アルビノと白猫の違いと見分け方とは?色素の薄い猫の秘密

アルビノと白猫の違いと見分け方とは?色素の薄い猫の秘密

アルビノも白猫もどちらも真っ白な猫でペットとして人気がありますが、見た目は似ていても生まれた理由には大きな違いがあります。アルビノは先天性の色素の疾患で、対して白猫は毛が白くなる遺伝子が理由です。また、目の色なども異なるので見分けるのは意外と容易です。


アルビノの猫とは

アルビノとは、動物学上で色素に関するメラニンを作る遺伝子情報になんらかの理由で異常が生じたことにより先天的にメラニンが欠乏してしまった疾患にかかっている生体のことで、全身の色が無い、あるいは薄いことが特徴です。美しい見た目から、動物の場合はペットとして人気です。

医学的には先天性色素欠乏症とも呼ばれ、全身に色素がないので後から髪や毛を染めて色を付けるということも出来ません。

アルビノは人間やその他の動物にもいます。しかし、猫は元々アルビノのような色合いの個体も存在するため、猫のアルビノを見分けるのは他の動物より難しいと言えるでしょう。

アルビノの2つの特徴

アルビノには主に2つの大きな特徴があります。

紫外線に弱いという点と、あらゆる色素がないということがその特徴ですが、それらに気をつけていないと皮膚が火傷を負ったように焼けただれてしまうと言った重大な健康被害を及ぼす危険があります。

人間のアルビノはある程度自身で気を付けて対策することが出来ますが、動物は自分がアルビノだと理解して対策をすることは出来ませんので、飼い主が注意して対策してあげる必要があります。

紫外線に弱い

アルビノが欠乏しているメラニンは、紫外線が肌に当たって刺激を受けると細胞をコーティングして守る役目があります。しかしアルビノはそのメラニンが欠乏あるいは極端に少ないため、紫外線の刺激から肌を守ることが出来ないのです。

その為アルビノが例え短時間でも日光に当たったり紫外線の刺激を受けたりすることがあると、皮膚が赤くただれてしまい火傷のような症状が出てしまいます。また、繰り返し紫外線を浴びることをくり返していると皮膚がんの発病のリスクも高まってしまいます。

あらゆる色素が無い

アルビノは身体のあらゆる部分のメラニンが欠乏しているので、目の色素もありません。

その為、通常の個体であればメラニンの量によって決まる瞳の周りにある虹彩の色合いが無色透明のものとなり、目の底の血管の色が透けて見えるために赤っぽい目に見えます。

よく、ウサギのイメージとして赤い目を想像しますが、その想像のウサギは元々そういった赤い目の種類なのではなく、突然変異で生まれたアルビノ個体なのです。

アルビノと白猫の違い

アルビノの特徴として、色素が無いことから全身の色が無いことが挙げられますが、では白猫もアルビノなのかと言うとそういうわけではありません。

アルビノは突然変異種ですが、白猫はW遺伝子という正常な遺伝子の情報を受け継いで生まれてきた通常種なのです。

Wという優性遺伝子はその名の通り他の毛色や模様の遺伝情報よりも優勢に働くので、他の毛色の情報が抑えられて生まれてきます。その影響力はとても強く、W遺伝子は絶対優勢の白とも呼ばれています。

アルビノ猫は希少価値が高い

アルビノはW優性遺伝子を持った猫から生まれてくる個体とは違って突然変異です。極端なことを言えば、親が真っ黒な毛色同士だとしても異常が起こればアルビノの子が生まれてくる可能性もあります。

しかし、この遺伝子の異常は突然変異で起こるものなのでいつ起こるか予測は付きません。そのため、アルビノはアルビノホワイトと呼ばれ、希少価値が高くなっています。

一時期はアルビノホワイトを新しい品種として登録しようという動きもありましたが、元が遺伝子疾患なので健全に生まれてきた種ではないとして結局認められることはありませんでした。

アルビノと白変種の違い

たまに見かけるホワイトライオンやホワイトタイガーは数が少なく珍しい為にアルビノと思われがちですが、ホワイトタイガーやホワイトライオンらはアルビノではなく白変種という種類に分類されます。

アルビノが先天的な遺伝子疾患に対して白変種は珍しい外見をしていても遺伝子は正常です。その証拠にホワイトタイガーやホワイトライオンはアルビノの特徴である赤い瞳を持たず、ホワイトタイガーはしっかりと黒い縞模様が入っています。

