アイライナーの使い方と引き方とは?メイク初心者にわかりやすく解説

アイライナーの使い方と引き方とは?メイク初心者にわかりやすく解説

メイクアップをする上でアイメイクは重要な部分です。アイラインはアイライナーというアイテムを使って入れていきます。アイラインにはさまざまな効果がありますが、引き方がわからないという初心者の人もアイライナーの適切な使い方や引き方を実践してみましょう。


アイライナーとは?

アイライナーは、アイメイクをする上で欠かせないアイラインを描くためのアイテムです。この部分をどう描くかによって目元にさまざまな変化をもたらしてくれます。アイライナーには、ペンシル、リキッド、ジェルの3つの種類があります。それぞれに特徴があり、種類によって目元の雰囲気が変わります。

さらに、アイライナーの色の定番は、ブラックですが濃いめのブラウンも人気が高まっているので、カラーバリエーションが一気に広がりました。しかし、うまく引けないというお悩みは初心者の人でなくても出てきます。

アイライナーの役割

アイライナーを使って目のキワ辺りに入れることで、目元をはっきりさせたり強調してくれる効果が期あります。アイメイクになくてはならない存在ですし、アイラインが描かれている目元と描かれていない目元を比較するとその違いは一目瞭然です。

アイラインが描かれていない目元は、ぼんやりとしていて疲れている印象を受けますが、ナチュラルに引くことで目元がキュッと締まって目に力を感じられるようになります。アイライナーは、目元の印象を決めるための大切な役割を担っています。

アイライナーの種類と特徴

ペンシルアイライナー

アイライナーの定番の種類であってなおかつ初心者におすすめの種類には、ペンシルタイプがあります。アイペンシルとも呼ばれるペンシルタイプは、鉛筆のような使い方をするタイプと本体をクルクルと回しながら芯を繰り出す使い方をするタイプがあります。

アイペンシルの使い方は簡単ですし、アイラインを引くだけでなく、ぼかすことでアイシャドウのように使えることや他のアイライナーの種類と組み合わせて使うこともできます。アイラインがうまく引けないという人は、アイペンシルから使い始めて見ることをおすすめします。

リキッドアイライナー

リキッドタイプのアイライナーは、筆ペンのようになっているところから液体が滲み出してそれを使ってラインを引く使い方をします。アイペンシルに比べるとくっきりと描くことができる点が特徴です。

使い方や引き方のコツを掴めば一気に引ける理由もあって使っている人が多くいます。さらに、耐水性や耐油性を兼ね備えているのでメイクが滲みにくく、長時間継続する効果が期待できます。上手く引くには少し時間がかかりますが、慣れて来て上手くなると万能に変化するアイライナーです。

ジェルアイライナー

ジェルアイライナーは、3つの種類の中で濃い発色とクリーム状のライナーを目元に筆で乗せる使い方をします。ペンシルやリキッドよりも滲みにくくて乾きも早いところが魅力となっています。

引き方や使い方は慣れるまで苦戦することもありますが、滲みにくいのでアイラインが長時間残るところがポイントです。他の種類よりはうまく引けないという人もいますが、やはり慣れてくると上手く引けるようになりますし、濃厚なくっきりとしたラインを引きたい人におすすめです。

種類別アイライナーの使い方

ペンシルアイライナーの使い方

アイペンシルの使い方はとても簡単です。持つ時は、鉛筆を持つように握って描き始めます。

①目の下から見た時のまつげのキワギリギリにアイペンシルを当てて少しずつ埋めるように引いていきます。この時、粘膜のピンクの部分とまつげのキワの部分に引くようなイメージです。

②伏せ目がちにしてまつげの上の部分にも目頭から目尻にかけてライナーを書いていきます。これも少しずつ丁寧に行うことがうまく引くコツです。

③綿棒を使って目頭から目尻にかけて軽くぼかしたら完成です。

目の下にもアイラインを引く時

目の下にアイラインを引く時も、ペンシルタイプのライナーが便利です。上だけに入れる時と目の下にも入れる時では印象が変わります。ペンシルライナーだと目の下に引いた時も綿棒で自然にぼかすことができます。

