ジョギング&ランニングでおすすめしたいイヤホン人気ランキングTOP10

ジョギング&ランニングでおすすめしたいイヤホン人気ランキングTOP10

ジョギング用のイヤホンは、ワイヤレスタイプや防水機能を持った運動に最適です。この記事ではジョギングやランニングに使いやすい機能を持ち、音質にも優れているイヤホンの中から、おすすめ人気ランキングTOP10のアイテムをご紹介します。


目次

ジョギング用のイヤホン選びで確認したい4つのポイント

ジョギングやランニングの楽しみのひとつは、体を動かしながら音楽を聴くことです。たんたんとペースを守りながら走るジョギングだからこそ、好きな音楽でメリハリをつけながら走るのがモチベーションアップにつながります。

しかし、音楽を聴きながらジョギングをするなら、どんなイヤホンでも良いというわけではありません。ジョギング用のイヤホンは一般的なイヤホンとは違った基準で選ぶことが重要です。外を走りながら音楽を聴くために気を付けて選びたいポイント何でしょうか。

イヤホン選びのポイント①ワイヤレスタイプ

ジョギングやランニングに使うイヤホンは、ケーブルのないワイヤレスタイプを選ぶようにしましょう。音楽プレイヤーとイヤホンをつなぐケーブルが伸びていると、走っているときの手の振りを邪魔することがあります。

ケーブルに引っ張られて、音楽プレイヤーが落下するおそれもあるので、手の周りが自由になるものを選びましょう。なお、最近では左右のイヤホン同士を結ぶケーブルのない、完全ワイヤレスイヤホンがジョギング用のイヤホンとして台頭しています。

イヤホン選びのポイント②防水性

ジョギング中に汗をかいたり雨に降られたりすると、イヤホンが水に濡れることがあります。そんなときのために、ジョギング用のイヤホンには、防水性のあるものを選びましょう。防水性能はIPXという基準で表し、アルファベットの後に続く数字で性能を測ることができます。

数字は0~8まであり、数の大きさに比例して防水機能が高まります。0は保護がされていない状態で、8が水没に耐えられるレベルです。ジョギング用にはIPX4の、小雨や汗に耐えられるレベル以上のもの選ぶと安心して使えます。

イヤホン選びのポイント③フィット感

耳に合っていないイヤホンだと、ジョギング中に思いがけずイヤホンが外れる可能性があります。完全ワイヤレスイヤホンだと、外れた勢いで道に落下して見つからないということも起こりえます。

そんなリスクを避けるためにも、イヤホンは耳にきっちりフィットするものを選ぶと良いでしょう。イヤーフックが付属しているものや、イヤーピースを変更できるものだと、耳の形に合わせやすく容易に脱落しません。

イヤホン選びのポイント④環境音が聞こえる

遮音性が高く、ノイズキャンセリング機能があるものだと音の世界に集中できますが、ジョギング中には車や自転車などの周囲の環境音が聞こえていないと、事故につながる可能性があります。

一般的なイヤホンは遮音性の高いものがよい製品となりますが、ジョギング用のイヤホンとしては、遮音性の低いものを選びましょう。外音を取り込む機能を持ちつつ、それに合わせた音質を兼ね備えているイヤホンを選ぶと音も楽しめます。

ジョギング用のイヤホンのおすすめ人気ランキング10位

Bose SoundSport Free wireless headphones

Amazonで詳細を見る

Bose(ボーズ)はマサチューセッツ工科大学の音響技術の研究者が中心となって創立された、アメリカの音響機器メーカーです。最新技術の粋を集めたスピーカーやイヤホンが有名で、とりわけ音質が優れていると定評があります。

Boseのジョギング用イヤホンSoundSport Free wireless headphonesは、左右独立型の完全ワイヤレスイヤホンで、操作インターフェースも左にbluetooth、右に操作ボタンとイヤホンのみで完結するのが特徴です。

クリアで迫力のある音質

ランニングなどの激しい運動でも落ちない安定感のあるイヤーフック、IPX4の防水性、紛失したイヤホンをアプリで特定する機能など、スポーツ用に最適化されたイヤホンです。

ジョギングのときでも、外音をとらえることができるよう遮音性は下げてありますが、ノイズキャンセリング機能がなくてもハイクオリティーな音質を保てるように、Bose独自の技術で開放感のある迫力満点のサウンドが楽しめます。ボタンがやや硬く押しづらいという点から、人気ランキングでは10位となりました。

