オーガニック白髪染めとは?自然なツヤ出しができるメリットとは?

オーガニック白髪染めとは?自然なツヤ出しができるメリットとは?

髪や頭皮にやさしいオーガニック白髪染めが人気です。サロンで提供されるオーガニックヘアカラーから自宅で簡単にできるトリートメントタイプの白髪染めまでさまざまな種類があります。自分にあったオーガニック白髪染めで髪のオシャレを楽しみましょう。


オーガニックの白髪染めとは?

普通の白髪染めではツンとした刺激臭や頭皮にヒリヒリとした痛みを感じることがあります。そのため美容室でオーガニックの白髪染めをされている方も多いです。しかし、普通の白髪染めとオーガニック白髪染めの違いを正しくわかっていないという人もいます。

通常オーガニック白髪染めと呼ばれるカラー剤はサロン専用で一般の方は購入できません。使用するには専門知識が必要になります。また、オーガニックだから絶対に安全というわけではありません。オーガニックの白髪染めに興味がある人は、まずオーガニックの白髪染めとはどのようなものか知っておきましょう。

普通の白髪染めとの違い


一般の白髪染めオーガニック白髪染め
油分石油合成オーガニックオイル
香り成分 石油合成の香料  オーガニックエッセンシャルオイル

オーガニックの白髪染めには保湿効果や髪の保護効果に優れたやオーガニック成分が配合されているため、普通の白髪染めに比べて髪や頭皮に優しいのが特徴です。また、サロンの白髪染めのアルカリ成分は髪へのダメージが少ないアンモニアのものが多いです。そのため、ツンとした匂いがしますが、オーガニック白髪染めはアルカリ成分の含有量が少ない上、アロマエキスを配合しているものがほとんどなので匂いは軽減されています。

しかし、オーガニック白髪染めはメーカーによって配合されているオーガニック成分や含有量が異なります。商品によっては通常の白髪染めと殆ど変わらないものもありますので、施術を受ける前にカラーに含まれるオーガニック成分と効果を美容師さんに確認しましょう。

オーガニックの白髪染めのメリット・デメリット

メリット

・一般の白髪染めよりも頭皮や髪へのダメージが少ない
・ツンと鼻を突くアンモニア臭があまりしない
・オーガニックオイル・エキスの効果で髪にツヤがでる
・カラーバリエーションが豊富
・染色力・色持ちは一般の白髪染めと変わらない

デメリット

・一般の白髪染めよりも料金が高い
・微量ではあってもジアミンが含有されているため、ジアミンアレルギーのリスクがある
・一般のカラー剤同様、1剤と2剤/過酸化水素水を調合して使用するため頭皮への刺激を感じることもある
・サロンに行く時間を確保する必要がある

オーガニックの白髪染めの種類

サロンのオーガニック白髪染めは一般の白髪染めよりも地肌や髪への負担が少ないですが、それでもジアミンや過酸化水素水を使用している以上、全く安全とは言えません。人によってはオーガニック白髪染めでも地肌にヒリヒリと痛みを感じる方もいます。

ジアミンフリーの白髪染めにはオーガニックヘアマニキュアもありますが、提供しているサロンはそれほど多くありません。オーガニックのヘナカラーや白髪染めトリートメントならば家庭用の商品もたくさん出回っているので自宅で安全に白髪染めができます。

オーガニックのへナカラー

ヘナはインド原産のミソハギ科の植物で、その葉を乾燥させて粉末にしたものをお湯で溶いて白髪を染めます。オーガニックヘナは有機栽培のヘナを原材料に使用した製品です。ヘナは白髪をオレンジ色に染めることはできますが、ナチュラルなブラウンに仕上げたい場合はさらにインディゴというカラーを使って2度染めをする必要があります。

ヘナには白髪を染色するだけでなく、頭皮ケアと髪ケアの効果も期待できるのでおすすめです。しかしインディゴはトリプトファンという成分を含んでいますので、蕎麦やナッツにアレルギーのある方は注意してください。オーガニックヘナとインディゴがあらかじめ混ぜてあり、一度で染められる商品も多いので、自宅でも簡単にトライできます。使用前には必ずパッチテストを行ってください。

オーガニックの白髪染めトリートメント

トリートメントタイプの白髪染めはヘアマニキュアのように髪の表面にだけ染料を付着させて色をつけます。ヘアマニキュアにはタール色素と呼ばれる酸性染料が使用されているのに対して、オーガニック白髪染めトリートメントには天然由来の色素を配合したものが多いので、髪や頭皮にダメージを与えずに白髪を染められます。

白髪染めトリートメントはヘアマニキュアのように一度でしっかり色が入りませんし、色持ちもよくありません。しかし、何回か繰り返すうちに白髪が目立たなくなってきます。シャンプー後に塗布し、5~15分放置した後シャワーで洗い流すだけと使い方は簡単です。

