脂肪燃焼スープの効果でダイエット!おすすめなやり方とレシピを紹介

脂肪燃焼スープの効果でダイエット!おすすめなやり方とレシピを紹介

燃焼スープは多く飲むほど痩せると言われ、1週間飲み続けることで驚くほど痩せることができます。今回は、燃焼スープダイエットのおすすめのやり方や食事メニュー、アレンジレシピ、活用するべき野菜などをご紹介します。短期間で体重を数キロ落としたい方は必見です!


脂肪燃焼スープダイエットの3つの痩せる効果とは?

脂肪燃焼スープは多く飲むほど痩せると言われている、ダイエットに最適なスープです。脂肪の燃焼を促進するスープを1週間飲み続けるダイエットであり、多く飲むことで痩せる理由は、以下の3つのダイエット効果があるからです。

・糖質制限で脂肪燃焼を促進
・腸内環境が改善され便秘解消
・デトックスされて代謝UP

痩せる効果①糖質制限で脂肪燃焼を促進

脂肪燃焼スープダイエットでは、7日間の決まったメニューで取り組むことで、糖質の摂取量がかなり抑えられます。人間は普段、食事で摂取した糖質からエネルギーを得ているため、糖質の摂取量が少ないと体に蓄積された脂肪をエネルギーとして消費することが可能です。

そのため、糖質が制限された7日間のメニューで脂肪燃焼スープダイエットに取り組むことで、脂肪燃焼が促進され、痩せる効果を実感することができます。

痩せる効果②腸内環境が改善され便秘解消

脂肪燃焼スープを飲むことで、食物繊維を豊富に含む野菜を非常に多く摂取することができます。食物繊維を多く体に取り入れることで、腸内環境が改善されて、便秘解消を解消させることが可能です。

食物繊維は、腸内で水分を吸収して膨らむことで腸を刺激して便通を促進します。便秘が解消されることで、ぽっこりと出ていてお腹をスッキリとさせることができます。便秘気味の方は特に、脂肪燃焼スープダイエットに取り組むと痩せる効果が得られやすいです。

痩せる効果③デトックスされて代謝UP

食物繊維を多く摂取することで、便秘を解消できるだけでなくデトックス効果が得られ、代謝をUPさせることが可能です。食物繊維を摂取して便通が促進されると、体内の毒素や老廃物を排泄することができ、血液の流れがスムーズになります。

血液の流れがよくなると、カロリー消費が増えて減量を進めることが可能です。さらに、栄養吸収能力が高まり、体に必要となるさまざまな栄養素を体内に効率よく取り込むことで痩せる体をつくることができます。

脂肪燃焼スープダイエットのおすすめのやり方

脂肪燃焼スープダイエットでは、積極的に食べるものや食べてはいけないものなどのルールが決まっており、そのルールに従ったやり方をすることできちんと痩せる効果が得られます。具体的には、以下の7つに留意して取り組む必要があります。

・7日間スケジュール通りの食事にする
・ダイエット開始24時間前からアルコール禁止
・砂糖や人工甘味料の摂取NG
・小麦粉を使った食品もNG
・夕食前には必ずスープを一皿以上食べる
・肉や魚も食べる
・1週間限定で取り組む

7日間スケジュール通りの食事にする

脂肪燃焼スープダイエットでは、7日間の食事メニューが決まっています。こちらのスケジュールに従って取り組むことで、1週間で体重減少の効果が得られるでしょう。

1日目:野菜スープ&フルーツ(バナナ以外)
2日目:野菜スープ&生野菜・蒸し野菜
3日目:野菜スープ&フルーツ&生野菜・蒸し野菜
4日目:野菜スープ&バナナ3本&スキムミルク500ml
5日目:野菜スープ&赤身肉350〜700g(鶏肉・煮魚でも可)&トマト(最大6個)
6日目:野菜スープ&牛肉(ステーキ2〜3枚程度)&生野菜・蒸し野菜
7日目:野菜スープ&玄米&生野菜・蒸し野菜&100%フルーツジュース

ダイエット開始24時間前からアルコール禁止

7日間の脂肪燃焼スープダイエットに取り組む際には、ダイエット開始24時間前からアルコールを控えましょう。アルコールを摂取すると、アルコールの消費が優先されて糖質や脂質などの栄養素の消費が後回しにされてしまい、脂肪燃焼スープの痩せる効果が得られにくくなってしまいます。さらに、アルコールを摂取することで食欲が増進し、食事量が増えてしまいかねません。

