筋トレしても痩せない理由とは?女性の気になる疑問を解決しよう

筋トレしても痩せない理由とは?女性の気になる疑問を解決しよう

筋トレは正しく行えば確実に痩せる効果的なダイエット方法です。しかし、筋トレの効果が出ない、痩せないという人もいます。痩せない原因は食べすぎ、睡眠不足、冷え性、食事内容、食事時間、便秘、鍛える箇所を間違えているなどがあります。


筋トレをしているのに痩せないのはなぜ?

筋トレを一生懸命にやっても痩せない場合があります。

筋トレは筋肉をつけることで基礎代謝が上がり、痩せやすい身体を作る、筋肉によって引き締まったカラダをつくることで痩せる、とても効果的なダイエット方法です。
しかし筋トレだけを単純にするだけでは痩せません。なぜ痩せないのかというと、脂肪が多くついている、筋肉がなかなか付きづらい、代謝が悪いなどです。

どうしたら痩せるのかというと、単純に筋トレだけをするのではなく、筋トレで痩せない原因をなくすことがとても大切です。

摂取カロリー<消費カロリー

筋トレで痩せない原因は様々ありますが、1番多い原因は食べすぎです。

食べすぎがなぜ痩せないのかというと、人間のカラダは消費カロリーよりも摂取カロリーが上回れば確実に太ります。筋トレによって筋肉をつけ基礎代謝が上がっても、それ以上に食べていたら痩せないのです。

どうしたら痩せるのかというと、摂取カロリーを減らすこと。1日1000キロカロリーほどにするのが理想ですが、食事量をいきなり減らすのが難しい人は、和食中心の食事にする、砂糖が入った甘い飲み物はやめるなどから始めてみましょう。

筋トレで痩せない14個の理由

筋トレはとても効果的なダイエットなので、理論的には筋トレをすれば痩せるはずです。でも筋トレをしているのに痩せないという人は多くいます。

なぜ筋トレで痩せないのかと言うと、食事内容、筋トレ方法、睡眠時間なども重要だからです。ただ筋トレをしているだけでは痩せないです。短期間で確実に痩せるためには、筋トレだけでなく、様々なことを意識して生活をすることが重要です。

次からは筋トレをしているのになぜ痩せないのかの理由を14個紹介していきます。

①摂取カロリーが多い

ダイエットをするとき、1番気を付けるべきことは、摂取カロリーと消費カロリーのバランスです。

あなたが1日で消費するカロリーよりも多く食べていたら、いくら筋トレをしても痩せるのは難しいです。例えば、あなたが1日で消費するカロリーが1000キロカロリーで、摂取カロリーが2000キロカロリーなら、筋トレをしていたとしても、1000キロカロリー分がカラダに蓄積されて痩せない状態になります。

1日の消費カロリーは人によって違いますが、女性なら1日1000キロカロリーを目安に食べるようにしましょう。

②炭水化物を多く食べている

パスタ、パン、うどん、米などの炭水化物を多く食べる人は、筋トレを一生懸命にしても痩せないことが多いです。

なぜ痩せないのかというと、炭水化物は糖質を多く含んでいます。糖質はエネルギー源で人間のカラダに必要な栄養素ですが、エネルギーとして使われない分は、脂肪として体内に蓄積されてしまうから。

つまり運動量が少ない人が炭水化物を置く取ると脂肪が増えて痩せないということ。今流行りの糖質制限は、炭水化物などの糖質の摂取を少なくして脂肪を減らすダイエット方法です。

糖質制限までする必要はありませんが、夕飯の炭水化物は摂らない、ランチはパスタではなく定食にするなど、意識をして炭水化物を減らすようにしてみましょう。

③甘いものを摂りすぎている

筋トレダイエットをしていても、甘いものを食べる習慣があると、体重が減らない、痩せないという状態になりやすいです。

甘いものを多く食べるなぜ痩せないのかというと、甘いものカロリーは、とても高いから。例えば、アーモンドチョコ1箱は約670キロカロリー、メロンパンは約600キロカロリー、タピオカミルクティーは約600キロカロリーととても高カロリーです。
タピオカミルクティーを飲みながら、メロンパンを食べたら、1日の摂取目安カロリーの1000キロカロリーをすぐに超えてしまいます。