さらに、アイラインを目の下の目尻側だけに引いて軽くぼかせば目を大きく見せてくれる効果があるのでおすすめです。ペンシルは、目の下に活用することもできるので1本あると便利なアイテムです。

リキッドアイライナーの使い方

リキッドアイライナーの使い方は、アイペンシルに比べると少し時間が必要です。しかし、くっきりとしたきれいを引けるので女性の間で大人気です。慣れて来たら流れるように一気に引けるようになります。さらに、ペンシルと合わせた使い方をすると仕上がりがきれいになります。

①まず伏せ目がちにして鏡を見ながらまぶたを挙げて粘膜とまつげの生え際の部分にペンシルタイプのライナーを引いていきます。リキッドアイライナーに持ち替えてまつげのキワに少しずつ慎重に入れていきます。

②うまく引けないと思ったら最初は細さなどを見ながら少しずつ進んでいくことが上手く引くポイントです。

ジェルアイライナーの使い方

ジェルアイライナーは平らな筆を使って引いていくタイプです。使い方のポイントは、筆にジェルライナーを取って筆が平らに整えておくことです。

①まぶたを引き上げてまつげのキワが見えるようにしたらジェルライナーを置くように少しずつ引いていきます。うまく引くコツは、置くように使うというところです。

②再度ジェルライナーを取って上からまつげのキワを埋めるように少しずつ引いていきます。

③綿棒を使って目尻の部分が流れるようにぼかしたら完成です。

目のタイプ別アイライナーの引き方

一重の人のラインの引き方

一重の人の目元にはある程度の太さが必要です。なぜなら目を開けるとせっかく引いたラインが見えなくなってしまうことにあります。一重の人は、まぶたが分厚くて目の上にかかっている状態です。

そこにメイクをしても脂肪の中に隠れてしまって見えなくなってしまうので、ラインを一度引いて太さなどを確認してからまた引くという引き方を繰り返す必要があります。

引き方

①一重の場合には、まつげのキワが見えるようにか鏡の角度を調節して少しずつ埋めるようにしながら塗っていきます。

②乾いたら目を開けて幅を確認しましょう。ラインの幅は目を開けた時に1〜2mmくらいがポイントです。

③目尻は綿棒を使って跳ね上げたり伸ばしたりすることがおすすめで、目尻は上がりすぎず下がりすぎず自然になるように意識しながら引いて行きましょう。

奥二重の人のラインの引き方

奥二重の人は、一重の人と少し違って目尻部分に二重のラインが少しだけ見えている目元のことを言います。そのためメイクをしても目元の脂肪によって隠れてしまうことが多くあります。さらに奥二重の人は、ラインを太くしすぎると目が小さく見えてしまう恐れがあります。

そのため、ナチュラルさを意識した引き方をする必要があります。ピンクの部分を埋めながら目のキワに細めのラインを引いて行くことが奥二重の人の引き方の大きなポイントです。

引き方

①目を下から覗き込むように見てまぶたをゆっくり引っ張って上げます。

②粘膜とまつげの境目が見えるようにしたらそこへアイライナーを使ってキワを埋めるように少しずつ描きます。

③それができたら上まぶたのまつげのキワの部分に細さを意識したアイラインを引いていきます。あくまでナチュラルな極細の線を少しずつ引くことが上手く引くコツです。

ライン別アイライナーの引き方

タレ目ラインの引き方

たれ目のラインは、他の種類に比べて優しい印象や明るい印象をくれます。目元がつり目の人におすすめで、コツさえ覚えれば簡単に応用することができます。たれ目メイクをするときには、リキッドアイライナーやジェルアイライナーがおすすめです。

はっきりとしたラインをきれいに描くことができますし、跳ねる部分もスマートに細く引くことが可能です。さらに、たれ目メイクは、優しく見えるだけでなく女性らしい可愛い印象があるのでおすすめです。