普段アルコールを摂取する習慣のある方は少々辛いですが、たったの1週間ほどであるため、1週間の短期集中で減量するためにもダイエット開始の前の日からアルコールの摂取を断つようにしましょう。

砂糖や人工甘味料の摂取NG

脂肪燃焼スープダイエットでは、砂糖や人工甘味料の摂取はNGであるため、甘いものは一切食べられません。砂糖は糖質の塊であるため、糖質を制限するためには砂糖の摂取を避けるべきです。また、甘いものには中毒性があるため、一度食べるとさらに食べたくなってしまいます。そのため、余計な食べ物摂取を少しでも減らして痩せるために、人工甘味料も含めて1週間の間は甘いものを食べないようにしましょう。

甘いお菓子やスイーツはもちろん食べられませんが、人工甘味料が入った甘いジュースなども摂取NGです。ダイエットに取り組む7日間は、水やお茶、甘くない炭酸水、ブラックコーヒーなどで水分補給しましょう。

小麦粉を使った食品もNG

脂肪燃焼スープダイエットでは、小麦粉を使った食品の摂取もNGです。小麦粉には糖質が多く含まれており、糖質を多く摂取することで血糖値が急上昇し、インスリンが過剰に分泌されて脂肪蓄積が促されてしまいます。

そのため、糖質摂取を抑えるために小麦粉使用の食品は食べないように注意しましょう。具体的には、パンや麺類、焼き菓子、スナック菓子などが挙げられます。

夕食前には必ずスープを一皿以上食べる

脂肪燃焼スープダイエット中の夕食前には必ず、スープを1皿以上食べるようにしましょう。夜にとる食事は、活動によってカロリー消費されにくいために脂肪として体に蓄積されやすく、太りにくい工夫をして食べる必要があります。

食事のはじめに脂肪燃焼スープを食べることで、糖質を摂取する前に食物繊維を多く摂取することができます。糖質摂取の前に食物繊維を摂取することで、血糖値の急上昇が抑えられて脂肪蓄積されにくくすることが可能です。そのため、脂肪燃焼スープダイエットに取り組む7日間の夕食では必ず、最初にスープを食べるという食事の順番を意識しましょう。

肉や魚も食べる

脂肪燃焼スープダイエットに取り組む際には、7日間のスケジュール通りに肉や魚も食べるようにしましょう。肉や魚などのタンパク質をしっかりと摂取しないと筋肉量が落ちてしまい、カロリー消費が少なくなってしまいます。スケジュールでは、7日間のうち5日目と6日目の2日間は肉や魚を食べられる食事メニューとなっているため、スケジュール通りに肉や魚などのタンパク質食品をしっかりと摂取しましょう。

ただ、肉を食べる場合には選び方を間違えるとカロリー摂取を大きく増やしてしまい、痩せることができません。カロリー摂取を抑えるためには脂質分が少ない肉を選ぶべきであり、赤身肉やささみ、皮を除いた鶏むね肉などを積極的に食べるようにしてください。

1週間限定で取り組む

脂肪燃焼スープダイエットでは、5日目以降にタンパク質をしっかりと摂取する食事メニューとなっていますが、通常よりはタンパク質摂取量が減るため、長期間続けると筋肉が落ち始めて基礎代謝が低下してしまいます。また、カロリー摂取を大きく制限したダイエットであるため、長期間取り組むことは体に大きな負担となり、体調不良を引き起こしかねませんし、ダイエット後にリバウンドしてしまう可能性も高くなります。

そのため、脂肪燃焼スープダイエットは必ず、1週間限定で取り組むようにしましょう。

脂肪燃焼スープダイエットのおすすめレシピ4選

脂肪燃焼スープダイエットに取り組もうと考えている人は、ぜひこちらのレシピを参考に脂肪燃焼スープを作ってみてください。基本の脂肪燃焼スープの作り方をはじめとして、和風テイストのものやカレー風味のもの、中華風のものなどさまざまなアレンジレシピもあります。同じ味のスープばかりでは、食べ飽きてしまうことが考えられるため、お好みのアレンジレシピを取り入れて美味しく続けられる工夫をしましょう。