仮に虎のアルビノがいるとすれば、縞模様も何も無い虎が生まれてくることになります。

アルビノや白猫が生まれる理由

アルビノ達は見ての通り全身の色が無い、あるいは薄い個体です。人間からすれば、アルビノにしろそうでないにしろ、どちらも美しい毛並みで可愛らしいことに変わりはありませんが、自然界では美しいだけでは生きていくことはとても難しいのです。

なぜならば、雪が積もっている雪原地方を除いて、この色は目立つため敵に見つかりやすく、他の個体よりも捕まりやすくなっています。また、もしも捕食者側だとしても獲物に気づかれて逃げられる可能性が高いからです。

アルビノが生まれる理由

アルビノが生まれてくる理由としては遺伝子の突然変異です。これは親も生まれてくる子もどうしようもないことなので、運命と受け入れるしかありません。

人間や飼育下にある動物のアルビノは美しいとされ大切にされますが、自然界ではその美しい色はもてはやしてはもらえません。ただただ、目立つ色として捕食者としても、獲物としても通常種より生き残りにくいだけなのです。

その為、野生でのアルビノはどんな種類の動物でも見かけることはほとんどないと言えるでしょう。

白猫が生まれる理由

白猫はアルビノと違って遺伝子は正常に働いていますが、その体毛は自然界で獲物を狙う側にしろ、狙われる側にしろ、生き残りにくい色であることは変わりありません。

ではなぜ彼らは生き残ることに不利な色の体毛で生まれてくるのかというと、W遺伝子が強すぎるというのが原因です。W遺伝子は色合いを決める遺伝子のなかでもとても影響力が強く、他の毛色や模様の遺伝子情報を抑えてその特徴が出てきてしまい、その為生き残るのが不利な色で生まれてくる結果となるのです。

白猫はひげが敏感

優勢遺伝子のWによって生き残るのには難しい色の身体で生まれてくる個体は、自然界では生まれながらにしてハンディキャップを背負っていると言えるでしょう。

しかし、獲物に見つかりやすかったり狙われやすいというデメリットを負っている代わりにひげのセンサーが他の個体より敏感であるという特徴があります。彼らのひげは他の個体よりもやや長めであり、敏感に反応するので、ひげによって不利な体毛の身体のハンディキャップとのバランスをとっていると言えます。

アルビノと白猫の3つの見分け方

アルビノの特徴として全身の色素が欠乏しているので、全身の皮膚および毛や髪の色素が無い、あるいは薄い点が挙げられます。これはパッと見てもすぐ分かるくらいにとても目立ちますので、アルビノと通常個体の見分けは簡単につきます。

しかし、猫や犬などそもそもアルビノと同じ色の被毛を持つ種類がいる動物も中にはいます。そういった動物では、毛色の特徴だけではそもそもそういった色を持つ種類なのかアルビノなのかなかなか区別がつきません。そのような場合は、目の色やその他の身体特徴から判断しましょう。

目の色

アルビノかそうでないかを見分ける方法として、最も手軽な見分け方は目の色を見るという方法が挙げられます。

通常であれば瞳の色は黄色やオレンジなどがごく普通の目の色ですが、アルビノの目は色素の異常によって目の底の血管の色が透けて見えるために赤、もしくは赤味がかった色合いをしています。

なお、白猫は両目の色がそれぞれ違うオッドアイの個体が生まれる割合が高いとされていますが、その原因も色素細胞のメラノサイトの欠乏が原因とされています。

キトンキャップの有無

キトンキャップとは、直訳すると子猫の帽子と言う意味ですが、その名が表す通り子猫の頭にある、まるで帽子のような灰色の毛のことを指します。

このキトンキャップは成長に従って消えますので、子供特有の特徴であり、ゴースト・マーキングとも呼ばれます。キトンキャップは白い個体のさらに子供時代にしか現れない不思議な現象です。

キトンキャップはW遺伝子によって抑えられた毛色が一時的に現れる現象であり、アルビノ個体には現れることはありません。したがって、子供時代にキトンキャップがあった個体はアルビノではなく白猫であることが分かります。

難聴の有無

アルビノは色素の遺伝子の異常によって生まれた個体で、紫外線に弱かったり目が赤かったりといった色素に関する異常を表す特徴はありますが、色素が関係する部分以外は健康です。

