさまざまです。

とくに悪夢を見る場合は、疲れの度合いが自分自身の心や体の許容範囲を超えてしまっている状態であることがわかります。また、そういった場合はなかなか起きることができないというのも特徴のひとつです。

多重夢に悩まれているのであれば、少しずつでもいいので疲れを癒す方法を見つけて心を軽くしてあげることが重要です。現実世界での疲れは現実世界で癒すのが一番。たまにはエステやマッサージなどで心や体を労わってあげてください。

ストレスが限界状態

疲れやストレスは体だけにかかるものではありません。心に何らかのストレスがかかってしまっているとき、夢の中で夢を見てしまうという現象に悩まされることがあります。

ストレスが溜まっているのかどうかを自己診断するには、普段自分が何を我慢しているか、ということを考えるのが有効です。もし我慢していることがあるのであれば、それがストレスの原因であり、そして夢の中で夢を見るという現象の原因である可能性があります。

ストレスの発散も疲れを癒すことと同じくとても大切なこと。趣味に没頭したりゆったりとした時間を作るなど、現実のストレスから解放される手段をいくつか考えてみてください。

夢の中で見る夢の8つの暗示とは?

夢の中で見る夢にはいくつか種類があります。なかには、なかなか覚めることがなく起きることができない悪夢も含まれています。それらの夢は夢占いで紐解いていくことができます。

夢の中で見る夢がどんな夢かを分析していくことによって、ストレスや疲れの度合いをはかったり自分自身でも気づかなかった悩みごとを読み解くヒントになったりもします。

何度も連続して二重夢・多重夢を見てしまうケースであれば、なおさら夢占いとしての暗示が込められている可能性が高くなります。悩みごと解消のためにも、どんな夢を見るのかを振り返ってみてください。

①失敗をしてしまう夢の場合

夢の中で失敗をする夢を重ねて見てしまう意味は、自分ができることとできないことを分析して、それを現実に活かそうと考えているというものです。

失敗する夢を見ると、現実で同じことが起こるのではないかとハラハラしてしまうものですが、実際には少し違います。まれに同じ失敗を現実でしてしまうことがありますが、基本的にこの夢は同じ失敗を繰り返さずに済むように頭の中で思考を巡らせて意味を理解しようとしている証と言えます。

そのため、失敗をしてしまう夢を夢の中で見たときには、後ろ向きに考えるのをやめて成功の糸口として捉えるのが得策です。

②怖くて不安になる夢の場合

夢の中で見る夢が怖いものだった場合や、漠然とした不安を抱かせる夢だった場合は、疲れやストレスによって現実の生活がうまくいかなくなるという意味があります。

具体的に恐怖を感じる悪夢だったり、なんとなく不快感を得るような夢だったりとレパートリーはさまざま。しかし、その夢の中で見る夢は全体を通して運気がダウンしていることを暗示しています。

ただし、その夢の内容が現実でそのまま現れるかというとそうではありません。あくまでもこの場合は、夢の中の夢を通して心や体の限界値を知らせてくれていると捉えるようにしましょう。早めに自分の心と身体をリフレッシュさせるためことが意味だという暗示を見逃さないようにしてください。

③過去の失敗が出てくる夢の場合

実際に現実で引き起こしてしまった過去の失敗が夢の中で見る夢として出てくる意味は、失敗なんてなかったことにしてしまいたいという気持ちの表れです。また、現実と同じ失敗をしたくないという信念に近いものが現れているとも言えます。 

過去の失敗をすぐに吹っ切れる人は少ないですし、吹っ切ることができたと思っていても実はトラウマになってしまっているケースもあります。

いずれにしても、過去の失敗を取り消すことはできません。そうなると必要なのは、同じことを繰り返さないためにはどうすればいいのかを考えることです。答えが簡単に出るとは言えないことでもあっても、糸口は見つかります。前向きに捉えて、夢の中で見る夢から失敗回避のヒントを得ましょう。

④何かに熱心に取り組む夢の場合

夢の中で何かに熱心に取り組んでいるのであれば、とあるものごとによって現実において成功することを意味しています。潜在的な才能というものは、夢の中の夢を通して暗示となる可能性があります。  

何に取り組むかは人によって異なります。また、普段自分が思いつきもしないようなことに取り組んでいるというケースも少なくありません。

自分が好きなことに取り組んでいる場合は、現実でも好きなことをそのまま続けてみてください。また、思いつきもしなかったことに夢の中で取り組んでいるのであれば、現実でも行動の幅を広げてみると夢の意味通りの生活を送れるでしょう。

⑤実際にすべきことをしてる夢の場合

現実において絶対にやらなくてはいけない何かをやろうとしている、もしくはやっている夢を見るのであれば、それは一種の警告としての意味があります。

実際にきちんとすべきことができているのであれば、夢として出てくることはあまりありません。しなくてはいけないのにうまくできない、という不安感や罪悪感が夢となっていると言えます。