オーガニックのおすすめ白髪染め5選

①アンファー スカルプDボーテ ヘアカラートリートメント

タイプ白髪染めトリートメント
カラーバリエーション全4色
オーガニック成分アルガンオイル、ホホバオイル、ツバキオイル

育毛シャンプーやまつげ美容液でおなじみのスカルプDのヘアカラートリートメントは髪をいたわりながら染められるヘアマニキュアタイプのオーガニック白髪染めです。オーガニックのアルガンオイル、ホホバオイル、椿オイルを含む11種類の天然由来の保湿成分を配合しているため、染めるたびに艶感が増していきます。

トリートメントタイプの白髪染めにしては染まりやすく色持ちが良いのが特徴です。しかし、手や地肌に色がつきやすく、慣れないうちは浴室が汚れやすいというデメリットもあります。付属の手袋をして使用することをおすすめします。

②シムシムジャパン マダムヘナ シェイカーセット

タイプヘナカラー
カラーバリエーション全4色
オーガニック成分エコサート認証オーガニックヘナ

ヘナカラーを試してみたいけれどハードルが高そうと思っている方におすすめしたいのが、こちらのマダムヘナ シェイカーセットです。目盛りの入ったシェイカーにぬるま湯とヘナを入れてよくシェイクするだけで簡単にペーストができます。秤で重さを計ったり、泡だて器で混ぜたりする手間は掛かりません。

エコサート認証の最高品質のオーガニックヘナとインディゴの染色成分に、アムラ、ローズマリー、ウコンなど地肌と髪に優しい成分を配合した、染めるほどに髪にコシやツヤが増す白髪染めです。付属のケープターバンはヘナを塗布後そのまま髪を包むことができます。初めての方でも簡単に白髪染めができるおすすめのオーガニックヘナカラーです。

③フラガール カラートリートメント

タイプ白髪染めトリートメント
カラーバリエーション全5色
オーガニック成分ローズマリー、アルテア、セージ、タイム、ラベンダー

フラガール カラートリートメントはハワイ由来のマカダミアナッツ油、ココ椰子エキスにシアバター、マンゴー種子油を加えたトリートメント成分、そして黒真珠由来成分を配合しているため、真珠のようにツヤやかでなめらかな髪に仕上げてくれるオーガニック白髪染めトリートメントです。

さらに5種類のオーガニック成分が皮脂を調整してくれるので、髪と頭皮をケアしながら白髪を染められます。一度の使用では思うように色は入りませんので、最初は数日間連続して使用することをおすすめします。白髪が目立たなくなってきたら、間隔を空けるとよいでしょう。

④ジャパンヘナ ヘアトリートメント プラス

タイプ白髪染めトリートメント
カラーバリエーション全2色
オーガニック成分ヘナ               

ジャパンヘナのヘアトリートメントプラスは使用するたびに少しずつ色が入っていくトリートメントタイプの白髪染めです。入浴前に塗布し10分放置、その後シャンプーで仕上げます。髪全体はもちろん、分け目やもみ上げなど白髪が気になる部分だけでも使用できるのはうれしいポイントです。

ヘナの他、髪にツヤと潤いを与えるアルゲエキスや紫外線によるダメージから髪を守るシルクなど、海と大地の天然成分を豊富に配合しています。髪だけでなく頭皮にもやさしいオーガニック白髪染めです。

⑤グリーンノートヘナ オーガニータ

タイプヘナカラー
カラーバリエーション全6色                  
オーガニック成分エコサート認証オーガニックヘナ

グリーンノートは日本初の早染めヘナを生み出した老舗のヘナメーカーです。オーガニータは国内で唯一エコサートの認証を取得した商品で、従来のグリーンノートの製品よりも塗りやすく濃く染まるように改良されています。

良質のオーガニックヘナが高い染色力をもたらし、発色や色持ちが向上しました。通常ヘナは黒髪には色が入らないと言われていますが、ビターオレンジを使用して髪色が明るくなったという口コミもあるほど色が入りやすい製品です。

またトリートメント効果もパワーアップし、さらに艶やかで潤い豊かな髪へと導きます。全6色のうちのひとつはノンカラーでトリートメント用です。

オーガニックの白髪染めで若々しいツヤ髪に!

オーガニック白髪染めは一般の白髪染めよりも髪や頭皮へのダメージが少ないので人気です。最近ではオーガニック専門の美容室も多く見受けられます。どのようなオーガニック成分がどのくらい配合されているかを確認してから施術を受けましょう。

ジアミンアレルギーが心配な方にはジアミンフリーのオーガニックヘナカラーやカラートリートメントがおすすめです。カラーバリエーションが少ないのと明るい色に染められないのが残念な点ですが、白髪を自然に目立たなくするうえに、髪や地肌のケアまでできます。ご自分にあったオーガニック白髪染めで若々しいツヤ髪を手に入れましょう。

天然派&自然派におすすめしたい東京のオーガニック美容室10選!

https://womanstyle-media.com/articles/436

さまざまなスタイルの美容室が並ぶ東京で、髪へのいたわりを重視したい人におすすめしたいのはオーガニック美容室です。技術力の高さとオーガニックの良さを使いこなすことができる東京の美容室で、最も美しい髪のコンディションとヘアスタイルを手に入れましょう!

