生きがいがない?そんなこんなことを気にせず明るく過ごそう

生きがいがない?そんなこんなことを気にせず明るく過ごそう

生きがいが無くて人生に何の楽しみもないという人は実は多くいます。その原因は、多くの人が生きがいとは立派な物だと思いがちだという事です。しかし、生きがいは高尚なことである必要なありませんし、見つけ方は意外と簡単なのでまずは出来そうなことから初めてみましょう。


生きがいは無理して見つけなくて良い

人生において生きがいや何の楽しみもないと嘆く人は、実は意外と多くいます。そう言う人は、生きがいが無ければ面白くない、もしくは生きている意味が無いと思いがちです。

しかし、実は無理に見つける必要は無いのです。特にないという人でも人生に楽しみを感じている人はいますし、気にしないと言う人もいます。

生きがいはあった方が良いですが、決して必ず持たなければいけないものではありませんし、探すことに縛られる必要は全く無いのです。

生きがいとは?

生きがいとは、人生の意味や価値を表す言葉であり、その人の生を形作るあるいは根拠づけるものでもあります。人によって様々で、例えば趣味や仕事であったり、あるいは家族そのものという人もいます。

生きがいとは人生を象徴するものとされるので、相応の理由が必要と思われがちですが、楽しみを感じる事ならなんでも良いので、実は些細なことでも十分なりうるのです。例えば美味しいものを食べることや、毎日の近所の散歩なども含まれます。

その為、生きがいがないと嘆いている人でも日常を思い返せば実は自覚なく持っていたということはあり得るのです。

生きがいがあると良い理由

生きがいは無くても構いませんがある方が良いとされます。その理由は、あれば人生をより張り合いのある物にしてくれるからです。

生きがいはその名の通り、生きる甲斐です。甲斐とは、報われるあるいは達成することで喜びを感じる物です。よく、助けた甲斐があったとか、育てた甲斐があったとか言いますが、生きがいもそれをすることによって喜びを感じる物です。

その為、無くても生きることは出来ますが、人生に楽しみや喜びをもたらすものとしてあった方が良いと言えるのです。

生きがいがない人の4つの特徴

生きがいや楽しみがないと嘆く人には実は共通した特徴があります。その特徴を改善することによって、見つけられる可能性があります。

生きがいがない人にある特徴は、基本的にネガティブな思考によって生まれる物です。改善することによって生きがいを見つけられるメリットがある他にも、例え見つけられなくても人生を前向きに生きられるメリットがあるので、当てはまった場合には少しずつで良いので改善を目指してみましょう。

新しいことをしない

生きがいや楽しみがない事が悩みだと言う人の特徴の一つは新しいことをしないことです。新しいことにチャレンジすることを嫌うので、新しいことから得られる喜びも得ることが出来ないのです。

新しいことにチャレンジしない人は安定志向であるとも言えます。つまり、新しいことにチャレンジしないで今のままの生活を守ることは悪いことではありません。ただし、生きがいがないことを苦しいと感じるのであれば何かしら新しいことを初めてみたりチャレンジしてみたりすることは必要と言えるでしょう。

どうせが口癖

何事に対しても、どうせ私には無理だから、私には出来ないだろうからと否定的な考えである人も見つかりにくい人です。

何でもチャレンジしてみないと結果は分かりませんが、どうせが口癖の人はチャレンジして失敗することを極端に恐れているので、どうせという言葉を使って予防線を張っているのです。

慎重な性格は悪いことではありませんが、時として新しいことへのチャレンジは思わぬ喜びを生んだり、見付けるきっかけになったりします。どうせと言う前に一度チャレンジしてみましょう。楽しみがないと嘆く前に、まずはやってみることが大切なのです。

不平や不満が多い

物事に対して常に不平や不満をぶつけるタイプの人も、生きがいを見つけにくいタイプと言えます。なぜなら、そのような人は新しいことや他の人の自分とは異なる意見を受け入れがたい性格であるからです。

新しいことや自分とは異なる意見を受け入れがたいが故に、自分の世界に閉じこもりがちであったり、自分以外の意見は否定しがちになってしまいます。時には自分の譲れない意見を持つことは大切ですが、時には他人の意見や行動を理解し受け入れてあげることも大切です。

