安全なキャットフードのおすすめ人気TOP10【徹底比較】

安全なキャットフードのおすすめ人気TOP10【徹底比較】

安価なキャットフードには、発がん性が認められている酸化防止剤のBHAや、毒性が強い酸化防止剤のエトキシキンが使用されています。安全なキャットフードを選ぶには、無添加であることが必須です。さらに安全性を高めるため、猫の種類や年齢などに見合ったキャットフードを選ぶことが重要になります。


目次

安全なキャットフードを選ぶポイントは?

安全なキャットーフードを見極めるには、安価なキャットフードの成分や作られ方を知ることが重要です。それは、安価である理由を知ることで、安全なキャットフードがなぜ安全であるかと理解できるからです。

無添加のものを選ぶ

市場に出回っている安価なキャットフードの中には発がん性が認められている酸化防止剤のBHAや、毒性が強く、がんやアレルギーの発症の危険がある酸化防止剤のエトキシキンが使用されているものがあります。

これらの添加物は使用基準が定められてはいますが、猫ちゃんの健康への影響がないとは言い切れません。

安全なキャットフードにはこのような添加物は使用されていません。猫ちゃんが摂取しても害のないアスコルビン酸やトコフェロール混合物などの天然保存料が使われていますので安心です。愛猫の健康のためにはまず第一に無添加のフードを選びましょう。

栄養バランスの良いものを選ぶ

猫は本来肉食の動物ですので動物性タンパク質が豊富な食事が必要です。安価なキャットフードはコストを抑えるために穀物を主原料にしているものが多いですが、猫は穀物を消化する機能は高くありません。また穀物アレルギーを発症する可能性もあります。

室内飼い場合は運動量がそれほど多くありませんのでタンパク質35%、脂質20%、炭水化物5%前後が理想です。またミネラルに関してはカルシウム:リン:マグネシウムの1.2:1:0.1の比率で配合されたものを選びましょう。このいずれかを摂取し過ぎたり不足したりすると尿結石や腎不全などの病気を引き起こす原因となることがありますので注意してください。

愛猫の年齢に合ったものを選ぶ

猫の年齢やライフステージによって必要とする栄養バランスが変わってきます。生後4ヶ月から12ヶ月までの成長期の子猫用のフードは成猫用のものより高カロリーです。しかし子猫は消化器官が未成熟なため子猫用のフードには消化性の高いタンパク質や食物繊維を配合するなど健康的な消化をサポートする配慮がなされています。

11か月位から成猫用のフードに切り替えていきます。また10歳を過ぎた老猫さんには高齢期用のフードも用意されています。心臓や腎臓を健康に保つためにナトリウムやリンの量が調整され、老猫でも噛みやすいように柔らかく作られているのが特徴です。

愛猫の食いつきが良いものを選ぶ

どんなに上質な原材料を使用して栄養バランス良く作られた安全なキャットフードでも、猫が食べてくれないことがあります。新しいフードに替えて食いつきが悪い場合は、フードが猫ちゃんの好みに合わないのかもしれません。猫は好き嫌いのある子が多いので食いつきもフードを選ぶ際の大切なポイントです。

猫ちゃんの食欲をそそる要因のひとつは肉や魚などの原材料の匂いです。匂いが強いもののほうが比較的食いつきが良いと言われています。また猫ちゃんは同じ味に飽きやすいので、同シリーズで味のバリエーションがあるものを交互にあげるのも良いでしょう。

国産のキャットフードは危険!は本当?

キャットフードの法整備が欧米ほど進んでいない

ネットやペットショップで手に入るプレミアムキャットフードと呼ばれる上質で安全なフードは外国産のものがほとんどです。今回ランキングでご紹介する10品もすべて海外で生産されたものです。

国産のキャットフードは危険というイメージをお持ちの飼い主さんが多いと思います。確かに粗悪な原材料や危険な添加物を使用している国産のキャットフードが流通しているのは事実です。このような危険なフードが出回っているのは日本のペットフード安全法が緩いという点が原因として挙げられます。添加物の上限値は定められていても使用が禁止されてはいません。ペット先進国のアメリカ、ドイツ、イギリスなどに比べると日本はまだまだ遅れています。

日本製でも安全な商品はある!

