目の下のクマの原因とは?気になるクマの解消・治し方をしっかり解説

目の下のクマの原因とは?気になるクマの解消・治し方をしっかり解説

目の下のクマは老け顔への第一歩です。メイクで隠しても厚塗り感がさらに老け見えになり、悪循環となってしまいます。目元は人の印象を大きく左右するパーツです。目の下にクマができる原因と、若々しい目元を作るクマの種類に合った解消法をご紹介します。


目の下にクマができる原因と解消方法とは?

目の下のクマは、睡眠不足や偏った食生活、間違ったスキンケアなどのほか、肌の老化が原因で現れます。目の下のクマを治すために、正しいケアをして目の下の肌悩みを解消しましょう。

また、クマの種類によって改善する方法が異なるため、自分のクマの種類をわかっていないと、正しいケアをすることができません。目の下のクマの種類を見分けるには、自宅で手軽にできるセルフチェックの方法があります。鏡を用意して、早速チェックしてみましょう。

・青クマ:目の下の皮膚を引っ張ってもクマが動かない
・茶クマ:目の下の皮膚を引っ張るとクマも一緒に動く
・黒クマ:目の下の皮膚を引っ張るとクマが見えなくなる

目の下にできたクマの原因を種類別に解説

一口でクマといってもクマには種類があり、それぞれ原因も異なります。セルフチェックで自分のクマの種類を把握したら、その原因を探って根本的な部分から改善して治すと効率的です。

目の下の肌悩みを解消することは、エイジングケアにもつながり、症状を治すと同時に目元の肌のハリや弾力を取り戻しやすくします。目元にあるクマが原因で、疲れ顔に見えてしまうこともあるので、生き生きとした目元を取り戻すために自分のクマの種類の原因を把握しておきましょう。

青クマの原因

目の周りの血行不良が原因で、目の下に青クマができます。目元が血行不良になる要因には、疲労やアレルギー、食生活、睡眠不足などが挙げられます。

また、PCやスマホなどを駆使しすぎて眼精疲労になっている場合や、冷え症が原因で血行不良になることもあるため、目元のケアを怠っていると症状を悪化させてしまいます。

血流が悪くなると、赤血球の中にあるヘモグロビンは綺麗な赤ではなくなります。目の下の皮膚はとても薄く、0.6㎜しかないため、目の下が青黒く見え、青クマができるのです。

黒クマの原因

目の周りには、眼輪筋と呼ばれる筋肉があります。この筋肉が衰えると、肌がたるみ、目の下に影ができることで黒っぽくなり、黒クマを作ってしまいます。

筋肉の衰え以外にも肌のハリや弾力の低下、下まぶたの皮膚が加齢によって薄くなることも目の下の皮膚がたるむ原因になります。また、肌のハリや弾力の低下は、コラーゲンやエラスチンの減少することで起こり、目の下がくぼんでしまう場合もあります。

目の下の肌のたるみが原因でクマができている場合、むくみがあるとさらにクマが目立ちます。目の下のたるみや凹みは、見た目の印象に大きく影響するので、ハリや筋力をキープすることが大切になります。

茶クマの原因

茶クマができる原因として、目の周りの色素沈着が挙げられます。色素沈着は、紫外線によるダメージやクレンジング、目元のこすりすぎなどの刺激によって起こり、茶クマになります。

肌は刺激を受けるとメラニンの生成が多くなり、ターンオーバーが追いつくことができず色素が沈着してしまうのです。ターンオーバーが低下すると、肌がくすみやすくなるので、目の周りの刺激を軽減するためのケアが必要になります。

また、色素が沈着しシミがたくさんできることによって、シミの集まりがクマのように見える場合もあります。シミは、紫外線や肌への刺激などで増えてしまうため、メラニンの生成を抑制するための対策を怠っていると、どんどんシミが増えてしまいます。