おすすめレシピ①基本の脂肪燃焼スープ

材料 (1鍋分)
・玉ねぎ 3個
・ピーマン 1個
・セロリの茎 1本
・キャベツ 半分
・ホールトマト 1缶
・固形コンソメ 2個
・塩こしょう 適量

作り方
1. すべての野菜を食べやすい大きさに切り、コンソメとつぶしたホールトマトと一緒に大きな鍋に入れる。
2. ひたひたくらいの水を加えて、10分~好みの野菜の固さになるまで煮る。
3. 塩こしょうで味付けしたら完成。

こちらは、レシピを実践して作ったという投稿が3000件以上もある、非常に人気の高いレシピです。最も基本的な脂肪燃焼スープでもあるため、初めての方は特に、こちらを参考にするのがおすすめです。

比較的少ない材料で作れることができるお手軽なレシピとなっているため、料理が苦手な方でも安心して作ることができます。

おすすめレシピ②和風テイストの脂肪燃焼スープ

材料(4人分)
・玉ねぎ 1個
・セロリ 1本
・キャベツ 1/4個
・しいたけ 1パック
・ブロッコリー 1/2個
・切り干し大根 80g
・ホールトマト缶 1缶
・コンソメ 2個
・日高昆布 10cm
・塩こしょう 少々
・かつおだし 小さじ2

作り方
1. キャベツ、玉ねぎ、セロリは食べやすい大きさに切り、しいたけは千切りにする。
2. ブロッコリーをキッチンバサミで細かく刻み、1の食材と切り干し大根とともに鍋の中へ入れる。
3. 鍋にトマトホール缶と材料がひたひたになるぐらいの水を入れ、日高昆布の千切り、かつおだし、コンソメ入れて煮る。
4. 塩こしょうで味を整えれば完成。

こちらのレシピでは、コンソメに加えて日高昆布やかつおだしを加え、さらに食材としてしいたけが入っていることで和風テイストな脂肪燃焼スープとなっています。また、切り干し大根のうま味が日高昆布やかつおだし、しいたけの出汁の味に相まって、より美味しく感じられます。

そのため、こちらの和風テイストのスープは、より濃い味を味わいたい方や出汁の味を楽しみたい方におすすめなレシピです。

おすすめレシピ③カレー風味の脂肪燃焼スープ

材料(2人分)
・玉ねぎ 1/2個
・ピーマン 2個
・パプリカ(赤と黄) 各1/2個
・なす 1本
・トマト 1/2個
・ニンニク 1〜2片
・ローリエ 1枚
・ホールトマト缶 1/4缶
・カレー粉 少々
・オリーブ油 大さじ1
・塩こしょう 少々

作り方
1. すべての野菜を食べやすい大きさに切る。
2. 鍋にオリーブ油大さじ1、包丁でたたきつぶしたニンニクを入れて弱火で炒める。香りが出たらなす、パプリカ、ピーマン、玉ねぎを加えて中火でさっと炒め、ローリエ、缶のトマトをくずして缶汁ごと、水1カップを加える。
3. 煮立ったら塩こしょう少々をふり、ふたをして30分ほど煮る。
4. カレー粉を加えてひと煮立ちさせ、トマトを加えて火を止める。

こちらレシピは、カレー粉を加えることでカレー風味の味付けとした脂肪燃焼スープとなっています。水分量少なめで作るため、調味料が少なくてもしっかりと味を感じることができるスープです。さらに、ニンニクやローリエを加えることで風味が豊かになり、より美味しく味わうことができます。

基本となるコンソメの味付けの脂肪燃焼スープが飽きてきた場合には、こちらのレシピを活用するのがおすすめです。

おすすめレシピ④中華風脂肪燃焼スープ

材料(1鍋分)
・玉ねぎ 2個
・セロリ 2本
・キャベツ 1/4個
・人参 1本
・パプリカ 2個
・トマト 2個
・生姜 適量
・ニンニク 1カケ
・鷹の爪 1~2個
・鶏がらスープの素 大さじ1
・醤油 小さじ1
・ブラックペッパー 適量

作り方
1. ニンニクをみじん切りにし、玉ねぎはレンジで加熱する(800Wで3分程度)。
2. すべての野菜を食べやすい大きさに切り、鍋に入れて炒める。
3. 水をヒタヒタになるくらい入れたら調味料をすべて入れる。
4. 野菜がくたくたになるまで煮込んだら完成。