ランキングには登場していませんが国産のキャットフードにもヒューマングレードの原材料を使用し、無添加で栄養バランスに優れた安全な商品はあります。完全な穀物フリーのものは少ないですが、アレルギーの原因となりうる小麦、大豆、トウモロコシは使用せず、良質な食物繊維を含む大麦や玄米を配合しています。

外国産のプレミアムキャットフードに比べても品質の面では引けをとりません。しかし国産のプレミアムキャットフードは同水準の輸入品よりも価格が高くなるようです。

おすすめの安全なキャットフードTOP10

おすすめの安全なキャットフード 第10位:シンプリーキャットフード サーモン

シンプリーキャットフード サーモン

栄養バランス★★★★☆
安全性★★★★★
食いつきの良さ★★★☆☆
コスパ★★☆☆☆
内容量1.5㎏
原材料

生サーモン、サツマイモ、乾燥ニシン、乾燥サーモン、ジャガイモ、

サーモンオイル、乾燥白身魚、生マス、その他

対象年齢全年齢
原産国イギリス

総量の7割以上が魚類!穀物・豆類は完全不使用のグレインフリー

シンプリーキャットフードは7割以上がサケやマスなどの魚類から作られています。しかも人間が食べらえるグレードの新鮮な材料が使われているので大切な愛猫に安心して食べさせられます。人工的な着色料や保存料は使用されていませんので安全です。また遺伝子組み換えの原材料も不使用です。

良質なタンパク質に加え、尿のpHを一定に保つ働きのあるキナ酸や排便をサポートしてくれる食物繊維なども含まれているバランスの良いおすすめの商品です。

おすすめの安全なキャットフード 第9位:ロイヤルカナン FHN インドア

ロイヤルカナン FHN インドア

栄養バランス★★★☆☆
安全性★★★☆☆
食いつきの良さ★★★★★
コスパ★★★★☆
内容量2㎏
原材料

とうもろこし、鶏/七面鳥ミート、植物性分離タンパク、小麦、動物性脂肪、

加水分解動物性タンパク、植物性繊維、その他

対象年齢生後12ヶ月以上の室内飼い
原産国フランス

超高消化性タンパクと食物繊維で愛猫の健康を守るキャットフード

室内飼いの猫は運動不足になりがちなため太りやすいだけでなく、腸の働きが鈍くなることがあります。ロイヤルカナン FHN インドアは90%が消化される超高消化性タンパクを配合しているため、猫ちゃんの健康な消化が保たれます。そのため軟便が改善されたというコメントが多くみられます。また糞便の匂いが軽減されるのは飼い主さんにとってもうれしい点です。

食物繊維とビートパルプが毛玉の排泄を促してくれます。ロイヤルカナンの製品はこの他にも猫の種類から選べるものや特別なケアで選べるものなどラインナップが充実しているので、愛猫ちゃんに最適なフードが見つかるでしょう。

おすすめの安全なキャットフード 第8位:オリジン キャットフード キャット&キトゥン

オリジン キャットフード キャット&キトゥン

栄養バランス★★★★☆
安全性★★★★★
食いつきの良さ★★★★☆
コスパ★★☆☆☆
内容量340g
原材料

新鮮鶏肉、新鮮七面鳥肉、新鮮イエローテイルカレイ、新鮮全卵、

新鮮丸ごと大西洋サバ、新鮮鶏レバー、新鮮七面鳥レバー、他

対象年齢全年齢
原産国
アメリカ合衆国

成長期の猫ちゃんにおすすめ!高タンパクの人気キャットフード

ランキング8位のオリジン キャット&キトゥンは猫に必要な動物性タンパク質を理想的な比率で配合したキャットフードです。使用されている素材は放し飼いにされたニワトリや七面鳥の肉、天然の魚、巣に産み落とされた卵など新鮮で安全なものにこだわっています。

子猫からシニアまでが対象とされていますが、原材料の90%が肉類ですのでシニアには高タンパク過ぎるかと思われます。元気な成猫や育ちざかりの子猫にはイチオシの安全なフードです。

おすすめの安全なキャットフード 第7位:カナガンキャットフード チキン

カナガンキャットフード チキン

栄養バランス★★★★★
安全性★★★★★
食いつきの良さ★★★☆☆
コスパ★★☆☆☆
内容量1.5㎏
原材料

乾燥チキン、骨抜きチキン生肉、サツマイモ、ジャガイモ、鶏脂、乾燥全卵、

チキングレイビー、サーモンオイル、他

対象年齢全年齢
原産国イギリス

新鮮な平飼いチキンを60%以上も配合した全年齢対応のキャットフード

カナガンキャットフード チキンは栄養豊富で消化の良いチキンを60%以上配合したフードです。しかも平飼いで育てられた健康なニワトリの肉が使用されています。また猫に必須の栄養素、タウリンも豊富に含まれているのもおすすめのポイントです。あらゆる種類や年齢に対応しています。