たとえば仕事です。会議資料を作るようにと頼まれていたのにまだ完成させていない場合、夢の中の夢にそれが現れる確率は上がります。その際はただの夢だと思うのをやめて、現実の世界での行動にどう移すかということを重視するようにしてください。

⑥楽しくて幸せな夢の場合

夢の中の夢が幸せを感じるハッピーな夢の場合は、悲観的にものごとを考えなくてもいいという意味。こうなってほしいな、という前向きな気持ちによって夢を見ている場合がほとんどです。

今はまだ現実として実現できていないことだったとしても、前向きに成功を願いながら行動に移していれば問題はありません。現実では成功へのビジョンが浮かばない場合でも、成功のヒントは夢の中に隠れています。

願いごとによってはなかなか困難な成功への道のりとなるかもしれませんが、成功を願っている時点でなんらかのいい影響が心と体に染み込んでいます。意味のある深い人生となることの暗示を見逃さないようにしましょう。

⑦恋愛をする夢の場合

夢の中で見る夢が恋愛をする夢だった場合、2種類の理由が考えられます。まずひとつめは、楽しくて幸せいっぱいの恋愛をしている夢を見る場合。この場合は、理想の恋愛と現実の恋愛にギャップがあって悩んでいるという傾向があります。

ふたつめは、悲しくてつらい恋愛をしている夢の場合。この場合は、自分が恐れている展開が恋愛において存在していることの暗示です。

いずれにしても、恋愛の夢を見るということは現実とのギャップに苦しんでる証拠。悲しい恋愛の場合は解決策を探し、楽しい恋愛の場合は楽観的になりすぎずに実現へのヒントを探すようにしましょう。

⑧大人の関係を持つ夢の場合

夢の中で大人な恋愛関係を持つ夢を見る場合は、人間の本能でもある性的な欲求が満たされていない状態であることが考えられます。

恋人がいる人は、無意識的に恋人とうまくいっていない不安や不満が溜まっているということが考えられます。解消するには、恋人と真剣に向き合う必要があります。

また、恋人がいない人は恋人そのものを求めているケースが濃厚。いずれにしても、恋人や周囲の人間に対して恋愛的な幸せを求めていることの証拠であると言えます。

夢の中で夢を見ることで起こる体への悪影響

疲れが取れなくなる

夢の中で夢を見てしまうと、夢から覚めるという行為を2度かそれ以上繰り返して起きることになるので、とても疲れます。

また、夢を見ること自体で頭の中をフル活用しているとも言えますので、朝起きても昨日の疲れが残ったまま、なんてこともありえます。

疲れやストレスが溜まってくると、さらに二重夢を見やすくなるので悪循環。疲れによって夢の中で夢を見て、それがさらに疲れとなるというパターンはもっとも避けたいパターンです。

夢の中で夢を見たことを忘れていれば、寝ても疲れが取れない、という体の不調のみが積もっていきます。なかなか疲れが取れないと思ったら、夢を見るパターンや原因を振り返ってみてください。

現実との区別がつかなくなる

夢の中の夢は、夢から覚めてもまた夢を見ているという不思議な現象です。それゆえに、今起きて行動しているのがはたして本当に現実なのかどうかがわからなくなるケースもあります。

目の前のものが現実か夢かを見極めるためには、引きこもったり他人との関係を希薄にするのはおすすめできません。

本当に自分は今現実で行動しているのかどうかが気になった場合は、自分が普段から関わっている人に聞いてみるのが有効です。そこでしっかりと筋の通った話が確認できるのであれば、現実に戻ってきたと言ってもいいでしょう。

逆に、知人や友人に連絡がつかなかったり、支離滅裂な答えが戻ってくるようであればまだ夢の中にいるケースもありえます。その際は夢から覚めるための方法を試してみてください。

夢から覚めるために実践してほしい4つのこと

夢だということを自覚する

夢の中で夢を見てしまうと、なかなか夢から抜け出せないという人もいます。そのときに有効なのが、今見ているのは夢の世界だということを頭できっちりと理解することです。

夢か現実かもわからないままに目に映るものごとに心と体を明け渡してしまうと、夢から覚めるのが難しくなるうえに現実との区別もつきにくくなります。

これは夢だ、と夢の中で気づくものは、一般的に明晰夢と呼ばれることが多いものです。夢の内容を理解してコントロールできるようになれば、二重夢から抜け出せない悩みから解放されやすくなります。

焦らない

夢の中で夢を見てしまうと、一体どうすればいいのか不安になりパニック気味になる人も少なからずいます。しかし、夢から覚めないからといって焦りは禁物。夢だと理解し、そこから抜け出すという順序を淡々とこなすようにしましょう。

