レモン水の効果とは?ダイエット・美容・健康におすすめなの?

レモン水の効果とは?ダイエット・美容・健康におすすめなの?

レモン水は毎日飲み続けることで、心と身体に嬉しい効果を得ることができます。その効果はダイエット・美容・健康と多岐に渡り、普通の水よりも大きなメリットが数多くあります。レモン水の効果とおすすめの飲み方を知って、美しく健康的なボディを目指しましょう。


レモン水はダイエット・美容・健康に効果あり?

毎日水を飲むことはダイエットや美容・健康維持に嬉しい効果が期待できますが、レモン水を使うとその効果をさらに高めることができます。レモン水と言えば、ビタミンCが豊富な印象がありますが、実はそれ以外にも魅力的な成分が多く含まれています。

水分は人の体内の60%を占めているため、上手に水分を摂取することは、身体のリズムを整えることにもつながります。レモン水を使って、効果的に水分を取り入れましょう!

レモン水の効果①ダイエット効果

レモン水に限らず、水を積極的に摂取することはダイエットに嬉しい効果が得られます。それなら普通の水を飲むだけでもいいのでは?と思うかもしれませんが、レモン水には普通の水では得られない+αの効果があります。

さらに普通の水ではなく、レモン水を利用すると+αの効果以外にも、効果を得られるまでの期間が短くなったり、得られる効果が高くなるなど嬉しいメリットもあります。普通の水にはないレモン水の魅力を知っておきましょう。

エネルギー代謝がアップ

レモン水を飲んだ時に感じる酸っぱさの正体は、レモンに含まれる酸味成分のクエン酸です。人が体内で糖質や脂肪を燃焼するためには、クエン酸回路と呼ばれる体内のエネルギー生産工場を通す必要があるのですが、このクエン酸回路をスムーズに動かすために必要なのがクエン酸です。

レモン水によってクエン酸を摂取することで、クエン酸回路の活動が活発になり、エネルギー代謝がアップします。エネルギー代謝がアップすると運動したときの脂肪燃焼量もアップするため、痩せやすい身体を作ることができます。

他にもクエン酸には代謝ビタミンと呼ばれるビタミンB6の吸収を促進する働きがあります。代謝をアップさせるビタミンB6の吸収率が上がることで、基礎代謝が上がり脂肪燃焼効果が高まります。

食欲を抑える

レモン水にはペクチンと呼ばれる成分が含まれています。ペクチンは食物繊維の一種で、体内に取り込むと腸内の水分を吸収して膨張する性質を持ちます。腸内でペクチンが膨らむことにより満腹感を得られ、無理なく食欲を抑えることができます。

また食事の前にレモン水を飲むこと自体にも適度な満腹効果を期待できるため、空腹による食べすぎを防ぐことができ、さらにレモンの爽やかな香りには高ぶった感情を抑えるなど心を落ち着かせる効能があり、ストレスによる暴飲暴食も防ぐこともできます。

脂肪の蓄積を抑える

レモン水に含まれるエリオシトリンはポリフェノールの一種で、皮の部分に多く含まれています。この成分は脂質を多く含む血中の粒子に働きかけて、中性脂肪を減らす効果があります。

体内の中性脂肪が多くなりすぎると余った分が肝臓に蓄積され、肝脂肪などを引き起こす原因になるのですが、レモン水を飲むことで中性脂肪が抑えられるため、肝臓への脂肪の蓄積を抑えることができます。

またエリオシトリンの効果は、動脈硬化やメタボリックシンドロームなどの生活習慣病の予防にもつながります。

レモン水の効果②美容効果

ビタミンCやポリフェノールが豊富に含まれるレモン水は、ダイエットも美容も両方意識する人におすすめです。無理なダイエットは、肌荒れを起こしたり、体調を壊したりしやすいですが、レモン水はダイエットと同時に美容効果も得られるのが嬉しいポイントです。