ジョギング用のイヤホンのおすすめ人気ランキング9位

Apple AirPods

Amazonで詳細を見る

ジョギング用のおすすめイヤホン9位は、Apple社製の完全ワイヤレスイヤホンAirPodsです。AirPodsは完全ワイヤレスイヤホンのさきがけで、世界中に愛用者がいるアイテムです。ケースから取り出すだけで電源がオンになり、面倒な設定いらずですぐにApple製デバイスと接続できます。

bluetoothでのペアリングや、Siriへのアクセスも瞬時に可能なので、ストレスなく使用することができます。装着感はApple製の純正イヤホンEarPodsと似ており、Appleユーザーであれば馴染んだ感覚で運動することができます。

iPhoneユーザーに最適

AirPodsはiPhone、Apple Watch、iPad、MacなどのApple製デバイスとの同期に優れているので、Appleユーザーにおすすめです。特に、iPhoneやApple Watchなら携帯しやすく、激しい運動や走るときにも邪魔になりません。

iPhoneユーザーならAirPodsでのジョギングはストレスフリーで行えますが、スポーツ用に設計されたイヤホンではないので、防水性がなく、走ると落ちてしまう可能性もあります。軽めの運動やスローペースのジョギングにおすすめのイヤホンです。

ジョギング用のイヤホンのおすすめ人気ランキング8位

JVC HA-ET900BT 完全ワイヤレスイヤホン

Amazonで詳細を見る

日本の老舗音響機器メーカー、JVCケンウッドは独自の技術で音質を追求している企業です。JVCの完全ワイヤレスイヤホンは、周囲の音が聞こえやすいよう外音を取り入れつつ遮音性もあるので、クリアでエッジのきいた音を楽しめます。

JVCが得意とする中域の音質は広範囲で繊細に響き、低音の響きはやや軽めではありますが、低音の響きにこだわる方でも満足できる音質です。もちろんスポーツ用の機能も充実しており、水洗いもできるIPX5の高い防水性でランニング時の汗や雨にも対応できます。

3点支持構造で外れにくい

JVCのイヤホンは完全ワイヤレスイヤホンでは珍しい長方形のアイテムです。イヤーフックの部分を回すことで長方形を動かし、安定する場所で固定することで耳にフィットさせます。耳たぶと耳介、イヤーフックの3点でイヤホン本体を支えるので、ランニングやジョギングなど、動きの大きな運動でも外れずに装着することができます。

さまざまな耳の形や大きさに対応でき、装着時の痛みが少ないのもポイントです。ワイヤレスイヤホンとしては中間の価格帯で品質も優れていますが、bluetoothの安定性にやや不安があるので、ジョギング用のおすすめランキングでは8位です。

ジョギング用のイヤホンのおすすめ人気ランキング7位

SoundPEATS(サウンドピーツ)Q30

Amazonで詳細を見る

SoundPEATS(サウンドピーツ)はコストパフォーマンスに優れた製品作りをテーマに掲げる、中国の企業です。低価格ながらも高機能なイヤホンQ12が大ヒットし、その後継となるのがQ30です。

Q30はスポーツに特化したモデルで、土砂降りでの運動にも対応できるIPX6の高い防水性で安心して使うことができます。また、人間工学に基づいたフィットする形状により、ジョギングなどで左右の揺れが加わっても外れることなく走ることができます。

軽量コンパクトでストレスフリー

このイヤホンは左右のイヤホン同士がコードでつながれている、左右一体型のモデルです。イヤーフックの部分にマグネットが埋め込まれているため、ランニングを終えた後は、首から提げてマグネット同士をくっつけると首輪状になって外れません。

また、プレイヤーからイヤホンにBluetoothでデータを転送するときの形式が、aptxというデータ圧縮率の低いタイプなため、タイムラグがほとんどなく使用でる点もポイントです。ジョギングや普段使いにストレスなく使うことができるイヤホンです。

なお、イヤホンの形状は耳に深く挿入する形で音が漏れにくく、さらにノイズキャンセリング機能を搭載しているので、走るときは外音に気をつけるようにしてください。そういった点からジョギング用のイヤホンとしては7位です。

ジョギング用のイヤホンのおすすめ人気ランキング6位

QCY T1 ワイヤレスイヤホン

Amazonで詳細を見る

AmazonなどのECサイトで人気のある、台湾のQCYのワイヤレスイヤホンがジョギング用のイヤホンです。高速伝送可能なBluetooth5.0に対応しているため、遅延のない安定した接続で使用できます。動画を視聴するときに音の遅れがないので、映像でのフォームチェックにも活躍します。

