ベビーフェイスメイクで童顔&幼顔に見える化粧で愛されるキャラに!

ベビーフェイスメイクで童顔&幼顔に見える化粧で愛されるキャラに!

メイクにはさまざまな種類がありますが、最近話題になって流行しているのがベビーフェイスメイクという童顔、幼顔に見えるメイク方法です。まるで子供のように幼く可愛く見せたいという人必見のベビーフェイスメイクを真似してみましょう。


ベビーフェイスメイクとは?

ベビーフェイスメイクとは、まるで赤ちゃんのように童顔や幼顔に見えるメイク方法のことを指します。このベビーフェイスとは、幼さの残る顔立ちのことでいくつかの具体的な特徴があります。赤ちゃんや子供の顔を思い浮かべてもわかるように、基本的におでこが広く、目が下の方で大きいことや丸顔であることも童顔の人の特徴です。

ベビーフェイスの女性が可愛いと言われる理由には人の心理も隠れています。人間は、無意識のうちに目が下の方にある赤ちゃんや動物を可愛いと思う傾向にあります。可愛いと思われるベビーフェイスの特徴をメイクに取り入れているため、ベビーフェイスメイクが魅力的に見えるのです。

ベビーフェイスメイクが流行している理由

ベビーフェイスメイクや赤ちゃんメイクは、最近流行するようになりました。そんな童顔、幼顔が魅力のベビーフェイスメイクが流行っているのには理由があります。その理由は、ベビーフェイスメイクや赤ちゃんメイクを施すことで可愛くて愛されキャラになれるということが挙げられます。

赤ちゃんや子供のような童顔、幼顔の顔立ちは、同性にとってみたらまるで妹のような柔らかくて可愛い印象を受けますし、異性からしてみたら可愛いだけでなく、守ってあげたくなるような印象を与えることができます。女性の中にはいつまでも可愛くいたいという願望があるため、そういう自分になれるという理由もあり、童顔や幼顔に見せることができるベビーフェイスメイクの人気が高まっています。

ベビーフェイスメイクのメリット

ベビーフェイスメイクのメリットには色々ありますが、化粧をすることで愛されキャラになれる点が魅力でもありメリットにもなる部分です。これが大人顔になると顔の形が面長で目の位置も上の方にあってどこかクールな印象を受けます。そのため近づきづらい印象を与えてしまうことも少なくありません。

その反面ベビーフェイスメイクの特徴には、可愛い雰囲気を印象づけるポイントがあり、親しみやすさも感じさせられます。人間関係においても、フレンドリーなイメージを与えることができるのはベビーフェイスメイクの大きなメリットです。

ベビーフェイスメイクの3つのポイント

陶器のような肌感をつくる


おすすめファンデーション
脂性肌パウダータイプやミネラルタイプ
乾燥肌リキッドタイプやクリームタイプ
敏感肌ミネラルタイプやマシュマロタイプ

ベビーフェイスメイクのポイントはいくつかありますが、ベースメイクは範囲が広くてとても大切な部分です。ベビーフェイスメイクのベースの特徴は陶器肌を作ることがポイントにもなっています。この陶器肌とは、キメが整っていて毛穴の目立たないお肌のことを指します。

お肌の水分量や油分量のバランスが良いことでできる透明感に加えて、化粧下地やファンデーションを使いながら滑らかなお肌を整える必要があります。ファンデーションを選ぶ時は、自分の肌質も考慮しながら選ぶことがポイントです。脂性肌の人はパウダータイプ、乾燥肌や敏感肌の人はリキッドやマシュマロタイプのような水分と油分が多いタイプがおすすめ。自分に合ったファンデーションで、毛穴レスな肌を作りましょう。

アイメイクはナチュラルにする

ベビーフェイスメイクのポイントには、アイメイクも大きく関わってきます。全体的なアイメイクはナチュラルでシンプルに施すことがコツになっています。例えばアイシャドウの色はブラウンやピンク、オレンジなどの柔らかくて優しい色味を選ぶようにしましょう。

アイラインは、ブラウン系のペンシルタイプを選ぶことやアイシャドウをアイライン代わりに活用するようにします。さらに、まつげもビューラーで上げて、ブラックではなくブラウン系のマスカラを塗ってあげると柔らかい印象の目元を作ることができます。

血色感のあるチークとリップメイクにする

ベビーフェイスメイクは、ベースメイク、アイメイクに加えてチークやリップメイクにもポイントがあります。化粧をする時は、ベースメイクやアイメイクだけだと元気がなくて健康的に見えなくなってしまいます。お肌の血色を表現するために活躍してくれるのがチークやリップです。

