猫がドライフードを食べない理由とは?何が原因?様々な対策お教えます

猫がドライフードを食べない理由とは?何が原因?様々な対策お教えます

飼い猫がある日突然ドライフードを食べなくなった経験があるという飼い主は意外と多いです。いきなりフードを食べない状態になるとどこか身体の具合が悪いのかと心配になりますが、猫がドライフードを食べないのには実は意外な理由があるのです。その理由と対策を見てみましょう。


猫がドライフードを食べない3つの理由

飼い猫がある日突然、与えていたドライフードを食べなくなって焦った経験がある飼い主は意外と多いのではないでしょうか?何の前触れもなくキャットフードを食べない状況になってしまい、病気を疑って獣医に見せたけれど異常なしと診察された飼い主もいるでしょう。

猫がキャットフードを食べないと、病気による食不振を疑いますが、実は病気には全く関係ない理由がいくつかあります。餌を食べず、獣医に見せても異常なしと言われた場合には、病気以外の理由が考えられます。

猫が急にエサを食べなくなってもあたふたしなくても良いように、ドライフードを食べない理由を知っておきましょう。

①味に飽きてしまった

猫を飼っている飼い主の多くが、飼い猫のグルメに悩まされています。飼い猫はそれまで食べていたドライフードの味に飽きてしまった場合、急にご飯に見向きもしなくなることがあります。

猫は一旦飽きてしまうと、お腹が空いても飽きたご飯をなかなか食べようとはしません。放っておけばそのうち食べるだろうと考える人もいるでしょう。しかし、飽きたキャットフードをお腹が極限まで空いてから渋々少し食べるようでは健康に良くはありません。

今までのご飯の味に飽きてしまったようなら、別のキャットフードに変えてみるなどの対策が必要です。

②他の食べ物が好きになってしまった

猫がドライフードを急に食べなくなった場合、食べなくなる前に別のキャットフードやおやつを与えてはいませんでしたか?もし、別のキャットフードやおやつをあげていたのなら、そちらの味が気に入ってしまって、今まであげていたエサに見向きしなくなった可能性があります。

猫が他のエサの味が気に入ってしまい、その食べ物ばかりねだるようになっても、それがおやつだったのならば、主食エサの代わりにはなりません。つい猫の可愛さに負けて、おやつばかり甘やかして与えるのは止めましょう。ドライフードを食べないでいれば美味しい物がもらえると学習してしまうからです。

③時間が経って食感が変わってしまった

ドライフードは通常、丈夫な紙袋やビニール製の袋に入っているので、外部の湿気の影響は受けません。しかし、一旦袋から出すと、空気中の湿気を吸収するので時間が経つにつれて食感がカリカリからふにゃふにゃになってしまいます。

もし、飼い猫がドライフードを急に食べない状態になったのなら、フードを器に入れた時間を思い出してみてください。キャットフードを与えたのが数時間前ならば、時間が経ってドライフードがカリカリからふにゃふにゃになってしまっている場合があります。

飼い猫がドライフードのカリカリとした食感が好きならば、ふにゃふにゃの食感が嫌いでフードを食べない可能性があります。新しいカリカリのフードを入れてあげましょう。

猫がドライフードを食べないときの6つの対処法

猫がドライフードを食べない場合、そのまま食べるまで放置するのは猫の健康によくありません。嫌な物を無理やり食べさせれられるのは、猫にとって苦痛でありストレスの原因になってしまいます。

さらに子猫の場合は短時間でもご飯を食べないでいると、子猫は身体が小さく弱いので体調に影響が出てしまいます。

ドライフードを食べない状況になってしまったら、いくつかの対処法でまた前のようにキャットフードを食べてくれるようにすることが大切なのです。ドライフードを食べないのは単にわがままであるといって放置するのは止めましょう。

①銘柄を変える

猫が今までのドライフードの味に飽きてしまったようなら、ドライフードの銘柄を変えてみましょう。大抵の場合、この方法であっさりフードを食べるようになるでしょう。

ドライフードの銘柄を変える時には、現在の年齢や状態によって最も適切なドライフードを与えることが大切です。例えば、3歳ごろから7歳ごろまで与えていたドライフードの銘柄を変える場合、今までは成猫用のフードが一番合っていたでしょう。しかし、猫は7歳を超えるとシニアの域に入ってくるので、シニア用のフードを選ぶのが適切です。

