猫アレルギーの原因とは?症状を改善する方法・克服方法を解説

猫アレルギーの原因とは?症状を改善する方法・克服方法を解説

猫アレルギーの原因はFel d 1というタンパク質が主です。完璧な治し方は残念ながらまだわかっていませんが、原因となるアレルゲンをできるだけ体内に入らないような対策を取ることで、猫アレルギーの発症を抑制することができます。


猫アレルギーとは?

猫アレルギーとは?

猫アレルギーとは動物アレルギーの一種で、猫のそばに居たり触れたりすると発症するアレルギー反応のことをいいます。

花粉症が植物の花粉によって引き起こされるのと同様に、猫自身が持っている原因物質が人の体内に入り込んでしまうためにアレルギー症状が起きてしまいます。

症状の出方や種類には個人差がありますが、主にアレルギー性鼻炎や気管支喘息、じんましんやアトピー性皮膚炎などが季節に関係なく見られる代表的な症状です。もともと猫アレルギーな人もいれば、突然発症してしまう場合もあります。

猫アレルギーの主な症状

アレルギー性鼻炎くしゃみ 鼻水 喉の痛み
結膜炎目の充血 目の痒み 涙
気管支喘息呼吸困難 喘鳴(ぜんめい) 咳き込み
皮膚炎アトピー性皮膚炎 じんましん 痒み 腫れ

猫アレルギーになった場合、特に多く見られる症状がくしゃみ、鼻水、目の充血などです。ある物質をアレルギーを引き起こす原因物質・アレルゲンである、と体内の免疫機能が認識して過剰反応することからこれらの症状が引き起こされます。

症状は即座に出る場合がほとんどですが、数時間から8時間ほど経ってから、あるいは稀に1〜2日後に現れる場合もあります。症状の度合いは人それぞれですが、全身に複数のアレルギー症状が起きるアナフィラキシーショックを起こしてしまう場合もあるので十分な注意が必要です。

猫アレルギーの原因とは?

猫アレルギーの原因とは?

猫アレルギーの原因は現在8種類の物質が認識されており、中でもFel d 1と呼ばれている一種のタンパク質成分が主たるアレルゲンとされています。このFel d 1が何らかの要因によって体内の免疫反応を活性化させ、異常反応を引き起こしてしまうため、アレルギー反応が起きてしまいます。

これまでは猫の毛やフケ、糞尿自体にアレルギーを起こす要因があり、くしゃみや鼻水を引き起こしていると考えられていました。ところが研究の結果、そうではなく、猫のからだの表面全体にあることが解明されたのです。

猫アレルギーの原因物質

猫アレルギーを発症する人のおよそ90%以上が陽性を示す物質がFel d 1です。これは家ネコを意味するFelis domesticusという用語から名付けられているタンパク質で、ネコの遺伝子CH1とCH2によって生成されています。

さらにFel d 1は皮膚、皮脂腺、唾液の中にあり、雌ネコより雄ネコ、さらに去勢されていないネコの方が多く持っていることがわかっています。

Fel d 1がどうして免疫反応を刺激してしまうのかはまだ解明されていませんが、他の動物のアレルギー物質よりもやっかいなため、きちんと理解した上で対策を練ることが大切です。

原因物質が持つ特徴

猫が持つFel d 1の特徴は浮遊性と粘着性で、他の動物アレルギーよりも改善しにくいと言われています。

Fel d 1を形成しているのは37,000もの糖タンパクで、分子量としては非常に小さい種類に入ります。そのため目に見えないほどのハウスダストよりも小さくて軽く、空気中に浮遊してしまう性質を持っています。

さらにFel d 1にはカーペットやカーテンなどにくっつきなかなかとれないという強い粘着性があります。実際、ネコがいなくなった部屋を6ヶ月後に調べてみると、まだかなりの量のアレルゲンがハウスダストの中に確認されるというデータがあります。

猫アレルギーの診断方法

猫アレルギーの診断方法

ねこアレルギーについての相談は、耳鼻咽喉科、アレルギー科、あるいは皮膚科を受診します。

アレルギーの有無は、アレルゲンに対する抗体量を測る血液検査にによって判断されます。
・指先から採血し20分程度で8項目のアレルギーを調べる2段階評価法
・腕から採血し、12〜33項目のアレルギーを調べる6段階評価法

血液中にアレルゲンに対する抗体が多いほど刺激に対して過敏であることがわかります。残念ながら現段階では完全な治療法はありませんが、症状を改善するための薬を処方してもらうことができます。

猫アレルギーの原因を取り除く方法とは?