連続駆動4時間でさらにケースでの充電が5回可能なので、最長20時間の使用に耐えることができる点も高評価です。マラソンなど長時間走る機会に活躍することでしょう。

直感的に使えるシンプルな操作性

わずらわしいペアリングもQCYのイヤホンなら簡単に行うことができます。イヤホンを取り出すと瞬時に電源がオンになり、音楽プレイヤーやスマートフォンといったデバイスと自動的にペアリングが始まります。今までbluetooth対応のワイヤレスイヤホンを使ったことがない方でも、直感的に操作可能なイヤホンです。

ジョギングやランニングといった激しい運動でも落ちないようなフィット感がある一方で、防水性はないので、水に濡らさないよう注意して走るようにしてください。

ジョギング用のイヤホンのおすすめ人気ランキング5位

ソニー 完全ワイヤレスイヤホン WF-SP900

Amazonで詳細を見る

確かな音質を武器に国内外で人気のあるソニーの完全ワイヤレスイヤホンは、キレのある音質で臨場感のあるサウンドを楽しむことができます。また、スポーツタイプとあって、水中の運動にも使用できる高い防水性IPX8を採用しており、水泳や大量に汗をかくマラソンなどのスポーツ時にも安心して使用できます。

2段階に調節できるイヤーピースや、サイズを選べるサポーターで耳から脱落せずにフィットするのも特徴です。外音取り込み機能を搭載しており、ジョギングやランニング時には機能をオンにすれば、環境音を聞きながら走ることができます。電車の中ではオフにすると遮音性が高まるので、場所に応じて使い分ければ利便性が高まります。

メモリ搭載ワイヤレスイヤホン

ソニーのイヤホンの最大の特徴は、イヤホン本体に4GBのメモリが搭載されているという点です。イヤホンだけで約920曲の音楽を保存しておけるので、音楽プレイヤーとのペアリングやbluetoothの遅延を気にせずに、ストレスフリーで音を楽しむことができます。

Bluetoothオフ時には最大で6時間連続再生できるので、長距離マラソンなどにも活躍するアイテムです。ワイヤレスイヤホンの中では高性能かつ高価格なハイモデルに位置する製品です。ワイヤレスイヤホンの中では高価格なため、価格の面からランキングは5位になりました。

ジョギング用のイヤホンのおすすめ人気ランキング4位

Beats by Dr.Dre Powerbeats3 ワイヤレスイヤホン

Amazonで詳細を見る

BeatsbyDreはアメリカのオーディオ機器メーカーです。Powerbeatsシリーズの特徴は長い再生時間で、このイヤホンも連続駆動時間12時間を誇ります。長時間の運動にもバッテリー切れがなく、万が一の場合にも5分の急速充電で1時間の再生が可能です。

Apple製デバイスとのペアリングや接続、Siriの起動もスムーズに行えるので、AirPods以外のイヤホンを探しているAppleユーザーにおすすめのジョギング用イヤホンです。

防水性や柔軟性の高いイヤーフックによる安定性、激しいスポーツ時も外れないケーブルデザインなど、ジョギングの際の機能面でも優れています。

豊富なカラーでファッショナブル

Powerbeats3はイヤーフックのある左右一体型イヤホンで、フックのカラーラインナップが豊富なことでも有名です。一般的なジョギング用のワイヤレスイヤホンは、ブラックやホワイトの2色展開が主流ですが、このイヤホンはバイオレットやマゼンタといった豊富なカラーから選ぶことができるので、ジョギング用のウエアと統一感を持たせて、おしゃれに運動したいという方にぴったりです。

デザインや機能性、そして音質にも優れたバランスのよさから、ジョギング用のおすすめイヤホンでは4位となりました。

ジョギング用のイヤホンのおすすめ人気ランキング3位

Pasonomi TWS-X9

Amazonで詳細を見る

Amazonで人気のPasonomi(パソノミ)のイヤホンです。PasonomiのイヤホンはIPX7で水洗いできる防水性で、ジョギング時の急な雨でもあわてずにいられます。イヤーチップは3種類から選択できるので、耳にフィットする好みの形状で走ることができます。

この製品には、収納ケースがモバイルバッテリーとして使えるというユニークな特徴があります。外出先でスマートフォンの充電が切れそうなときにも、ケースが役立つことでしょう。

最先端Bluetoothで安定した接続

bluetooth5.0を搭載したPasonomiのイヤホンは、通信速度や通信範囲が拡大し、干渉しにくい安定した接続で気持ちよく走ることができます。

bluetooth5.0対応のiPhone8やiPhoneXSとなら、ワイヤレス機能を最大限に発揮できるので、さらに高速で高音質な環境を確保できることでしょう。立体的な音に包まれてクリアサウンドで音楽を聴きたい方におすすめです。

