ハッカ油は猫よけに使えるの?実は猫には有毒なハッカ油とは!?

ハッカ油は猫よけに使えるの?実は猫には有毒なハッカ油とは!?

精油の仲間であるハッカ油は、猫のからだの構造上、健康や命を脅かす危険があります。猫よけに効果があるとも言われていましたが、使用は避けなければなりません。生活用品の中にもハッカ油が使用されている製品があるので、もう一度身の回りをチェックしてみましょう。


ハッカ油は猫よけに使用できるの?

猫よけのためにハッカ油は使用しないでください。そして、猫がいる家庭の中で、ハッカ油が使われている製品は使わないでください。

猫がミント系の香りを好まないことから、猫よけのためにハッカ油に無水エタノールと精製水を合わせて作ったハッカ油スプレーを使用する方法が紹介されていることがあります。しかし、ハッカ油を使用することは、猫の命を脅かすことになってしまいます。小さな命を危険にさらさないよう、猫にハッカ油は使用しないようにしましょう。

ハッカ油が猫には危険な2つの理由

ハッカはペパーミントの仲間で、特にニホンハッカと呼ばれる品種はメントールの含有量が高く、心地良いスーッとした香りが特徴的です。収穫されたハッカは精油や結晶に生成され製品化されています。

その用途は様々で、食品や飲料水、医薬品や化粧品にも使われています。ハッカの香りはリラックス効果も高く、特に夏場は暑さをしのぐさまざまな方法に取り入れられています。

一方ハッカの香りが虫や小動物が嫌がる香りとして知られ、ハッカ油入りスプレーが紹介されています。犬や猫などのペットのための虫除けにも良いとされていますが、猫のからだにはハッカ油がとても有害なものであることを覚えておく必要があります。

①人や犬と異なる猫の肝臓の働き

植物の花や葉、果皮などに含まれている香りの成分を抽出したものを精油と呼びます。主にアロマテラピーで使用され、心身への作用や抗ウイルス、抗細菌といった作用があります。ハッカ油も、ハッカという植物から抽出された油です。

猫の肝臓は人間や犬の肝臓としくみが異なり、グルクロン酸抱合と呼ばれる解毒作用の働きが備わっていません。そのため、吸入、あるいは皮膚からハッカ油などの精油成分が体内へ吸収されると、成分を解毒・代謝することができないまま体内に溜め込まれてしまいます。このことが肝臓にダメージを与えてしまい、下痢や嘔吐、肝機能障害を起こし、死につながってしまうことにもなりかねません。

②猫は完全肉食動物である

猫はライオンややまねこなどと同じ、完全肉食動物です。人間や犬は肉も野菜も食べる雑食ですから、すでにここで大きな違いが生まれています。

ハッカ油は植物性の油であり、その成分には脂溶性化学物質に属するものが含まれています。そして化学物質が持つ毒性を、雑食である人間や犬などのペットは体内で分解するための酵素を生まれながらに持っています。

しかし植物を食しないねこはその酵素を少ししか持っていません。そのため植物性化学物質を取り込んでしまうと、うまく消化しきれずに中毒症状を起こしやすくなります。ともすればそれが原因で命を落としてしまうこともあります。

猫がいる家庭で気をつけたい3つのこと

ねこのからだのしくみ自体がハッカ油の成分を体内でうまく処理できず、吸引したり触れたりすることは害となり、危険です。人間には大丈夫なものだからと安心せず、気をつけてあげなければなりません。

周りを見渡してみると、実にいろいろなものにハッカ油が使用されています。ほんの少量のものがいきなり猫の命を奪ってしまうとは限りませんが、その少しが蓄積されていけば、大量となり、体調不良や中毒症状を招いてしまうこともあります。知らずに使っているものがないか、確認してみましょう。

①アロマポットは使用しない

リラックス、気分転換、疲労回復などを図るため、アロマテラピーを取り入れる人が増えています。アロマポットを置いたり、お湯に精油を垂らして吸引したりと、いろいろな楽しみ方が紹介されています。

