猫アレルギーでも猫を飼いたい!症状が出にくい6品種を紹介

猫アレルギーでも猫を飼いたい!症状が出にくい6品種を紹介

猫アレルギーの人が猫を飼うことは不可能だとは言い切れません。先ずは家の中の環境を整え、お世話をこまめにすることを心がけましょう。さらにアレルギーを引き起こす物質をそれほど持たない品種を選べば、猫をペットとして飼う可能性がさらに広がります。


猫アレルギーの人が猫を飼うためには?

猫アレルギーではあるけれど大好きな猫と一緒に暮らしたい、と切実に願う人は少なくありません。

アレルギーは猫の毛、フケ、猫のからだから分泌されているホルモン、唾液成分などさまざまな原因が考えられますが、まだ医学的にわかっていない部分も多く特定しにくいのが現状です。また、何らかの原因で突然、猫アレルギーになってしまうこともあります。

ただし、猫アレルギーだからもう猫は飼うことができない、とすぐに決めつける必要はありません。個人差はありますが、いくつかの対策を取って猫を飼うための環境を整えれば、ペットとの生活を楽しむことも可能です。

アレルゲン物質が少ない猫を選ぶ

猫アレルギーを引きおこすといわれているいくつかのアレルゲンは、Fel d 1を始めとするタンパク質の一種です。粒子がとても細かく空気中に浮遊しやすいため、人の体内にも入りやすく、痒みやくしゃみ、鼻水、咳、目の充血といった症状を引き起こしてしまいます。

ただし、これらのアレルゲンの量は猫の種類や性別によって異なりますから、アレルゲン量が少ない種類を選べば、猫アレルギーの人も猫を飼える可能性を広げることができます。さらにFel d 1量を減らすことができるワクチンも開発されており、効果が期待されています。

室内環境を整えてアレルゲンを減らす

低アレルゲンの猫でもまったくアレルゲンを持っていないわけではありません。ですから猫を飼うためにはできる限りアレルゲンを除去し、アレルギーを起こしにくくすることが大切です。

・掃除機や粘着型クリーナーなどによる丁寧な掃除
・トイレ用砂のこまめな掃除や処理
・空気清浄機の使用
・こまめなブラッシング
・月に1〜2回のシャンプー
・アレルゲンを拭き取る猫用ローションの使用
・カーテンや絨毯、ソファーなどの材質の見直し

また、換毛期や高温多湿な環境はアレルゲンが増えやすい時期でもあるので、ペットを飼う際には特に配慮が必要です。

薬の服用やマスクの装着などの予防策をとる

アレルギーの人が猫を飼うときには、自衛策も必要となります。

・抗アレルギー薬あるいは自分のアレルギー症状に効果がある薬を常備する
・掃除やブラッシング時には必ずマスクをする
・ねこと遊んだり世話をしたりした後の手洗いを徹底する
・ねこの毛が付きやすい、または静電気が起きやすい材質の衣類は避ける

どんなに猫を飼うための対策をとっても完全にアレルギーを防げるものではありません。アレルギー反応を減らすためのできる限りの予防策をとりながら様子をみていくことが望まれます。

猫アレルギーの人が飼うのにおすすめの品種6選

① サイベリアン

サイベリアンは、アレルギーの原因の1つと言われているFel d 1含有量が他の猫種よりも少ないため、アレルギーを起こしにくいことが明らかになっています。特に毛色が薄めで去勢をしていないオスが最も低アレルゲンです。

大型で運動が大好きですが、性格はおっとりしており、小さな子供がいる家庭でも安心して飼うことができます。

② バリニーズ

長毛でありながらアレルゲンが少なく、アレルギー持ちの人も飼える品種の1つです。人気のシャム猫の突然変異で生まれたネコとして知られ、スタイルが良く優雅な立ち振る舞いが人気を集めています。