ジョギング用のイヤホンのおすすめ人気ランキング2位

Jaybird TARAH PRO ワイヤレスイヤホン

この記事のライター

関連するキーワード


ランニング イヤホン

関連する投稿


自分に合った最強のランニングシューズの選び方とおすすめTOP10【2019年版】

自分に合った最強のランニングシューズの選び方とおすすめTOP10【2019年版】

走る人のポテンシャルを最大限に引き出してくれるランニングシューズ。走ると決めたら、まずはぴったりとフィットし疲れない自分だけのランニングシューズを選ぶ方法とは?ランニングライフを左右する重要なランニングシューズの選び方とおすすめのシューズをランキング形式でお届けします。


レディース用ランニングシューズのおすすめ人気TOP10!可愛いモデルを選ぼう

レディース用ランニングシューズのおすすめ人気TOP10!可愛いモデルを選ぼう

ランニングの必須アイテム・レディース用ランニングシューズ。かわいいカラーがたくさんあって、どれを選べばいいのか迷います。ランニングシューズはただ可愛いだけで選ぶのではなく、機能と目的で選びましょう!おすすめTOP10を参考に特別な一足を見つけましょう。


安いランニングシューズのおすすめ人気TOP10!走りやすい靴はどれ?

安いランニングシューズのおすすめ人気TOP10!走りやすい靴はどれ?

ジョギングやマラソンなど、スポーツで重宝するランニングシューズは、いろいろなメーカーから安いものが出ていますが、今回は初心者に向けて走りやすくて足が疲れにくい靴をご紹介します。毎日の運動も疲れ知らずで快適に過ごせるようにしましょう。


ニューバランスのランニングシューズのおすすめ人気ランキング10!

ニューバランスのランニングシューズのおすすめ人気ランキング10!

new balance(ニューバランス)のランニングシューズに足を入れた途端、その履き心地の良さと走りやすさに驚く人が少なくありません。そのようなニューバランスのランニングシューズの中で、初心者からエリートランナーの間で特に人気の高いモデルを紹介します。


リーボックのランニングシューズのおすすめ人気TOP10

リーボックのランニングシューズのおすすめ人気TOP10

リーボックのランニングシューズには、初心者から上級者までが満足できる機能とファッション性を兼ね備えたおすすめの人気シューズがたくさんあります。初めてシューズの購入を考えている人も、次のシューズを探している人も、リーボックのランニングシューズは要チェックです。


最新の投稿


保湿液とは?わかっているようで気になる乳液との違いとは?

保湿液とは?わかっているようで気になる乳液との違いとは?

保湿液とは化粧水の保水力と乳液の保湿力を併せ持った効果が期待できるスキンケアアイテムです。乳液とは油分量が異なり、サラッとした使い心地です。肌の乾燥対策用アイテムとしてスキンケアに取り入れることにより、しっとりと落ち着いた肌へ導くことができます。


子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

子猫がトイレをしないのはなぜ?トイレの設置場所や排泄環境は大丈夫?

猫がトイレ以外の場所でトイレをする行動は、飼い主にとっても困る行動の1つです。子猫のうちは、トイレでしないことが多いです。しかし子猫がトイレをしないとき、いくつかの理由や原因が考えられます。子猫がトイレをするための対策方法、トレーニング方法などをお伝えします。


ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替え方法とは?持ち運びたい時はどうする?

ハンドクリームの詰め替えはクリームの形状に合わせて容器を選ぶことがポイントです。ハンドクリームの詰め替え方法はクリームの硬さによって直接容器に注入したり、スパチュラなどの小道具を使って移し替えます。小ぶりな容器に詰め替えれば、どこにでも持ち運ぶことができます。


大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫にはどんなキャットタワーがいいの?おすすめの選び方とは?

大型の猫におすすめのキャットタワーは猫の体重を支えられる頑丈で安定性が高いキャットタワーです。キャットタワーには突っ張りタイプと据え置きタイプの2種類がありますが、愛猫の性格や運動能力にあったものを選びましょう。猫種によってタイプを選ぶのがおすすめです。


猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

猫の分離不安症をチェックしよう!原因は意外なことかも!?

分離不安症を知っている方はいますか。猫や犬が抱える、精神的な問題行動を指します。近年愛猫のイタズラや粗相で、悩んでいる方からの相談が相次ぎません。それらの行動の原因が、猫の分離不安症であることもあります。愛猫について知るためにも、精神病である不安分離症について知ることは大切です。