薄情な人の特徴とは?薄情な人の10の特徴と心理的な理由を解説

薄情な人の特徴とは?薄情な人の10の特徴と心理的な理由を解説

最近では薄情な人をドライな人と少し格好よく表現することもありますが、薄情とは決して誉め言葉ではありません。周りにいる薄情な人と付き合っていくのもなかなか骨が折れるものです。薄情な人の特徴や内面に潜む心理を理解して、上手に付き合っていきましょう。


薄情な人ってどういう人?

そもそも薄情者とはどういう人のことを指すのでしょうか。薄情とは、他人に対して思いやりがなく、情がない人のことです。最近では、ドライな人と少し格好よく表現することもありますが、決していい意味ではありません。情がない人、薄情者、ドライな人と表現の仕方はさまざまですが、褒め言葉ではありませんし、人から薄情だと思われたくはないものです。

薄情の対義語は、親切や厚情、情け深いといった言葉で、他人に対してとても情が深く、思いやりがあるという意味になります。どうせなら、薄情の対義語である親切や情が深い人、思いやりがある人と周りから思われたいですし、そういう人と関わって生きていきたいものです。

もし周りに薄情な人がいるのなら、こうはなるまいとその人を反面教師としましょう。自分自身が冷たい人、薄情な人になっていないか、常に自分の行動や言動には気をつけるようにしてください。

薄情な人の10の特徴

①自分にしか興味がない

薄情な人は、自己愛がとても強く、自分にしか興味がない人が多いです。自分に自信があり、自分が好きなことは決して悪いことではありません。しかし、周りから薄情者と言われるほど他人に興味がなく、自分のことしか考えていない人にはやはり問題があります。

常に自分を中心に物事が回っているので、周りの人が自分のことをどう思っているのか想像することもできません。全て自己完結してしまい、自分が言った思いやりのない言葉がどれだけ他人を傷つけるかということも分からない人が多いと言えます。

②協調性がない

協調性がないことも、薄情な人の特徴です。学校や職場などで、みんなが一つになって何か大きなことをやり遂げようと一致団結している時に、薄情な人はその輪の中に入ろうとはしません。基本的に自分さえ良ければ良いと思っているので、なぜ周りが一生懸命になって頑張っているのかということを理解することさえできないはずです。

どれだけ熱をこめて輪の中に入るよう説得したとしても、薄情な人にはその思いが届かないことも多いでしょう。協調性がなく、その必要性を理解していないことが薄情の人の大きな特徴になります。

③感謝の言葉を言えない

ありがとうやごめんなさいという感謝や謝罪の言葉を、薄情な人はあまり言うことがありません。薄情な人には、人としての基本的なコミュニケーションすら上手にとることができない人が多いです。

たった一言、ありがとうと言えば円滑に物事が進むような場面であっても、薄情な人はその一言が言えずにその場の空気を悪くさせてしまうことが多いです。根本的に、薄情な人は自分が誰かのために何かをしてあげることはなくても、他人が自分のためにしてくれることは当然だと受け止めてしまう傾向があります。

④すぐに責任転嫁する

自分が何か重大なミスを犯してしまった時に、薄情な人はせその責任を他人に押し付け、責任転嫁してしまうことが多いです。

自己愛が強すぎるがゆえに、自分は悪くない、こんな失敗をしてしまったのはあの人のせいだ、というように自分の失敗を素直に認めるということがありません。人が失敗をすれば自分は知らぬ顔、自分が失敗をすれば人のせいというスタンスを取り続け、周りからは全く信頼されず、孤立してしまう人が多いはずです。

⑤他人に手を貸さない

薄情な人は、周りの人が困っていても率先して他人に手を貸すということがほとんどありません。そのため、周りからは情が薄い人だと思われていることが多いはずです。

薄情な人は、他人がどれだけ困っていようと自分にさえ被害が無ければどうでもいいと考えている人が多いです。友達が悩んでいたり、職場で同僚が行き詰っていても、自分には関係が無いと割り切ってしまいます。人の相談を親身になって聞いてあげたり、人の仕事をサポートしてあげたりするということが一切ないので、周りからも距離を置かれ、本当の友人と呼べるような信頼関係を築くこともできません。

⑥打算的・利己的

打算的・利己的なことも、薄情な人に多い特徴です。打算的・利己的とは、自分にとって利益になることだけを考え、それに向けて行動するということを指します。

例えば、仕事で同僚が困っていた時、その同僚を助けることが自分にとって利益につながるか、ということを第一に考えて行動します。自分にとって何の得にもならないと判断した場合は、一切手を貸すようなことはありません。

恋愛においては、彼の仕事が魅力的で付き合ったものの、いざ転職したり仕事で失敗して将来が危うくなった途端に別れてしまうという例が分かりやすいでしょう。自分にとってメリットがなくなったら別れるという薄情な人は多いです。

