8時間ダイエットのやり方とは?痩せない人がやってしまう4つのこと

8時間ダイエットのやり方とは?痩せない人がやってしまう4つのこと

8時間ダイエットは自然にカロリーを抑えることができ、痩せる効果抜群です。ところが、挑戦したけど痩せないという人もいます。成功するには正しい知識が必要となります。正しいやり方と痩せない人がやりがちな4つのことを把握して、8時間ダイエットの効果を成功させましょう。


8時間ダイエットの正しい3つのやり方とは?

8時間ダイエットは、1日の食事を8時間以内に終わらせるというとてもシンプルなやり方です。ダイエットの中でも難易度が低く、体に負担をかけずに短期間で効果を期待できます。

過度なカロリー制限や、つらい運動を必死にやらなくてもいいので、誰でも挑戦しやすくすぐに始められます。痩せる体作りをしながら健康的に体重を落としていき、体重減少後も理想の体型がキープできるように正しいやり方で進めていきましょう。

8時間ダイエットのやり方は、自分のライフスタイルに合わせて食べる時間を決めることができるので、忙しい日でも工夫しながら継続できます。

正しいやり方①8時間以内に食事を済ませる

8時間ダイエットは、1日24時間ある中で3食を8時間以内に済ませるのが基本です。8時間で食事を終わらせると16時間は何も食べないということになります。

例えば、朝8時に朝食をとったら16時までに夕食を終わらせます。それ以降は、水分のみで過ごし、就寝まで何も食べません。

一般的な食生活は7時に朝食、12時に昼食、19時に夕食ですが、その場合、7時から19時の約12時間は消化活動をしていることになり、就寝までずっと消化機能が休まることがありません。消化しきれなかったものは、脂肪に変わり太る原因となります。

8時間ダイエットは朝食や昼食の時間などの決まりはなく、ダラダラ食べを防ぎながら、自分のライフスタイルに合わせて実践できます。

正しいやり方②2種類のスーパーフードを食べる

8時間以内なら何を食べてもいいわけではなく、きちんと栄養をとりながら健康的に痩せることが8時間ダイエットの目的です。食事量を調整しながら行うと、どうしても栄養不足になってしまいます。そのため、8時間ダイエットでは、栄養価の高い8種類のスーパーフードの中から2種類を選んで食べるようにします。

【8種類のスーパーフード】

①脂身の少ない肉や卵
②ヨーグルトなどの乳製品
③ナッツ類
④豆類
⑤いちごなどのベリー系果物
⑥玄米などの穀物
⑦緑の葉もの野菜

正しいやり方③食事の8時間以外でも水分を摂る

8時間ダイエット実践中の飲み物は、水かお茶などのノンカロリー・ノンカフェインのものにしましょう。コーヒーが飲みたい場合は、砂糖やミルクを加えないブラックコーヒーもOKです。ただし、飲み過ぎは寝つきが悪くなる場合があるので量に気をつけてください。

アルコールや炭酸飲料、清涼飲料水、野菜ジュースはカロリーがあるため控えます。8時間ダイエット中は、全身の代謝をUPさせ痩せやすい体作りのために食事をしない時間帯でも水分補給はこまめにとるようにしましょう。

しっかり水分摂取すると、代謝や血流が良くなり体に溜まった老廃物の排出をスムーズにして、冷え性やむくみの解消にもつながるためダイエットをサポートしてくれます。

8時間ダイエットの3つの効果

8時間ダイエットは、1日の食事を8時間以内に済ませることで、効率の良いダイエット効果を得ることができます。食事をする8時間以外は空腹状態になりますが、この空腹状態が痩せやすい体質へと変えてくれます。

無理な食事制限をしなくても、8時間ダイエットなら自然に摂取カロリーを減らし、体重を落とすことができます。8時間ダイエットは、とてもシンプルなやり方ですが、体に負担をかけずに高いダイエット効果を得ることができるのです。

ダイエットを意識した食事内容や時間を守り、8時間ダイエットのすぐれた効果で理想の体型を手に入れましょう。

効果①無理なくカロリー制限ができる

8時間ダイエットの効果が高い理由の一つに、自然にカロリー制限ができることがあります。実は、3食を8時間以内に済ませるのは難しく、食べたものが消化しきらないうちに次の食事の時間が来るため、お腹が減りにくいのです。そのため、自然と食事量を減らすことができ、1日の総摂取カロリーを無理なく抑えて減量に成功しやすくします。

しかし、8時間以内なら何を食べてもいいからと、カロリーの高いものばかり毎日食べていては意味がありません。ダイエットを意識した食生活を心がけながら、時にはラーメンやスイーツを食べても通常の量であれば問題なくダイエットを継続できます。