夢の中で焦っても夢から簡単に抜け出すことはできません。自分の頭の中で展開されている夢を分析することは簡単なことではありませんが、いつかは冷めるから大丈夫、と言い聞かせることも大切です。

夢の中で見る夢を焦って悪夢として捉えずに、何からのメッセージだと思うようにしましょう。そうすれば、ヒントを探しつつ夢の中で平静を保つことができます。冷静になればなるほど夢から覚めやすくなるので安心です。

体を動かすイメージをする

夢の中で夢を見ることは金縛りとはまったくの別もの。しかし、体をコントロールし直すという意味では金縛りと似た対処法が有効となります。覚めない夢から覚めるためには、体の動きもポイントです。

夢を見ながら体を動かせるようにするのには、よりイメージを強くすることが大切。手の指1本でもいいので、自分の意思を体に反映することができるようにしてみてください。

体が動いた拍子に夢から覚めることができる可能性は高いので、試してみる価値はあります。なお、悪夢を見たときにがむしゃらに動こうとする人もいますが、動くときもあくまで冷静でいることがポイントです。

何度も繰り返すのもコツ

夢の中で見る夢を現実ではないと理解することも、その後に体を動かして夢から覚めようとすることも、一度だけでは成功しない場合があります。しかし、夢から覚めないということはありません。

一度の失敗で諦めずに、早く夢から覚めたいと願いながら何度もトライしてみてください。そうすると徐々に目が覚める成功率が上がっていきます。

二重夢の対処は一朝一夕ではいかないと思って実践することがポイントです。二重夢から努力をして覚めたあとは、同じ苦しみを繰り返さないためにも夢の分析をしてみてください。

夢の中の夢は心の底にあるものが現れる

夢の中で夢を見たりなかなか覚めないのは、疲れやストレス、そして悩みなどとさまざまな原因によって起きる現象です。夢占いとして冷静に夢を分析していくと、普段は自分自身で気づくことのなかった心のほころびに気がつくことも。

夢を見ること自体は悪いことではないのですが、それによって疲れが溜まってしまっては元も子もありません。夢は夢だと割り切りつつも、何かの暗示が含まれているのではないかと頭を動かすことで夢による疲れを弾き飛ばせるでしょう。

現実の世界で楽しく安定した生活を送るためにも、目が覚める前に夢が与えてくれていたヒントを受け止めてみてください。

この記事のライター

最新の投稿


パタハラとは?最近注目のハラスメントの意味や具体的な事例を紹介

パタハラとは?最近注目のハラスメントの意味や具体的な事例を紹介

パタハラとは、パタニティー・ハラスメントの略称です。まだまだ日本では聞き慣れず、意味もあまり理解されていない言葉ですが、最近社会では注目を集めています。父親もしっかりと子育てに参加できるよう、パタハラの意味をしっかりと理解して、対策をたてましょう。


正座するだけの簡単ダイエット法とは?正しい姿勢でお腹が凹む

正座するだけの簡単ダイエット法とは?正しい姿勢でお腹が凹む

お腹を凹ませる最も簡単なダイエット方法が、朝の起床時に行うたった1分間の正座です。痩せるポイントは正しい姿勢と集中力。三日坊主になってしまう人、楽してダイエットしたい人、とにかくお腹を凹ませたい人は、早速正座ダイエットでからだを引き締めていきましょう。


オーガニックハンドソープのおすすめ7選!肌に優しいものを選ぼう

オーガニックハンドソープのおすすめ7選!肌に優しいものを選ぼう

毎日の手洗いに使うハンドソープは品質の良いものが安心できます。オーガニックなら化学的な成分が使われていないので肌への負担がありません。手に優しいのに汚れはしっかり落ちるオーガニックのハンドソープで面倒になりがちなハンドウォッシュの時間を充実させましょう。


オーガニックコーヒーのおすすめ10選!無農薬で美味しい香りは?

オーガニックコーヒーのおすすめ10選!無農薬で美味しい香りは?

無農薬で安全なコーヒーとしてオーガニックコーヒーが話題になっています。一般的なコーヒーとは違う魅力がたっぷり詰まったオーガニックコーヒーは色々なブランドから豊富な種類の商品が販売されています。そんなオーガニックコーヒーの魅力を知ってコーヒーブレイクの時に取り入れてみましょう。


オーガニックハーブティーのおすすめ7選!無農薬の有機栽培の葉

オーガニックハーブティーのおすすめ7選!無農薬の有機栽培の葉

ハーブティーにはリラックス効果を得たり香りを楽しんだり、体にも心にもうれしい魅力がたくさんあります。さらにオーガニックなら自然素材なので初めて飲む人にも安心です。心と体を癒すオーガニックのハーブティーで、大人のティータイムを楽しみましょう。