ダイエットの効果を得ながら、美容効果も得られるレモン水は女性の強い味方になってくれるため、どちらの効果も欲しい人は積極的に取り入れるようにしましょう。

肌が綺麗になる

レモンには美容に欠かせないビタミンCが豊富に含まれており、他の柑橘系の中でも取り分けてビタミンCの含有量が多いフルーツです。ビタミンCは肌の生まれ変わりのターンオーバーを促したり、コラーゲン生成を助けたりする働きがあります。またレモン水に含まれるポリフェノールには抗酸化作用があり紫外線による肌の老化を防いで、エイジングケア効果が期待できます。

他にもレモン水は質の高い睡眠をとりやすくしてくれる働きがあり、睡眠中に分泌される成長ホルモンの活動を活性化させる効果があります。成長ホルモンの分泌が高まることで細胞が活性化し、肌の生まれ変わりが促進されるなど、美容に嬉しい効果が得られます。

老廃物を排出してデトックス

レモン水に含まれるカリウムには利尿作用があります。利尿作用のある成分を摂取することで、体内の余分な水分や血液中の老廃物が排出され、身体が毒素を溜め込まないようにしてくれます。また体内の老廃物を排出することで代謝機能がアップし、腸内環境が改善されます。

腸内環境と美容・美肌は密接な関係にあり、腸内環境が整うことは肌表面の環境が整うことにもつながります。腸内がすっきりすることで、細胞に必要な栄養素を取り込みやすくなり肌のターンオーバーが活性化されますし、老廃物が溜まらないことでニキビや過剰な皮脂分泌が起こりにくくなります。

シミ・そばかすの予防

レモン水に含まれるビタミンCには、紫外線や外的刺激によって生成されるメラニン色素が肌に定着するのを防いでくれる効果があります。メラニン色素の定着を防ぐことは、シミ・そばかすの予防にもなります。

また、ビタミンCはターンオーバーを整えたり、抗酸化作用によってメラニン色素の沈着を防いだりすることで、メラニン色素の排出を促す効果もあります。そのためシミ・そばかすの予防だけでなく、既にできてしまったシミがこれ以上濃くなるのを防いだり、薄くする手助けもしてくれます。

レモン水の効果③健康促進

綺麗に痩せられる以外にも、レモン水には健康を促進する効果があります。美を意識するモデルさんだけでなく、自分の体調管理に敏感なスポーツ選手やアスリートの間でもレモン水は人気で、積極的に取り入れる人が多くなっています。

レモン水で得られる健康促進効果は、薬ほど強くありませんが、長期間続けることで体質を変えたり、生活習慣病の予防や健康維持にも役立ちます。

便秘の解消

レモン水に含まれるペクチンは、体内で水分を吸収した後ジェル状になることで、腸内の老廃物をくっつけて便としてスムーズに対外へ排出してくれる効果があります。またペクチンには腸内の悪玉菌を減らして、善玉菌を増やしたり、便を柔らかくしたりする効能もあるため、便秘が解消しダイエット効果につながります。

人間の身体は自律神経と呼ばれる神経によってコントロールされているのですが、朝起きた時はリラックスの神経である副交感神経が優位になっています。ですがレモン水を飲むことで、活動的な神経の交感神経が優位になり、腸が刺激されます。腸が刺激されることで排便時に必要なぜん動運動が活発になるため、お通じが出やすくなります。

疲労回復や免疫力アップ

レモン水に含まれるクエン酸には、疲労回復効果があります。クエン酸はクエン酸回路でエネルギーを作る際に使われますが、クエン酸が不足するとエネルギーの生産量が落ちるため、疲れやすくなってしまいます。

レモン水でクエン酸を補うことでエネルギー代謝が上がり、エネルギーがスムーズに補給されるようになるため疲労が回復しやすくなります。また身体は疲労を感じると乳酸が蓄積するのですが、クエン酸にはこの乳酸を分解する効能もあります。

さらにビタミンCには、体内に侵入してきた異物を破壊する好中球の動きを活発にして免疫を高める効能があります。好中球の動きが早くなることで、より早く病原菌にたどり着くことができるようになり、異物への対処法が早くなることで免疫力が上がり、病気になりにくくする働きがあります。