効果②代謝酵素の量を維持

私たちの体には、消化酵素と代謝酵素という2つの種類の酵素があります。この2つはとても密接な関係があり、例えば、消化酵素をたくさん使うと代謝酵素が減ってしまう仕組みになっています。

消化酵素:食べたものを細かく分解し吸収しやすくする。
代謝酵素:エネルギーを消費するために欠かせないもの。

食事をとる時間が長いと、消化酵素の消費量が多くなりエネルギーを消費するために欠かせない代謝酵素の分泌が減ってしまいます。しかし、8時間ダイエットでは、食事をとらない時間が多くなるので消化酵素の消費量を抑制して代謝酵素をたくさん使うことができます。代謝を促進して脂肪を燃えやすくし痩せやすい体を作ることができるのです。

効果③消化機能を回復させる

8時間ダイエットは、1日24時間のうち8時間で1日の食事を終わらせるので、16時間は空腹状態になります。そのため、16時間は胃腸などの消化機能を休ませることができます。しっかり休むことで、胃腸の働きが良くなり消化もスムーズに行われるため、代謝UPにつながり痩せやすい体になります。消化が良くなれば、腸内環境も改善されるので便秘解消にも効果的です。

夜遅くまで何かを食べていると、翌日の朝食までの空腹時間が短くなり消化機能を休めることができません。食べた物が消化するまでには3~5時間かかるため、8時間ダイエットで空腹時間を長くして、胃の中のものをしっかり消化することで、食べたものが体内に溜まって脂肪に変わるのを防ぎます。

質の良い睡眠にも効果を発揮

8時間ダイエットは、16時間胃腸を休ませることで自律神経を整える効果があります。自律神経は、主に昼間の活動時に働く交感神経と、夜の休息時に働く副交感神経に分かれています。8時間ダイエットは、空腹時間を長くして消化機能を休ませることで体が休息状態となり、副交感神経を優位にすることができます。そのため、リラックスしやすくなり寝つきが良くなって、睡眠の質が上がります。

休息の神経とも言われる副交感神経が優位になると、血管が拡張されて血流が良くなり全身に栄養が届きやすくなるほか、老廃物の排出もスムーズに行うことができます。8時間ダイエットでは、痩せるだけでなく、健康な体作りにも効果を期待できるのです。

8時間ダイエットで痩せない人がやりがちな4つのこと

8時間ダイエットを実践したけど痩せない、効果がない、という人もいます。痩せないのは、必ず理由があります。しっかり時間を守っていても、間違った食事内容や食事のタイミング、ダイエットをサポートする体作りができていないと、8時間ダイエットは成功しません。

なかなか痩せない、効果ないという人は、8時間以内に食事を終わらせるだけで安心してしまいがちです。効果ないと諦めてしまった人や、これから8時間ダイエットに挑戦したい人も、なかなか痩せない4つの理由を把握して、正しいやり方で実践していきましょう。

やりがちなこと①過食やカロリーオーバー

8時間ダイエットは、1日の食事を8時間以内に済ませることで総摂取カロリーを減らして痩せるのが正しいやり方です。この8時間以内に必要以上に食事をしてしまい、1日の摂取カロリーが多くなることが痩せない理由の一つになります。

暴飲暴食はもちろんのこと、脂質・糖質の摂りすぎはカロリー過多になりやすく体脂肪として蓄積されます。脂質・糖質は体のガソリンのような存在で、使う時まで体に保存してしまうのです。

また、何も食べない16時間のうち7時間を睡眠に費やしたとしても、9時間は起きている状態です。その間は水分のみで過ごすため、何も食べれないというストレスで過食すると8時間ダイエットの効果を得ることができなくなります。

やりがちなこと②最後の食事から就寝時間までが短い

8時間以内であれば何時に食べてもOKとはいえ、例えば夜9時に最後の食事が終了して22時に就寝するというやり方だと、食べたものが就寝までに消化しきれず、脂肪に変わってしまいます。痩せない理由は最後の食事から就寝時間までが短いことが原因の場合もあります。

8時間ダイエットは、最後の食事から最低でも3~4時間あけて就寝できるのが理想です。食べた物がきちんと消化するまでには時間がかかり、消化しきれなかった物は皮下脂肪として吸収されていきます。

その日のライフスタイル上、どうしても最後の食事が遅くなってしまうようであれば、温かいスープなどで済ませると消化機能の負担を軽減して、カロリーも抑えることができます。

やりがちなこと③食事量を極端に減らす

8時間ダイエットで、食事量を極端に減らす人も少なくありません。食事量が減ると、私たちの脳は飢餓状態と勘違いして、食事をしたとき急激に栄養を蓄えようとします。その結果、ダイエット効果ない!痩せない!など8 時間ダイエットで痩せることができないのです。

