猫にネギを食べさせちゃいけないって本当?食べたら、どうなる?

猫にネギを食べさせちゃいけないって本当?食べたら、どうなる?

猫にとってネギや玉ねぎなどのネギ類は非常に危険な食べ物です。人間にとっては健康維持に有効な有機チオ硫酸化合物などの成分が、貧血や腎障害などを引き起こし、治療が遅れると重症化することもあります。飼い主がしっかりと管理し、猫にネギを食べさせないようにしましょう。


猫に危険なネギの成分

猫にネギや玉ねぎなどのネギ類を与えるのは健康被害の可能性がある非常に危険な行為です。人間にとっては様々な料理で活躍する身近な野菜であり自宅に置いてあることも多いですが、万が一猫が食べた場合には重篤な症状を引き起こす可能性があります。

それは、ネギに含まれているアリルプロピルジスルファイドと有機チオ硫酸化合物という2つの成分が原因です。どちらも人間にとっては健康維持にも一役買う成分ですが、猫にとっては危険な成分となっています。

有機チオ硫酸化合物

有機チオ硫酸化合物は猫にとってネギが危険である要因となる最たる成分です。動物の体内では血管の中で赤血球内のヘモグロビンが全身に酸素を運んでくれていますが、有機チオ硫酸化合物はヘモグロビンを酸化させ、酸素を運べないメトヘモグロビンに変化させてしまいます。

さらには赤血球の中でハインツ小体という物質を作りますが、ハインツ小体を含む赤血球は体内では異物とみなされるため、赤血球が破壊されていってしまいます。メトヘモグロビンが増え、赤血球が破壊されていった血液は酸素を体中に運ぶことができないため、非常に危険な状態です。

アリルプロピルジスルファイド

ネギ類を食べたときに感じる辛味の要素となっているのが、アリルプロピルジスルファイドという成分です。

有機チオ硫酸化合物が猫に危険を引き起こす要因となる成分ですが、このアリルプロピルジスルファイドは有機チオ硫酸化合物の体内での吸収率を高めてしまいます。つまり、このアリルプロピルジスルファイドという成分のせいで、有機チオ硫酸化合物のマイナスの側面がさらに大きく作用するということです。

人間が摂取した場合は血液の流れをサラサラにしてくれる有り難い成分ですが、猫にとっては有機チオ硫酸化合物の危険度を高めてしまいます。

猫がネギを食べたときの症状

猫がネギを食べた場合、体調や個体によっても異なりますが、およそ12時間後から数日の間に症状が出ることが多いです。溶血性貧血や急性腎障害をはじめ、慢性的な中毒症状として肝機能に異常が出る可能性もあります。さらには、下痢や嘔吐、体調不良や食欲の低下もネギを食べたことによる症状の一つです。

ネギを食べたあとになんとなくでも体調が良くなさそうだと感じたら、すぐに動物病院に連れていくようにしましょう。また、ネギを食べた時点で連れて行けば注射で吐かせる処置をしてもらえるため、猫がネギ類を食べてしまった時点で病院に行くのも有効です。

溶血性貧血

猫がネギ類を食べたときに起こる主要な症状は、溶血性貧血と呼ばれる貧血です。これは、有機チオ硫酸化合物によって赤血球が壊されていくため起こります。

さらにこの溶血性貧血から、さらに別の症状を引き起こすことも多く、飼い主はしっかり注意してあげることが必要です。これらの症状が出ている場合は、さらに重度の症状と考えられるので、速やかに病院を受診しましょう。

【溶血性貧血の二次症状】
・血尿
・黄疸
・呼吸困難
・目の粘膜、歯茎が白くなる
・足に力が入らなくなる

急性腎障害

急性腎障害は名前の通り、急速に腎臓が悪くなり正常に働かなくなる病気です。主要な症状として食欲がなくなったり、元気がなくなったりといったことをはじめ、嘔吐や尿の量の減少などが見られます。これはネギ類に含まれる有機チオ硫酸化合物が赤血球を壊し、血液に溶け出したヘモグロビンが腎臓の働きを阻害するためです。

急性腎障害は早く治療を開始しないと症状が重篤化していき、最悪の場合は命に関わることもあるため、猫がネギ類を食べたと気づいたときには特に注意してあげましょう。

慢性的な中毒症状

猫がネギ類を食べたときに症状が出るのは平均して12時間後から数日後ですが、その時期には症状が出ず、時間が経ってから慢性的な症状として現れる可能性もあります。特に一度与えて症状が出なかったからといって、継続的に食べさせてしまうと慢性的な中毒となってしまう可能性が高まるため絶対にやめてください。

最初はわからない程度の貧血がどんどん悪化していったり、肝臓の機能に障害が出たりすることもあります。万が一猫がネギ類を食べてしまったら、数日を過ぎても様子を見守り、再び食べてしまわないように気を付けましょう。

猫もネギを食べる方法がある?