こちらのレシピもコンソメは使わず、鶏がらスープの素や醤油で味付けをした中華風の脂肪燃焼スープとなっているため、基本となるコンソメの味付けの脂肪燃焼スープが飽きてきた場合に活用するのがおすすめです。生姜とニンニクの風味がプラスされ、また鷹の爪のピリッとした辛味がよいアクセントとなっており、非常に美味しく食べられるアレンジレシピです。

脂肪燃焼スープダイエットに活用するべき野菜

活用するべき野菜①トマト

トマトは1個あたりのカロリーが32kcalとカロリーが低い野菜であるため、積極的に活用しましょう。また、トマトにはリコピンが豊富に含まれており、リコピンには脂肪を蓄積させる作用をもつ細胞の成長を抑える働きがあるため、脂肪蓄積予防に高い効果が期待できます。また、リコピンは加熱することで吸収率が約3倍になるため、脂肪燃焼スープに用いるには最適な食材です。

さらに、トマトにはうまみ成分であるグルタミン酸が豊富に含まれているため、トマトを多く取り入れたスープは非常に美味しいです。

活用するべき野菜②キャベツ

キャベツはカロリーが低く、1/4個食べても摂取カロリーは45kcalとそれほどカロリー摂取を増やさないため、脂肪燃焼スープダイエットに活用するべき理菜です。

また、キャベツにはビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCは肌によい働きをすることがよく知られていますが、実は痩せる効果も期待できる栄養素です。ビタミンCは、細胞の代謝をUPさせて、余分なエネルギーの蓄積を防ぐという働きに加え、脂肪を蓄積させる作用をもつ細胞にエネルギーを与えないという働きをします。そのため、ビタミンCにはリコピンと同様に脂肪蓄積予防に高い効果が期待できます。

活用するべき野菜③玉ねぎ

玉ねぎにはビタミンB1の吸収を助ける働きのあるアリシンが含まれています。ビタミンB1は摂取した糖質をエネルギー変換するのに必要となる栄養素であるため、玉ねぎを食べてアリシンを積極的に摂取することで、糖質をエネルギー消費しやすくなります。

さらに、アリシンには血流をよくする効果もあるため、血行不良改善に効果的です。玉ねぎをたっぷりと使用したスープを飲んでアリシンを摂取し血流が促進されれば、エネルギー消費しやすくなり、体重減少に効果が得られやすくなります。

活用するべき野菜④セロリ

セロリはカロリー・糖質ともに非常に低い野菜です。セロリ1/2本あたりのカロリーは11kcal、糖質は1.7gしかないため、活用することで痩せる効果が得られやすいです。また、セロリに含まれているアビオイルという成分には鎮静作用があります。そのため、スープにたっぷりとセロリを加えて摂取することで、ダイエット中の空腹感などによるイライラ感を軽減してダイエットに前向きに励むことができるようになります。

セロリは主に茎の部分が調理に用いられますが、実は葉の部分の方がより多くのビタミンが含まれています。ビタミンは糖質や脂質をエネルギー変換するのに必要不可欠な栄養素で、効率よくエネルギー消費するには進んで摂取するべきであるため、茎だけでなく葉も刻んで調理しましょう。

活用するべき野菜⑤ピーマン

ピーマンもセロリと同様にカロリー・糖質ともに非常に低いため、活用することで痩せる効果が得られやすいです。ピーマン1個あたりのカロリーは8kcal、糖質は1.0gとなっています。また、ピーマンにはキャベツと同様にビタミンCが豊富に含まれているため、ピーマンを多く用いたスープは脂肪蓄積予防の効果が得られやすいです。ピーマン中サイズのものを4個ほど食べれば、1日に摂取するべきビタミンC100mgをほぼ満たした量を摂取することができます。

さらに、食物繊維も多く含まれているため、ピーマンを活用することで便秘解消効果やデトックス効果が得られやすいスープとなります。

7日間の脂肪燃焼スープダイエットで効果的に減量しよう

脂肪燃焼スープダイエットに取り組むことで得られる、痩せる効果に個人差はありますが、1週間で5キロ以上痩せることができたという口コミもあります。短期間で数キロ体重を落としたいと考えている方はぜひ、今回ご紹介したアレンジレシピなども活用して脂肪燃焼スープダイエットに励んでみてください。7日間のスケジュール通りに実践すれば確実に痩せる効果を得られるでしょう。

関連するキーワード


スープ 脂肪 レシピ

関連する投稿


お腹の脂肪を落とす効果的な方法とは?ダイエットガイド!