また、摂取カロリーを抑えることはできても、便通を良くする食物繊維や白米の摂取が不足し便秘になります。便秘は血行不良の原因になるため、脂肪をエネルギーに変えてくれる代謝が低下し、痩せにくくなってしまいます。さらに、血液中の糖質が極端に不足しやすく、低血糖で体調不良を引き起こす場合があるので栄養をしっかり摂取することが大切です。

やりがちなこと④運動を行わない

8時間ダイエットを実践しても効果ない人は、食事の時間や栄養価のある食事内容だけしか心がけていない場合があります。1日の摂取カロリーを減らすだけでは、筋肉も同時に落ちてしまい、脂肪を燃焼するために大切な代謝が低下します。

私たちの体は、何も食べない時間が長いと筋肉を分解してエネルギーに変えていきます。そのため、筋トレなどの運動をしていないと、どんどん筋肉が衰えてしまうのです。効果ない理由は、筋力低下によって代謝が落ち、痩せにくい体質へと変化して脂肪が燃焼しにくくなったことも原因の一つになります。

8時間ダイエットで失敗しないコツ

8時間ダイエットは、無理なく摂取カロリーを抑えて体重を落とすことができる高い効果のある方法ですが、8時間ダイエットには落とし穴があります。体重の減った理由が、筋力の低下によるものになってしまうと、8時間ダイエットの成功とは言えないのです。

8時間ダイエットは、脂肪を燃焼しやすくするために必要な代謝を上げて、ダイエット後のリバウンドを防止するためにも筋力を維持しながら痩せることがポイントになります。痩せやすい体作りや、健康的に痩せるために大切な5つのことに気をつけて8時間ダイエットを成功させましょう。

簡単な筋トレで筋力を維持

8時間ダイエットは、ただ単にカロリーを減らすだけでは筋力も落ちてしまいます。筋力が落ちると、実践後に食事量を戻したときリバウンドする可能性や、脂肪燃焼を促す代謝が落ちてしまい痩せにくい体になります。

8時間ダイエット後も体型をキープするには、筋力を維持しながら脂肪を落とすことがポイントになります。そのためには、毎日継続できそうな簡単な筋トレを取り入れましょう。腕立て伏せやスクワット、腹筋、体幹トレーニングなどを行うと成功しやすくなります。

8時間ダイエットをしながら、筋トレを習慣化し、筋力が衰えないようにすると、痩せやすい体作りに大切な代謝をUPさせてダイエットの効率も良くなります。

1日5分でOK!正しいスクワットのやり方

筋トレ初心者でも取り組みやすいスクワットを1日5分行ってみましょう。スクワットは全身の筋肉を鍛えることができるので、脂肪燃焼に欠かせない代謝がUPしやすく、ダイエット中や減量後の体型維持に役立ちます。

【初心者でもできる正しいスクワットのやり方】
1. 肩幅に両足を開き、つま先を15度外側に向けます。
2. 両手をグーにしてひじを曲げ、肩の前に持ってきます。
3. お腹に力を入れて、胸を張ります。
4. ひじが膝より5㎝手前あたりにつくように腰を曲げます。
5. 元の姿勢に戻ります。
6. この動作を5分間続けましょう。

慣れるまでは、途中で休憩を入れながらやってみてください。お腹がきちんとしまっていることを意識しながら実践してみましょう。

グリーンスムージーで栄養不足を回避

8時間ダイエットでの食事の中で、グリーンスムージーを取り入れると栄養をしっかり摂取することができます。2種類のスーパーフードに加えて、グリーンスムージーで栄養不足を回避しましょう。スーパーフードを準備できない日や、忙しいときでも、グリーンスムージーなら手軽に栄養を補うことができます。

栄養が偏ると、ダイエット効果が半減するだけでなく健康にも悪影響です。1日の総摂取カロリーを調整するために、1食めをグリーンスムージーにするなど、その日のスケジュールに合わせてカロリーを抑えながら、栄養不足にならないように心がけてください。

【おすすめレシピ】
さつまいも:15g
ほうれん草:15g
にんじん:15g
バナナ:15g
牛乳:80cc

1. 野菜とバナナを適当な大きさにカットします。
2. ミキサーにカットしたものと牛乳を入れて攪拌して出来上がりです。

酵素ドリンクや温かい飲み物で腹持ちをよくする

酵素ドリンクとは、酵素を含んだ野菜や果物などを発酵させて作られた飲み物のことをいいます。ビタミンやミネラルも豊富にふくまれていて、ダイエット中の水分補給にも最適で腹持ちをよくします。

また、温かい飲み物や食物繊維豊富な食材は、満腹感を持続でき、空腹による精神的ストレスを軽減することができます。さらに食物繊維は、体内で使い切れなかった糖を脂肪に変えるインスリンの分泌を抑え、血糖値が急上昇するのを防ぐ働きがあります。