引き方

①たれ目メイクの引き方は、ペンシルアイライナーなどで中のラインから埋めていきます。まぶたを上げて粘膜とまつげのキワに少しずつ引きます。

②上のまぶたのまつげのキワに目頭から黒目の真ん中辺りまでは少し太いラインを引いて、黒目から目尻にかけては、3〜4mmほど下げながら引きます。

③目尻から3分の1くらいまできたらそのまま下に向かって下げ気味にして行くことです。こうすることで目尻が下がったように見えますし、目頭の部分はやや囲み気味に引いて行きましょう。

キャットアイラインの引き方

キャットアイラインとは、まるで猫のような少し上がった目元のメイクのことを指します。女性の間で人気となっていて、初心者の人も比較的簡単に引くことができます。このポイントは、やはり目尻をキュッと跳ね上げた妖艶な雰囲気です。

さらに、キャットアイは目尻のラインの長さや跳ね上げ方で雰囲気が変わりますし、この部分をカラータイプのアイライナーに変えることで目元が一気に明るくなります。

引き方

①まぶたを持ち上げて粘膜とまつげの部分を埋めるようにしながら引いていきます。初心者の人は、ペンシルライナーで引くことをおすすめします。

②リキッドライナーかジェルライナーを用意して黒目上の部分から目尻に向かってやや太めにラインを引きましょう。

③目尻からだいたい5mmほどを目安に上にキュッと跳ね上げたように描きます。跳ね上げる角度は、目の下の部分と延長線になるように引くことがポイントです。目の下の部分と合わせることで自然な繋がりが生まれます。

インラインの引き方

インラインとは、隠しラインのことで粘膜とまつげのキワの部分に引くメイクです。これをプラスすることで、目を開けた時にも目のキワのところにピンクの部分が出ないようにするためです。ピンクの部分をそのままにすると目元に違和感を覚えることがあります。

インラインを入れるだけでも自然な目元を作ることができますし、今までの引き方のようにインラインを先に引いてから上側部分に引く方法もおすすめです。初心者の人は、少し怖い気持ちもしますが、一度挑戦してみましょう。

引き方

①鏡を上から覗くような位置にしてかぶっているまぶたをギュッと指で持ち上げます。そうするとピンク色の粘膜とまつげのキワが見えます。この部分をアイライナーを使って埋めて行くことになります。

②まつげのキワの部分を目指して少しずつ色を足すようにしながら目頭から目尻のところまで引いていきます。この時、誤って目をついてしまわないように気をつけながら慎重に進めるようにしましょう。

初心者におすすめのアイライナー3選

リンメル エグザジェレート クリーミィ アイライナー

リンメル エグザジェレート クリーミィ アイライナー WP

製品詳細

カラーバリエーション全2色
特徴高密着・高発色

おすすめポイント

リンメルのペンシルタイプのアイライナーは、クレヨンのような柔らかさでスムーズに伸びてくれるアイテムです。初心者の人でも手軽に使うことができますし付属でシャープナーがついているので芯を最後まで使い切ることができます。

さらに、クルクルっとしながら芯を出せば常に新品のように使うことができまる他に、ウォータープルーフというところもこのアイテムの大きな特徴です。皮脂や汗などに強くて引いたラインが長時間続きます。

メイベリン ハイパーシャープライナー

メイベリン ハイパーシャープ ライナー R

製品詳細

カラーバリエーション全7色
特徴極細なペン先

おすすめポイント

メイベリンは、プチプラコスメの中でも人気を誇るブランドの1つです。大人気のメイベリンから超極細なペン先を持つアイライナーが登場しています。その名もハイパーシャープアイライナーで、滲みにくいテクスチャーでスムーズにペンを進めることができます。

発色も良くてカラーバリエーションが豊富なところも特徴です。極細なので上まぶただけでなく、目の下の部分にも使うことができますし、手ぶれもしにくくて初心者の人でも美しいラインを描くことが可能になっています。

BOBBI BROWN ロングウェアジェルアイライナー

BOBBI BROWN ロングウェアジェルアイライナー 3g

この記事のライター

関連する投稿


ベビーフェイスメイクで童顔&幼顔に見える化粧で愛されるキャラに!