目の下にできたクマを解消・改善する3つの方法

目の下のクマを解消するために、クマの種類に合ったケアを実践していきましょう。青クマは温めケアで血行促進、黒クマは目元専用のクリームで徹底ケア、茶クマには美白に特化した化粧品で治す方法が効果的です。

自宅で手軽にできるセルフケアなら継続もしやすいので、毎日のスキンケアにぜひ取り入れてみてください。目の下のクマは、種類と原因によって解消法が違うため、効果をしっかり実感するためにも正しいやり方を実践していきましょう。

セルフケアは、リラックス効果もあってストレス解消にもなります。美と向き合う時間を有効に活用して、目の下の肌悩みを解消し、潤いのある輝く目元を手に入れましょう。

青クマの解消方法

青クマは血行不良が原因なので、温めケアで血流の改善を目指します。目の周りだけでなく、体全体の冷えを解消することもポイントの一つです。また、血行促進を促すために目の下のマッサージケアも血流改善に効果を発揮します。

しかし、目の周りの皮膚はとてもデリケートなので刺激を与えすぎないように注意が必要です。肌をいたわりながら、優しくケアを行いましょう。

血行不良は、解消と同時に予防を心がけることも重要です。食生活で取り入れやすいものとして、ほうれん草や生姜、海藻類、タンパク質などを積極的に摂取してみてください。鉄分や葉酸を中心に食生活を見直しながら目元ケアを実践すると効率的です。

目の下や体を温める

目の周りを温めて血流を良くする手軽な方法は、蒸しタオルを使ったホットアイマスクです。蒸しタオルはレンジで簡単に作れるので試してみましょう。

【蒸しタオルを使った目元ケア】
1. タオルを濡らして軽く絞ったら、レンジで1分加熱します。
2. 頬骨から眉毛の辺りまで、蒸しタオルをかぶせます。
3. 15分程度放置したら、水で濡らしたタオルをのせます。
4. 温と冷を2~3回繰り返します。
5. 最後にしっかり保湿して完了です。

目元の温めケア以外にも、体全体の冷えを解消する方法も実践するとより効果的です。男性に比べて運動量の少ない女性の場合、タンパク質を積極的に摂取すると産熱量が多くなります。バランスのよい食事や衣類選びにも気をつけましょう。

マッサージをおこなう

目の周りをしっかり温めたら、マッサージをおこなうとさらに血行促進に効果的です。温めケアとセットで目の周りをマッサージしましょう。

【目元マッサージのやり方】
1. 下まぶたの目尻から目頭に向かって、薬指を使って優しくプッシュします。
2. そのまま上まぶたの目尻から目頭までをプッシュして一周します。
3. 力を入れず、3周したら終了します。

肌を刺激しないように、必ず薬指を使って実践してください。目の下のクマを改善するはずが、肌の刺激で症状を悪化させてしまう可能性があるので注意しましょう。

黒クマの解消方法

黒クマができる原因の一つに肌の老化があります。目の下の肌の潤い不足やハリ・弾力の低下などで皮膚がたるみ、影になった部分が黒く見えてしまいます。

症状を解消するには、たるみ改善に有効なケアが必要です。ハリや弾力UPに効果的な成分を把握して、毎日のスキンケアで目の周りの肌の奥までしっかり浸透させましょう。目の下のたるみを解消することで、黒クマを治すだけでなく若々しい目元を実現することも可能になります。

また、眼輪筋トレーニングもおすすめです。目をぎゅっと閉じて5秒キープし、ゆっくり力を抜いたら目をパッと見開くエクササイズも取り入れてみてください。目の周りの筋肉を鍛えながら肌ケアも実践していきましょう。

アイクリームでハリをアップ

ハリや弾力を取り戻すためには、目元の悩みに特化したアイクリームでのケアが有効です。皮膚のたるみには、アイクリームを使ってしっかりエイジングケアをしていきましょう。

デリケートな目元の肌にも、アイクリームなら低刺激成分で作られたものが多いので、安心して使用することができます。有効成分がたっぷり配合されているものをチョイスして日々のスキンケアに取り入れてみてください。