この記事のライター

関連するキーワード


オーガニック

関連する投稿


オーガニックの砂糖がなぜ体にいいの?有機砂糖は自然な味わいが特徴

オーガニックの砂糖がなぜ体にいいの?有機砂糖は自然な味わいが特徴

有機農法で大切に育てられたサトウキビやてんさいから作られるオーガニックの砂糖は作物本来の自然な甘さが味わえます。通常の白砂糖やグラニュー糖よりも安全で体に優しい甘味料です。オーガニックの砂糖でよりヘルシーな毎日を過ごしましょう。


オーガニックの制汗剤&デオドラントおすすめ5選!肌を気にする女性が欲しいコスメとは?

オーガニックの制汗剤&デオドラントおすすめ5選!肌を気にする女性が欲しいコスメとは?

オーガニック制汗剤とは化学成分を使用していない制汗剤のことです。オーガニック制汗剤の特徴は、身体に優しい成分、アロマの香りで、嫌なニオイをケアができます。さらに身体に安全で香りによる癒し効果もある女性に嬉しい制汗剤となっています。


なぜオーガニックのバスタオルは肌に優しいの?綿100%タオルの魅力

なぜオーガニックのバスタオルは肌に優しいの?綿100%タオルの魅力

お肌に優しいオーガニックのバスタオルが人気の理由とは?なぜオーガニックのバスタオルは、肌触りがよく吸水性に優れているのでしょうか?オーガニックのバスタオルの良さとおすすめ商品を解説しますので、バスタオルの購入に悩んでいる人は必見です。


オーガニックメープルシロップのおすすめ5選!風味が豊かなシロップ

オーガニックメープルシロップのおすすめ5選!風味が豊かなシロップ

メープルシロップは砂糖やハチミツなどと比べてカロリーが低く、血糖値が上がりにくいので注目されています。さらに身体への影響を考えるなら化学農薬や肥料を使わないオーガニックのシロップがおすすめです。安全なオーガニックメープルシロップの自然な甘さを楽しみましょう。


オーガニックオリーブオイルのおすすめ7選!正しい選び方も知っておこう

オーガニックオリーブオイルのおすすめ7選!正しい選び方も知っておこう

オリーブオイルを食卓に取り入れるのが一般的になってきましたが、無農薬で育てたオーガニックのオイルならさらに健康によいと注目されています。自然の恵みをたっぷり受けたオーガニックのオリーブオイルで健康な食生活を送りましょう。


最新の投稿


大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫におすすめのキャットタワーは猫の体重を支えられる頑丈で安定性が高いキャットタワーです。キャットタワーには突っ張りタイプと据え置きタイプの2種類がありますが、愛猫の性格や運動能力にあったものを選びましょう。猫種によってタイプを選ぶのがおすすめです。


猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

分離不安症を知っている方はいますか。猫や犬が抱える、精神的な問題行動を指します。近年愛猫のイタズラや粗相で、悩んでいる方からの相談が相次ぎません。それらの行動の原因が、猫の分離不安症であることもあります。愛猫について知るためにも、精神病である不安分離症について知ることは大切です。


猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

あまり餌を食べない猫でも猫缶なら喜んで食べることがあります。猫缶は、猫が大好きで美味しいだけでなく、猫を惹きつける匂いや食べやすい形状に作られています。数多い商品の中から愛猫にぴったりの猫缶を選んで喜ばせてあげましょう。


ヘアオイルの持ち運びはどうしたらいいの?おすすめの方法や商品を厳選紹介

ヘアオイルの持ち運びはどうしたらいいの?おすすめの方法や商品を厳選紹介

ヘアオイルの持ち運びには、必要な量だけを安全に持ち運びできる小さなサイズの詰替容器やミニサイズで販売されているヘアオイルが便利です。ちょっとした工夫をするだけで、どこにいてもいつも通りにヘアオイルで髪を整えることができます。


安全なキャットフードのおすすめ人気TOP10【徹底比較】

安全なキャットフードのおすすめ人気TOP10【徹底比較】

安価なキャットフードには、発がん性が認められている酸化防止剤のBHAや、毒性が強い酸化防止剤のエトキシキンが使用されています。安全なキャットフードを選ぶには、無添加であることが必須です。さらに安全性を高めるため、猫の種類や年齢などに見合ったキャットフードを選ぶことが重要になります。