シングルコートの毛はつややかで抜け毛が少なく、ブラッシングの手間もさほどではありません。警戒心が多少強い傾向がありますが飼い主にはとてもなついてくれます。

③ ロシアンブルー

美しい毛並みと愛らしいグリーンの瞳に魅せられる人が多い人気の品種です。アレルゲン保有量も抜け毛も少なめなので、アレルギーが心配な人が飼えるネコの候補に挙げることができます。

ロシアンブルーは飼い主にとても忠実で、鳴き声は大きくありません。また、上手に一人で過ごすことができるので、一人暮らしの人が飼うのにも最適です。

④ ラパーマ

巻き毛のネコは毛が抜けにくいため、アレルギーの人が飼う品種としておすすめです。ラパーマは突然変異で誕生した新品種ですが、美しく豊かなカーリーヘアーが人気を集めています。こまめなブラッシングや月1〜2回程度のシャンプーは欠かさないでください。

しつけがしやすくとても遊び好きなネコなので、ペットと楽しく過ごしたい人にぴったりです。

⑤ デボンレックス

生まれながらにスエードのような手触りの巻き毛を持つ、低アレルギー性のねこ種です。小さな顔に大きめな耳が、まるでぬいぐるみのようなかわいらしさを醸し出しています。

遊び好き、いたづら好きですが、寂しがり屋の一面も持ち合わせています。デボンレックスを飼う場合は、なるべくお留守番の時間を短くし、一緒にたくさん遊んであげてください。

⑥ シャム猫

シャム猫の知的な顔立ちとスリムなボディが高貴さを漂わせていることから、人気猫種として世界中の多くの人々に愛されています。おしゃべりが大好きでとても愛情深い性格です。

毛が短く抜け毛も少ないため、猫アレルギーの人がいる家庭でも飼うことが可能です。少し気むずかしいところもありますが、飼い主に対してはとても忠実で、自分からそばに寄り添ってくるかわいらしさも持ち合わせています。

アレルギーの人は品種を選んで猫を飼おう!

低アレルギー性のネコとはいっても、絶対にアレルギーが起きないわけではありません。しかし、お世話の仕方を工夫したり、掃除をきちんとしたり、薬による治療をとりいれたりすることで、ねこを手放すことなく飼うことができた例が数多くあります。

目の痒みやくしゃみなどのアレルギー症状がでてしまうのは辛いことですが、お気に入りの猫と暮らしたいという希望を叶えられるよう、相性の良い猫をゆっくりと焦らず探してみてください。

この記事のライター

最新の投稿


保湿液とは?わかっているようで気になる乳液との違いとは?

保湿液とは?わかっているようで気になる乳液との違いとは?

保湿液とは化粧水の保水力と乳液の保湿力を併せ持った効果が期待できるスキンケアアイテムです。乳液とは油分量が異なり、サラッとした使い心地です。肌の乾燥対策用アイテムとしてスキンケアに取り入れることにより、しっとりと落ち着いた肌へ導くことができます。


子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

猫がトイレ以外の場所でトイレをする行動は、飼い主にとっても困る行動の1つです。子猫のうちは、トイレでしないことが多いです。しかし子猫がトイレをしないとき、いくつかの理由や原因が考えられます。子猫がトイレをするための対策方法、トレーニング方法などをお伝えします。


ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替えはクリームの形状に合わせて容器を選ぶことがポイントです。ハンドクリームの詰め替え方法はクリームの硬さによって直接容器に注入したり、スパチュラなどの小道具を使って移し替えます。小ぶりな容器に詰め替えれば、どこにでも持ち運ぶことができます。


大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫におすすめのキャットタワーは猫の体重を支えられる頑丈で安定性が高いキャットタワーです。キャットタワーには突っ張りタイプと据え置きタイプの2種類がありますが、愛猫の性格や運動能力にあったものを選びましょう。猫種によってタイプを選ぶのがおすすめです。


猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

分離不安症を知っている方はいますか。猫や犬が抱える、精神的な問題行動を指します。近年愛猫のイタズラや粗相で、悩んでいる方からの相談が相次ぎません。それらの行動の原因が、猫の分離不安症であることもあります。愛猫について知るためにも、精神病である不安分離症について知ることは大切です。