ふとももの裏がボコボコ・・・撃退!セルライトをなくすストレッチとは?

ふとももの裏がボコボコ・・・撃退!セルライトをなくすストレッチとは?

気が付いたらふとももの裏にボコボコとついているセルライト。セルライトをただの脂肪と思っている人は多いですが、実はセルライトは脂肪と老廃物が合体した脂肪よりも痩せにくい物質です。ふとももの裏についた厄介なセルライトを減らす方法やセルライトの原因を見てみましょう。


ふとももの裏に出来やすいセルライトとは?

セルライトとは、ふとももの裏によく見られるボコボコした皮膚です。ふとももの裏のような身体の後ろは自分では見辛い部分ですが、触ったりするとその部分だけボコボコしているのですぐに分かります。

このふとももの裏のボコボコしたセルライトは、皮下組織の中にある脂肪細胞がリンパや血管から排出された老廃物と結合した塊が押し上げられることによってできてしまいます。

セルライトを脂肪を同じものとして考えている人は多いので、太っていなければふとももの裏にセルライトはできないと考えられがちです。しかし、セルライトと脂肪は別物であり、セルライトは脂肪と老廃物が結び付いてできるものなので、例え痩せている人でも老廃物が多かったり、リンパが詰まりがちならばできてしまうのです。

セルライトの4つの種類

一口にセルライトと言っても、実はセルライトには大きく分けて4つの種類があります。生活習慣や身体の状態によって、できるセルライトの種類が変わってくるので、ふとももの裏のセルライトを除去して痩せたいと考えるのであれば、まずは自分のセルライトの種類を知っておく必要があります。

ふともも裏のセルライト撃退はセルライトの種類に合った方法でないと、効果的にアプローチ出来ないのでなかなか痩せることは出来ません。セルライトを撃退してふともも裏をすっきりさせるためには、まずは自分のセルライトの種類を知ることが重要なのです。

脂肪タイプ

脂肪タイプのセルライトは、セルライトの中でも初期の段階のタイプで比較的痩せやすいと言えます。初期の段階なので、ただでさえ見辛いふとももの裏で見つけるのはなかなか難しいですが、ふとももの裏の肉をねじってみた時にうっすらとデコボコが浮かび上がるかどうかで脂肪タイプのセルライトが付いているか確認することが出来ます。

もしもセルライトが付いてしまっていた時、まだ目立たないからと言って放置すると、みるみるセルライトが付いてきてしまうので、発見したら放置せずリンパマッサージなどの対処でまだ目立たないうちに除去するようにしましょう。

ぷるぷる脚とは言わせない!内もものダイエットメニュー10選

https://womanstyle-media.com/articles/448

ダイエットを頑張っているのに内もものぷるぷるが解消できないなら、まずは自分の脚が太くなった原因を突き止めておくことが大切です。その上で内もものぷるぷるを引き起こす体の不調のケアと攻めのトレーニングで、脚痩せダイエットを成功に導きましょう。

繊維タイプ

セルライトをできてしまったまま放置してしまうと、セルライトがコラーゲンと結合して繊維タイプのセルライトになってしまいます。繊維タイプは初期の脂肪タイプの状態より皮膚がかなりボコボコとしてくるのが特徴で、見た目が悪くなってしまう上に脂肪タイプの時よりも硬くなっていて除去しにくい状態です。

セルライトが繊維タイプになってしまった場合はリンパマッサージに加えてセルライトの除去に特に効果がある運動をしないと取ることは難しいです。

むくみタイプ

冷え性の女性に多いのがむくみタイプのセルライトです。冷え体質だと血行やリンパの流れが良くないので、老廃物や余分な水分がふとももの裏に溜まり、セルライトになってしまいます。

むくみタイプのセルライトはリンパの流れを良くするマッサージが効果的ですが、その他にも身体を温めて血行やリンパの流れを良くすることでも改善が期待できるので、むくみタイプの人はお風呂の中で身体を温めながら足を揉むようにしましょう。マッサージと温浴効果でより効率的に痩せることが出来ます。

簡単にむくみをとる方法とは?誰でもできる足・ふくらはぎの疲れを癒す方法

https://womanstyle-media.com/articles/227

足のむくみは、下半身の血流を良くするだけで解消します。今回は忙しい人でもOKなオフィスで浮腫み取る方法4つと、自宅でむくみを取る方法3つをご紹介します。効率を良くむくみを取る方法で憧れのスッキリとした脚を手に入れましょう。