ベビーフェイスメイクにはピンクやオレンジ系の色のチークを使い、それと同じ色のグロスタイプやリキッドタイプなどのツヤのあるリップを使ってください。

ベビーフェイスメイクのやり方

ベース

スキンケアと下地

【スキンケアと化粧下地のやり方】
①化粧水、乳液などの基礎化粧品を使って丁寧にスキンケアをします。
②化粧下地を一度手の平に出し、おでこ、両頬、鼻、顎におきます。
③指の腹を使いながら下地を放射線状に伸ばします。
④フェイスラインギリギリまで伸ばしたら、ビューティーブレンダーで優しく叩くように馴染ませます。

【メイクのポイント】
ベビーフェイスメイクに欠かせないポイントは保湿をしっかりすることと下地を塗りすぎないことです。保湿をしっかりしておくと弾力のあるお肌になりますし、水分と油分のバランスが整ってベビーフェイスメイク特有の薄づきメイクでもきれいに仕上げることができます。

ファンデーションとフェイスパウダー

【ファンデーションとフェイスパウダーのやり方】
①一度手の平にファンデーションを出し、ブラシにファンデーションを取って顔の内側から外側へ塗ります。
②ビューティーブレンダーで叩くようにしながら均一に馴染ませます。
③コンシーラーで目の下のクマやニキビなどの気になる部分をカバーします。
④フェイスパウダーをブラシにとって顔の中心から放射線状に撫でるようにして乗せていきます。
⑤パウダーのついていないブラシを使って余分なパウダーを落とします。

【メイクのポイント】
ベビーフェイスメイクのポイントでもある陶器肌を作る時は、フェイスパウダーをふんわりと均一に乗せることがポイントです。肌表面を触ってみてサラッとしていることが確認出来たら、最後にパウダーのついていない新しいブラシを使って余分なパウダーを落としましょう。

アイブロウ

アイブロウの形を整える

【アイブロウの整え方】
①眉カットバサミなどを使って長い毛を整えます。大体のフォルムは下記の3点を基準に決めます。
 ・眉頭:小鼻の外側から真っ直ぐに上がったところ
 ・眉山:触った時に骨が一番高いところ
 ・眉尻:小鼻と目尻を繋いだ延長線上
②スクリューブラシを使って毛流れを整えます。

【メイクのポイント】
ベビーフェイスメイクの特徴は平行で太い眉毛です。そのために、まずは自分の眉毛を観察して整えていくことが重要です。眉毛を整える時に基準になるのは眉頭、眉山、眉尻の3点ですので、ここを基準に整えていきましょう。

アイブロウメイク

【アイブロウメイクのやり方】
①ペンシルでおおまかな形を描きます。
②ブラシにアイブロウパウダーを取って、中を埋めるように塗っていきます。
③自分の髪色よりも1トーン明るめのアイブロウマスカラで色をつけます。

【メイクのポイント】
ベビーフェイスメイクの眉毛のポイントは平行で太いことです。眉頭は丸くグラデーションになるようにぼかし、眉毛が目の上の輪郭部分と平行になるようにします。さらに柔らかい印象を出すために、明るめのアイブロウマスカラを使ってふんわり仕上げましょう。

アイシャドウ

【アイシャドウのやり方】
①目元にフェイスパウダーやパウダーファンデーションを乗せて皮脂を抑えます。
②アイホール全体にハイライトカラーを置いて、まぶたの丸みに沿って伸ばしていきます。
③少し暗めのアイシャドウをまぶたの二重幅に乗せて放射線状に伸ばします。
④一番濃い色を目のキワに乗せて馴染ませます。

【メイクのポイント】
ベビーフェイスメイクの時におすすめの色は、ブラウンやピンク系の柔らかいアイシャドウです。さらにアイシャドウを塗る時はムラのないように満遍なく伸ばし、アイホールの丸みに沿って馴染ませるようにしてください。

アイライン

【アイラインのやり方】
①目の真ん中のから目尻に向けてラインを引きます。目尻は少しだけはみ出すように長くしてください。
②下まぶたは目尻から黒目の外側あたりまでの部分のみアイラインを引きます。
③下のラインを綿棒かアイシャドウのチップでぼかして馴染ませます。

【メイクのポイント】
ベビーフェイスメイクは自然ながらも目をパッチリ見せるのがポイントなので、下ラインを引いたあとにしっかりとぼかして馴染ませるようにしましょう。また、上のラインは少し長めにすることで、たれ目に見せるようにすることで、ベビーフェイスのかわいらしさが協調されます。