グレインフリーなので穀物アレルギーのある子にも安心してあげられます。ただし食いつきの評価はさまざまで、まったく食べてくれない子もいます。チキン好きの子におすすめしたい安全な商品です。

おすすめの安全なキャットフード 第6位:モグニャン

モグニャンキャットフード

栄養バランス★★★★★
安全性★★★★★
食いつきの良さ★★★☆☆
コスパ★★☆☆☆
内容量1.5㎏
原材料

白身魚、サツマイモ、エンドウ豆、サーモンオイル、ひよこ豆、

レンズ豆、ヒマワリオイル、フィッシュスープ、ミネラル類、他

対象年齢全年齢
原産国イギリス

白身魚たっぷりで大人気!栄養満点のグレインフリーキャットフード

ランキング6位のモグニャンは新鮮な白身魚を63%も配合した、低脂肪、高タンパクでヘルシーなフードです。香ばしいお魚の香りが猫ちゃんの食欲をそそります。粒が小さくて食べやすい点も人気です。穀物不使用のグレインフリーなので消化吸収も良く、猫ちゃんの身体への負担も少ないです。

イギリスの製造工場では最新の設備を駆使して品質管理が行われていますので商品の安全性には問題ありません。低脂肪なのでダイエットしたい猫ちゃんや高齢猫におすすめの商品です。

おすすめの安全なキャットフード 第5位:アカナ ワイルドプレイリー 猫用

アカナ 猫用 ワイルドプレイリーキャット

栄養バランス★★★★☆
安全性★★★★★
食いつきの良さ★★★★☆
コスパ★★★☆☆
内容量1.8㎏
原材料

鶏肉、七面鳥肉、鶏内蔵、鶏肉ミール、七面鳥肉ミール、ニシンミール、

グリンピース、赤レンズ豆、ヒヨコ豆、鶏脂肪、その他

対象年齢全年齢
原産国カナダ

穀類とジャガイモはゼロ!新鮮肉を豊富に使った高タンパクなキャットフード

草原農場で放し飼いにされたニワトリや七面鳥、天然のウォールアイなど新鮮な肉や魚をたっぷり使ったアカナ ワイルドプレイリーは、あらゆる種類や年齢に対応した人気のキャットフードです。グレインフリーなので穀物アレルギーのある子にも安心して与えられます。遺伝子組み換え原材料が使われていない点も安心です。

食いつきが良いと評判で、強い肉の香りが猫ちゃん達の食欲をそそります。価格はやや高めですが原材料のこだわりを考えるとお値段以上の高品質なおすすめ商品です。

おすすめの安全なキャットフード 第4位:ナチュラルバランス インドア キャットフード

ナチュラルバランス インドア キャットフード

栄養バランス★★★★☆
安全性★★★☆☆
食いつきの良さ★★★★☆
コスパ★★★★★
内容量2.85㎏
原材料

チキンミール、玄米、オートミール、サーモンミール、オートファイバー、

エンドウファイバー、自然風味、アルファルファミール、鶏脂肪、その他

対象年齢全成長期 室内飼い
原産国アメリカ合衆国

低脂肪でビタミンを多く含んだ室内飼い猫用のキャットフード

ランキング4位のナチュラルバランス インドア キャットフードは運動量の少ない室内飼いの猫ちゃんのために、低脂肪な食材が使用されています。またビタミンを多く含んだ繊維質が毛玉の体外排出を促す効果もあります。もちろん使われているは自然の素材で酸化防止剤や合成着色料などは不使用です。

尿中のpHをケアするクランベリーを配合しているので尿路結石の予防効果も期待できます。ナチュラルバランス社はアメリカ国内の100ヶ所以上の動物園にフードを提供している信頼の高い会社ですので、商品の安全性には問題ないでしょう。

おすすめの安全なキャットフード 第3位:ジャガー

ジャガーキャットフード

栄養バランス★★★★★
安全性★★★★★
食いつきの良さ★★★★☆
コスパ★★☆☆☆
内容量1.5㎏
原材料

骨抜きチキン生肉、鴨生肉、乾燥チキン、乾燥鴨肉、生サーモン、生マス、

ジャガイモ、卵、サツマイモ、エンドウ豆、チキンレバー、その他

対象年齢全成長期
原産国イギリス

動物性タンパク質80%以上のリッチなプレミアムキャットフード

ジャガーは厳選された上質な食材を使用したキャットフードで、ミールと呼ばれる肉副産物は一切使われていません。動物性タンパク質が80%以上と栄養価が高く、アレルギーの原因となりうる穀物は不使用のグレインフリー。また猫の身体に負担をかけないようにデンプンの含有量も抑えています。