他人への理解が芽生えた時、生きがいを見出すきっかけにもなるでしょう。

趣味が無い

生きがいがない人の特徴に、これと言って趣味が無い事も挙げられます。楽しみや熱中する物が無いと、人は無気力になりがちです。

趣味は自分が熱中出来るものなら何でも構いません。手芸やカメラなど趣味の代表に挙げられるようなこと以外でも、日々の料理や掃除などの家事でも好きなら趣味になります。趣味とは自分が好きで熱中出来るものなら何でも良いのです。

そう考えるだけでも、気が付かないだけで趣味と言える物があったことに気が付ける人は多いでしょう。

生きがいがない4つの原因

生きがいが見つかれない人は性格の特徴の他にも生活面にも原因がある場合があります。それは例えば仕事が忙しかったり、毎日同じことの繰り返しであったりと、無意識に見つける機会を自分で奪ったり縛ったりしてしまっている場合があります。

生きがいが無くて苦しいと感じている人は、普段の生活で見つける機会が無くなっていないかを見直してみましょう。普段の行動を少し見直すだけでも、見つけられるきっかけは案外見つかるものです。

仕事が忙しい

生きがいが無かったり見つからなかったりする原因のひとつに、仕事や生活そのものが忙しすぎて見つける時間が無い場合が挙げられます。仕事や育児などに一日の時間のほとんどを取られてしまっている為、生きがいや楽しみを見付ける余裕が無くなってしまっているのです。

そんな時には仕事や育児などを生きがいにしてしまうのもひとつの手です。苦しいと思う仕事や育児でも、視点を少し変えれば楽しめる部分はあります。生きがいを見つけたいけれど忙しいという人は、ほんの少し視点を変えることから初めてみましょう。

やりたい事を忘れている

人は大人になるにつれて子供の頃の夢や、やりたいことを忘れがちです。なぜ忘れてしまうのかと言うと、人生を重ねる内に現実と理想のギャップに気が付くからです。

やりたいと思っていたことがハードルが高く苦しいと思った時、多くの人は始めるのを戸惑ったり、やってみることを諦めてしまいます。しかし、人生は一度きりです。やらない後悔よりやった後悔の方が、はるかに気持ちはすっきりします。生きがいが無くて苦しいと思うのであれば、一度初心に戻ってやりたかったことを思い出してチャレンジしてみましょう。

孤独

人は他の人に感謝されることで生きがいを感じられることがあります。その為、孤独は生きがいが無い原因のひとつと言えるでしょう。

些細なことでも人から感謝されることは、心にほっこりとした温かさを与えてくれます。人の為になることをすることを生きがいにすれば、相手も自分も幸せな気持ちになることが出来ます。

生きる喜びが特に無いと思う人は一度周りの人との付き合いを見直してみましょう。孤独な状態を解消することによって喜びが見つかる可能性があります。

生活に刺激がない

毎日同じことの繰り返しで生活に刺激が無いことも、生きがいが見つからない原因です。そんな時には生活に刺激を与えれば良いと考えがちですが、大げさなことをする必要はありません。

例えば通勤の道を少し変えてみたり、気になっているお店に行ってみたりと簡単ですぐ出来ることで良いのです。例え小さな刺激でも生きがいを見つけるきっかけになることがあります。何となく生きている毎日を変えたいと思うのであれば、まずは日々に小さな刺激を与えることから初めてみましょう。

生きがいの3つの見つけ方

生きがいの見つけ方は難しいと思われがちですが、実はとても簡単ですぐに出来る方法ばかりです。道具や大げさな行動は必要ありません。ただ、冷静になって自分と周囲を見渡してみれば良いのです。気が付いていないだけで、実はヒントは身近に溢れているのです。

生きがいを見つけたいと思う人は、まずは自分を見つめ直して小さなことから初めてみましょう。楽しみがないと思っていた生活が彩り豊かになり、楽しい人生を送ることが出来るでしょう。

自分を大切にする

生きがいを見つけたいのであれば、まずは自分を大切にすることから始めましょう。なぜ自分を大切にすることが生きがいを見つけることにつながるのかと言うと、自分を大切にしてあげる事とは、自分に楽しさや幸せを感じさせてあげることです。