しかし精油には化学物質が凝縮された状態で含まれています。ハッカ油を始め、ペパーミントやレモン、ベルガモット、オレガノなども猫にとって毒性が強い物質を含んでいます。

猫がアロマポットの精油を舐めたり、皮膚に付けてしまったりする可能性は否めません。ですから猫がいる家庭では安全のためにアロマポットやディフューザーなどは置かないようにしましょう。精油入り動物用シャンプーなどの使用も避けてあげてください。

②虫除けグッズの成分をチェックする

害虫駆除のためのさまざまな薬剤が販売されていますが、人への安全性はどうなんだろうと考えると、むやみに使えなくなってしまうことがあります。

そこで注目されている製品がハッカ油です。人間には心地良いスーッとしたペパーミントの香りも、ほとんどの害虫が苦手とし、近寄らなくなるからです。しかし、残念ながら猫のからだには良くありません。虫除けスプレー、虫除けバンド、線香、フレグランスジェル、キャンドルなどにハッカ油が使用されている可能性がありますから、製品を購入する前には成分表をきちんとチェックするようにしましょう。

③ハッカ油スプレーを使用しない

便利な生活グッズとしてハッカ油スプレーが紹介されています。ペットコーナーでも、ペット用のハッカ油入り蚊除けスプレーをみかけたりします。

スプレーはひと吹きするだけで粒子がかなり広範囲に広がり、鼻や口から吸引しやすくなっています。精油の分子は非常に小さく、皮膚からも吸収されやすい構造になっています。

人間にとってはほんの少しでも、小さな生き物にとってはたくさんの量に相当し、健康へのダメージが考えられます。ですから猫を飼っている家ではハッカ油スプレーも置かないようにしましょう。

猫がハッカ油を舐めてしまったら

猫がハッカなどの精油によって中毒症状を起こしてしまった例が、国内外でいくつも紹介されています。たまたま精油の瓶が倒れてしまい猫が舐めてしまった、精油入りのシャンプーで洗ってしまったなど原因は様々ですが、命を落としてしまったり、後遺症が残ってしまったという症例も見られます。

もしハッカ油などの精油が原因でネコの口腔内や目の異変、食欲不振、嘔吐や下痢などの気になる症状が見られる場合はすぐに病院で血液検査を受けてください。体調に変化がなくても心配な場合は医師に相談し指示に従いましょう。

猫の命を脅かすハッカ油に気をつけよう

ネコによる被害を受けている人にとって、猫除け対策は頭を悩ませる大問題です。そのような中で、人間にとっては心地よいものでありながらネコよけになると言われてきたハッカ油は大いに注目されていました。

しかし健康あるいは命に危険を及ぼす可能性があることがわかって以来、ハッカ油をネコよけのために使用しないよう呼びかける獣医師やセラピストも増えています。

今一度ハッカ油を使用しても大丈夫な状況かどうかを確認し、人もネコもストレスのない方法を考えていきましょう。

この記事のライター

関連するキーワード


関連する投稿


猫ちゃんのマーキングがヤバイ!正しい対策と掃除方法は!?

猫ちゃんのマーキングがヤバイ!正しい対策と掃除方法は!?

猫がトイレ以外でおしっこしてしまうマーキング行動は飼い主にとって悩みの種のひとつです。いくら猫を叱っても、マーキング行動を防止出来ないと困っている飼い主は多いと思います。実はマーキング行動の対策は叱るだけでは防止出来ません。正しい対策と掃除方法をお伝えします。


世界一でかい猫『メインクーン』とは?ペットとして飼えるの?

世界一でかい猫『メインクーン』とは?ペットとして飼えるの?