お腹の脂肪を落とす効果的な方法とは?ダイエットガイド!

ダイエットで痩せたい部位のダントツはお腹!お腹の脂肪を落とす方法が知りたい方も多いのでは?腹回りの引き締めに効果的な腹筋・脂肪燃焼に効果的な食事方法・贅肉を減らすのに効果的なマッサージや半身浴など、高い効果が期待できるお腹の脂肪を落とす方法を一挙公開!


簡単に作れるダイエットレシピ&作り方12選!人気で手軽で美味しい

簡単に作れるダイエットレシピ&作り方12選!人気で手軽で美味しい

ダイエットの成功の鍵は食事が重要。しかし、人気のあるダイエット方法はなにかと制限があるものが多く失敗する人も多いはず。簡単に作れておいしいのにダイエットができたら最高ですよね?ここでは人気のあるおいしいレシピを抜粋して簡単に作れるダイエットレシピをご紹介します。


1歳の食事!気になる離乳食の量とおすすめレシピ。元気にパクパク食べさせよう

1歳の食事!気になる離乳食の量とおすすめレシピ。元気にパクパク食べさせよう

1歳頃の赤ちゃんの育児では、食事の与え方が非常に重要なポイントとなります。今回は、離乳食完了の時期となる1歳児の適切な食事量や食事時間、ごはんの作り方&食べさせ方のコツ、おすすめレシピをご紹介します。12ヶ月頃の赤ちゃんの食事にお悩みのママは必見です!


鍋ダイエットで-10キロ?効果絶大なやり方とおすすめレシピを厳選紹介

鍋ダイエットで-10キロ?効果絶大なやり方とおすすめレシピを厳選紹介

手っ取り早く簡単に痩せたい方は、夕食を鍋に置き換える鍋ダイエットに取り組むのがおすすめです。今回は、鍋ダイエットの効果とやり方、簡単に作ることができるおすすめレシピを厳選してご紹介します。鍋ダイエットを実践して、健康的にキレイに痩せましょう!


最新の投稿


公私混同している人の特徴とは?職場や恋愛でNGな行動10選

公私混同している人の特徴とは?職場や恋愛でNGな行動10選

公私混同しないことは、社会人にとってはあたりまえのマナーです。しかし、自分でも気付かないうちにプライベートを職場に持ち込んでしまっている可能性もあります。職場や学校で公私混同してしまわないよう、どういう行動が公私混同にあてはまるのかを理解しておきましょう。


リップブラシのおすすめ10選!口紅を筆で魅力的に描こう

リップブラシのおすすめ10選!口紅を筆で魅力的に描こう

リップブラシを使って口紅を塗ると直塗りよりも口紅が落ちにくく、見違えるほどメリハリのある唇に仕上がるのでおすすめです。100均などのプチプラから高級化粧品ブランドの商品まで種類はたくさんあります。使いやすいおすすめのリップブラシで魅力的な唇を表現しましょう。


ごま油ダイエットのやり方とは?脂肪燃焼効果の過信に注意!

ごま油ダイエットのやり方とは?脂肪燃焼効果の過信に注意!

普段何気なく使っているごま油ですが、実はダイエットや健康などへの効果が期待できる油として話題になっています。ごま油のダイエットをサポートしてくれる効果に着目しながら、具体的な効果やダイエット方法をチェックしていきましょう。


麦ご飯の6つの効果とは?食べ方と合わせてダイエット効果を解説

麦ご飯の6つの効果とは?食べ方と合わせてダイエット効果を解説

美味しい麦ご飯は食材にこだわるお店などでも見かけることが増えてきました。ダイエットや健康、美容などにも効果があると話題になっています。炊き方もとても簡単ですし豊富な栄養素が私たちの身体に多くのメリットを与えてくれます。麦ご飯の知識を高めてダイエットに役立てていきましょう。


ハイライトの種類とは?立体感をつくるおすすめハイライト12選

ハイライトの種類とは?立体感をつくるおすすめハイライト12選

一見メイクの中で脇役のようなポジションになっているハイライトにはいくつかの種類があります。どれもおすすめの特徴を持っていますが、いまいち入れ方がわからないという人も少なくありません。そこでハイライトのおすすめの種類をチェックしながら効果的に活用する方法を学んでいきましょう。