猫にネギを与えるのは危険な行為であり、いかなる方法でも与えることはできません。猫にとって危険性のある野菜や果物の中には、舐めた程度の少量なら大丈夫だというものや、調理法によっては大丈夫だというものものありますが、ネギの場合は違います。

ネギは量や与え方に関わらず非常に危険なものなので、少量を舐めたりといったことも含め、一切与えないようにしてください。また、ネギや玉ねぎに加え、らっきょうやニラなどのネギ類は全て同様に危険です。ネギ類は全て猫にとって危ない食べ物であることを認識しておきましょう。

少量の場合

猫がネギ類を食べた場合の致死量は個体によって差があるものです。その日の体調によっても異なるので、少ない量のネギでも致死量に至ることもあれば、たくさん食べたのに何もなかったというケースもあります。

しかし、一般的に体重1㎏あたり15g程度が致死量と言われており、猫の体重によってネギの致死量の目安を割り出すことができます。例えば体重3㎏の猫であれば45gが致死量に相当すると考えられるネギの量です。

致死量のネギ類を一気に食べることはあまりないかもしれませんが、あくまでも目安なのでこれよりも少ない量で危険な状態となる場合がありますし、舐めただけでも軽度の症状が現れることもあります。

加熱した場合

火を通すことで少なくなったりなくなったりする成分もありますが、猫にとって危険なネギ類の成分である有機チオ硫酸化合物とアリルプロピルジスルファイドは、加熱をしてもなくなることはありません。

生のままのネギでも、しっかり加熱したネギでも全く変わらない危険性があるため、火をしっかり通したからといって猫に与えることは避けましょう。同様に、すり潰したり細かく切ったりといった調理を含め、いかなる方法でもネギ類の危険な成分をなくすことはできません。

猫がネギを食べたときの対処法

どれだけ気をつけていても、ネギや玉ねぎなどは人間の食卓に並びやすい食材です。常に自宅に置いてあるということも少なくないので、猫がうっかり舐めたり食べたりしまったというケースも十分に考えられます。

万が一猫がネギや玉ねぎを舐めたり食べたりしてしまった場合、飼い主が適切に対処してあげることが重要です。また、一度症状が出てしまった場合は特に早急な処置が必要となるため、普段から猫がネギを食べたときの対処法について把握しておくようにしましょう。

口の中のネギを取り出す

猫がネギを食べた瞬間を見ていてすぐに対処できる場合は、飲み込んでおらず口の中に入っているネギをまず取り出しましょう。この方法が自宅で飼い主ができる唯一の対処法となります。一度飲み込んでしまったものを吐かせるのは難しいため、飲み込む前に対処できる場合はすぐに行動してあげてください。

水で薄めた消毒用オキシドールを飲ませて吐かせるという方法も知られていますが、知識を持たない素人が行うと胃炎など別の危険性があります。飲み込んでしまった場合は無理に吐かせず次の対処法に移りましょう。

すぐに病院に行く

病院に行って獣医の判断を仰ぎ、適切な処置を受けるのが最も重要な方法です。必要な場合はトラネキサム酸が配合された注射を打ち、猫に体内のものを吐かせるという処置を行ってくれます。また、時間が経って既に何か症状が出てしまっている場合には点滴や投薬による治療が必要です。

猫がネギや玉ねぎを食べたあとすぐに急性の症状が出てしまうこともあるので慌てずに対処することが重要なります。普段から深夜の時間帯や休日にも対応している動物病院をリストアップしておきましょう。

猫にネギは食べさせないように注意しよう

猫にとってネギは少量であっても危険性のある非常に怖い食べ物です。致死量に至るほどの量でなくても、溶血性貧血や急性腎障害などを引き起こすことがあり、放置しておくと重症化していくこともあります。

人間にとっては身近な食べ物なので、うっかり猫の手が届くところにおいてしまうこともありますが、飼い主がしっかりと気を付けてあげることが重要です。愛猫の健康を守るため、ネギ類を口にしてしまわないように管理をしていきましょう。

この記事のライター

最新の投稿


保湿液とは?わかっているようで気になる乳液との違いとは?

保湿液とは?わかっているようで気になる乳液との違いとは?

保湿液とは化粧水の保水力と乳液の保湿力を併せ持った効果が期待できるスキンケアアイテムです。乳液とは油分量が異なり、サラッとした使い心地です。肌の乾燥対策用アイテムとしてスキンケアに取り入れることにより、しっとりと落ち着いた肌へ導くことができます。


子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

猫がトイレ以外の場所でトイレをする行動は、飼い主にとっても困る行動の1つです。子猫のうちは、トイレでしないことが多いです。しかし子猫がトイレをしないとき、いくつかの理由や原因が考えられます。子猫がトイレをするための対策方法、トレーニング方法などをお伝えします。


ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替えはクリームの形状に合わせて容器を選ぶことがポイントです。ハンドクリームの詰め替え方法はクリームの硬さによって直接容器に注入したり、スパチュラなどの小道具を使って移し替えます。小ぶりな容器に詰め替えれば、どこにでも持ち運ぶことができます。


大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫におすすめのキャットタワーは猫の体重を支えられる頑丈で安定性が高いキャットタワーです。キャットタワーには突っ張りタイプと据え置きタイプの2種類がありますが、愛猫の性格や運動能力にあったものを選びましょう。猫種によってタイプを選ぶのがおすすめです。


猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

分離不安症を知っている方はいますか。猫や犬が抱える、精神的な問題行動を指します。近年愛猫のイタズラや粗相で、悩んでいる方からの相談が相次ぎません。それらの行動の原因が、猫の分離不安症であることもあります。愛猫について知るためにも、精神病である不安分離症について知ることは大切です。