猫アレルギーの原因を取り除く方法とは?

くしゃみが出る、皮膚がかゆい、息苦しいなどの動物アレルギーによる症状への改善策は、アレルゲンをできるだけ取り除くことです。

本来、完璧な治し方は、ネコに近寄らないことです。しかし一時的に治るとしても、再びネコと触れ合えば再発する可能性が多いにあります。また現実的には家族がねこを飼っていたり、これまでネコがいた部屋を使用しなければならなかったりと、さまざまな状況が考えられます。

ですから、空気中に飛散したり家具などに付着する原因物質をできるだけ取り除くこと、これ以上増やさないよう行動することが改善への近道となります。

①猫に近寄らない

猫アレルギーの改善①猫に近寄らない

猫アレルギーに対する一番の治療薬はネコと一緒に生活をしないことです。アレルゲンがなければ免疫機能が過敏に反応することはないからです。

しかしもしペットとして飼っている場合は、そうもいきません。その場合はネコが絶対に入らない部屋を用意するようにしましょう。また、ネコを飼っている家を訪問しなければならない場合はあらかじめ過敏症であることを伝える、マスクを着用して滞在を短時間で切り上げる、などの予防策をとってください。

②部屋をきれいに保つ

猫アレルギーの改善②部屋をきれいに保つ

ネコを飼っている家に住んでおりアレルギーを発症してしまう場合の治し方の1つが、部屋の環境を整えることです。いかにアレルゲンが空気中に浮遊したり、家具などに付着したりするのを防ぐかがポイントです。

・毎日の掃除機がけ
・空気清浄機の使用
・ファブリック類やぬいぐるいみなどのこまめな洗濯や交換

この3点は必須条件です。猫の毛やフケは空気中に舞いやすいため、ウエットシートやコロコロクリーナーによる拭き取り、Fel d 1などの微粒子に効果的なHEPAフィルターが付いた掃除機や空気清浄機を用いることをおすすめします。

③飼っている猫の世話をこまめにする

猫アレルギーの改善③飼っている猫の世話をこまめにする

ネコを飼っている場合は、猫のシャンプーやブラッシングの頻度を通常よりもこまめにすることもアレルギー反応をおきにくくします。

からだの表面だけでなく、猫の毛繕いの習性により毛皮全体にもFel d 1は付着しています。週2回のシャンプーでからだをきれいにし、特にアレルゲンが付着しやすい顔を丁寧に洗ってください。また毎日のブラッシングで抜け毛を減らし、室内に浮遊したり衣類や布製品などに付着したりする量をできる限り減らしましょう。

アンダーコートや抜け毛を取り除くためのファーミネーターやスリッカーブラシ、タンパク質を除去しやすい猫用シャンプーなどのお世話グッズも有効です。

④手洗い・うがいを徹底する

猫アレルギーの改善④手洗い・うがいを徹底する

猫に触ったり世話をしたりした後、あるいは猫がいる家を訪問した後は、丁寧に手を洗いうがいをするよう徹底してください。

目には見えなくても、アレルゲンが手やからだ、衣服に付着している可能性は大いにあります。手を洗わずに目をこすったりでもしたら、充血や白目の腫れなどの症状にも結びつきかねません。

ペット用の体ふきシートでねこの手足とからだを拭いてから世話をするようにするなどの防衛策をしておくと、さらに効果的です。

猫アレルギーの原因と向き合おう!

猫アレルギーの原因と向き合おう!