筋トレダイエット中は甘いものをなるべく控えるようにしましょう。

④たんぱく質の量が少ない

筋トレダイエットをするときに大切なのが、卵、肉、魚、大豆などのタンパク質を摂取することです。

タンパク質は、筋肉の材料になります。いくら筋トレをやってもタンパク質がなければ、筋肉がつかない状態になってしまいます。筋肉をつけたいのにタンパク質を摂取しないということは、千羽鶴を作りたいのに折り紙がない、お米を炊きたいのに米がないのと同じことです。

筋トレダイエットをしているときは意識をしてタンパク質を多く摂取するようにしましょう。

⑤夜遅い時間に食べてしまう

夜中にお腹がすいてポテトチップを食べてしまったとか、毎日残業で夕飯の時間が遅くなってしまうなんてことがあるかもしれません。でも夜遅い時間の飲食はダイエットをしても結果が出づらくなってしまいます。

夜遅い時間の食事がなぜ痩せないのかというと、眠っている間はとても脂肪をため込みやすい時間だから。。眠る直前の夜遅い時間に食事をすると体重が増えてやすくなります。

例えば1日の摂取カロリーが1000カロリーなら、朝昼で800カロリー、夜は200カロリーにするなど、夜は食事を少な目にするようにしましょう。

⑥晩酌の習慣がある

毎日お酒を必ず飲む、付き合いでお酒を飲む機会が多いという人も、筋トレを続けてもなかなか痩せない状態になりやすいです。

でもお酒自体のカロリーは意外に低く、100mlあたり、赤ワイン約73キロカロリー、ビール約40キロカロリーです。お酒を飲むと痩せにくい理由はおつまみを食べてしまうから。特にお酒を飲みながらのおつまみは唐揚げ、ポテトチップス、チーズなど味が濃く、カロリーが高いものが多いはず。

お酒をやめられない人は、おつまみをやめる、もしくは枝豆、冷奴などカロリーが低いおつまみに切り替えてみましょう。

⑦筋トレのフォームが悪い

筋トレを一生懸命にしても痩せない人、筋肉がなかなかつかないという人は筋トレのフォームが悪い可能性があります。

本や動画を見ながら自己流にやると、省エネモードの筋トレになりやすく、充分な筋トレの効果を得ることができない場合があります。

家族や友人などに動画と同じように筋トレができているかを確認してもらう、もしくはパーソナルトレーナーなどについて正しい筋トレのやり方を教えてもらうのがおすすめです。

⑧有酸素運動をしていない

筋トレダイエットをして筋肉がつき体脂肪が減るとサイズが減りカラダが引き締まってきます。そしてサイズは減ったけど体重が減らないという現象が起こる人もいます。
体重が減らない理由は、筋肉は脂肪の1.2倍の重さがあるから。つまり筋トレをすると体重が増える可能性があるということ。

筋トレダイエットをしながら、体重も減らしたい人は有酸素運動もするようにしましょう。有酸素運動はカラダの脂肪を燃焼するので体重を減らすのにはピッタリです。有酸素運動はウォーキング、ランニング、ダンス、ヨガなど息が切れない程度の運動のこと。時間がなかなか取れないという人は駅まで歩く、エレベーターではなく階段を使うなどちょっとしたことでもOKです。

⑨睡眠不足

睡眠不足だとカラダがだるいなどの症状が出ると思いますが、その他にも太りやすい状態にもなります。
コロンビア大学の調査で平均睡眠時間が4時間以下の人は、睡眠時間7~9時間の人に比べて肥満率が73%も高いという結果が出ています。

なぜ睡眠時間が短いと肥満率が高いのかというと、食欲が増えるホルモンのグレリンが増え、食欲を抑えるホルモンのレプチンが減少してしまうから。つまり睡眠時間短いと食欲が高まり、たくさん食べてしまうのです。

筋トレダイエットを一生懸命に頑張っても、睡眠不足で食欲が高まり食べまくってしまえば痩せにくい状態になってしまいます。ダイエット中は1日7時間は睡眠を確保するように意識をしてみましょう。

⑩カラダが冷えている

筋トレダイエットをしっかりとやっているのに痩せない、なぜ痩せないのかわからないという人に多いのが冷え性です。

足先が氷のように冷えている、手先がすぐに冷えてしまうというような冷え性の人はカラダの血流が悪く末端である手先足先まで血がしっかりとめぐらないので、冷たくなってしまうのです。