このように、フードを買い替えるときには飼い猫の現在の状態に合った物を選ぶことが重要です。

②ウェットフードを与える

ドライフードを食べないときには、ウェットフードを与えてみるのも方法の一つです。ウェットフードのほうが嗜好性が高いので、よく食べてくれるでしょう。

しかし、ウェットフードはドライフードよりコストがかかり、さらに柔らかいので歯に歯垢がたまり虫歯になりやすいデメリットがあります。

子猫にウェットフードを与える場合はさらに注意が必要です。なぜなら、子猫は生後6か月以内に食べたもの以外はその後あまり食べない傾向にあるからです。ウェットフードばかりの食事だと、将来ドライフードを全く食べない猫になってしまう可能性があります。

ウェットフードを与える場合は、ドライフードも少し混ぜてドライフードも食べさせるようにしましょう。

③ドライフードをふやかす

すぐにフードを買い替えたり、ウェットフードを与えたりできない場合、今あるドライフードを食べさせる必要があります。その場合は、お湯をかけてドライフードをふやかし、ウェットフード風にするとドライフードを食べてくれる可能性があります。

猫は嗅覚が鋭く、匂いでも食欲が刺激されます。ドライフードにお湯をかけると、フードの匂いが強くなるので食事してくれる可能性が高くなるというわけです。

猫にふやかしたドライフードを与える際は、かけたお湯が冷めてから与えましょう。熱いまま与えると舌を火傷する危険があります。

④食器を変える

猫がドライフードを食べてくれない原因は、実はフードそのもの以外にもある場合があります。例えば猫の食器です。猫がフードを食べてくれなくなる前に、猫の食器を新しいものに変えていた場合は、食器が気に入らなくてフードを食べないということもあります。

もし、食器を最近変えた記憶があるのなら元の食器に戻すか、別の食器に変えてみましょう。食器を変えただけで、フードはそのままでも気に入った食器なら食べてくれる可能性があります。

⑤フードの置き場所を変える

猫がドライフードを食べない理由には、フードの置き場所が関係していることもあります。猫はフードや水など、食事は決まった場所でとりたいという習性があるので、もしフードや水の置き場がいつもと違う場所になっていると、途端に食べないという場合があります。

人間からしたら何気ない猫のフードの置き場所ですが、猫にとっては食事場所は重要なポイントなのです。もし最近フードの置き場所を変えたことがあるのなら、食事場所を元に戻すか別の場所にしてみましょう。

⑥しばらくそのままで様子を見る

猫がドライフードを食べない時、食べるまで放置するのは猫にストレスが溜まってしまうのでよくありません。

しかし、猫は気まぐれな生き物なので、特に理由もなく何となく食べないだけということもあり得ます。猫がドライフードを食べないからといって、すぐにおやつやウェットフードで釣るのも良くありません。猫がドライフードを食べないようにすれば美味しいものがもらえると覚えてしまうからです。

猫がドライフードを食べない時、特に原因が思い当たらないのなら1~3時間は様子を見てみましょう。もしそれでも食べないようなら別の対策を試してみてください。

猫がドライフードを食べないのは飽きた可能性が高い!

飼い猫が今まで普通に食べていたドライフードを突然食べなくなると、病気を疑って焦る飼い主は多いでしょう。しかし、ドライフードを食べない以外に苦しむ様子をみせたり、今までと違ったところが無かったりするようなら単純にドライフードに飽きてしまった可能性が高いです。

猫がただドライフードに飽きただけのようであっても、食べるまでそのままずっと放置するのは良くありません。フードや器を変えるなどの対策をとって、またフードを食べるようにすることが大切です。

この記事のライター

関連するキーワード


関連する投稿


猫アレルギーの原因とは?症状を改善する方法・克服方法を解説

猫アレルギーの原因とは?症状を改善する方法・克服方法を解説

猫アレルギーの原因はFel d 1というタンパク質が主です。完璧な治し方は残念ながらまだわかっていませんが、原因となるアレルゲンをできるだけ体内に入らないような対策を取ることで、猫アレルギーの発症を抑制することができます。


猫がたくさん水を飲む理由とは?病気なのかな?1日の適切な摂取量を解説

猫がたくさん水を飲む理由とは?病気なのかな?1日の適切な摂取量を解説

猫が水をふだんよりたくさん飲む様子がみられたら、重い病気に罹っているサインかもしれません。たいしたことではないと思わず、どのくらいたくさんの水を飲むようになったのかを把握し、猫の体調の善し悪しとその原因をきちんと見極めてあげましょう。


子猫が水を飲まない!効果的な飲ませ方は?病気の可能性があるの?