積極的にアレルゲンを減らすための対策をおこなうことこそがアレルギー発症を極力抑える近道です。

Fel d 1の生成を抑えるための猫への投与薬が開発されていますが、日本ではまだ認可されておらず、猫アレルギー体質に対し100%有効な治し方もまだ解明されていません。自分の体調や体質と照らし合わせながらきちんとアレルゲンを取り除いていくことが大切です。

これからペットを迎える予定がある人は、その前にアレルギー検査を済ませておくのも良いでしょう。

この記事のライター

関連するキーワード


関連する投稿


大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫におすすめのキャットタワーは猫の体重を支えられる頑丈で安定性が高いキャットタワーです。キャットタワーには突っ張りタイプと据え置きタイプの2種類がありますが、愛猫の性格や運動能力にあったものを選びましょう。猫種によってタイプを選ぶのがおすすめです。


猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

分離不安症を知っている方はいますか。猫や犬が抱える、精神的な問題行動を指します。近年愛猫のイタズラや粗相で、悩んでいる方からの相談が相次ぎません。それらの行動の原因が、猫の分離不安症であることもあります。愛猫について知るためにも、精神病である不安分離症について知ることは大切です。


猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

あまり餌を食べない猫でも猫缶なら喜んで食べることがあります。猫缶は、猫が大好きで美味しいだけでなく、猫を惹きつける匂いや食べやすい形状に作られています。数多い商品の中から愛猫にぴったりの猫缶を選んで喜ばせてあげましょう。


猫ちゃんのマーキングがヤバイ!正しい対策と掃除方法は!?

猫ちゃんのマーキングがヤバイ!正しい対策と掃除方法は!?

猫がトイレ以外でおしっこしてしまうマーキング行動は飼い主にとって悩みの種のひとつです。いくら猫を叱っても、マーキング行動を防止出来ないと困っている飼い主は多いと思います。実はマーキング行動の対策は叱るだけでは防止出来ません。正しい対策と掃除方法をお伝えします。


世界一でかい猫『メインクーン』とは?ペットとして飼えるの?

世界一でかい猫『メインクーン』とは?ペットとして飼えるの?

メインクーンはアメリカ原産の大型の品種の猫で、ギネスに世界一でかい猫として登録されています。その大きさはなんと1mを超え、中型犬並ですが、実は穏やかな性格で飼いやすい猫なのです。世界一でかい猫のメインクーンについて、品種の情報や飼い方などを見てみましょう。


最新の投稿


大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫におすすめのキャットタワーは猫の体重を支えられる頑丈で安定性が高いキャットタワーです。キャットタワーには突っ張りタイプと据え置きタイプの2種類がありますが、愛猫の性格や運動能力にあったものを選びましょう。猫種によってタイプを選ぶのがおすすめです。


猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

分離不安症を知っている方はいますか。猫や犬が抱える、精神的な問題行動を指します。近年愛猫のイタズラや粗相で、悩んでいる方からの相談が相次ぎません。それらの行動の原因が、猫の分離不安症であることもあります。愛猫について知るためにも、精神病である不安分離症について知ることは大切です。


猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

あまり餌を食べない猫でも猫缶なら喜んで食べることがあります。猫缶は、猫が大好きで美味しいだけでなく、猫を惹きつける匂いや食べやすい形状に作られています。数多い商品の中から愛猫にぴったりの猫缶を選んで喜ばせてあげましょう。


ヘアオイルの持ち運びはどうしたらいいの?おすすめの方法や商品を厳選紹介

ヘアオイルの持ち運びはどうしたらいいの?おすすめの方法や商品を厳選紹介

ヘアオイルの持ち運びには、必要な量だけを安全に持ち運びできる小さなサイズの詰替容器やミニサイズで販売されているヘアオイルが便利です。ちょっとした工夫をするだけで、どこにいてもいつも通りにヘアオイルで髪を整えることができます。


安全なキャットフードのおすすめ人気TOP10【徹底比較】

安全なキャットフードのおすすめ人気TOP10【徹底比較】

安価なキャットフードには、発がん性が認められている酸化防止剤のBHAや、毒性が強い酸化防止剤のエトキシキンが使用されています。安全なキャットフードを選ぶには、無添加であることが必須です。さらに安全性を高めるため、猫の種類や年齢などに見合ったキャットフードを選ぶことが重要になります。