対して白猫は正常な遺伝子情報で生まれてきているので色素の異常はありませんが、難聴であることが多く、それがアルビノかそうでないかを区別する方法の一つでもあります。

猫のアルビノかそうでないかを見極めたい時には難聴であるかどうかも判断材料の一つにすると良いでしょう。

白猫に難聴が多い理由

白猫に難聴が多いとされる理由は、目の色と深く関係しています。青い目を持つ個体が難聴である確率は高いとされていますが、その理由は目を青くしている原因のメラノサイトの欠乏にあります。

青い目はメラノサイトの欠乏によって引き起こされています。そして、内耳にある音を増幅する役割を持つコルチ器と呼ばれる器官を形成しているのはメラノサイトなのです。

そのため、メラノサイトが欠乏している証拠の青い目を持つ個体はコルチ器も欠乏を受けて正常に形成されないため難聴であることが多いとされているのです。

アルビノや白猫の飼育の2つの注意点

アルビノはメラニン色素が欠乏していることから紫外線に弱いという特徴があります。また、白猫もアルビノほどではありませんがメラノサイトが少ない傾向にあるので紫外線には弱い体質です。

そんなアルビノたちをペットにする際には通常の猫よりも注意してあげなければいけない点は多いと言えるでしょう。

とはいえ、紫外線や視力など注意するべき点のみしっかりと注意してあげれば、性格や食べるエサなどは普通のペットの猫となんら変わりはありません。

紫外線に弱い

アルビノ達はメラニンやメラノサイトが通常の猫より少ないため、紫外線に弱い体質です。

色素の無い、あるいは少ない動物が長時間日光にさらされると、細胞がダメージを通常の個体より多く受けてしまうため皮膚が焼けただれ火傷のようになってしまいます。

また、そうでなくても細胞にダメージが蓄積されやすいので、皮膚がんの発症リスクも高まってしまいます。ペットのアルビノ達は日光に当たり過ぎないように注意しましょう。

紫外線対策の方法

日光へ当たり過ぎると危険なアルビノ達ですが、猫も日向にいるとうっかり昼寝してしまい、皮膚へのダメージの進行に自分で気が付けない時もあります。

そんな事故からペットを守るには、猫がいる部屋の窓に紫外線を軽減する遮光カーテンを取り付けたり、紫外線を防止するシートを貼ったりすると良いでしょう。

もしくは猫に猫専用の服を着させてあげるのも有効です。特に冬は寒さ対策にもなるので、猫が嫌がらなければ冬はペットに服を着せてあげると良いでしょう。

視力に注意

アルビノ達は目の色素も少ないので、視力は通常の個体よりも良くない場合が多いとされています。もしもアルビノ達をペットにしている、あるいはこれからペットとして迎えるのであれば、普段から猫の行動を注意深く観察してみましょう。

ペットがよく物にぶつかったり、おやつやごはん、おもちゃが近くにあるのに嗅覚を頼りに探している素振りを見せるようであれば視力が弱い可能性があります。

視力が弱いと感じる部分があれば、たとえば障害物をどかしたり、ご飯を目の前まで持って行ってあげるなど、飼い主がペットのサポートして快適に暮らせるようにしてあげましょう。

アルビノと白猫は白い理由が違う

アルビノと白猫は一見どちらも白い猫ですが、先天性の色素の疾患で生まれつき色素が無い個体のことを指します。対して白猫はW優性遺伝子を持って生まれてくる為、遺伝子疾患ではありません。見た目は同じでも、そうなる理由は大きな違いがあるのです。

アルビノ達は紫外線に弱く視力も弱い個体が多いのが特徴ですが、それ以外は普通の猫と変わりありません。紫外線と視力だけには注意すれば、普通の猫と変わりない楽しい生活が送れるでしょう。

ペットの口腔・腸内ケア【ラブリービー】新規購入プログラム

この記事のライター

関連するキーワード


関連する投稿


世界一でかい猫『メインクーン』とは?ペットとして飼えるの?

世界一でかい猫『メインクーン』とは?ペットとして飼えるの?