【たるみに有効な成分】
レチノール
ペプチド
EGF
セラミド
ヒアルロン酸
コラーゲン

クリームの伸びが悪いものは摩擦が生じて肌に悪影響です。皮膚を引っ張ってしまう場合もあるので、伸びがよく柔らかいテクスチャーのものを選びましょう。

目の下にできた茶クマを解消する方法

色素沈着によってできた茶クマは、メラニンの生成を抑制する効果のある化粧品など美白に特化したものでケアすることがポイントです。

茶クマは、他のクマに比べると改善に時間がかかってしまいます。また、年中降り注ぐ紫外線からのダメージでさらに症状を悪化させてしまう可能性もあります。そのため、普段からしっかり紫外線対策をして予防することも大切です。

そのほかにも、体の中から予防・改善する方法があります。色素沈着の改善には、肌のターンオーバーが正常であることも重要です。肌の生まれ変わりを促すアセロラやレモン、ブロッコリーなどは日々の食生活に取り入れやすいので積極的に摂取することをおすすめします。

美白化粧品でケア

美白化粧品は、シミやソバカスなどに有効な成分がたっぷり含まれています。茶クマは色素が沈着してできてしまうので、シミやソバカス同様の効果を得ることができます。

色素沈着に有効に働いてくれる美白アイテムは、医薬部外品の美容液がおすすめです。厚生労働省が認めている美白の成分が配合されているため、茶クマを治すアイテム選びの参考にしてください。

【高い効果のある有効成分】
トラネキサム酸
アルブチン
ビタミンC誘導体

チロシナーゼというメラニンの生成を促進する成分を抑制する効果や、肌の炎症を抑えてメラニンの活性化を防いでくれる作用があります。目の下は美白化粧品を使って毎日ケアしてあげると、少しずつ茶クマが薄くなっていきます。

紫外線対策もおこなう

紫外線はお肌の大敵です。紫外線を防止することで、肌の乾燥や炎症を防ぐことができるので皮膚のたるみの予防が期待できます。目の周りの皮膚はとても薄いので、紫外線の影響を受けやすく乾燥を進めて、たるみを招いてしまいます。

紫外線対策は、日焼け止めクリームが有効ですが目元のデリケートな部分には、強すぎる成分の日焼け止めでは逆効果になります。低刺激のものをチョイスして、目の下の肌を刺激しないように注意しましょう。

日焼け止めクリームの成分には、紫外線を吸収し化学反応を起こして放出する紫外線吸収剤と、紫外線を散乱させる紫外線散乱剤があります。吸収剤は肌への負担が大きいため、散乱剤のものをおすすめします。

目の下のクマを隠すおすすめのメイクアイテム

目の下のクマは、メイクで隠すとどうしても厚塗りになりがちです。でも、理想のメイクの仕上がりにするには、厚塗り感なく目の下の肌悩みをしっかりカバーできるやり方がポイントになります。

色素沈着や血行不良、たるみを改善しながら目の下の肌悩みをメイクで上手に解消しましょう。症状を治すことが一番の解決ですが、完全に治すには時間もかかります。メイクアイテムを賢く使えば、毎日するメイクの仕上がりにも満足することができます。

目の下の肌悩みを隠すメイク術を実践して、老け顔や疲れ顔を回避し、若々しい目元作りを目指していきましょう。

クマ隠しに便利なコンシーラー

ファンデーションを重ね塗りして目の下のクマをカバーしても、メイクがヨレやすくなるだけでなく、厚塗り感で老け顔になってしまいます。

目の下の気になる部分には、コンシーラーを使って賢くキレイにカバーしましょう。コンシーラーは、クマの種類に合ったカラーをチョイスするのが正解です。適切なカラーを選ぶことで、しっかりカバーできるようになり見た目も美しく仕上がります。