ストレス解消

レモン水の香り成分であるリモネンには、心を落ち着かせたり、ストレスを緩和したりする効果があります。レモン水独特の酸味と香りはイライラした時に過剰になる交感神経を落ち着かせ、副交感神経を優位にすることで、身体をリラックスさせる働きをもっています。

他にもレモン水の香りは睡眠を促進させる効果があり、質の良い眠りを促すことができます。質の良い睡眠をとることで心と体がしっかりと休まり、疲れやストレスをその日のうちに緩和させ、メンタルを健やかに保つことができます。

レモン水の効果的な飲み方

魅力的な効果のたくさんあるレモン水ですが、レモン水の効能を上手に取り入れるためには正しい飲み方を知る必要があります。ただしレモン水は薬ではないため、飲む時間帯に明確な決まりはありません。

ですがダイエット・美容・健康の中で特に自分が得たい効果のタイミングに合わせた飲み方をすることで、よりいっそうその効果を高めることができます。

本当に自分が欲しい効果にあわせた正しい飲み方で、レモン水の効果を最大限引き出しましょう。

飲む時間帯

朝のレモン水はダイエットや便秘解消・デトックスを行いたい人におすすめです。冷たすぎるレモン水は刺激になってしまうため、常温で飲むようにしましょう。ただしレモン水に含まれるソラニンは紫外線を浴びるとメラニン生成を活性化させてしまいます。朝飲む場合は飲んで2時間以内は紫外線を浴びないようにしたり、紫外線対策をしっかりしたりするよう飲み方に注意しましょう。

夜のレモン水は美肌作りや代謝アップにおすすめです。寝ている間の成長ホルモンの分泌も促すため代謝アップにつながります。ダイエット目的の人の場合は、代謝に影響する運動前や食事の前がおすすめです。特に食欲抑制に関しては、食事の前に摂らないと本当の効果が得られないため、必ず食事の前に飲むようにしましょう。

飲む量

レモン水は酸が強いため、胃を荒らしてしまう恐れがあります。そのためコップ1杯の量を1日3杯程度にしておきましょう。

レモン水には魅力的な効果が本当に多いため、たくさん飲みたいと思うかもしれませんが、レモン水にメインで含まれるビタミンCは利尿作用が高いため、たくさん飲んでも吸収されず尿として体外に排出されてしまいます。

また夜寝る直前にたくさん飲んでしまうと夜中にトイレに起きるはめになって、睡眠不足になるという悪循環が生まれてしまいます。飲み方に注意して朝・昼・晩と1日の中でバランスよく飲むようにしましょう。

レモン水を効果的に飲む3つの注意点

レモン水にはダイエット・美容・健康に嬉しい効果がたくさんありますが、思わぬデメリットもあります。

注意点を守らなかったからといって重篤な副作用などが起きることはありませんが、レモン水の良い効果を上手に取り入れる飲み方をしましょう。

注意点①空腹時は避ける

レモン水は酸の成分が強く入っています。空腹時は酸の影響を受けやすいため、もともと胃が弱い人や胃に持病がある人は空腹時に飲むことは避けるようにしましょう。

胃が健康的な人であれば空腹時に飲んでも問題ありませんが、たくさんレモンを入れて作ったレモン水など、レモンの濃度が高い場合には、胃が健康な人でも急に痛くなる可能性もあるため、注意が必要です。

胃が弱いけど本当は食欲を抑えたいという人は先にサラダなど低カロリーなものを食べてからレモン水を飲むようにするのが効果的です。

注意点②飲んだ後は口をゆすぐ

レモン水に含まれる酸は、歯の表面にあるエナメル質からリン酸カルシウムの結晶を溶かしてしまう恐れがあります。この症状は酸蝕症(さんしょくしょう)と呼ばれ、酸の強いものを長期間・定期的に摂取することで起こります。