メインクーンはアメリカ原産の大型の品種の猫で、ギネスに世界一でかい猫として登録されています。その大きさはなんと1mを超え、中型犬並ですが、実は穏やかな性格で飼いやすい猫なのです。世界一でかい猫のメインクーンについて、品種の情報や飼い方などを見てみましょう。


猫アレルギーの原因とは?症状を改善する方法・克服方法を解説

猫アレルギーの原因とは?症状を改善する方法・克服方法を解説

猫アレルギーの原因はFel d 1というタンパク質が主です。完璧な治し方は残念ながらまだわかっていませんが、原因となるアレルゲンをできるだけ体内に入らないような対策を取ることで、猫アレルギーの発症を抑制することができます。


猫がたくさん水を飲む理由とは?病気なのかな?1日の適切な摂取量を解説

猫がたくさん水を飲む理由とは?病気なのかな?1日の適切な摂取量を解説

猫が水をふだんよりたくさん飲む様子がみられたら、重い病気に罹っているサインかもしれません。たいしたことではないと思わず、どのくらいたくさんの水を飲むようになったのかを把握し、猫の体調の善し悪しとその原因をきちんと見極めてあげましょう。


子猫が水を飲まない!効果的な飲ませ方は?病気の可能性があるの?

子猫が水を飲まない!効果的な飲ませ方は?病気の可能性があるの?

猫はもともと砂漠の生き物なので、たくさんの水は飲みません。しかしあまりに飲む量が少ないと脱水症状になったり、尿道や腎臓の病気を引き起こしたりする危険があります。とくに子猫は脱水症状になりやすいので注意が必要です。子猫が水を飲まない原因と対処法を見てみましょう。


猫がドライフードを食べない理由とは?何が原因?様々な対策お教えます

猫がドライフードを食べない理由とは?何が原因?様々な対策お教えます

飼い猫がある日突然ドライフードを食べなくなった経験があるという飼い主は意外と多いです。いきなりフードを食べない状態になるとどこか身体の具合が悪いのかと心配になりますが、猫がドライフードを食べないのには実は意外な理由があるのです。その理由と対策を見てみましょう。


最新の投稿


世界一でかい猫『メインクーン』とは?ペットとして飼えるの?

世界一でかい猫『メインクーン』とは?ペットとして飼えるの?

メインクーンはアメリカ原産の大型の品種の猫で、ギネスに世界一でかい猫として登録されています。その大きさはなんと1mを超え、中型犬並ですが、実は穏やかな性格で飼いやすい猫なのです。世界一でかい猫のメインクーンについて、品種の情報や飼い方などを見てみましょう。


オーガニックの制汗剤&デオドラントおすすめ5選!肌を気にする女性が欲しいコスメとは?

オーガニックの制汗剤&デオドラントおすすめ5選!肌を気にする女性が欲しいコスメとは?

オーガニック制汗剤とは化学成分を使用していない制汗剤のことです。オーガニック制汗剤の特徴は、身体に優しい成分、アロマの香りで、嫌なニオイをケアができます。さらに身体に安全で香りによる癒し効果もある女性に嬉しい制汗剤となっています。


猫アレルギーの原因とは?症状を改善する方法・克服方法を解説

猫アレルギーの原因とは?症状を改善する方法・克服方法を解説

猫アレルギーの原因はFel d 1というタンパク質が主です。完璧な治し方は残念ながらまだわかっていませんが、原因となるアレルゲンをできるだけ体内に入らないような対策を取ることで、猫アレルギーの発症を抑制することができます。


オーガニックリンゴ酢のおすすめ5選!無添加・無農薬の人気のお酢

オーガニックリンゴ酢のおすすめ5選!無添加・無農薬の人気のお酢

オーガニックのリンゴ酢は有機林檎のさわやかな味と香りがひときわ引き立ち、お酢が苦手な人にもおすすめです。また農薬や化学肥料、添加物の心配もありません。体調や肌の調子を整えるために、今日からオーガニックのリンゴ酢を上手に活用していきましょう!


オーガニックミルクのおすすめ7選!赤ちゃんに安心して飲ませたい

オーガニックミルクのおすすめ7選!赤ちゃんに安心して飲ませたい

安心安全な粉ミルクを探すなら、オーガニック製品がおすすめです。土壌や牛のえささえもすべて厳しい基準をクリアしており、成長や健康上気になる素材は使用されていません。現時点でオーガニック粉ミルクは海外製品のみとなりますが、認証を受けた信頼できる製品です。