高タンパクなので育ちざかりの子には最適ですが、シニアには栄養価が高すぎます。ジャガーはイギリスにあるヨーロッパ有数のペットフード工場で徹底した安全管理のもとで生産されています。ランキング上位入りも納得の安全で高品質なキャットフードです。

おすすめの安全なキャットフード 第2位:ニュートロ ナチュラルチョイス 室内猫用

ニュートロ ナチュラルチョイス 室内猫用

栄養バランス★★★★☆
安全性★★★★☆
食いつきの良さ★★★★☆
コスパ★★★★★
内容量2㎏
原材料

チキン生肉、乾燥チキン、粗挽き米、エンドウタンパク、玄米、鶏脂、

アルファルファミール、ポテトタンパク、ビートパルプ、その他

対象年齢1歳~6歳
原産国アメリカ合衆国

室内猫のニーズに対応した栄養バランスを実現!コスパも最高のキャットフード

高品質のチキンを主原料に使用したナチュラルチョイスはニュートロの高い製造技術により、素材本来の美味しさを閉じ込めたキャットフードです。自然素材にこだわり、厳選された食材のみを使用しているので安全です。また栄養バランスに優れているので成長期の猫ちゃんの健康維持をサポートしてくれます。

ナチュラルチョイスはチキンの他、ターキー、ダック、サーモン、白身魚と種類が多いのも魅力です。同じ味に飽きてしまう猫ちゃんには日替わりで与えるのも良いでしょう。上質なのに価格がお手頃な評判の良いキャットフードです。

おすすめの安全なキャットフード 第1位:アーテミス フレッシュミックス フィーライン

アーテミス フレッシュミックス フィーライン

栄養バランス★★★★☆
安全性★★★★★
食いつきの良さ★★★★☆
コスパ★★★★☆
内容量2㎏
原材料

フレッシュチキン、ドライチキン、エンドウ豆、大麦、米糠、

鶏肉脂肪、チキンスープ、ドライ魚肉、フラックスシード、他

対象年齢全年齢
原産国アメリカ合衆国

ヒューマングレードの食材を美味しく仕上げた栄養バランスの良いキャットフード

ランキング堂々第1位はアーテミス フレッシュミックス フィーラインです。人間の食品基準で厳選された食材を独自の加工方法で素材本来の美味しさと栄養を最大限に活かしたキャットフードです。タンパク質、炭水化物、脂質の栄養バランスが良く、毛玉のケアにも効果を発揮します。

高品質なのに続けやすい価格も人気の理由のひとつでしょう。全年齢に対応しており、妊娠期や授乳気の猫ちゃんにも与えられます。ランキング1位にふさわしい安全なキャットフードです。

この記事のライター

関連するキーワード


キャットフード

最新の投稿


子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

猫がトイレ以外の場所でトイレをする行動は、飼い主にとっても困る行動の1つです。子猫のうちは、トイレでしないことが多いです。しかし子猫がトイレをしないとき、いくつかの理由や原因が考えられます。子猫がトイレをするための対策方法、トレーニング方法などをお伝えします。


ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替えはクリームの形状に合わせて容器を選ぶことがポイントです。ハンドクリームの詰め替え方法はクリームの硬さによって直接容器に注入したり、スパチュラなどの小道具を使って移し替えます。小ぶりな容器に詰め替えれば、どこにでも持ち運ぶことができます。


大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫におすすめのキャットタワーは猫の体重を支えられる頑丈で安定性が高いキャットタワーです。キャットタワーには突っ張りタイプと据え置きタイプの2種類がありますが、愛猫の性格や運動能力にあったものを選びましょう。猫種によってタイプを選ぶのがおすすめです。


猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

分離不安症を知っている方はいますか。猫や犬が抱える、精神的な問題行動を指します。近年愛猫のイタズラや粗相で、悩んでいる方からの相談が相次ぎません。それらの行動の原因が、猫の分離不安症であることもあります。愛猫について知るためにも、精神病である不安分離症について知ることは大切です。


猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

猫が大好きな缶詰ってどれなの?猫が好きになっちゃう理由も考えてみよう

あまり餌を食べない猫でも猫缶なら喜んで食べることがあります。猫缶は、猫が大好きで美味しいだけでなく、猫を惹きつける匂いや食べやすい形状に作られています。数多い商品の中から愛猫にぴったりの猫缶を選んで喜ばせてあげましょう。