ベビーフェイスメイクで童顔&幼顔に見える化粧で愛されるキャラに!

メイクにはさまざまな種類がありますが、最近話題になって流行しているのがベビーフェイスメイクという童顔、幼顔に見えるメイク方法です。まるで子供のように幼く可愛く見せたいという人必見のベビーフェイスメイクを真似してみましょう。


肌荒れに悩みたくない!オーガニックアイライナーおすすめ7選!

肌荒れに悩みたくない!オーガニックアイライナーおすすめ7選!

デリケートな目元だからこそ毎日使用するアイライナー選びは重要です。ケミカルな成分や色素沈着しやすいアイライナーではなく、オーガニック化粧品なら敏感肌でも安心できます。まぶたに優しく理想のラインが引けるオーガニックのアイライナーを選び、目元に自信をもちましょう。


【皮脂・汗に強い!】アイライナーの人気おすすめランキング10選

【皮脂・汗に強い!】アイライナーの人気おすすめランキング10選

メイクをして時間が経つとアイライナーが皮脂や汗などで落ちて黒くなることや消えてしまうという悩みがあります。その悩みを解決してくれるのが皮脂に強い特徴を持つアイライナーです。皮脂や汗に強いアイライナーをチョイスして、時間が経っても美しい目元をキープしましょう。


【にじまない&落ちない】アイライナーのおすすめ人気ランキング10選

【にじまない&落ちない】アイライナーのおすすめ人気ランキング10選

アイライナーは時間が経つと目尻部分がヨレてしまいにじみやすいため、選び方が難しいコスメです。種類も多いですが持続力が高く書きやすいアイライナーをランキングから見つけ、耐久性の高いものを選びましょう。皮脂や汗で落ちないアイライナーで印象的な目元を彩ってください。


簡単に透明感のあるアイメイクをする方法とは?【初めてのメイク】

簡単に透明感のあるアイメイクをする方法とは?【初めてのメイク】

メイク初心者は、透明感のメイクはをどうやって実践していいのかわからない人も少なくありません。そこで、メイクの中でもポイントとなるアイメイクのやり方を解説しますので、透明感がでるアイメイク方法をピックアップしながら学んでいきましょう。


最新の投稿


保湿液とは?わかっているようで気になる乳液との違いとは?

保湿液とは?わかっているようで気になる乳液との違いとは?

保湿液とは化粧水の保水力と乳液の保湿力を併せ持った効果が期待できるスキンケアアイテムです。乳液とは油分量が異なり、サラッとした使い心地です。肌の乾燥対策用アイテムとしてスキンケアに取り入れることにより、しっとりと落ち着いた肌へ導くことができます。


子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

猫がトイレ以外の場所でトイレをする行動は、飼い主にとっても困る行動の1つです。子猫のうちは、トイレでしないことが多いです。しかし子猫がトイレをしないとき、いくつかの理由や原因が考えられます。子猫がトイレをするための対策方法、トレーニング方法などをお伝えします。


ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替えはクリームの形状に合わせて容器を選ぶことがポイントです。ハンドクリームの詰め替え方法はクリームの硬さによって直接容器に注入したり、スパチュラなどの小道具を使って移し替えます。小ぶりな容器に詰め替えれば、どこにでも持ち運ぶことができます。


大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫におすすめのキャットタワーは猫の体重を支えられる頑丈で安定性が高いキャットタワーです。キャットタワーには突っ張りタイプと据え置きタイプの2種類がありますが、愛猫の性格や運動能力にあったものを選びましょう。猫種によってタイプを選ぶのがおすすめです。


猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

分離不安症を知っている方はいますか。猫や犬が抱える、精神的な問題行動を指します。近年愛猫のイタズラや粗相で、悩んでいる方からの相談が相次ぎません。それらの行動の原因が、猫の分離不安症であることもあります。愛猫について知るためにも、精神病である不安分離症について知ることは大切です。