筋肉タイプ

筋肉タイプのセルライトは、筋肉の上の脂肪がセルライトになったもので、スクワットが効果的です。記事で紹介するストレッチに加えてスクワットを継続して行い、少しずつ解消していきましょう。

スクワットの効果ありすぎ?美容につながる魅力的な7つの効果とは?

https://womanstyle-media.com/articles/133

スクワットはダイエットだけでなく美容にも嬉しい効果をもたらすトレーニングです。筋トレの中でも結果が出始めるのが早く、少ないスペースでも行えるのでとても気軽に始めることができます。女性に嬉しい効果がたくさんのスクワットに挑戦してみましょう。

ふとももの裏にセルライトができる3つの原因

ふとももの裏にセルライトができてしまう主な原因は、乱れた生活習慣、加齢、間違ったサイズの下着を着けていることの3つが挙げられます。

これらを改善することによって、セルライトが付く事を防いだり、付いてしまったセルライトを落としやすくなります。

生活習慣と間違ったサイズの下着は改善出来ても、加齢は自然現象なので仕方ないと思う人もいるでしょう。しかし、だからと言って何もしないのではセルライトは付く一方です。20代中間を超えると基礎代謝が下がり、セルライトが付きやすい年齢になってくるので出来る限りのことはするようにすることが大切です。

乱れた生活習慣

日本人女性の8割がふとももの裏にセルライトができると言われていますが、その理由のうちで多くの割合を占めるのが乱れた生活習慣です。運動不足や、乱れた食事バランス以外にも睡眠不足もセルライトを招く原因になります。

食事において、炭水化物や脂質はセルライトの原因の脂肪になりやすいため、とり過ぎには注意しましょう。また、食品添加物も老廃物として体内に残りがちでセルライトの原因となるので、添加物が多く含まれている食べ物も注意が必要です。

また、睡眠不足は血行が悪くなり、ふとももの裏に老廃物が溜まりセルライトの原因になってしまうので睡眠はしっかり取るようにしましょう。

加齢

生き物は年齢を重ねるにつれ、基礎代謝が落ちてくるので脂肪が落ちにくい身体になります。これは生きるために余分なエネルギーを使わないようにする生き物の本能ですが、エネルギーの消費が少ないことは痩せにくいことになります。

身体のたるみが気になるようになってきたら、セルライトが付きやすくなっている状態なので、たるみだけでなくふとももの裏にセルライトが付いていないかも注意するようにしましょう。加齢で痩せにくくなっていても、生活のバランスを正し、ストレッチを行うといった対策をしっかりとることでセルライトを予防できます。

下着のサイズが不適切

下着のサイズが身体に合っていないこともセルライトの原因です。サイズが合っていない下着を着けていると、下着が肌に食い込むことになり、その部分が圧迫されてふとももの裏に老廃物が溜まりやすくなってしまいます。

ちょっときついけどまだ着られるかなと思う程度の締め付けでも老廃物は溜まってしまうので、少しでも違和感を感じたら買い替えることをおすすめします。また、ボディラインを整える矯正下着も適切な使用方法で無いと起老廃物が溜まりやすくなってしまうので、矯正下着を着ける場合は下着の注意事項をよく読んで適切な時間のみ着けるようにしましょう。

ふとももの裏のセルライトに効くストレッチ3選

ふともも裏のセルライトの除去は食事制限や全身痩せに効果があるとされる運動ではあまり効果がありません。

ふともも裏のセルライトは、血流やリンパの流れを良くすることによって改善出来るので、ふともも裏のセルライトを取るには筋肉をほぐして血流やリンパの流れを良くする効果のあるストレッチがおすすめです。

ストレッチは毎日継続することで効果が得られるので、友達を誘ったり、夜テレビを見る時間をストレッチの時間にもするなど楽しく続けられる方法も探してみましょう。

乙女ポーズストレッチ

ふとももの裏に効果がある乙女ポーズストレッチは寝ころんでやる上に、顔が前を向くのでテレビを見ながらのながら運動にぴったりです。夜のテレビを見るリラックス時間をストレッチタイムにしてセルライト除去を目指しましょう。

【乙女ポーズストレッチのやり方】
①うつぶせに寝転がり、顔を頬杖で支えます。足は閉じた状態で、ひざを90度曲げます。
②両足を後ろで交互に動かし、かかとでお尻をトントンとリズミカルにタッチします。このとき、かかとが届かなければ無理なく曲げられるところまででOKです。
③1日30回を目安に行いましょう。