【生姜入りホット豆乳】
1. 2㎝程度の生姜をおろして絞り汁だけ使います。
2. 鍋に絞り汁・豆乳200ml・黒糖を適量入れ温めて完成です。

リンパマッサージを取り入れる

ダイエットを頑張ってもセルライトがあると、なかなか痩せない、運動しても効果がないという状況に陥ります。セルライトは、老廃物と脂肪細胞がくっついて大きな固まりになったもので、脂肪分解しにくい特徴があります。これがダイエットをしても痩せない理由の一つです。

リンパマッサージは、リンパ液や血流の流れを改善して体内の毒素を排出する効果を期待できます。マッサージクリームなどを使って、リンパマッサージをし、代謝をよくして老廃物を除去しましょう。

【お手軽リンパマッサージ】
1. 床に座り片方の膝を立てます。
2. 片手をグーにして膝の内側から足の付け根まで少し強めに5回さすります。
3. 反対側の足も同様に行います。

質の良い睡眠で食欲を抑制

8時間ダイエットを成功させるには、睡眠も深く関係します。質の良い睡眠は、レプチンという食欲抑制ホルモンを分泌し、空腹を和らげる作用があります。質の良い睡眠をとるには、最低でも7時間の睡眠時間を確保し、就寝1時間ほど前から部屋の照明を少し落として、ヒーリング音楽を聴くのがおすすめです。

脳はリラックス状態の時、α波という波形が発生しています。ヒーリング音楽はα波を発生させて心地よい眠りを促してしてくれます。睡眠不足は、ダイエットの大敵であるグレリンという食欲増進ホルモンを分泌してしまいます。睡眠はしっかりとって8時間ダイエットの効果を最大に発揮できるようにしましょう。

8時間ダイエットで無理なく健康的に痩せよう

8時間ダイエットは、正しいやり方で実践すれば、確実にダイエットに成功します。無理なく摂取カロリーを減らして体重を落とし、短期間で理想の体型を手に入れることができるのです。自分のライフスタイルに合わせることが可能なので、ダイエット中だからランチに行けない、ディナーに行けないなどのストレスを抱えることもありません。

一時的な体重減少ではなく、ダイエット後も継続して体型をキープできるように8時間ダイエットでしっかり痩せる体質を作っていきましょう。

最新の投稿


1122のエンジェルナンバーの意味と恋愛などのメッセージとは?

1122のエンジェルナンバーの意味と恋愛などのメッセージとは?

1122のエンジェルナンバーには、願望がもうすぐ現実になるという啓示とそれに伴って今している努力を諦めないでという注意喚起の意味があります。エンジェルナンバー1122を感じたら、今まで通りの努力を諦めずに続けましょう。困難を乗り越えた先に幸せが待っています。


【目もと大きく&二重にしたい!】メザイクのおすすめ人気TOP10

【目もと大きく&二重にしたい!】メザイクのおすすめ人気TOP10

目もとが大きい人や二重の人はとても魅力的に感じます。特に一重の人や奥二重の人にとっては、憧れの存在です。そんな悩みを解決するために活用したいメザイクというアイテムがポイントであり、人気となっています。そこで、メザイクの選び方や使い方、おすすめのアイテムをチェックしながら活用していきましょう。


セルライトに効く!脂肪燃焼クリームの使い方&おすすめTOP10

セルライトに効く!脂肪燃焼クリームの使い方&おすすめTOP10

痩せるためにセルライトやむくみなどをマッサージで取るために活用されるのが脂肪燃焼クリームです。お腹周りや脚について気になるセルライトは、排除したいものです。脂肪燃焼クリームの特徴や選び方、使い方を知ってセルライトやむくみ知らずで痩せるボディを目指していきましょう。


1212のエンジェルナンバーの意味と恋愛などのメッセージとは?

1212のエンジェルナンバーの意味と恋愛などのメッセージとは?

エンジェルナンバー1212には願望や思考が近いうちに現実となるので、今まで通り努力を続けてくださいという意味があります。エンジェルナンバー1212を感じたのなら、近いうちに努力が報われることが天使や神からメッセージが届いています。たゆまぬ努力を続けましょう。


表情筋の鍛え方とは?おすすめのエクササイズで綺麗な小顔美人でいよう!

表情筋の鍛え方とは?おすすめのエクササイズで綺麗な小顔美人でいよう!

表情筋は、私たちの喜怒哀楽の表情を作る上で大切な筋肉です。この表情筋をエクササイズやマッサージなどの鍛え方を実践することでたるみやほうれい線などのシワ軽減に繋がります。さらに、表情筋の鍛え方を実践して小顔美人を目指しましょう。