猫よけにクレゾールは危険!?危険な理由と効果的なネコ撃退法とは?

猫よけにクレゾールは危険!?危険な理由と効果的なネコ撃退法とは?

野良猫の糞尿はとても臭く、不愉快です。しかしそのためにクレゾールを撒くことは、猫だけでなく人に対しても、健康あるいは命への危険を及ぼしてしまいます。猫が二度と糞をしないよう、クレゾールではなく、ほかの安全な方法を使って解決していきましょう。


猫よけにクレゾールは危険!

庭や花壇などに入り込んだ猫の糞尿被害に対して、クレゾール原液またはクレゾール石鹸液が有効であるという情報を目にすることがあります。クレゾールの独特な臭いを猫が嫌がり近寄らなくなる、糞尿の嫌な臭いを消すという理由からです。

確かに、クレゾールをまけばほとんどの猫は近寄らなくなります。しかしクレゾールを撒くことは危険な行為です。クレゾールについて正しい情報を知り、安易にまくことは避けてください。

クレゾールとは?

クレゾールは殺菌のための消毒剤で、水に溶けにくい性質のため石鹸を混ぜたクレゾール石鹸液が作られています。その独特な臭いは病院の臭いとも呼ばれていました。

主に医療現場で、医療器具の消毒や手、指、皮膚、手術部位の消毒、病室や物品の消毒などに対し、規定の濃度に希釈して使用されていますが、取り扱いの難しさから近年では医療機関での使用も減少傾向にあります。

また、長時間の使用のほか、皮膚に付着してしまったり、吸入してしまったりすることで副作用や中毒症状が起きることもあり、使用する際には細心の注意が必要です。

クレゾールが猫に及ぼす害

クレゾールには服用しなくても皮膚から吸収されるという性質があります。猫の撃退のために石鹸液を庭先や畑などにまいてしまうと、思わぬ事故に繋がる可能性があります。

製薬会社の情報にも掲載されていますが、皮膚に付いてしまったり吸入してしまったりすると、意識障害、腎機能障害などの中毒症状や火傷などの皮膚炎を起こすことがあります。また口にしてしまうと呼吸困難や中毒死、嘔吐や下血など、さまざまな症状を起こすことも考えられます。

つまりクレゾール石鹸液は猫の命を奪ってしまう可能性が大きく、さらには周囲の人間にも害を及ぼす危険性が高いものです。猫よけのためのクレゾール石鹸液の使用は絶対に避けてください。

すでにクレゾールを撒いている場合

クレゾール石鹸液の使用が危険であることを知る前にすでにまいてしまっている場合、少量、あるいは希釈した物であれば数日で臭いも消えるので様子を見てください。

原液を大量に使用し、きつい臭いに悩まされている場合は近くの役所に相談し、対処してもらってください。また、残っているクレゾール石鹸液を処分したい場合は、おがくずなどに染みこませ焼却できるようにします。そのまま排水溝に流すことは決してしないでください。

クレゾール石鹸液を使用したことで皮膚や目に炎症が感じられる、具合が悪いなどの症状がある場合は医師の診断を受けるようにしましょう。

猫の効果的な5つの撃退法

クレゾールなど危険な薬剤を使用することは避けなければなりませんが、野良猫被害という切実な問題について考えなければなりません。

そこで、猫や人に害を及ぼさず、虐待にもならないやり方での撃退方法を実践していきましょう。身の回りにあるものを利用したり、市販の忌避剤、嫌がる物を置く方法などがあります。

いずれの方法もすべての猫に絶対効くわけではありませんが、継続しておこなうことで猫が学習し、効果を上げることができます。

猫を臭いで撃退

猫が苦手なものの1つに、臭いがあります。ねこの嗅覚は犬ほどではありませんが、人間のおよそ1万倍〜数十万倍も鋭いと言われています。これは猫のハンティング本能や、食べ物の新鮮さをかぎ分けるために発達したと考えられています。

この嗅覚の鋭さを逆手に取り、苦手な臭いでねこを撃退します。ただし、個体差により苦手なはずの臭いを好む猫がいたり、雨によって効果がなくなってしまうこともあります。様子を見ながら臭いの種類を変え、反応をみるようにしてください。

ハーブの活用

独特な香りを放つハーブの中に、猫が苦手とする香りがあります。代表的なハーブはユーカリやゼラニウム、ペパーミント、ローズマリー、ランタナなどです。猫が通る場所に植えたり、鉢植えを置いてみましょう。見た目にもきれいです。

コーヒーやドクダミの葉などの臭いも効果的です。コーヒーかすやドクダミの茶殻を猫が糞をしてしまう場所に撒いておきます。出涸らしのコーヒーあるいは手作りのドクダミ茶をスプレー容器に入れてさらに散布しておくとより効果がアップします。

香辛料の胡椒や唐辛子の粉も臭いとともに刺激があるため、猫が不快に感じ、近寄らなくなります。

ハイターや木酢液の利用

猫が嫌がる臭いを持つ液体には、塩素系のハイターや、木酢液、竹酢液があります。

糞尿被害に遭ってしまった場所は、臭いを残さないようキッチンハイターなどを薄めたものを臭い消し用の薬剤として撒き、処理することも大事なポイントです。

また燻製のような香りを放つ木酢液や竹酢液は、植物の成長を妨げるものではないので、安心して花壇や庭先に使うことができます。

猫除けのためにスーッとした香りのハッカ油で手作りのスプレーを作る方法が紹介されている場合もありますが、ハッカ油は猫に有毒なので使用は控えましょう。

柑橘系の香り

猫は柑橘系の香りも嫌がります。これは本能的に腐っていて食べられないものと判断するからです。

猫の通り道や糞をしてしまう場所に何日間か継続してみかんやグレープフルーツなどの皮を置く、または柑橘系の香りがする市販の忌避剤スプレーを撒いておくと、不快な場所として避けるようになります。