冷え性が痩せない原因は、血流が悪いので、筋トレをしっかりと行っても筋肉が付きづらいから。カラダを温める根菜類を食べる、湯船にしっかりとつかる、暖かい飲み物を飲むようにするなどカラダを冷やさないように気をつけましょう。

⑪下半身を中心に鍛えるべき

筋トレをしているのに痩せない場合は、重点的に鍛える箇所を間違えている可能性があります。

鍛える箇所を間違えるとなぜ痩せないのかというと、筋肉は全身に満遍なくついているのではなく、下半身に全体の70%が付いているから。
上半身を一生懸命に鍛えても全身の筋肉量はなかなか増えず、なかなか痩せない、減らない状態になってしまうのです。

まずは最初は下半身を中心に筋トレをしていくようにしましょう。

⑫継続していない

筋トレダイエットをしても痩せない理由のひとつに、続けて筋トレをしていない場合があります。

なぜ痩せないのかというと、筋トレは1回やっていきなり筋肉が付くわけではありません。筋トレの効果が出るまでの期間は2~3ヶ月の期間がかかります。

1~2週間しか筋トレをしていないのに、痩せないのは当たり前ということです。筋トレを始めたら最低でも2か月は継続をしてみましょう。

⑬便秘

筋トレをしているのに痩せない理由に便秘があります。

便秘だとなぜ痩せないのかというと、便秘は本来なら排出されているはずの便が腸に溜まっている状態です。ごみの日にゴミ捨てをしなければゴミがどんどん溜まり重くなってくように、便を排出しなければ、カラダは重くなり、お腹のサイズも増えていきます。

筋トレをしているのに、便秘が原因で痩せない人は、海藻や根菜を意識して摂る、納豆やキムチなどの菌類を摂るように意識してみましょう。

⑭筋肉は脂肪の1.2倍の重さ

筋肉の重さは筋肉の1.2倍の重さがあります。つまり筋トレをして筋肉がつき、脂肪が減っていくと、体重は増えてしまうということ。

筋肉は付いている感じがするけど、体重が減らない、もしくは増えている場合は、体脂肪率をチェックしてみましょう。ダイエット前よりも体脂肪率が減っているのなら、あなたのダイエットは成功しているので、この調子で続けていきましょう。

体脂肪が減っていればウエストや太もものサイズも減っているはずなので、チェックしてみましょう。

「筋トレしても痩せない」なんて気にしないで良い!

筋トレは、カラダに筋肉をつけて、基礎代謝をあげて痩せる、筋肉で引き締まったカラダを作るとても効果的なダイエットです。

しかし食事内容、時間、筋トレの方法などが原因で筋トレをしても痩せない人もいます。短期的に確実に痩せるためには、痩せない理由を取り払い集中的に筋トレダイエットをするべきです。でも期間はかかりますが、筋トレだけでも確実にダイエットにはなっています。

食事を変えるのが難しい、有酸素運動ができない人は筋トレだけでもぜひ続けてみて下さい。

最新の投稿


子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

猫がトイレ以外の場所でトイレをする行動は、飼い主にとっても困る行動の1つです。子猫のうちは、トイレでしないことが多いです。しかし子猫がトイレをしないとき、いくつかの理由や原因が考えられます。子猫がトイレをするための対策方法、トレーニング方法などをお伝えします。


ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替えはクリームの形状に合わせて容器を選ぶことがポイントです。ハンドクリームの詰め替え方法はクリームの硬さによって直接容器に注入したり、スパチュラなどの小道具を使って移し替えます。小ぶりな容器に詰め替えれば、どこにでも持ち運ぶことができます。


大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫におすすめのキャットタワーは猫の体重を支えられる頑丈で安定性が高いキャットタワーです。キャットタワーには突っ張りタイプと据え置きタイプの2種類がありますが、愛猫の性格や運動能力にあったものを選びましょう。猫種によってタイプを選ぶのがおすすめです。


猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

分離不安症を知っている方はいますか。猫や犬が抱える、精神的な問題行動を指します。近年愛猫のイタズラや粗相で、悩んでいる方からの相談が相次ぎません。それらの行動の原因が、猫の分離不安症であることもあります。愛猫について知るためにも、精神病である不安分離症について知ることは大切です。


猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

あまり餌を食べない猫でも猫缶なら喜んで食べることがあります。猫缶は、猫が大好きで美味しいだけでなく、猫を惹きつける匂いや食べやすい形状に作られています。数多い商品の中から愛猫にぴったりの猫缶を選んで喜ばせてあげましょう。