酸性とアルカリ性はpH値によって示されますが、レモンの酸性度はpH2.1、蝕症はpH5.5以下の飲み物や食べ物で引き起こされます。レモンそのものを食べるわけではありませんが、念のための予防法としては、歯にあたらないようストローで飲んだり、飲んだ後はすぐ口をゆすいだりするようにしましょう。

注意点③使用する材料に注意する

レモン水はレモンと水さえあれば簡単に作ることができます。ただし使用する材料に注意しましょう。使用する水は水道水でかまいませんが、必ず一度沸騰させて冷ました白湯を利用します。沸騰した状態のままだとビタミンCの成分が壊れてしまうため、必ずいったん冷ましてから使用しましょう。

使用するレモンは、国産の無農薬のものを選ぶようにしましょう。輸入のレモンは皮の部分に農薬が多く含まれています。果汁だけ使う場合は問題ありませんが、皮の成分も取り入れたい場合は、レモン選びに注意が必要です。

またレモン水を作る際に市販のレモン果汁を使用しても問題ありませんが、市販のレモン果汁は生のレモンに比べるとビタミンCが少なかったり、皮の成分が含まれていなかったりします。ただし、クエン酸は生のレモンより多く含まれている商品もあるため、配合成分を確認して使うようにしましょう。

レモン水の効果で綺麗と健康を手に入れよう!

レモン水にはダイエット・美容・健康に嬉しい効果がたくさん隠されています。レモン水で得られる効果のうちいくつかは、普通の水を飲むことでも得られますが、レモン水のほうがより早く・より高くその効果を得ることができます。

レモン水は誰でも手軽に始めることができるため、ダイエット・美容・健康のためにレモン水生活をスタートしてみましょう!

最新の投稿


パタハラとは?最近注目のハラスメントの意味や具体的な事例を紹介

パタハラとは?最近注目のハラスメントの意味や具体的な事例を紹介

パタハラとは、パタニティー・ハラスメントの略称です。まだまだ日本では聞き慣れず、意味もあまり理解されていない言葉ですが、最近社会では注目を集めています。父親もしっかりと子育てに参加できるよう、パタハラの意味をしっかりと理解して、対策をたてましょう。


正座するだけの簡単ダイエット法とは?正しい姿勢でお腹が凹む

正座するだけの簡単ダイエット法とは?正しい姿勢でお腹が凹む

お腹を凹ませる最も簡単なダイエット方法が、朝の起床時に行うたった1分間の正座です。痩せるポイントは正しい姿勢と集中力。三日坊主になってしまう人、楽してダイエットしたい人、とにかくお腹を凹ませたい人は、早速正座ダイエットでからだを引き締めていきましょう。


オーガニックハンドソープのおすすめ7選!肌に優しいものを選ぼう

オーガニックハンドソープのおすすめ7選!肌に優しいものを選ぼう

毎日の手洗いに使うハンドソープは品質の良いものが安心できます。オーガニックなら化学的な成分が使われていないので肌への負担がありません。手に優しいのに汚れはしっかり落ちるオーガニックのハンドソープで面倒になりがちなハンドウォッシュの時間を充実させましょう。


オーガニックコーヒーのおすすめ10選!無農薬で美味しい香りは?

オーガニックコーヒーのおすすめ10選!無農薬で美味しい香りは?

無農薬で安全なコーヒーとしてオーガニックコーヒーが話題になっています。一般的なコーヒーとは違う魅力がたっぷり詰まったオーガニックコーヒーは色々なブランドから豊富な種類の商品が販売されています。そんなオーガニックコーヒーの魅力を知ってコーヒーブレイクの時に取り入れてみましょう。


オーガニックハーブティーのおすすめ7選!無農薬の有機栽培の葉

オーガニックハーブティーのおすすめ7選!無農薬の有機栽培の葉

ハーブティーにはリラックス効果を得たり香りを楽しんだり、体にも心にもうれしい魅力がたくさんあります。さらにオーガニックなら自然素材なので初めて飲む人にも安心です。心と体を癒すオーガニックのハーブティーで、大人のティータイムを楽しみましょう。