自分が幸せや楽しさを感じることをすることが生きがいであるので、自分を大切にしてあげることで見つかることとなるのです。美味しいものを食べたり、リフレッシュの為に散歩など、すぐに出来る簡単なことから自分を大切にしてあげることをしてみましょう。

生活を変える

生きがいの見つけ方に、生活を変えるという方法もあります。生活を変えると言うと引っ越しや転職など大きな変化を想像しがちですが、そんなに大きな変化でなくても大丈夫です。

例えば毎日30分早く起きて通勤を徒歩に変えたり、昼食をお弁当に変えてみたり、節約を意識するなどでも立派な生活の変化です。そんな簡単なことからでも生きがいのヒントは隠れているので、まずは出来る事から始めてみましょう。

また、変化が合わなければ止めてしまっても構いません。その時はまた別の変化を取り入れれば良いのです。

幸せを意識する

生きがいが無いと思い、毎日がつまらないと感じているのなら生きている幸せを意識してみましょう。普段、何も感じていないことでも、意識してみると幸せが隠れています。

例えば、普段と変わらない通勤路でもよく見てみると小さい花が咲いているなど心和む風景が見つかるでしょう。また、家族や会社の同僚と交わす何気ない挨拶や会話でも、自分を気遣ってくれている気持ちが込められています。

いつもと変わらない日々を送れていることも平穏な毎日を送れている証拠です。そんな日々の小さな幸せを意識して、感じることもひとつの生きがいとなるのです。

生きがいがないよりもある方が人生に張りが出る

生きがいとは生きていく上での楽しみの事です。無くても生きていくことは出来るので、無いからと言って嘆く事はありませんし、無くても平気と言う人もいます。

しかし、生きがいはあった方が人生をより楽しく張りのあるものにすることが出来るので、人生に楽しみがないという人は探してみましょう。大げさなことはしなくても、見つけ方は簡単です。

普段の生活や物事に対しての視線や自分の意識をちょっとだけ変えてみるだけでも見つかるので、明るく生きたいと思うのであれば、見つけ方をちょっと意識してみましょう。

この記事のライター

関連するキーワード


生きがい

関連する投稿


趣味&生きがいの人気ランキングTOP10!人生の喜びを感じよう

趣味&生きがいの人気ランキングTOP10!人生の喜びを感じよう

生きがいは人生に張りを与えてくれるものですが、自分にとっての生きがいが分からないという人は案外多いものです。世の中の人は一体どんな生きがいを持っているのか、ランキングで見ていきましょう。ランキングを元に、ぜひ自分にとっての生きがいを見つけてみてください。


最新の投稿


保湿液とは?わかっているようで気になる乳液との違いとは?

保湿液とは?わかっているようで気になる乳液との違いとは?

保湿液とは化粧水の保水力と乳液の保湿力を併せ持った効果が期待できるスキンケアアイテムです。乳液とは油分量が異なり、サラッとした使い心地です。肌の乾燥対策用アイテムとしてスキンケアに取り入れることにより、しっとりと落ち着いた肌へ導くことができます。


子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

猫がトイレ以外の場所でトイレをする行動は、飼い主にとっても困る行動の1つです。子猫のうちは、トイレでしないことが多いです。しかし子猫がトイレをしないとき、いくつかの理由や原因が考えられます。子猫がトイレをするための対策方法、トレーニング方法などをお伝えします。


ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替えはクリームの形状に合わせて容器を選ぶことがポイントです。ハンドクリームの詰め替え方法はクリームの硬さによって直接容器に注入したり、スパチュラなどの小道具を使って移し替えます。小ぶりな容器に詰め替えれば、どこにでも持ち運ぶことができます。


大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫におすすめのキャットタワーは猫の体重を支えられる頑丈で安定性が高いキャットタワーです。キャットタワーには突っ張りタイプと据え置きタイプの2種類がありますが、愛猫の性格や運動能力にあったものを選びましょう。猫種によってタイプを選ぶのがおすすめです。


猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

分離不安症を知っている方はいますか。猫や犬が抱える、精神的な問題行動を指します。近年愛猫のイタズラや粗相で、悩んでいる方からの相談が相次ぎません。それらの行動の原因が、猫の分離不安症であることもあります。愛猫について知るためにも、精神病である不安分離症について知ることは大切です。