・青クマ:オレンジ系
・黒クマ:ベージュかオークル系
・茶クマ:イエロー系

コンシーラーの塗り方のポイントは、クマが一番濃くなっている部分にコンシーラーを線状に引き、指の腹でポンポンと軽く叩くように馴染ませるとしっかりフィットしてキープ力もUPします。

ゴールドパールのアイカラーで老け見えを回避

目の下のクマを隠す方法として、光の効果を上手に演出させましょう。使うのは、ゴールドにほんのりパールの入ったアイカラーがおすすめです。

目の下にゴールドパールのアイカラーを点置きし、なじませます。目の下の気になる部分を光の効果で飛ばして目立ちにくくさせます。また、目頭にもゴールドパールのアイカラーを乗せると、さらに目元が明るくなって若々しい印象に近づくことができます。

室内や外出先で、ほんのりと目元が潤って見え、ツヤ感も演出できるので老け見え回避にとてもおすすめのメイク術です。

ブラウンマスカラで肌をトーンアップ

目の下にクマがあると、目元が暗く見えがちです。目の下にゴールドパールのアイカラーをのせたら、マスカラはブラウンカラーをチョイスしましょう。

目の下にのせたゴールドにもしっかり馴染み、より自然な仕上がりになります。目の下をトーンアップすることで、クマが悪目立ちするのを防ぐことができます。

下まつげは、中央・目頭・目尻の3つに分けてマスカラを塗っていきます。目尻側はまつ毛が寝やすいので、マスカラのブラシを縦にして毛を起こしてあげましょう。目元は、見た目の印象を変えることができる大切なパーツです。少しの手間で若々しいイメージを演出できるので、ぜひ参考にしてみてください。

目の下のクマを悪化させない4つのポイント

目の下のクマの原因を作らないようにするために、毎日のケアには十分注意が必要です。クレンジングは、意外と正しく実践できていない場合が多いので、知らぬ間に原因を作っているかもしれません。

また、血行促進に有効なマッサージも、間違った方法で実践すると肌への刺激になる可能性があります。ケアに慣れてくると、自己流になることもあるため、しっかり症状を治すためにも正しい方法でおこなってください。

もう一つ気をつけたいのは、混合クマです。種類が混合されている場合もあるので、治し方を間違わないようにすることが大切です。毎日のケアで目の下のクマが消えるように悪化させないポイントを押さえておきましょう。

目元に優しいクレンジングを心がける

目の下のクマを解消・予防するために、正しいクレンジングの方法を実践しましょう。肌の刺激を軽減するために、目元にはアイメイクリムーバーがおすすめです。

【正しいクレンジングのやり方】
1. コットンにリムーバーをたっぷり含ませ、まつ毛を挟みます。
2. しっかり馴染んだら、滑らせるように抜きます。
3. コットンにリムーバーを含ませ、アイホールに置きます。
4. 押さえるようにしてからスーッと拭き取ります。
5. 目のキワなどの細かい部分は、綿棒にリムーバーを含ませ優しくオフしてたら完了です。

コットンや綿棒は、一度水で濡らしたものにリムーバーを含ませるのがポイントです。濡らしておくと肌への刺激を最小限に抑えることができます。

マッサージをやりすぎない

マッサージは、一歩間違えると肌への刺激になってしまいます。長時間のマッサージや、力の入れすぎには十分注意が必要です。目の周りのデリケートな肌は、少しの刺激で症状を悪化させる原因になる場合もあります。

目の下をマッサージする時に使う指は、必ず薬指で優しくおこないましょう。薬指以外の指では、力が入りすぎてしまう可能性があるため肌をいたわりながらマッサージを実践してください。

また、目の周りのマッサージは、顔全体の血流を改善するための方法でもあります。むくみ解消にもつながるので、正しい方法でケアしていきましょう。

混合クマには要注意

茶や黒など、それぞれ原因の異なる種類が混合している場合があります。これを混合クマと呼びますが、混合している症状があるときは解消法に注意しましょう。

原因によってケアの方法が違うので、目の下のクマをセルフチェックして、どの種類が混合しているのか見極めてください。混合していることに気づかず、1つの種類だけのケアしか実践していないと改善することができません。