メインクーンはアメリカ原産の大型の品種の猫で、ギネスに世界一でかい猫として登録されています。その大きさはなんと1mを超え、中型犬並ですが、実は穏やかな性格で飼いやすい猫なのです。世界一でかい猫のメインクーンについて、品種の情報や飼い方などを見てみましょう。


猫アレルギーの原因とは?症状を改善する方法・克服方法を解説

猫アレルギーの原因とは?症状を改善する方法・克服方法を解説

猫アレルギーの原因はFel d 1というタンパク質が主です。完璧な治し方は残念ながらまだわかっていませんが、原因となるアレルゲンをできるだけ体内に入らないような対策を取ることで、猫アレルギーの発症を抑制することができます。


猫がたくさん水を飲む理由とは?病気なのかな?1日の適切な摂取量を解説

猫がたくさん水を飲む理由とは?病気なのかな?1日の適切な摂取量を解説

猫が水をふだんよりたくさん飲む様子がみられたら、重い病気に罹っているサインかもしれません。たいしたことではないと思わず、どのくらいたくさんの水を飲むようになったのかを把握し、猫の体調の善し悪しとその原因をきちんと見極めてあげましょう。


子猫が水を飲まない!効果的な飲ませ方は?病気の可能性があるの?

子猫が水を飲まない!効果的な飲ませ方は?病気の可能性があるの?

猫はもともと砂漠の生き物なので、たくさんの水は飲みません。しかしあまりに飲む量が少ないと脱水症状になったり、尿道や腎臓の病気を引き起こしたりする危険があります。とくに子猫は脱水症状になりやすいので注意が必要です。子猫が水を飲まない原因と対処法を見てみましょう。


最新の投稿


安全なキャットフードのおすすめ人気TOP10【徹底比較】

安全なキャットフードのおすすめ人気TOP10【徹底比較】

安価なキャットフードには、発がん性が認められている酸化防止剤のBHAや、毒性が強い酸化防止剤のエトキシキンが使用されています。安全なキャットフードを選ぶには、無添加であることが必須です。さらに安全性を高めるため、猫の種類や年齢などに見合ったキャットフードを選ぶことが重要になります。


ヘアアイロン前にトリートメントをして髪を保護しよう!おすすめ商品は?

ヘアアイロン前にトリートメントをして髪を保護しよう!おすすめ商品は?

ヘアアイロン前には必ず洗い流さないトリートメントを使用しましょう。髪を傷めないだけでなく、ダメージの補修、くせやうねりの矯正効果も期待できます。寝る前にトリートメントをしておくと翌朝のスタイリングも楽々!ヘアアイロン愛用者は必須アイテムです。


オーガニックの砂糖がなぜ体にいいの?有機砂糖は自然な味わいが特徴

オーガニックの砂糖がなぜ体にいいの?有機砂糖は自然な味わいが特徴

有機農法で大切に育てられたサトウキビやてんさいから作られるオーガニックの砂糖は作物本来の自然な甘さが味わえます。通常の白砂糖やグラニュー糖よりも安全で体に優しい甘味料です。オーガニックの砂糖でよりヘルシーな毎日を過ごしましょう。


片足立ちダイエットの効果が凄い!ジョギングよりも消費カロリーが高い?

片足立ちダイエットの効果が凄い!ジョギングよりも消費カロリーが高い?

数分間の片足立ちがダイエット方法として注目されています。きちんとおこなえばウォーキングやジョギングと同じ程度の運動量となり、体幹を鍛え、からだを引き締める効果が期待できるからです。誰もがチャレンジしやすい片足立ちダイエットを早速チャレンジしてみましょう!


猫ちゃんのマーキングがヤバイ!正しい対策と掃除方法は!?

猫ちゃんのマーキングがヤバイ!正しい対策と掃除方法は!?

猫がトイレ以外でおしっこしてしまうマーキング行動は飼い主にとって悩みの種のひとつです。いくら猫を叱っても、マーキング行動を防止出来ないと困っている飼い主は多いと思います。実はマーキング行動の対策は叱るだけでは防止出来ません。正しい対策と掃除方法をお伝えします。