ふともも裏を伸ばすストレッチ

ふともも裏を伸ばすストレッチは、ふともも裏の筋肉を柔らかくほぐして血流やリンパの流れを良くしてセルライトを予防したり撃退したりする効果があります。

また、ふともも裏の筋肉は骨盤と繋がっていて、この筋肉が硬いと骨盤が後ろに引っ張られてずれてしまい、姿勢が悪くなり腰痛の原因にもなりますが、ふともも裏の筋肉をストレッチで柔らかくすることで骨盤を正常な位置に保ち、正しい姿勢にして腰痛を防ぐことにもつながります。

【ふともも裏を伸ばすストレッチのやり方】
①足首を持ってしゃがみます。
②ふとももの前側と胸が付いている状態でお尻を上げます。
③ふともも裏が伸びているのを感じたら、お尻を下げ①の体勢に戻ります。
④10回を1セットとして、毎日もしくは1日おきに1~3セットを続けましょう。

背中上げストレッチ

ふとももの裏以外にも、お尻や腰回りもセルライトができやすい場所です。背中上げストレッチはふとももの裏と腰、お尻のセルライトにも効果があるので、ふとももの裏に加えて下半身のその他の場所のセルライトが気になる人におすすめのストレッチです。

【背中上げストレッチのやり方】
①あお向けに寝ころび、両足の膝を曲げて手は身体の横におきます。
②手でバランスをとりながら、頭を床に付けた状態で腰を浮かせ、へそから膝まで一直線になるところで30秒キープします。
③キープの体勢から30秒間お尻を出来るだけはやく上下させる運動します。
④キープと運動をもう一度繰り返して1セットです。1日1セットから出来る回数を増やしていきましょう。

ふとももの裏のセルライトはストレッチで減らそう!

ふとももの裏がセルライトでボコボコしていては見た目が良くないので、ショートパンツやスカートをはくことをためらってしまうものです。しかし、ふとももの裏に付きがちなセルライトはただの脂肪では無いので、食事制限やふとももにはあまり効果のない運動をしているだけではなかなか減らすことができません。

ふとももの裏についてしまったセルライトは、ストレッチやリンパの流れや血行を良くする運動で減らすことができるので、セルライトが気になったらストレッチを試してみてください。

この記事のライター

関連するキーワード


ふともも

関連する投稿


ぷるぷる脚とは言わせない!内もものダイエットメニュー10選

ぷるぷる脚とは言わせない!内もものダイエットメニュー10選

ダイエットを頑張っているのに内もものぷるぷるが解消できないなら、まずは自分の脚が太くなった原因を突き止めておくことが大切です。その上で内もものぷるぷるを引き起こす体の不調のケアと攻めのトレーニングで、脚痩せダイエットを成功に導きましょう。


最新の投稿


保湿液とは?わかっているようで気になる乳液との違いとは?

保湿液とは?わかっているようで気になる乳液との違いとは?

保湿液とは化粧水の保水力と乳液の保湿力を併せ持った効果が期待できるスキンケアアイテムです。乳液とは油分量が異なり、サラッとした使い心地です。肌の乾燥対策用アイテムとしてスキンケアに取り入れることにより、しっとりと落ち着いた肌へ導くことができます。


子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

猫がトイレ以外の場所でトイレをする行動は、飼い主にとっても困る行動の1つです。子猫のうちは、トイレでしないことが多いです。しかし子猫がトイレをしないとき、いくつかの理由や原因が考えられます。子猫がトイレをするための対策方法、トレーニング方法などをお伝えします。


ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替えはクリームの形状に合わせて容器を選ぶことがポイントです。ハンドクリームの詰め替え方法はクリームの硬さによって直接容器に注入したり、スパチュラなどの小道具を使って移し替えます。小ぶりな容器に詰め替えれば、どこにでも持ち運ぶことができます。


大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫におすすめのキャットタワーは猫の体重を支えられる頑丈で安定性が高いキャットタワーです。キャットタワーには突っ張りタイプと据え置きタイプの2種類がありますが、愛猫の性格や運動能力にあったものを選びましょう。猫種によってタイプを選ぶのがおすすめです。


猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

分離不安症を知っている方はいますか。猫や犬が抱える、精神的な問題行動を指します。近年愛猫のイタズラや粗相で、悩んでいる方からの相談が相次ぎません。それらの行動の原因が、猫の分離不安症であることもあります。愛猫について知るためにも、精神病である不安分離症について知ることは大切です。