なお、柑橘系の香りがするアロマオイルを猫に使用することは、重い肝臓障害あるいは命の危険につながる行為となるため避けてください。

猫除けグッズの活用

猫を臭いで撃退する方法は、雨や風の影響で効果が得られにくくなってしまうことがあります。また、周囲にはその臭いを苦手とする人がいることも考えられます。小さな子どもがいる家庭では、何かを撒いておくことも心配です。

針金や割り箸、爪楊枝などを用いて手作りで猫除けグッズを用意することもできますが、広い範囲であれば手間暇がかかってしまいます。そこで市販されている猫除け用グッズを利用する手も考えてみましょう。

スプリンクラー

猫は水を嫌い、濡れることを非常に嫌がります。そこで猫が近寄ると自動で水を噴射するスプリンクラーまたはスプレーがおすすめです。

スプリンクラーは赤外線センサーでねこを感知し、自動で前方に向けて水を噴射します。噴射距離も調整でき、庭の広さに合った設定をすることができます。

ただし人に対しても反応してしまうため、設定場所には注意が必要です。またスプリンクラーが届かない場所には、とげとげシートなどなどの他の忌避グッズと組み合わせてみましょう。

超音波センサー

超音波センサーは、猫が嫌がる音を出し、近づけないようにする装置です。同時に光を発するタイプもあります。

使い方はシンプルで、周波数や感度を調整し、普段侵入してくる方向に向けて装置を設置するだけです。24時間センサーが働き、感知するとねこが嫌がる超音波を発します。何度近寄っても同じようにセンサーが作動して超音波を出すため、不快感を与え、ねこが来なくなります。

屋外で使用する物なので、防水設計がしっかりしているものを選びましょう。

猫を撃退したいときは安全な方法で!

野良猫の迷惑な行動は繰り返しおこなわれ、された人にとってはとても大きなストレスになります。先ずはその場所が糞尿しやすい快適な場所にならないよう、環境を変化させることが大きな鍵となります。

ただし、クレゾールやハッカ油など、命に関わる危ない方法は避けなければなりません。撃退方法は猫の個体差により効果の度合いが変わってしまいますが、不快な場所だと猫が学習するまで、効果が高いと言われている方法を忍耐強く試していきましょう!

ペットの口腔・腸内ケア【ラブリービー】新規購入プログラム

この記事のライター

関連するキーワード


関連する投稿


子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

猫がトイレ以外の場所でトイレをする行動は、飼い主にとっても困る行動の1つです。子猫のうちは、トイレでしないことが多いです。しかし子猫がトイレをしないとき、いくつかの理由や原因が考えられます。子猫がトイレをするための対策方法、トレーニング方法などをお伝えします。


大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫におすすめのキャットタワーは猫の体重を支えられる頑丈で安定性が高いキャットタワーです。キャットタワーには突っ張りタイプと据え置きタイプの2種類がありますが、愛猫の性格や運動能力にあったものを選びましょう。猫種によってタイプを選ぶのがおすすめです。


猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

分離不安症を知っている方はいますか。猫や犬が抱える、精神的な問題行動を指します。近年愛猫のイタズラや粗相で、悩んでいる方からの相談が相次ぎません。それらの行動の原因が、猫の分離不安症であることもあります。愛猫について知るためにも、精神病である不安分離症について知ることは大切です。


猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

あまり餌を食べない猫でも猫缶なら喜んで食べることがあります。猫缶は、猫が大好きで美味しいだけでなく、猫を惹きつける匂いや食べやすい形状に作られています。数多い商品の中から愛猫にぴったりの猫缶を選んで喜ばせてあげましょう。


猫ちゃんのマーキングがヤバイ!正しい対策と掃除方法は!?

猫ちゃんのマーキングがヤバイ!正しい対策と掃除方法は!?

猫がトイレ以外でおしっこしてしまうマーキング行動は飼い主にとって悩みの種のひとつです。いくら猫を叱っても、マーキング行動を防止出来ないと困っている飼い主は多いと思います。実はマーキング行動の対策は叱るだけでは防止出来ません。正しい対策と掃除方法をお伝えします。


最新の投稿


子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

猫がトイレ以外の場所でトイレをする行動は、飼い主にとっても困る行動の1つです。子猫のうちは、トイレでしないことが多いです。しかし子猫がトイレをしないとき、いくつかの理由や原因が考えられます。子猫がトイレをするための対策方法、トレーニング方法などをお伝えします。


ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替えはクリームの形状に合わせて容器を選ぶことがポイントです。ハンドクリームの詰め替え方法はクリームの硬さによって直接容器に注入したり、スパチュラなどの小道具を使って移し替えます。小ぶりな容器に詰め替えれば、どこにでも持ち運ぶことができます。


大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫におすすめのキャットタワーは猫の体重を支えられる頑丈で安定性が高いキャットタワーです。キャットタワーには突っ張りタイプと据え置きタイプの2種類がありますが、愛猫の性格や運動能力にあったものを選びましょう。猫種によってタイプを選ぶのがおすすめです。


猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

分離不安症を知っている方はいますか。猫や犬が抱える、精神的な問題行動を指します。近年愛猫のイタズラや粗相で、悩んでいる方からの相談が相次ぎません。それらの行動の原因が、猫の分離不安症であることもあります。愛猫について知るためにも、精神病である不安分離症について知ることは大切です。


猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

あまり餌を食べない猫でも猫缶なら喜んで食べることがあります。猫缶は、猫が大好きで美味しいだけでなく、猫を惹きつける匂いや食べやすい形状に作られています。数多い商品の中から愛猫にぴったりの猫缶を選んで喜ばせてあげましょう。