子猫が水を飲まない!効果的な飲ませ方は?病気の可能性があるの?

猫はもともと砂漠の生き物なので、たくさんの水は飲みません。しかしあまりに飲む量が少ないと脱水症状になったり、尿道や腎臓の病気を引き起こしたりする危険があります。とくに子猫は脱水症状になりやすいので注意が必要です。子猫が水を飲まない原因と対処法を見てみましょう。


猫がトイレで鳴く理由とは?猫がどんな気持ちなのか知ろう

猫がトイレで鳴く理由とは?猫がどんな気持ちなのか知ろう

飼い猫がトイレをしているときに鳴くのには、実は様々な気持ちや理由が隠れています。そしてその中には病気の可能性も隠れているので注意が必要です。猫がトイレで鳴く理由は鳴き声の種類や様子である程度異なるので、トイレで鳴くのであれば様子を見てみましょう。


猫も大好きな植物!キャットニップの効果・効能と育て方とは?

猫も大好きな植物!キャットニップの効果・効能と育て方とは?

キャットニップとは、別名を西洋マタタビとも言う猫が大好きな植物です。キャットニップを与えると、酔っぱらったような感じになり、ストレス解消に役立ちます。キャットニップは人間にも薬膳効果が期待できます。キャットニップの効能や育て方などを見てみましょう。


最新の投稿


オーガニックの制汗剤&デオドラントおすすめ5選!肌を気にする女性が欲しいコスメとは?

オーガニックの制汗剤&デオドラントおすすめ5選!肌を気にする女性が欲しいコスメとは?

オーガニック制汗剤とは化学成分を使用していない制汗剤のことです。オーガニック制汗剤の特徴は、身体に優しい成分、アロマの香りで、嫌なニオイをケアができます。さらに身体に安全で香りによる癒し効果もある女性に嬉しい制汗剤となっています。


猫アレルギーの原因とは?症状を改善する方法・克服方法を解説

猫アレルギーの原因とは?症状を改善する方法・克服方法を解説

猫アレルギーの原因はFel d 1というタンパク質が主です。完璧な治し方は残念ながらまだわかっていませんが、原因となるアレルゲンをできるだけ体内に入らないような対策を取ることで、猫アレルギーの発症を抑制することができます。


オーガニックリンゴ酢のおすすめ5選!無添加・無農薬の人気のお酢

オーガニックリンゴ酢のおすすめ5選!無添加・無農薬の人気のお酢

オーガニックのリンゴ酢は有機林檎のさわやかな味と香りがひときわ引き立ち、お酢が苦手な人にもおすすめです。また農薬や化学肥料、添加物の心配もありません。体調や肌の調子を整えるために、今日からオーガニックのリンゴ酢を上手に活用していきましょう!


オーガニックミルクのおすすめ7選!赤ちゃんに安心して飲ませたい

オーガニックミルクのおすすめ7選!赤ちゃんに安心して飲ませたい

安心安全な粉ミルクを探すなら、オーガニック製品がおすすめです。土壌や牛のえささえもすべて厳しい基準をクリアしており、成長や健康上気になる素材は使用されていません。現時点でオーガニック粉ミルクは海外製品のみとなりますが、認証を受けた信頼できる製品です。


なぜスクワットで痩せないのか?ダイエットを成功させる秘訣を解説

なぜスクワットで痩せないのか?ダイエットを成功させる秘訣を解説

スクワットはダイエットに効果があるというから頑張っているのに痩せない、そんな声をよく聞きますが、適切な回数や強度で取り組めば、スクワットは痩せるだけでなく、綺麗なボディラインを作るのに最高の運動です。痩せないスクワットは卒業して、効果的なスクワットを行いましょう!