⑦理屈が多い

薄情な人は、自分の考えが一番正しいと思っている人が多いです。そのため、他人に何か指摘された時にも、なかなか他人の考えを受け入れることができずに理屈ばかり並べてくることがあります。

それは間違っているとはっきりと指摘されても、自分はこうだから、と無理やり自分のことを正当化しようとするのが特徴です。何を言っても屁理屈で返され、そのうち周りからも何を言っても無駄だと諦められてしまうでしょう。人が他人にアドバイスしたり間違いを指摘するのは、その人にもっと良くなってもらいたいという思いがあるからです。しかし、その思いが一切届かないのであれば、注意する時間も無駄だと思われてしまいます。

⑧簡単に約束を破る

簡単に人との約束を破ってしまうのも、薄情な人に多い特徴と言えます。薄情な人は、基本的に他人のことをどうでもいいと考えているので、約束を守らなかった時に相手がどういう気持ちになるのか、どれだけ傷つくかということを想像することも、理解することもできません。

そのため、自分の都合が悪くなったり、気持ちが乗らなくなると平気で人との約束を破ってしまうのです。約束を守れない人は、当然人から信頼されることはありません。何度も約束を破ったりドタキャンしてしまったりすると、もうあの人のことは信用できないと思われてしまいます。そのうち人から誘われることも無くなってしまうはずです。

⑨受けた恩を返さない

薄情な人は、他人から受けた恩を返しません。そもそも、他人からしてもらったことを恩だと感じることもないのです。普通であれば、友達に親身に相談に乗ってもらったり、仕事で同僚にサポートしてもらったりしたら、それに対して感謝して今度は自分が助けようという気持ちになるものですが、薄情な人はそうはなりません。なぜなら、他人にしてもらうことは当然だと考えているからです。

自分が他人に何かしてあげた時にはしっかりと見返りを要求するのに、自分がしてもらったことに対しては何も感じていないのです。ギブアンドテイクという言葉がありますが、薄情な人にはその意味合いも全く通用しません。

⑩外面が良い

これは、日本人に多いことでもありますが、外面が良いことも薄情な人の特徴の一つです。初対面ではニコニコしていてとても愛想が良く優しそうに見えたのに、実際は冷たい薄情な人だったというようなことはよくあるはずです。

しかし、これは外国の人から見た日本人全体の印象でもあります。日本人は、笑顔の裏で何を考えているのか分からない、親しそうに見せかけて実際は利益のことしか頭にない冷たい人という印象を持たれています。

薄情な人が他人に冷たくする心理的な理由とは?

他人と深く関わることを拒んだり、簡単に裏切ってしまう人は、子どもの頃や過去に何か原因やきっかけがある可能性があります。人の性格は、その人が生まれ育った環境や両親の教育に大きく影響されて形成されていくものです。親からあまり愛情を受けずに育った、コミュニケーションが足りなかった、そういう子どもの頃の環境が一因となってしまった可能性があります。

全ての薄情な人が過去にトラウマがあるとは限りませんが、過去の経験を引きずったまま大人になってしまった人がいるということも理解しましょう。身近にいる薄情な人と付き合う上で、そのような背景もあると知れば、これまでよりも前向きに相手と付き合っていけるはずです。

他人を信じることが怖い

薄情な人の内面には、他人を信じることが怖いという気持ちが潜んでいる場合が多いです。幼少期や過去に、大切な人に裏切られた経験がある人は、自分が大人になった時に自分がされたことと同じことを繰り返し行う傾向が強いと言われています。

他人を信じてまた裏切られるくらいなら、他人のことを一切信用せず、裏切られる前に自分が裏切ればいいという気持ちが働くのです。そのため、他人に協力したり深く関わることをせず、自分の力で生きていこうとする姿勢が、他人から見れば冷たい人、情が薄い人という風に映ってしまいます。

自分を否定されたくない

薄情な人は、他人に否定されたくないという気持ちが人よりも強い傾向にあります。自分が否定される前に、まず相手のことを否定して攻撃してしまうのです。ある意味他人を否定することが自分を守るための手段になっていると言えます。

幼い頃に、両親や身近な人から否定され続けて育ってしまった人は、人から否定されたり拒絶されることを極端に怖がります。大切な人に認めてもらいたい、受入れてもらいたい、心理的内面に潜んでいるそのような気持ちが裏返しとなって現れていることがあるのです。

薄情な人と上手に付き合っていく方法

距離を保って接する

薄情な人と上手く付き合っていくためには、適度な距離を保つことをおすすめします。仕事上の付き合いでどうしても関わらなければならないというのであれば、仕事は仕事、プライベートはプライベートとしっかり切り離し、必要以上に深く関わらないようにしましょう。

薄情な人に安易に深入りしてしまうと、思わぬ被害を被ってしまうことがあります。とはいえ、あまりにも冷たい態度をとりすぎてしまうと、周りからあなた自身も情が薄い人だと思われることもあるので、極端な態度はとらないように注意しましょう。