マスカラ

【まつ毛メイクのやり方】
①まつ毛の根元近くをビューラーで軽く挟み、少しずつ上にずらしてカールさせます。
②マスカラベースを塗ります。
③ブラシについた余分な液を口元部分で削ぎ落してからマスカラを塗ります。目頭よりも目尻を中心に塗りましょう。
④まつ毛専用のコームを使ってダマを取ったら完成です。

【メイクのポイント】
ベビーフェイスメイクのポイントは、ナチュラルでつぶらな瞳です。マスカラベースやマスカラは目尻部分にしっかりつけて、やや垂れ目風の目元を作りましょう。不自然に派手な目元になるボリュームタイプよりも、自然な仕上がりのロングタイプを使ってください。

チーク

【チークのやり方】
①ブラシ全体にチークパウダーを取って、一度手の甲やティッシュペーパーの上にブラシを軽くこすりながら余分なパウダーを少し取っていきます。
②両頬の一番高いところを中心に楕円形になるようにふんわりと馴染ませていきましょう。

【メイクのポイント】
パウダーチークを塗る時は、つけ過ぎに注意しましょう。ベビーフェイスメイクのチークのポイントは、自然に滲み出るような血色感を演出することなので、濃すぎるチークはNGです。色味も自然な雰囲気の出るピンク系の色味を選んでください。

リップ

カラーリップを塗る

【リップメイクのやり方】
①唇の状態を整えるためリップクリームやリップバームなどを塗っておきます。
②リップカラーを唇の真ん中の部分に置いて塗り始め、左右に少しずつ伸ばしていきます。
③リップグロスを唇の真ん中に置いてから、左右にポンポンと馴染ませませるように伸ばします。

【メイクのポイント】
しっかり保湿をするために、リップクリームは全体のメイクを施す前に塗っておきましょう。ベビーフェイスメイクのポイントはぷるんとしたボリュームのある唇です。そのためリップカラーは唇の真ん中が一番濃くなるように真ん中から塗り始めるのがコツになります。

ベビーフェイスメイクにおすすめのコスメ

化粧下地:SUQQU ブルーミンググロウプライマー

SUQQU ブルーミンググロウプライマー

内容量25ml
代表的な成分サクラエキス

ベビーフェイスメイクにおすすめの化粧下地は、ピンクがかったタイプの下地です。ピンク色の下地を使うとお肌の透明感をアップさせてくれ、気になるくすみをカバーしてくれる効果があります。陶器肌を演出しながら、自然な透明感もあるベビーフェイスメイクに最適です。

その中でもSUQQUのブルーミンググロウプライマーは、植物由来の3種類の美容エキスを配合していてお肌に乗せるとスムーズに薄く伸びてくれます。ひと塗りでお肌の色を一気に明るくしてくれるところもこの化粧下地の魅力です。

ファンデーション:NARS シアーグローファンデーション

NARS シアーグローファンデーション

内容量30ml
代表的な成分シクロペンタシロキサン
カラーバリエーション全22色

ファンデーションにはリキッド、クリーム、パウダーなどの種類がありますが、つるんとしたベビーフェイスメイクのベースを作る時には適度な潤いとカバー力が必要になります。そのため、リキッドやクッションファンデーションなどの水分や油分の多いタイプがおすすめです。

NARSのシアーグローファンデーションは、薄づきですが適度なカバー力があるので気になるくすみなども自然にカバーしてくれます。さらに、グリセリンも配合しているので保湿力がありお肌をみずみずしく仕上げてくれます。厚塗り感はないのにカバー力もある点で、ベビーフェイスメイクにぴったりの製品です。

アイブロウ:ケイト ラスティングデザインアイブロウW

ケイト ラスティングデザインアイブロウW

タイプペンシル&パウダー
カラーバリエーション全3色

ベビーフェイスメイクでは全体の形を整えて太めの平行眉にします。その工程で、ペンシルとパウダーの2種類を使うため、2つがセットになったアイテムはとても便利です。

ケイトのラスティングデザインアイブロウWは、片方がペンシル、もう片方がパウダータイプになっており、これ一本で2つの役割をこなせる優れもの。また、柔らかくぼかすことに特化しているので、自然な仕上がりが重要なベビーフェイスメイクに適しています。