また、混合クマはセルフでの改善が難しい場合があるので、セルフケアで治すのが困難な場合は専門的な診療科にかかることをおすすめします。なかなかセルフでの治し方では改善できない場合は、一度相談してみてください。

重大な病気が隠れている場合もある

目の下のクマは、色素沈着や肌の老化、血行不良だけが原因ではない場合もあります。実は、重大な病気が隠れている可能性があるので正しいケアをしていても改善が見られないときは、医療機関を受診して専門医に診てもらうことをおすすめします。

目の下にクマができるものとしては、バセドウ病や貧血症、肝臓や腎臓の疾患、うつ病、アトピー性皮膚炎などの病気が考えられます。体が不調を訴えているサインを見逃さず、目の下の症状が消える気配がないなど、異変に気付いたら早めに専門医に相談してみてください。

目の下のクマを解消して若々しい目元でいよう

目の下のクマは、正しい方法で実践すれば治すことができます。目の下にたるみがあると、老け顔や疲れ顔に見えてしまうほか、メイク崩れもしやすくなるため解消するとキープ力もUPします・

また、色素は消えるまでに時間がかかるのでケアを継続することが大切です。美白化粧品を選ぶときは継続しやすい価格のものをチョイスすると、ケアを途中で断念することなく続けることができます。

目の下の肌悩みが消えるまでは、メイクで賢く隠して目元の悩みを軽減させ、若々しい目元を実現しながら正しいケアで解消していきましょう。

最新の投稿


公私混同している人の特徴とは?職場や恋愛でNGな行動10選

公私混同している人の特徴とは?職場や恋愛でNGな行動10選

公私混同しないことは、社会人にとってはあたりまえのマナーです。しかし、自分でも気付かないうちにプライベートを職場に持ち込んでしまっている可能性もあります。職場や学校で公私混同してしまわないよう、どういう行動が公私混同にあてはまるのかを理解しておきましょう。


リップブラシのおすすめ10選!口紅を筆で魅力的に描こう

リップブラシのおすすめ10選!口紅を筆で魅力的に描こう

リップブラシを使って口紅を塗ると直塗りよりも口紅が落ちにくく、見違えるほどメリハリのある唇に仕上がるのでおすすめです。100均などのプチプラから高級化粧品ブランドの商品まで種類はたくさんあります。使いやすいおすすめのリップブラシで魅力的な唇を表現しましょう。


ごま油ダイエットのやり方とは?脂肪燃焼効果の過信に注意!

ごま油ダイエットのやり方とは?脂肪燃焼効果の過信に注意!

普段何気なく使っているごま油ですが、実はダイエットや健康などへの効果が期待できる油として話題になっています。ごま油のダイエットをサポートしてくれる効果に着目しながら、具体的な効果やダイエット方法をチェックしていきましょう。


麦ご飯の6つの効果とは?食べ方と合わせてダイエット効果を解説

麦ご飯の6つの効果とは?食べ方と合わせてダイエット効果を解説

美味しい麦ご飯は食材にこだわるお店などでも見かけることが増えてきました。ダイエットや健康、美容などにも効果があると話題になっています。炊き方もとても簡単ですし豊富な栄養素が私たちの身体に多くのメリットを与えてくれます。麦ご飯の知識を高めてダイエットに役立てていきましょう。


ハイライトの種類とは?立体感をつくるおすすめハイライト12選

ハイライトの種類とは?立体感をつくるおすすめハイライト12選

一見メイクの中で脇役のようなポジションになっているハイライトにはいくつかの種類があります。どれもおすすめの特徴を持っていますが、いまいち入れ方がわからないという人も少なくありません。そこでハイライトのおすすめの種類をチェックしながら効果的に活用する方法を学んでいきましょう。