期待しない

薄情な人には、最初から何も期待しないことが大切です。人は期待してしまうから、その期待を裏切られた時に深く傷つき失望してしまいます。最初から薄情な人、情がない人だと分かっているのであれば、必要以上に期待をしないことです。

この人はこういう人だから仕方ないと最初から諦めて期待せずに付き合っていれば、何かトラブルがあった時でもそれほどストレスを感じることがありません。また、最初から期待していなければ、相手が予想外に何かをしてくれた時は普通以上に喜びを感じ、案外上手く付き合っていけることもあります。

良いところを一つ探してみる

周りから薄情者で冷たいと思われている人でも、一つくらいは良いところがあるはずです。薄情な人と上手に付き合っていくためには、一つだけでいいのでその人の良いところを探してみましょう。

話を詳しく聞いてみると、こういう風に考えていたのか、と気持ちを理解して案外納得できるようなこともあるかもしれません。普通の友達であれば疎遠になればいいだけですが、仕事でずっと付き合っていく必要があるのであれば、少しでも円滑な関係を築けた方が良いでしょう。相手の良いところに注目し、上手に付き合ってみてください。意外な一面が見え、あなたには心を開いてくれるようになる可能性もあります。

大事な話をしない

薄情な人には、大事な話や人に秘密にしておいてもらいたいような話はするべきではありません。薄情な人に、これは内緒の話だからと釘を刺したとしても、簡単に裏切って他の人に話してしまう可能性が高いです。

薄情な人と話す時には、当たり障りのない話題を選ぶようにしましょう。大事な話だけでなく、他人の悪口や噂話を話すことも厳禁です。あっという間に話は広まり、悪口を言っていたことも本人にバレてしまうでしょう。薄情な人は、人が隠したいことをバラされたらどう思うのかということを想像しません。その瞬間楽しければそれでいいのです。大事な話は自分の胸にしまっておくようにしましょう。

意見を一旦認める

自分の考えとは違っていたとしても、一旦話をきちんと聞いてあげ、意見を認めることも大切です。薄情な人が話すことに対して、全部を否定して反論してしまうときりがありません。

たとえあなたの主張が正しかったとしても、薄情な人は屁理屈を言い自分を正当化して他人の意見を受け入れることはしないです。しかし、一旦薄情な人の意見を受け入れた上で、あなたの意見を主張してみれば、少しは譲ってくれる可能性が出てきます。意見が対立してなかなか折り合いがつかない場合は、まず一歩引いて意見を認めてあげましょう。

薄情な人とは距離を置いて上手に付き合おう

薄情な人が学校や職場に一人でもいると、人間関係が複雑になり苦労することも多いでしょう。ただの友人の一人であれば離れるという選択肢もあるかもしれませんが、仕事上絶対に付き合っていかなくてはいけないというのであれば、そういうわけにもいきません。

薄情な人とストレスなく付き合っていくには、一定の距離を置いて深く関わらないようにすることが一番の得策です。浅く長く付き合っていけば、思いがけず相手の良い一面を発見することができるかもしれません。薄情な人には正面からぶつからず、適度な距離を保ちながら上手に付き合うようにしましょう。

この記事のライター

最新の投稿


保湿液とは?わかっているようで気になる乳液との違いとは?

保湿液とは?わかっているようで気になる乳液との違いとは?

保湿液とは化粧水の保水力と乳液の保湿力を併せ持った効果が期待できるスキンケアアイテムです。乳液とは油分量が異なり、サラッとした使い心地です。肌の乾燥対策用アイテムとしてスキンケアに取り入れることにより、しっとりと落ち着いた肌へ導くことができます。


子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

猫がトイレ以外の場所でトイレをする行動は、飼い主にとっても困る行動の1つです。子猫のうちは、トイレでしないことが多いです。しかし子猫がトイレをしないとき、いくつかの理由や原因が考えられます。子猫がトイレをするための対策方法、トレーニング方法などをお伝えします。


ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替えはクリームの形状に合わせて容器を選ぶことがポイントです。ハンドクリームの詰め替え方法はクリームの硬さによって直接容器に注入したり、スパチュラなどの小道具を使って移し替えます。小ぶりな容器に詰め替えれば、どこにでも持ち運ぶことができます。


大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫におすすめのキャットタワーは猫の体重を支えられる頑丈で安定性が高いキャットタワーです。キャットタワーには突っ張りタイプと据え置きタイプの2種類がありますが、愛猫の性格や運動能力にあったものを選びましょう。猫種によってタイプを選ぶのがおすすめです。


猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

分離不安症を知っている方はいますか。猫や犬が抱える、精神的な問題行動を指します。近年愛猫のイタズラや粗相で、悩んでいる方からの相談が相次ぎません。それらの行動の原因が、猫の分離不安症であることもあります。愛猫について知るためにも、精神病である不安分離症について知ることは大切です。