アイシャドウ:ルナソル アイカラーレーション

ルナソル アイカラーレーション

カラーバリエーション全4色
パレットのカラー数4色セット

ベビーフェイスメイクにおすすめのアイシャドウは、ブラウン系やピンク系の柔らかくて淡い色味のタイプです。ラメなどのキラキラしたテクスチャーよりもパール系のふんわりと立体感を表現できるものがおすすめです。

そして、アイシャドウの中でもパレットタイプはベビーフェイスメイクが初めての人でも気軽に挑戦しやすい形になっています。ルナソルのアイカラーレーションは4色のカラーが1つになったパレットタイプのアイシャドウで、中でもバタフライウィングというカラーはピンク系の色が集められているので、簡単にベビーフェイスメイクに挑戦できる製品です。

アイライナー:デジャヴュ ラスティンファインa クリームペンシル

デジャヴュ ラスティンファインa クリームペンシル ダークブラウン

カラーバリエーション全6色
テクスチャークリームタイプ

ベビーフェイスメイクのアイメイクを引き締めるために目のキワに施すアイラインには、ペンシルタイプのアイライナーがおすすめです。リキッドやジェルタイプは、目元に引くとラインがはっきりしすぎてしまうのでアイラインだけが際立ってしまいます。

おすすめのアイライナーはデジャヴュのラスティンファインaクリームペンシルのブラウン系のカラーです。ペンシルのほどよい濃さと、ブラックよりも優しいブラウンの色味で、しっかり目元を強調しながらも自然なメイクに仕上がります。

この記事のライター

関連するキーワード


メイク

関連する投稿


アイライナーの使い方と引き方とは?メイク初心者にわかりやすく解説

アイライナーの使い方と引き方とは?メイク初心者にわかりやすく解説

メイクアップをする上でアイメイクは重要な部分です。アイラインはアイライナーというアイテムを使って入れていきます。アイラインにはさまざまな効果がありますが、引き方がわからないという初心者の人もアイライナーの適切な使い方や引き方を実践してみましょう。


簡単に透明感のあるアイメイクをする方法とは?【初めてのメイク】

簡単に透明感のあるアイメイクをする方法とは?【初めてのメイク】

メイク初心者は、透明感のメイクはをどうやって実践していいのかわからない人も少なくありません。そこで、メイクの中でもポイントとなるアイメイクのやり方を解説しますので、透明感がでるアイメイク方法をピックアップしながら学んでいきましょう。


最新の投稿


公私混同している人の特徴とは?職場や恋愛でNGな行動10選

公私混同している人の特徴とは?職場や恋愛でNGな行動10選

公私混同しないことは、社会人にとってはあたりまえのマナーです。しかし、自分でも気付かないうちにプライベートを職場に持ち込んでしまっている可能性もあります。職場や学校で公私混同してしまわないよう、どういう行動が公私混同にあてはまるのかを理解しておきましょう。


リップブラシのおすすめ10選!口紅を筆で魅力的に描こう

リップブラシのおすすめ10選!口紅を筆で魅力的に描こう

リップブラシを使って口紅を塗ると直塗りよりも口紅が落ちにくく、見違えるほどメリハリのある唇に仕上がるのでおすすめです。100均などのプチプラから高級化粧品ブランドの商品まで種類はたくさんあります。使いやすいおすすめのリップブラシで魅力的な唇を表現しましょう。


ごま油ダイエットのやり方とは?脂肪燃焼効果の過信に注意!

ごま油ダイエットのやり方とは?脂肪燃焼効果の過信に注意!

普段何気なく使っているごま油ですが、実はダイエットや健康などへの効果が期待できる油として話題になっています。ごま油のダイエットをサポートしてくれる効果に着目しながら、具体的な効果やダイエット方法をチェックしていきましょう。


麦ご飯の6つの効果とは?食べ方と合わせてダイエット効果を解説

麦ご飯の6つの効果とは?食べ方と合わせてダイエット効果を解説

美味しい麦ご飯は食材にこだわるお店などでも見かけることが増えてきました。ダイエットや健康、美容などにも効果があると話題になっています。炊き方もとても簡単ですし豊富な栄養素が私たちの身体に多くのメリットを与えてくれます。麦ご飯の知識を高めてダイエットに役立てていきましょう。


ハイライトの種類とは?立体感をつくるおすすめハイライト12選

ハイライトの種類とは?立体感をつくるおすすめハイライト12選

一見メイクの中で脇役のようなポジションになっているハイライトにはいくつかの種類があります。どれもおすすめの特徴を持っていますが、いまいち入れ方がわからないという人も少なくありません。そこでハイライトのおすすめの種類をチェックしながら効果的に活用する方法を学んでいきましょう。